After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
12/26が仕事納めでしたが、なぜか?/27に休日出勤あり、これをもって正月休みとなりました。

2014年は、と振り返ると仕事は出張が多く(来年は本年以上になりそうですが)ばたばたし、指の骨折もあって落ち着かない一年でした。 2015年は、生誕50年、半世紀を迎える年であり、人生の折り返し地点(百まで生きるつもりでいる)になります。 腰の据わった一年とし、趣味の面では気合いの入った作品をものにしたいところです。
**************************************************
といいながら、「気合の入った」とは言い難いお手軽なバージョンアップ、MiG-25の搭乗用ラダーを製作中です。いつものごとく苦手な金属線はんだ付けは避け、安易にプラ材で製作しています。若干太いのですが、存在感があってよし、ということにします。
タイヤは1/144の何かしらのタイヤをぱちってこようと思っていたのですが、もったいないという貧乏性が頭をもたげてきて、結局ランナーを削りました。
2014122910453000.jpg

2014122910454600.jpg
なぜがやたら華奢で、ごつい機体とは好対照です。ロシアらしくないというか。あとは塗装すれば一応完成となります。

もうひとつ、1/48のMIrage2000用も製作中です。
2014122910460000.jpg
こちらはMiG-25用とはガラッと変わってえらくしっかりした作りで流麗な機体には似つかわしくないラダーです。 どういうことでしょうか? もう少し工作が残っています。
**************************************************
年内にあと一回くらい更新したいと思います。
スポンサーサイト

【2014/12/29 16:08】 | 模型ーMig25
トラックバック(0) |


ラッキーユダヤ
人生の折り返し点を過ぎると健康面で色々とメンテナンスが必要になりますね。

ネット引きこもりで申し訳ございません、
本年はお世話になりました。
明年をよろしくお願い申し上げます。

よいお年をお迎え下さい。



シミヤン
明けましておめでとうございます。
大台過ぎると一気にガタが気安くなりますので
ご自愛ください。
本年もよろしくお願いいたします。



公試
>ラッキーユダヤ殿
あけましておめでとうございます。 なかなか100%のコンディションというのが望みがたい年のようですが、いろいろな面でがんばりたいと思います。今年もよろしくお願いします。

>シミヤン殿
あけましておめでとうございます。
なるほどこれが年をとるということか、という感じでガタがあちこちにきていますが、いやいやまだまだ折り返し地点、ということでがんばります。 本年もよろしくお願いします。

コメントを閉じる▲
出張から帰ってきて、今日は地元のマラソン大会の10kmの部に出ました。
1000人走って413番ちゃー、自分的には上出来です。
DSC_0001nn.jpg
今日は良い天気でした。
2014122314440900.jpg

【2014/12/23 15:34】 | 未分類
トラックバック(0) |

長距離走、すごいです
XJunで〜す
>10キロ完走お疲れ様でした。
わたしは二ヶ月に一回の半日ウォーキングを楽しんでいますが走ろうとはつゆ思いません(汗;


公試
XJun殿
走ってみると意外とはしれるもんですよ! 但し走ってる割には痩せません。 そもそもダイエット目的に始めたのですが、走ったら安心してお菓子をボリボリ食べてます。

コメントを閉じる▲
月曜からまたまた出張です。 なので大した作業はできないのですが、雑記というタイトルばかり続くのもなんなんで、それらしいタイトルとし体裁を取り繕うこととしました。 
*************************************************
出張の友には飛行機キットよりもAFVが適していますが、とはいえ毎回AFVであると塗装待ちの組み立て済みキットを増やすばかりになるので(帰ってただちに塗装するわけではない)、今回は目先を変えて人形の塗装をすることにしました。フィギュアという言葉にエロなニュアンスを感じてしまう小心者故、あえて人形といいます。

以前に1/48、ICMのRAFのパイロットを製作しましたが、今回は独空軍、完成済みのBf109Gに添わせるつもりです。同じくICMのものです。 なぜに人形の塗装かというと、キットはボリュームが小さいし、道具は塗料と筆のみ。塗料はアクリル絵の具を使うのでシンナーもいりません。

非常にうまい具合にピンボケしています。狙い通りです。
DSC_0007_201412171222158ca.jpg

顔は肌色は発色が難しいのであらかじめ出張前にラッカーを吹き付けておいた上から絵の具で塗装しました。 小さな人形なので目は描かなくてよいのかもしれませんが、あえてギョロ目を描きいれました。敗色濃厚で物憂げなドイツ人というより、戦勝ムードの中で休暇の計画ばかり考えている陽気なヤンキーといった雰囲気ですが、なんでもええわ。(そもそも写真がぼけててわからんですか)   

続いて、胴体以下を塗りました。手持ちの絵の具の色数が限られていてちょっと外しています。 革ジャンはもう少し赤茶のほうがいいような。 ブルーグレイの制服はなんか10人くらいの兄弟でおさがりを着続けている擦り切れた服のようですこれまたイマイチ。
**************************************************
顔だけで1Hくらいかかりました。 ど田舎もとい片田舎への出張の友としては最適かもしれません。 あくまで、「へとへとになるまで仕事をし尽くしたその後、ホテルに戻ってのわずかな時間」(←ここ大事)ではありますが、今回は今週一杯の出張なので「わずかな時間をかき集め」一体くらいは塗り切りたいものです。

【2014/12/17 23:05】 | 模型-人形
トラックバック(0) |

出張の友とは凄いですね
XJunで~す
>出張の伴...
そのガッツに敬服です。

私も今夜は出張なのですが,仕事の後は食事をして風呂に入ってベッドでゴロゴロのおっさんしてます。(>_<)


公試
XJun殿
出張の友を持参した折りは、ビールは絶対にダメですね。あ~今日もよく頑張った、自分にご褒美、乾杯~、なんてしたら間違いなく即ベッドでイビキをかいてしまいます。自制心が必要とされます。(持参した時点で自制心が不足してる…)

コメントを閉じる▲
雑記の、そのなかでもさらに雑記
***************************************************
先月から出張続きで、月の半分は家を空けています。 模型製作が停滞するのも仕方なし。 先日の合同模型展で素晴らしい作品を目の当たりにし(やっぱし中途半端はいかんわなあ)といつものごとく反省しました。 

次は2月に徳島で大きな模型展があります。基本、先日と同じラインナップになりますが、一工夫ほしいところです。 これにむけての予定としては。
1)まずは先日の模型展で破損した機体の修理を
MiG-25の機首アンテナ?とMC.200の尾部が破損していました。 ありゃりゃ。 MC.200は持ち運び過程で破損したとも思えず、あの落下させたときかなあ・・・。 MiG-25は前日仮組みしたさいにアンテナを落として接着部にダメージを追っていたのかなあ・・・。  後ろ向きな作業ではあります。
2)Bf109Gは人形をつけるか。 
3)MiG-25用に搭乗ラダーを自作するか。
4)mirage2000をブラッシュアップさせるつもりですが、これもラダーをつけるか。
というところです。 あと2カ月余りで新規に1機くらい完成させ持ち込みたいところですが、どうせ中途半端にしかならんし、難しいところです。 Yak-38ないしB787あたり。 そもそも2カ月じゃあ無理か。
**************************************************
腰を据えての製作はP-40を再開するか、あるいはさかのぼってA-1Hを再開するか、新たに別の機体を始めるか(また始めるか!) ごにょごにょ考えてます。


【2014/12/09 20:51】 | 未分類
トラックバック(0) |


Fighting Hannah
JMC大阪、休止になるまでの3回ですが年末の楽しみで行ってました。また遊びに行きたいです!
年明けの徳島、予定が立たないので出展参加は見送りましたがやっぱりあの会場、あの雰囲気の場に参加したいものですね♪お会いして模型談義したいです、機会があればぜひ!❤(ӦvӦ。)


公試
>>Fighting Hannah 殿
JMCが無くなって寂しいですねえ。年明けの徳島はパスですか、残念です。次の機会に!

コメントを閉じる▲
出張のあいま帰省中の昨日、大阪で第2回JMC オマージユ/関西撃作展という合同模型展が開催されました。 JMCが開催されていた時期に合わせて、今年は一日のみの開催でした。 昨年は葬式があって参加をキャンセルしましたが、今年は万難を排し参加できました。 
**************************************************
JMCがなくなってすっかり日和った感のある最近の作品ですが、そんな中から4機持参しました。 いずれもこの1年で完成したもので、今年は所属クラブの展示会が延期になった(なかなか数が揃わんです)ので、出し惜しみせずここに持ち球のすべてをぶつける潔さ! 以下写真はなし!
1)筆塗シリーズMC.200 と Bf109G10 どちらも追加工作は控えめというかほぼストレートでありますが、一つの方向性を問う問題作。
2)ストレートの鑑 トライスターKC1 筋彫りしかしてません。 こういった作品を合同模型展に並べるのはいかがなものかとも思いますが、度胸試し。
3)それなりに手を加えたMiG25BM お金だけはかかってます!

参加者相互の人気作品投票がありまして、打ち上げの席で結果発表がありました。 獲得票なしの残念?作品が15程あり、2)ストレートの鑑KC1も見事選ばれてしまいました。 そうかさすがに目の肥えた方々には物足りないっすか。  これら作品の製作者によるじゃんけんの結果、ホビークラフト(やったっけ?)の1/48 Bf109Bをゲットしました! B型はこのキットのみのはず。 じつは結構好きなB型ですので、ありがたく頂戴しゆくゆくモノニしたいと思います。
**************************************************
来年2月には徳島で全国規模の合同展示会があるので、それに向けて何か積み増したいところです。

【2014/12/07 11:33】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
先の記事で、大事なことを忘れてました。
***************************************************
下記の模型展示会が開催されます。

 第2回 JMCオマージュ展 
 日時 12月6日 10:00~17:30
 場所 大阪 本町 愛日会館2階イベントホール

私も最近の4機をもって参加の予定です。 行きやすい場所で、近くに有名模型店もありますので、おヒマな方は是非に。 

【2014/12/03 21:35】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
買い物
**************************************************
世界の傑作機TSR-2が発売されました。
TSR.jpg
よくもまあ、こんな機体を取り上げたものと感心します。人気があるのでしょうか。
試作機1機が二十数回飛行しただけなのに「傑作機」とはこれいかにと思いますが、過去にも「陸軍試作機」なんかもありましたのでその辺は特に問題ないのでしょう。 

とにかく2機目が組み上げられたところで開発中止という機体なので、限られたネタを丹念に拾い上げられており、逆に濃い内容に感じました。「濃い」のは執筆者のラインナップによるところも大きく、岡部いさく氏の実機プロフィール紹介、鳥飼氏の機体設計の説明等、読み応えたっぷりです。 what-ifな塗装図もなんかノリノリな感じです。

鳥飼氏の記事では、同時期の他機に簡単に触れられており、A-5、B-58、F-105、CF-105、MirateIV,が取り上げられています。このなかで制式化に至らなかったCF-105は本機と同様に「悲劇」として取り上げられる機体ですが(映画もありましたが)、両機共自国の腕力を超えた機体で、なるべくしてなった「悲劇の機体」のように思います。  TSR-2は操縦性は良く、地形追従飛行も既に出来ていたということです。しかしながら、武器システムの時代においてエレクトロニクス機材を含め最後までまとめあげる実力というか腕力があったのかなあ、と。 尾部のエアブレーキや主脚の引き込み機構というメカの部分でも苦労しています。え、そこでつまづくか! たとえるなら私が50cmを超えるような大きな模型を完成させられないような、そんな腕力不足を感じます。 違うか。

さて「世界の傑作機」は欧州ジェット機に冷たいという現状があります。 第一線のラファール、タイフーン、グリペンを除いてもジャギュア、トーネード、アルファジェット、ミラージュF1、ビゲン等面白そうで売れそうなアイテムは結構あります。
本号を契機として、今後こうした機体が取り上げられんことを大いに期待します。
ちなみに鳥飼氏の記事の最後に、「ジャギュア、トーネードについては別の機会に解説したい」みたいな記載がありました。 これは両機を取り上げる号が近いことを暗に仄めかされたものと解釈しました。

**************************************************
右小指のマレットフィンガーは、5週間にわたる針金串刺しの甲斐なく剥離した骨片はうまくつきませんでした・・・・
串刺し固定期間の最後の方で雑菌が入り膿が生じ骨が痩せてしまったのが原因のようです。 もう一度針金を挿すわけにもいかないようで(さすがに堪忍してほしいところです)、現在は指先をまっすぐに固定する装具を装着しています。 これで、骨片が本来の位置に近い状態となり、これで何とかつかないか というところです。 しかし、これで付くならそもそも針金を串刺しする必要もなかった訳で、実際のところあんまり期待できないのでは・・・。 それ程生活に支障があるわけではありませんが、正常に稼働しない器官が増えて来、「これが歳をとるということか・・・」と一抹のさみしさを感じます。

【2014/12/03 21:32】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
free counters