After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
先週は出張・週末の休日出勤で、模型には殆ど時間を割くことができませんでした。こんな時は買い物に限ります。休日出勤の帰り道、模型屋で新キットを入手しました。
**************************************************
SWORDの1/72 Lightning T Mk4を買いました。 不細工なジェット機ベスト10は間違いないであろう、並列複座の練習機型です。 AirfixからF2A型の新キットが出、そしてSWORDからこの練習機型と続くのは、単なる偶然なのか、あるいはSWORDがAirfixの動向を見て開発したのか、はたまたAirfixを”参考”にして開発しているのか。 どうなんでしょうか。
DSC_0795.jpg

さて、そのSWORDのキットですが、とてもよくできています。 ランナーを見ると、「やっぱし簡易っちゃこんなもんかなあ」と思いますが、パーツを見ると、「?? すごいやん!」とびっくりします。
筋彫りはAirfixより上品なくらいです。 (下の写真で、上がAirfix、下がSWORDです) 機首やら胴体の腹回りは、Airfixが今後の展開を考えてパーツを分けている部分も、素直に胴体パーツにまとめており、組み易そうです。 Airfixのキットはタミヤ・ハセガワの新キットのようにはいかず、あちこちすり合わせが必要です。 どこかの模型誌に「最近のAirfixは傑作続き」みたいなことが書いてありましたが、組み易いさとか精度、シャープさにおいてタミヤ・ハセガワに並ぶものではありません。
DSC_0796.jpg

レジンのシート、排気口も良い出来です。特に排気口は繊細で、Airfix用にこれだけ別売してほしいくらいです。
(写真を撮り忘れました、堪忍下さい)

価格が2000円というのも結構安いですね。AirfixのFA2は千円くらいと破格に安かったんですが、続いてアナウンスされているF6は、2600円くらいと普通の値段が予告されています。 とすると、SWORDは安いなあ。 簡易は費用を抑えるための手段なので、これが本来あるべき姿なのでしょうが。
**************************************************
もう1個、T4・T5も買おうかしらん。 いやいや、作らん作らん。


スポンサーサイト

【2014/06/30 23:36】 | 未分類
トラックバック(0) |

買う瞬間…
XJunで~す
買う瞬間(とき)ってたちまち完成できる妄想に囚われまして…脳内で軍艦マーチやPanzer Liedが鳴り響くような高揚感を覚えまして…これって何とか依存症でしょうか?


公試
>>XJun殿
すみません、すっかり放置しておりました。

店頭でキットを手に取り素晴らしい完成イメージが脳内にムクムクと盛り上がってきたら、買い、ですね。

たいていの場合、完成イメージは妄想ないし白昼夢であったことが後から判明するのですが。

仕事が辛かった時、なにか買うものは無いかなあ、と物色する様からして、依存症であることは間違いないです。

コメントを閉じる▲
週末の進捗:MC.200
**************************************************
今日は雨で予定が一つ飛んだので、模型に時間を割くことが出来ました。 昨日のMig25に続いて今日はMC.200の塗装を進めました。
前回は右半身のみ迷彩をしていましたが、のこり左半身を迷彩しました。
集中しておおよそ計4時間、大体できました。 まだ、ぼかしが出来ていない斑点もあったりの途中段階ですが、
DSC_0787.jpg DSC_0786.jpg
機体全面が迷彩に覆われるのは大きな前進です。
DSC_0785.jpg DSC_0784.jpg
わすれてました、まだカウリングにも迷彩を施す必要があります。
Mig25と似た雰囲気? 実は同じ色を使ってます。別に横着したわけではありませんが、好きな色というか、どの色を見ても同じ色に当てはめてしまうのかもしれません。
**************************************************
Mig25と同じくらいの進捗ですが、このあと小物がまだマシなこっちのほうが先に進むかもしれません。

【2014/06/22 19:55】 | 模型-MC.200
トラックバック(0) |


パテ埋め地獄
こんばんは。
迷彩のぼかし、とても手間が掛かりそうですね。
キットの筋彫り、太めでどうなんだろうと思っていたんですが、リベットと迷彩でなんだかいいバランスですね。


公試
>>パテ埋め地獄殿
確かに手間はかかるのですが、割と寄り道無しの一本道で、それほどタフな作業ではありませんでした。
結構いい感じです!


コメントを閉じる▲
迷彩を進めています。
***************************************************
先週、大体の感じをつかんだ迷彩を、続けてやってます。
前回よりこげ茶が増えました。 こげ茶が剥がれたような、塗り残したようなサンドの細線がミソです。
DSC_0782.jpg

DSC_0783.jpg

上面が判る写真は見つけることできませんでした。 なので、サンドの模様もホンマかどうかわかりませんが、ネットで見つけた唯一上面が判る塗装パターン図が自信満々に描いてあったので、今回はこれを信じるというか、のっかることにしました。
****************************************************
もう数時間頑張れば一応のパターン完成に至りそうな。


【2014/06/21 19:40】 | 模型ーMig25
トラックバック(0) |
Mig25の迷彩を始めました。
**************************************************
当初「赤の38」という機番の機体にするつもりでしたが、同じBM型でも私の製作したものとはアンテナ等が異なることが判ったので、「白の37」という機体にします。 この機体は、赤の38と同じように上面を茶・緑系で塗り分けていますが、大きな違いは塗装パターンが格段に汚らしいことです。 どんな経緯・過程を経てこの迷彩になったのか、さっぱし分からんぐちゃぐちゃさ加減です。 
写真が数枚見つかりましたが、汚らしすぎて塗装パターンを解読できません。 塗装図をネットでみつけましたが、どこまで正しいのか分かりません。 結局、自分の思うカッコいいMig25、即ち”オレのMig25”(またか)を目指して塗ることにします。ということで、とりあえず、塗装図をもとに一応機体全面にそれらしく色を置いてみました。

DSC_0776.jpg

 塗り分けはもっとボケを小さくしていく必要がありますが雰囲気こんな感じです。 色味的には写真からはもう少し緑っぽい機体との印象を受けます。 サンドを減らし薄緑の部分を増やすべきかなあと思ってます。

どうですか、この汚らしさ。 この間作ったエクアドルのクフィルが上品に見えてきます。 「なんであなたはわざわざこんな塗装を選んだの?」と言われそうですが、好きなものはしょうがない。
**************************************************
とは言え、とりあえずこのまま進めていけば何とかなりそうな気がしています。

【2014/06/17 22:08】 | 模型ーMig25
トラックバック(0) |
MC.200の迷彩を進めました。 右主翼上面に続き、右胴体側面にも迷彩を書き込み
ました。
**************************************************
DSC_0778.jpg

DSC_0780.jpg

側面塗装に先立ち、胴体に白帯を吹き付けで書き入れました。 リベット列に合わせた白帯の塗り分けとなりますが、幸いリベット列はそれなりにきれいに打てており、白帯が変にふにゃふにゃになることはありませんでした。

垂直尾翼の白十字はデカールを貼り付けました。主翼の国籍マークもそうですが、マークの下に迷彩してしまうと迷彩が透けて見える可能性があるので、先にマークを貼った後、これを避けて迷彩するほうが無難と考えました。

胴体の迷彩のボカシ、スミ入れは未だです。

主翼上面は塗装図を見てそれなりにパターンを似せるようにしましたが、胴体側面は真似のしようがないごちゃごちゃパターンでしたので、主翼上面より若干小さめのパターンの大きさと、3色の比率のみを意識して、後はそれらしく適当に塗りました。

目がちかちかするような迷彩ですが、いわゆるフィルタリング的な工程により、落ち着くものと思っています。
**************************************************
引き続き、左半身の迷彩を進めます。

【2014/06/16 21:56】 | 模型-MC.200
トラックバック(0) |
TS040 7号車はトップを激走中。 2位のaudiは一分少々の遅れで追走中。  8号車は5位。 残り10H,頑張れトヨタ!!

ワールドカップは初戦負けちゃいましたね、残念。

***************************************************
うわ、7号車リタイヤしてるし、終わった・・・・・

***************************************************
のこり4時間 8号車は9ラップ遅れの4位、 上位3位はaudi、919、audli 厳しいなあ・・・・・

のこり3.5時間で、91,audi,audi 7ラップ遅れの4位 届かんなあ・・・・


【2014/06/15 11:59】 | 未分類
トラックバック(0) |


ラッキーユダヤ
息子の少佐がカーモデルをやりたいと言うのでタミヤのスポーツカーシリーズに必要な塗料その他を買い出しに模型屋さんに行ってきました
ミニ四駆でもお世話になっているお店でカーモデルは充実しています
生憎ご主人は留守だったのでミラーフィニッシュだけ買って帰りましたがご主人は毎年ルマンに通っている名物おじさんでルマンに行けなかった昨年はフランスの友達がご主人に会いにはるばる日本まで来たそうです
お店にはルマン仕様のプロトタイプレーシングカーの完成品がそれは見事に所狭しとディスプレイされていて壮観です
87年だったか記憶が曖昧ですがザウバーメルセデスが活躍していた時代が私のルマン・リアルタイムですがツール=ド・フランスと似通った雰囲気が好きでした(笑)

W杯、残念でしたがルマンもツールもW杯もヨーロッパ文化の趣が強く米国文化圏では人気がイマイチなのも面白いですね

日本がW杯の常連となりつつある事は米国文化ベッタリからの脱却という面白い現象かなと(笑)



残念
XJunで~す
>ル・マン…
残念ですねぇ(嘆)

二輪の八耐でもいつもヤマハはケニーロバーツが乗ってごぼう抜きとかしながらラスト30分でリタイアとか散々見てきました。でも日本人ってそんなドラマを好みませんか?


公試
>>ラッキーユダヤ殿
プロトタイプカーのモデル群! いいですねえ。
962やXJR-9を持ってはいますが、完成させる自信がなく、何時までも積んだままです。
にもかかわらず、今年トヨタが優勝したらきっとタミヤも重い腰を上げてくれるに違いない、もちろん私は予約して買いますよ~ と信じていただけに、3位は私には残念です。 昨年、TS-030の高価なレジンキットが出ていましたが、今年040が出たらもう我慢せず買いましょうかねえ。



公試
>>XJun殿
残念でしたねえ、3位。
結局3位に入った8号車もトラブルあって落とした順位を後半盛り返し、7号車は電装トラブル?で自滅、ということは、まだまだ耐久レース車になってなかったということかなあと思います。
3位は来年の優勝に繋がるものと信じております。

コメントを閉じる▲
迷彩を始めました。
***************************************************
タミヤ・イタレリのパッケージで、塗装例Bという機体にします。 タミヤの塗装図を見るに、下地の緑のうえに、サンドとレッドブラウンを吹きつけたものと、看破しました(ホントかどうかはしりません)。

そこで、下地の緑は吹き付けで済ませ、その上にサンドとレッドブラウンを筆塗りします。 サンドとレッドブラウンの2色にも作業の順序があり、最初にサンドを吹きつけたあと、レッドブラウンを吹きつけたものと、これまた鋭く看破(心の目、というより、見たいものを見る人間心理とでもいいましょうか)。 自分なりの解釈はさておき、世のモデラーの皆さんは?、とネットで作例を探しましたが、この塗装パターンはあまりありませんでした。 かつ、皆さん結構さまざまに塗装されており、 言うなれば”オレのマッキ”状態です。 
ということで、結局まあ自分の好きなように塗ればよしと結論し、好きなように筆塗りしたオレのマッキです。
DSC_0775.jpg
一気に機体全面に展開するのは収拾がつかなくなりそうなので、翼・胴体のどこか一面を仕上げてイメージをつかんだうえで全面に展開するべく、まずは右主翼上面を塗装しました。 ぼかしは、とりあえず95式戦闘機の折に試みた点々ぼかしといいますが、中間色でぼかすのではなく、ドットを散らしてぼかしたようにしてみました。 (但し今後修正の可能性あり)

あらかた塗装ができたのでスミ入れまでしています。 リベットのポツポツと、ぼかしの点々が同じくらいのメッシュなのでうるさくならないかと危惧していましたが、そうでもないように思います。 相乗効果とはいきませんが、リベットとぼかしの点々はまあ両立しているかなあ、と。
**************************************************
このやり方でひとまず行けそうそうな感触を得たので、この後、左主翼→左右胴体 と機体全面に展開します。 ちなみにここまで3時間! やはり時間はかかります。 機体全面となると、トータル10時間くらいかかるでしょうか。


【2014/06/14 17:34】 | 模型-MC.200
トラックバック(0) |
http://response.jp/article/2014/06/13/225346.html
今年のトヨタTS040は大いに期待が持てます、というかもう勝つしかない!! WECの1,2戦を連勝してルマンに乗り込み堂々のPP! チャージマツダ787の優勝はなんと23年も前。以来、R89Cや、TS020など期待を抱かせるマシンはそれなりにありましたが、今年の040は別格です。頑張れトヨタ、頑張れ中島! 決勝は日本時間14日22時スタート、ゴールは15日夜となると完全にワールドカップとかぶります。忙しいな、今週末は。

最近は地上波での中継はなくなってしまいましたが(スカパーでは中継があるようですが)、ネットでストリーム中継が見れます。
http://www.dailymotion.com/lemans-tv

【2014/06/13 23:47】 | 未分類
トラックバック(0) |

ネット中継…
XJunで~す
>ネット中継…
便利な時代になりましたね。

ほんの10年くらい前だとテレビ会議とか国際電話は高価で面倒なものでしたが、今やスカイプとかMS-Lyncでネットのインフラがあれば気軽に利用できますからね。

私も通信系のメーカ勤務ですが、だからこそ手を動かす趣味が愉しい?!(強引なオチ)


公試
>>XJun殿
ホント便利な時代になりました。 実際にレースが始まってアクセスが増すとスムーズに表示されなくなったりしがちですが、タダですんで文句は言えないですね。
 
私もメーカー勤務ですが、直接手を動かすことがありません。手を動かす趣味はストレス発散になります!


コメントを閉じる▲
出張から帰ってきたので、途中で放っておいた記事を完成させます。
***************************************************
大した内容ではありません、Mig25の塗装を始めたというものです。
DSC_0766.jpg
下面色を吹きました。今回は真面目にサフを吹いて下地を作ったせいか、良さ気です。 このまま、上面の迷彩に移ります。



追記を閉じる▲

【2014/06/07 20:06】 | 模型ーMig25
トラックバック(0) |
トライスターのその2になります。
***************************************************
ネットで製作記事をググって読むと、垂直尾翼付きのエンジンと胴体の上面の間の隙間をもう少し広げたほうが良いらしいですが、自分的には定まったイメージがほとんどないので、気になりません。 
ということで、胴体が大体できたとして、サフを吹いてみました。
DSC_0768.jpg
窓はいい具合に埋まりました。 が、あちらこちらキズがあり手直しが必要です。

下面
DSC_0769.jpg
腹のところがへこみぎみだったのですが、結構綺麗に平らになりました。
**************************************************
表面の手直しをして、塗装に移りたいものです。


追記を閉じる▲

【2014/06/07 20:04】 | 模型-エアライナー
トラックバック(0) |

ピカピカ…
XJunで~す
エアラインモデルというとソリッドモデルの様にツルツルピカピカのイメージです。

カーモデル同様に表面処理・仕上げが出来映えのキモなんでしょうね♪


公試
>>XJun殿
そうなんですよね、ピカピカ、ツルツルがエアライナーと思うのですが、私、苦手です。 が、しかし、いつも同じ道をたどるばかりでばく、自分に宿題を課すのも長い模型人生に得るものもあろうかと。 どうなりますやら。


コメントを閉じる▲
買い物
**************************************************
1)世界の傑作機 F-9Fパンサー・クーガー
えーっ なんでまたパンサー・クーガーなんでしょうか? 特段人気もあるまい。 近々クーガーの48キットが出るタイミングに合わせた便乗商法? 世界の傑作機が現在の新版になってから、はや、もう16年位になるようです。 スカイホーク、スツーカ、ライトニング(P-38)等等、二順目に入っていますが、ホントにそれでいいのでしょうか。 第一線機は出さない傾向があるようで、F16,18,22なぞはしかたない(昔のシリーズではF-15なんかも出てましたが)、としてもビゲンとか、ジャギュアとか(ジャギュアは第1線機とは言い難かろう)いい加減に出してもらいたいものです。 とくに欧州のジェット機は手薄です。アルファジェット、ホーク(これは第一線機か)、ミラージュF-1、フィアットG.91、そしてトーネード! 
今更パンサー?? と思いながら、本屋で手にとっているうち、結局買ってしまいました。
パンサー
まあ、読みゃあ面白いんですが。

2)艦船模型スペシャル
巻頭の「日進」の凄いこと! 大木清太郎氏の作り込んだWL作品を雑誌で初めて見たときの衝撃再来とでもいいましょうか。 というか、どうみても1/700WLとは思えない、1/350にも見えません。 最近のエッチングばりばり作例は、パッと見、凄そうなのですがアップの写真をみるとそれなりに雑いなあとえらそうに思うこともあるのですが、この作品については、どアップでも破綻なし、見事なものです。 本誌、買うつもりはなかったのですが、この作例のパワーに圧倒され、結局買ってしまいました。
艦船模型
この表紙だけでもその凄さが伝わるかと。 
**************************************************
ということで、平日の模型製作の進捗はありません!

【2014/06/05 22:13】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

艦スペ…
XJunで~す
艦スペは長年習慣的に買っております。
あのゲームが流行ったおかげで、ビギナーや中級者向けの記事も最近は増えているのは歓迎です。

私はマストに手をいれてちょっと張り線するのが関の山です。
(今だに集めるのが愉しい 笑)


公試
>>XJun殿
そうですね、ブームで敷居が低くなったようでよい傾向ですね。 今号は超・超絶な作例とハウツー記事の良いバランスでした。
ちなみに私はさっぱり(全く)完成しません。


ラッキーユダヤ
世傑はBACライトニングの号を買いそびれて以降どこにも置いていないので未だに入手できていません、ネットで注文するのは艦隊の検閲が厳しいので専ら店舗買いです(笑)

世傑はリーズナブルなんですけどねえ・・・

筆塗りなさっているご様子ですがやはりリターダー少量調合ですか、塗料の「ノビ」がよくなりますよね

艦スペは見るとビョーキが再発するので最近は手にしていません(笑)



公試
>>ラッキーユダヤ殿
ライトニングの世傑はもう10年以上前ですかね。世傑は版を重ねないで新版を出すという方針なんでしょうか。

艦スペを読んでいたら、何でも出来そうな気になってきました。ヤバいヤバい。

コメントを閉じる▲
実は先週末の進捗で、平日の成果ではありません。
***************************************************
MC.200は機体下面色に続いて、上面も吹き付け塗装しました。
塗装は3色の迷彩予定ですが、3色の塗り分けのうち、パターン的にどうも地になっているように見える緑を全体に吹き付けました。
DSC_0758.jpg
残り2色(サンド、茶色)は筆塗りのつもりです。

下面の画像
DSC_0759.jpg
特に意味は無し。

【2014/06/05 21:30】 | 模型-MC.200
トラックバック(0) |


taki
会社PCから沼津よりです。
きっと狙いがあるのでしょうが
ランダムにムラニなった、緑が気になります。
私は、こういう下地を生かした塗がどうも苦手
で・・しつこくなりますが、狙い含めて解説い
ただケルトありがたいです。


公試
taki殿
解説しましょう、嘘です。意図は無いんです。
リベットをうち損ねて打ち直した際のペーパー掛けにより、表面の粗さ、ツヤがまちまちなため、吹き付けた緑のツヤもまちまちで、ムラムラに見えるのです。
今回はリベットを打った後のカエリをわざと残そうとしたため、ペーパー掛けが部分的になった結果です。ツヤを整えたら消えるハズです。
お騒がせしました。


公試
違うなあ、元々のリベットを埋めた後のペーパー掛けかなあ。とにかくペーパー掛けによるツヤのばらつきです。

コメントを閉じる▲
久し振り、5/2以来のMig25になります。が
***************************************************
見た目はほとんど変わりません。が、しかし、苦労しました。 排気ノズルの付け根のレジンパーツがキットとさっぱし合わず、「ロシア機もといソ連機ったらこんなもんじゃ」と知らんふりしようかと思ったのですが、この機体、結構お金もかかってますのでちょっと真面目にやるかと、パテを盛って均しました。 
DSC_0755.jpg

DSC_0756.jpg

DSC_0757.jpg

これに結構時間がかかりました。 盛ってサーフェイサーで確認して直し、のサイクルを回して、何とかそれらしくなりました。 そういえばサーフェイサーを吹くなんちゅうことが、珍しいのです。 普段は傷何ぞ気にせずさっさと塗装するのですが、今回、MC.200も含め真面目仕様でやってます。

展示会でよそ様の作品を見て、「綺麗に仕上げてあるなあ」と感じ入ること多々あり、最近ちょっと手を抜き過ぎ違うか?と反省しサフ何ぞ吹いてみました。 まあ、銀塗装するわけでもないので、徹底した仕上げでもなくかなりいい加減ですが、自分としては結構真面目モードです。

***************************************************
これでいよいよ塗装に移ります。

【2014/06/01 10:07】 | 模型ーMig25
トラックバック(0) |

サフェーサ
XJunで~す
>サフェーサ…
私の場合水性アクリルを多用することもありまして、なるべくサフェーサを吹いています。

サフェーサがないとどうしても塗膜が透けたり、地色に負けて発色が悪かったりします。
(戦車色や軍艦色でも地色に負けます)

塗装も奥深いですね。


公試
>>XJun殿
私は専らクレオスのラッカーです。隠ぺい力があるので、サフの必要性を感じることはあまりありませんでした。 今回はちょっと真面目にやってます。
筆塗りの下地にはどうなんでしょうか??

コメントを閉じる▲
free counters