After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
今日は所属する大阪レディバードクラブの二年ぶりの展示会でした。これがために金曜の夜というか土曜の朝は0330まで追い込みをしていたため、眠たいことこの上なし。

明日日曜日もやってますんでお暇なかたは是非に。

12/1 追記**************************************************
今日、展示会は無事、盛況のうちに終了しました。 いろいろ感じるところがありました。そこのところはまた追って。 来場下さいました皆様ありがとうございました。 



スポンサーサイト

【2013/11/30 22:19】 | 未分類
トラックバック(0) |

残念
XJunで~す
読み流してました。
帰省していたので、予定に組んでおくんだった>_<。


公試
>>XJun殿
ああ、それはホント残念でした!   ちなみに来週土日には大阪のボークスで「JMCオマージュ」という展示会があり、関西近辺の60数名の方が作品をならべます。私も土曜日参加する予定です。(日曜は家事都合・・)  

コメントを閉じる▲
無駄に長文です。 画像すらありません。
***************************************************

1.いよいよ展示会前ですが、出張でした。 今日帰ってきました。

日曜午後出張ということで、奥さんに駅まで車で送ってもらい、電車を乗り継ぎ空港へ。携帯と本だけを残して手荷物を預け、搭乗ゲートをくぐって、後は15分後の搭乗アナウンスを待つだけ、というところで携帯に不在着信とショートメールが多数来ていることに気がづきました。出張前に何かしらん?と開いてみると、なんと出張が
一日繰り延べになったという連絡が昼ぐらいから繰り返し入っていたのでした。 あーやばかった、あと15分で飛行機に乗ってるとこやったわ!
搭乗をキャンセルし、そのまま家に帰りましたが、せっかくの日曜日を無駄にしてしまいました。 あーあ、4時間くらい作業できたのに、もったいないことをしました。

改めて月曜出発。 いつぞや飛行機の出張で、ホテルでちょっとでも作業するかと接着剤やらナイフやらを携えていったところ、空港のテロ・ハイジャック防止のチェックに見事にかかり、衆目のもと没収されるという辱めをうけたことがあり、以来出張でのモバイルモデリングは地下潜伏もとい控えています。 (会社関係者のブログチェッ
クもあるので)


2.買い物など。

1)モデルグラフィックスを買いました。 やっとこさ、9試艦戦が付録につきました。マガジンキットと謳っているものです。箱は立派ですが、機体は小さく、こじんまりしたキットです。出来はすこぶるよろしいようです。 本機はその素晴らしい出来と塗装バリエーションの無さから、正直だれが作っても同じような仕上がりとなる可能性大ゆえ、さっさと作って旬を楽しむのが良しと思われます。  まさにモバイルモデリング向きですが、残念。

2)キネティックの1/48アルファジェットを以前に買いましたが、兄弟機(認知されていない非嫡出子というところでしょうか)たるT-4が作りたくなってしまい、ハセガワの1/48と、モデルアートの別冊を買いました。
T-4は各地のオープンベースで、電子機器やエンジン回りが開放状態で展示されており、臓物を作りこむことも可能と思われます。 JMC無き今、臓物を再現するモチベーションには乏しいものの、じっくり取り組みた
いなあと考えています。

3)以前に途中経過をアップしたICMの英空軍パイロットフィギュアが結構楽しかった(←過去形ですが、完成していません)のに味をしめ、パイロットフィギュアを2種買いました。 同じくICMの独空軍パイロットとモデルカステンの帝国海軍パイロットで、どちらも1/48です。 独空軍のほうは、英空軍と同様、非の打ちどころのない素晴らしい出来で、ほれぼれする出来です。
一方のモデルカステンは、出来は素晴らしいのですが問題があります。 著名なモデラーの方の手になる原型ですが、プロポーションが良すぎるのです。 8頭身くらい。戦前の日本人にはあり得ない、現代人のフィギュアとしても違和感を覚える、モデルのような姿です。

そのプロポーションで、身長は日本人らしく若干低めなので頭がとても小さいです。単体では気になりませんが、ICMのフィギュアの隣に立たせると、??という感じです。 悩ましいところですが、帝国海軍操縦士が、欧州のパイロットと会合することも無かったであろうから知らぬふりしてしれっと作るが良し。

4)展示会でKi-94の隣に、マイクロエース(元LS)のトヨタスポーツ800を並べるつもりですが、これが結構しょぼい出来で、キットの出来がしょぼく(似ていない)、それがために制作意欲に乏しく仕上がりもしょぼいとい
う二重苦状態で、正直赤面ものなのですが、じつは10月くらいにフジミの1/24のヨタ8が再販されていました。 ああ・・・ あと半年早く再販されていれば迷わず購入しそれなりに時間を割いて作ったのに。残念。


紫電改、ジャベリン、フォックスバット、ブラックウィドウⅡ等々 次から次へと新キットが発売されます。 幸いにして?ストライクゾーンを微妙に外していますので、見送り中です。 しかし、振り返って文字にしてみると
結構買ってますねえ。もう少し絞ってじっくり作ったほうが良いかも。

【2013/11/27 21:30】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

九試単戦
XJunで~す
>マガジンキット
食指が動いたんですが、最近72は目も手も厳しいのと、同じFMから48で出るのを予約したんでパスしました。

今年は「駆け出し飛行機モデラー」と化しまして戦車を作ってまへん(>_<)。


公試
>>XJun殿
私も最近めっきり目がやばくって72は辛くなってきた今日この頃です。かといって32は根性もなく、飾る場所もなく。難しい年頃です。

コメントを閉じる▲
先週末の報告です。 さあ、追い込みと意気込んでいたのですが・・・
***************************************************
週末がヤマ場ということで、意気込んでいたのですが、体調不良(頭痛!)もあってあまり進められませんでした。ほぼ完成!まで追い込みたかったのですが、それでも一応月末に完成させられる目途は得られたのでよしとします。

1)脚を付けました。 前・後共、なかなかの再現度です。 あと、ライト類を付け、墨入れを少々行います。
DSC_0283.jpg

2)シートにフェイスカーテンハンドルを付けました。結局糸ハンダで作りました。 やっぱりこれが無いと!
DSC_0284.jpg

3)排気口は、キットのパーツのモールドが物足りんなあと思って、アイリスのレジンを買ったのですが、これが結構昔の型番でモールド自体が最近の腰を抜かすようなものでもなく、更にはなんと直径がこのキット用としては1.5mm程小さいため、結局使えませんでした。2千円程が無駄とは言わないまでも、不良在庫となってしまいました。
キットのパーツは外面は良いのですが、内面がつるっとしていて、寂しい出来です。
DSC_0282.jpg

アイリス板を想定したマスキングをして無理やり塗分ければまあそれなりにそれらしくはなろうかと思いますが、流石にめんどうやなあ・・と躊躇しています。排気口は実は未だ接着しておらず、時間があれば、何とかしたいと思います。

いよいよ残りは
・風防(塗装、バックミラー、開位置に固定)
・脚のこまごました作業
・アンテナ類、センサー類 (パーツにないアンテナの自作も必要で、これが一番面倒)
位となりました。 4時間程度の作業と見ています。 なんとか間に合いそうです。

DSC_0281.jpg

上記をもって一応完成とするものの、以下については心残り故、展示会後に手を加えたいと考えています。
・排気口の内面
・落下タンク
・昇降タラップの自作

まだ完成していませんが、大したストレスもなくさっさとここまで漕ぎ着けることができ、価格相応に楽しめました。どこかで安売りしていれば(正価ではしんどい)、もう一つ買って別の迷彩で並べたいものです。

【2013/11/19 21:10】 | 模型-Kfir
トラックバック(0) |
La-7は約1カ月ぶりになりますが、あともう少しです。 
***************************************************
1)残っていた主翼下面と垂直尾翼の星マークを完成させました。 
DSC_0290.jpg
マスキング・吹き付けで白縁・赤星を描くまでは特に問題なかったのですが、一番外の赤縁については非常に細いラインとなるのとなるので、ちょっと吹き付けはしんどいかなあと。胴体側面ではこれもマスキング・吹き付けとしましたが、主翼下面と垂直尾翼の星マークはサイズが小さいのでマスキングで太さを揃えるのは難しいと考え、無理せず、細切りデカールで済ました。
マーキングを塗装で再現するという当初の主旨からすると、うーんという感じですが、そこはそれ、臨機応変に。君子豹変す。朝令暮改。

2)アンテナ支柱を立てアンテナ線を張りました。 アンテナ支柱は真鍮線、アンテナ線はパンストと、いつものお手軽方法。

3)脚を付けました。
DSC_0288.jpg
脚部品はいつの間にかすっかり紛失しており、仕方ないので手元に残っていたアカデミーの部品をつかうことにしました。 アカデミーのLa-7は機体はさっぱり似ていなくて情けなくなるほどかっこ悪いので、さっさと捨てたのですが、脚回りの小物部品はどういう訳か手元に残ってました。なんと先の読める男、オレ。
La-7の脚のジオメトリーはよく分かりません。 まあFw190のような複雑な傾斜はついていないものと思いますが、微妙に長かったりするかもしれません。見慣れた機体、例えばFw190の脚の角度がちょっと直立気味であったり、紫電改の脚が少し長かったりというのは、なんとなく直ちに判りますが、本機については、さっぱり知見が無く、こんなもんかなあ・・・と漠然と考えるところです。

いよいよもう少しで完成です。
DSC_0285.jpg

DSC_0289.jpg

大して手を加えた訳でもないので、いつまでもぐずぐずせず、さっさと完成させるべし。 時間はいよいよ限られてきました。
1)☆印の外赤縁(4つ)のクリアーによる定着
2)尾脚カバー
3)エンジン・スピナー周りの塗装
位を残すもので、あと3時間くらい集中してやれば「完成!」と言えそうです。もう一息。ちなみに次回にも完成となりそうなので、タイトルは/20から/10に改めました。

【2013/11/18 22:04】 | 模型-La7
トラックバック(0) |
模型とは無縁の記事です。
***************************************************
仕事の帰り道、ちょっと遠回りして模型屋に寄りたいけどそんな時間があるのなら真っ直ぐ帰って手を動かすべきかなあ、でも寄り道したいなあ・・・という心の葛藤ののち、妥協点として遠回りにならない本屋に寄って帰りました。 模型やら飛行機関連の雑誌、書籍は新しいものはありませんでしたが、自動車雑誌コーナーに、ロータスヨーロッパがj表紙の雑誌がありました。
「おお、ヨーロッパ、サーキットの狼!」とその雑誌を手に取ろうとしたところ、脳髄に大きな衝撃が走りました。なんとその雑誌のタイトルたるや、「昭和40年男」! ええ~!? どういうこと!?

syouwa.jpg

私は今年が干支が4周りめとなった、まさに昭和40年男。 ここまでストレートに自分に訴えてくるタイトルの雑誌はいままでありませんでした。

中身はというと自動車雑誌ではなく、昭和40年前後に生を受けた男性がこの年になるまでの成長の過程で洗礼を受けてきた世の中の流行ものとか、出来事をいろいろと集めたような内容でした。

その流行もののひとつが、スーパーカーブームであり、ロータスヨーロッパという訳です。
本号は「夢のモーターショー」と称して車を特集していますが、取り上げられているアイテムたるや、
・「タイレル」P34! いいところを突きますなあ。 タミヤの1/20、放置・熟成中やなあ・・・
・007のボンドカー、ロータスエスプリ! あのタイヤが4枚の舵に替わって水中を走るやつですわ。 かつて模型が出ていたような記憶がありますが。
・キカイダーのサイドカー! うへっ! キター!
・セブンのポインター号 っとこれはちょっと自分的にはストライクゾーンから外れ、ボールの判定。
・童夢の零。これもちょっと外角低めのボールかなあ。 今記事を読むと真面目に作られていたんだなあと分かるのですが、当時はどうにもばったもん臭くて好きになれませんでした。  等。

車以外では、
・巻頭のインタビュー記事が石丸幹二氏。よく知りませんが40年8月15日生まれ!わずかにお兄さん。見てくれ若いなあ。
・「帰ってきたウルトラマン」! 素晴らしい!マンでもセブンでもなく帰ってきたウルトラマン・郷秀樹!もちろんJACKではありません。 そしてTACではなくMAT。 レッドキングではなくブラックキング。ナックル星人、ベムスター、ツインテール、タッコング・・・ きりがない。ちなみにそこまで濃い記事ではありません。
とどめは
・昭和40年男のための健康講座「頭痛」 恐ろしい、私が頭痛持ちで苦労していることまでチェックされているとは・・・

家に帰ってこの記事を書こうとネットで検索すると、なんと本号はVol22、バックナンバーがどっさりあります。いやー、知りませんでした。 どの号の表紙も懐かしさ爆発です。 こうなりゃバックナンバーを揃えるか!とも
思いましたが、幸い?なことにほとんどが品切れのようで、ノスタルジー星人が暴れまわらずに済みました。  ただしダウンロードは可能なようです。 部屋中が本・雑誌であふれかえり、いつも泣く泣く処分していますがこれを機に電子ブックのリーダーを買うか!?


やたら「!」の多い文章でした。 以 上

【2013/11/16 19:39】 | 未分類
トラックバック(0) |


Fighting Hannah
”昭和40年男”、私もこの雑誌を知った時は驚きと歓喜でした♪
まさにドンピシャですね!ちなみにウチの嫁も”昭和40年女”であります(^^;)


公試
>>Fighting Hannah殿
ホント、まさにドンピシャですよね~。

奥さんも40年生まれとは・・ うちの奥さんは数年しか違わないのに事あるごとにジェネレーションギャップを訴えます。疲れますわ~。

先日WOWOWの日に帰ってきたウルトラマンの初回デジタルリマスターをやってました。 ワンダバに涙で前が見えない! 

コメントを閉じる▲
11/30(土)・12/1(日)にクラブの展示会があります。

案内1  案内2  案内3

La-7、Kfir共、これに間に合わそうと頑張っていますが、いよいよ時間が無くなってきて焦っています。
***************************************************
成否は週末の頑張りにかかっていますが、今週末はなんと子供の音楽会!? そんなもんパスじゃあ~、とはいかんなあ・・・  と、そこに、来週末は出張! うひゃあ~ くらくらしてきます。

私がもっていこうとしている機体は、
1.「クルマとヒコーキ」が展示会のテーマで、これに沿って3機。
・1/48ハセガワ 川西紫電 & 1/43ミニカー ムーンクラフト紫電
 同じ名前つながりです。というか、ムーンクラフトの紫電は
 紫電は忘れていた照準器を付けるくらい 0.5H
 紫電のミニカーは流石に作業なし 0H

・1/48フライングマシーン フィアットG.55 & 1/48タミヤ AB41
 同時期・同メーカーの飛行機・車(?)ということで。
 G.55は、シンナーを被って上面塗装の一部がよれてしまったので(そんなのばっかりですが)、その修復に1H
 AB41はスコップ等の備品の塗装が残ってて1H

・1/72RSモデル 立川Ki-94 & 1/32マイクロエース トヨタスポーツ800
 同じ設計者つながりです。
 Ki-94は完成していたはず OH
 ヨタ8は、飛来落下災害に遭い、ちょっと欠けた屋根の修理と、バンパー、ナンバー、ワイパー等小物をを付ける 等で2H  (出来がショボイので、ミニカーを購入しようかなと弱気がもたげてます)

2.テーマ外で3機。
・1/48アバンギャルドモデル IAI Kfir
 厳しい・・・ 半完になるやも・・・  10H

・1/48エデュアルド La-7
 脚回りの小部品がいくつかと、アンテナ支柱・アンテナ線が残ってます。あー、キャノピーも残ってた 5H

・1/144レベル C121コンステレーション
 時間が許せば、ちょっと塗装に手を入れたい箇所あり   1H

ということで、のこり作業は 20H強。 相当厳しいです。

こうやって見てみると、どれもブログで曝したもので目新しさに欠け、かつ自信を持って入魂の一作と呼べる作品もないのが少々つらいところです。 他のクラブの皆さんにおんぶにだっこというところです。 前回の展示会以降の機体としては、JMCに出した1/72 S-3A、1/48 Mirage2000がありますので、Kfirに2000を添えるなんていうのもいいかなあと考えてます。(2000自体、もうちょっと、の出来ですが)

近隣の方、お暇な方は是非にお立ち寄りください。 会場近くにメジャーな模型屋もありますので、買い物ついでというのも宜しいかと思います。

【2013/11/15 21:52】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


XJunで~す
>展示会…
お疲れ様です。それだけの数を出品されるとは敬服いたします。

こんなイベントがあると張り合いもありそうですが、私は「計画性が永遠に0」ですし、仕事やら体調やら不安要素が多すぎるので、模型合宿が精一杯です。



公試
>>XJun殿
沢山の作品を揃えたかのようですが、実は2年ぶりの展示会故、まあそれくらいにはなろうかと。結構のんびりした、ノルマとは無縁の会で、自分のペースで作れるのが良いところです。 それでもやはり何か区切りがないと、なかなか完成までは持って行けないですね。 年○機というような目標は自分には無理です。 



コメントを閉じる▲
1週間強の出張に行っておりました。 無事帰還、模型を再開しました。

***************************************************
Kfirですが、今月末に完工させるべく、鋭意製作を進めます。

シートを塗り分け、早速取り付けました。

DSC_0279.jpg

DSC_0280.jpg

今回使用したウルフパックのレジンシートですが、出来はというと、まあまま、というところです。 結構ごつい出来で精密という感じではありませんが塗分けたらばまあそれなりに良い感じになりました。

デティール云々より、問題はその大きさでした。とにかく背が高い!シートがキャノピーから突出してしまうので、底面を相当削り倒しました。 このパーツはどのメーカーのどの機体用という訳ではなく、汎用のマーチンベイカーということだと思うのですが、キットのフロアが浅いのか、あるいはやはりシートがでかいのか、いずれにせよ削り倒して収めてもシートが大きく見えることは変わらず、結果機体のコンパクトさが強調されます。 ということで、ポジティブに捉えこれで良しとします。

あと、フェイスカーテンハンドルを付け(パーツがついてましたが、バリもあるので金属線で作り直したほうが早いと思ってます)、ちょこちょこっと注意書きの赤を入れたり、金属色をドライブラシしたりすれば完成です。

機体塗装は前回ほぼ完成しておりましたが、若干の修正ののち、デカールを貼りました。写真にも一部写っていますが、これについては後日。(出し惜しみ)
***************************************************
模型復帰に仕事の帰り道に寄った模型屋には1/48キティーホークのMig25がありました。 やはりデカイです。これは私の製作スペースではハンドリングも無理、保管もできんなあ・・・ ハセガワの1/32紫電改も。 これは興味ないなあ・・ 箱を手に取ることもありませんでした。


【2013/11/07 23:14】 | 模型-Kfir
トラックバック(0) |
free counters