After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
Kfirは機体の基本工作が終わったので、早速エクアドルの怪しげな5色迷彩にトライしてみました。
***************************************************
 塗分けパターンを決め、色を決めるべく、最初に、こんなもんかなという色で取り敢えず吹き付けしてみましたが、全くもって芳しくありませんでした。 上面を暗緑色、黄緑色、こげ茶色、空色の4色に、下面をグレーに塗ったのですが、まとまらないというか、とっ散らかってしまいました。実機はおそらくは緑系2色の塗り分けのうえに、応急的にこげ茶色と空色をオーバーペイントしたんだろうと思われ、もともとまとまりのよい迷彩ではありませんが、それでも応急に塗った2色が戦時の凄味を感じさせる、それなりに引き締まった印象の迷彩なのですが、残念ながら塗分け結果は、赤道直下のエクアドルだけにまるでじめじめむしむしした熱帯雨林で原色のカエルかムカデに出くわしたような、そんな気色悪さでしした。 一つ一つの色はそれほど外れてなかったと思うのですが、こげ茶色は微妙に赤過ぎ、空色は青過ぎたような。もっと彩度を落として色を落ち着かせて4色を近づけてまとめる必要がありそう、

ということで、上面4色をそれぞれに近づけて、改めて塗り直しました。 背景が青すぎて色味が良くわからない写真になってしまいました。

DSC_0273.jpg kfir ecuador 1/48

DSC_0275.jpg

DSC_0274.jpg

この写真をみると、今度は逆にまとまりが良すぎるようにも見えますが、実物は空色が微妙にハーモニーを乱していて、一応狙い通りです。熱帯のねっちりした暑苦しさ、と、碧空を舞うマッハのデルタ翼のすがすがしさ、の両方が表現出来ればよいのですが、できるか!そんなもん。 まあこんなもんです。

上に「実機はおそらくは緑系2色の塗り分けのうえに、応急的にこげ茶色と空色をオーバーペイントしたんだろうと思われ」と記しましたが、もう少し書くと、元々は暗緑色と黄緑色の迷彩があって、暗緑色の上にこげ茶色、黄緑色の上に空色がオーバーペイントされています。そのオーバーペイントが剥げたり、或いはもともと全てきっちり塗り重ねられてなかったり、で4色の迷彩になっているようです。

それにしてもカッコよくないですか!? なんか、こんな迷彩が思い起こさせます。
images.jpg

いやもっとカッコええな!

***************************************************
来週から3連休を超えて出張なので、今週末どんどん先を急いで、デカールを貼ってスミ入れまで行きたいところです。
スポンサーサイト

【2013/10/26 20:09】 | 模型-Kfir
トラックバック(0) |
知りませんでしたが、防衛省技本で開発中の機動戦闘車が公開されていたんですね!



 ああもう、かっこええ! チェンタウロもかっこよかったけど、こっちの方がいけてる~~。 積んだままのトランペッター(モノクローム)のチェンタウロなんぞ、こいつのキットがタミヤから出たら何の迷いもなく捨ててやる! たのむからタミヤさん、10式に続いてキットを出して下さい。いやいやJGSDFといえはピットロードか、ピットロードさんでももちろんよいです。お願いします。 ついでにいえば、チェンタウロ、ルーイカットをシリーズで出してくだされば、感涙maxなのですが。 さらに言うと、48でも出してくださればもう一生ついていきます、なんですが。

 余談ながら、ルーイカットの方がつよそうではある。


【2013/10/25 23:10】 | 模型-AFV
トラックバック(0) |

機動戦闘車
XJunで~す
>機動戦闘車
用兵思想の変化なんでしょうね。
市街戦での運用を考えているんでしょうかね?


公試
XJun殿
市街戦か、非正規戦闘の関係ですかね。いずれにせよ、装輪装甲車、大好きなんです。マジで早くキットが出て欲しいっす!


コメントを閉じる▲
昨日はG.55、今日はKfirと、落ち着きがありませんが、Kfirについてのお買い物です;
***************************************************
1)デカールを購入しました。
キットにはごく普通のイスラエルの機体のデカールが付属していますが、これじゃあ面白くありません。(というか、イスラエルの機体はキネティックのキットを含めあまた製作されるでしょうから、少しでも変ったものをという天の邪鬼な気持ちです。
Aztecというメーカーから出ている2種類のうち、エクアドル、スリランカ、及び米軍の機体を取り上げたシートです。 これらのうちエクアドルの上面4色!という機体に惹かれて購入したのですが、思いのほか難物であることがわかりました。
DSC_0270.jpg
写真の取説の、一番上にある機体です。 どうやら上面2色・下面1色の迷彩の上に、別の上面迷彩をオーバーペイントした過渡的な状態のようで、剥がれているところもあれば、塗り分けがつながっていないところもあるなど、わけのわからん迷彩です。

主翼上面にはイスラエルの黄色い△に似た識別マークがあったようなことが取説に書いてあります。
成程、左翼にはその名残の黒縁△が途切れ途切れに残っている写真がありますが、右翼は取説ではきれいな黄色△が描かれていますが、エビデンスは無いようです。 左翼と同様の途切れ途切れやもしれず、きれいな△やもしれず、はたまた記入すらなかったかも。

難物なんで、これを避けて無難に緑系の2色迷彩という手もあるのですが、一期一会というか、これを逃すと次の機会もないかもしれず、多少しんどくても作りたい機体をつくるべきかなあ、とも思い悩むところです。

2)レジンのシートを購入しました。
キットにはフェイスカーテンハンドルの付いたマーチンベイカーの昔懐かしい射出座席と、同じくマーチンベイカーですがMirage2000で見たような四角いモダンなタイプの2種が付いています。 基本的に旧型はC2,新型はC7ですが、C2でも新型がバックフィットされた機体もあるようです。
今回作ろうとしている機体は、上面4色迷彩にしろ、緑系迷彩にしろ、時期的に旧式のシートで良いようです。
マーチンベイカーのフェイスカーテンハンドル付きにもいろいろ型式がありますが、パッと見、よく似てる という緩い基準で、ウルフパックのMk7を購入しました。 ちなみにキットのパーツはMk6ということです。 どこかが
違うんでしょう。あえて知るまい。

DSC_0269.jpg
フェイスカーテンハンドルは別パーツで付いてますが、パーティんグラインの処理も面倒なので、金属線で作り直したほうが早いかなと思います。

以上2品を奢り、Kfirを完成に導いてやろうと思います。 手の遅い自分が、落穂ひろい機多数をこなしながら、
11月末までに完成させられるかできるか、今月末から出張も控えており、自信のないところですが、まあ頑張り
ましょう。

現況です。
DSC_0268.jpg
前部風防を付け、中央キャノピー開口周りに、シールパッキンを再現すべくプラ材をぐるっと一周付けました。
***************************************************
次ははやくも塗装です。 自分的には「とばしてるなあ」という気がしますが、コテコテ手を加えないプラモデルの製作は本来こんなものなのでしょう。 

【2013/10/20 10:35】 | 模型-Kfir
トラックバック(0) |
8/3以来のFiat G.55。まだ完成してなかったんかい!? 未だです。 残り作業で一番しんどそうであった中部キャノピーを片付けました。
***************************************************
元々キットのパーツで問題なかったんですが、見事に紛失してしまい、海外のショートランキットとなれば再入手も不可ということで、バキュームで自作しました。 形は難しいものではなく単なる山型で、キットの前部風防から断面形をとり、プラ板とポリパテで型を作りました。
これを自作のバキュームマシン(100均材料で総計500円程であったような)に載せ、PET板を絞りました。 塩ビとPETそれぞれでしぼりましたが、PETのほうが透明度が良いようです。

DSC_0264.jpg

問題はフレームで、塗装で済ませてしまうといかにも平板なペラペラな感じになりそうなので、フレームの厚みが少しでもでるよう、着色したデカールを細切りして貼り付けることにしました。 キャノピーの裏・表から同じ幅のデカールがうまく貼れるか?貼ったデカールはしっかり着くか? コーナーでデカールを重ねたら厚ぼったく見
えないか? 等いろいろ心配な部分もあったのですが、結果的には、いい具合に出来ました。 フレームの厚みが感じられるほどにはデカールの厚みがありませんでしたが、まあ良し。
さらに、中部キャノピーの側面はスライド式になっていて極細いフレームが真ん中にあるのですが、これはデカールの透明なニス部分を貼りました。これも良い感じ。(というか、ちょっと繊細すぎて見えん)

機体に載せてみました。実際は開位置にするのでフィッティングは気にしないのですが、一応。
DSC_0267.jpg
まあ、それなりの合いでした。 

残り作業も加速します。 
1)アンテナ線を張り、胴体下面に筒状のへんちくりんなアンテナ?検出器?を作って付けました。(↑上の写真)
2)紛失していたいろいろな部品を作成しました。主脚引込用の油圧シリンダ、主脚カバーの中央側(それにしても次から次によく失くしてますなあ)
DSC_0266.jpg

これで作るべき全ての部品を作ったはず。あとは塗装して付ければ良し。

追記;************************************************
早速、中部キャノピーを機体に付けました。
DSC_0272.jpg
なかなか。
DSC_0271.jpg
左右両側にある、閉鎖固定用のハンドルが結構大変でした。 え、左右両側にある?? ということはどちらにも開けられるということでしょうか。
***************************************************
ということで、思ってたよりも円滑に、試行錯誤することなく出来ました。いよいよ完成までもうチョイです。

【2013/10/19 11:14】 | 模型-Fiat G.55
トラックバック(0) |
AB41は7/6以来のようです。早いもんで3カ月も経ってます。 落ち穂拾いの一環です。
*****************************************************
ダークイエローがほぼ塗れたので、デカールを貼りました。

DSC_0262.jpg
なんか、トリコロールがやたら目につきます。 真面目に戦争する気があるのか? 

DSC_0261.jpg
あと、シャベルとか、銃とか、角の金属色くらいで完成とします。
しかし、これもまたフツーの出来ですね。もう少しくどい仕上がりを目指したほうが良いような。
****************************************************
完成したらば、Fiat繋がりということで、Fiat G55の横に並べます。 

【2013/10/14 21:01】 | 模型-AFV
トラックバック(0) |

用法が?
XJunで~す
こんばんは。
この装甲車、どう使ったんでしょうね?
まじめに偵察用?それとも後方の警備用?

治安維持の警備用ならパトカーみたいなもんだから国籍標識があっても平気かも…(根拠レス)。


-
>>XJun殿
トリコロールが正面、側面、後面にそれぞれあるんです。 特に正面は斜め上、斜め下の2面に表示があり、偵察にいったら目立つことこの上なしとおもうんですが。 わからんですねえ、成る程パトカーみたいなものなんでようかねえ。

コメントを閉じる▲
 金曜は、会社の帰りに模型屋に寄って、スケビないしアーマーモデリングが発売日より先に店頭に並んでいるものをGETして帰ろうとしたのですが、なんと模型屋が閉店! どうも最近閉店日が多いような・・・ 仕方ない?ので、その近くの大型チェーン店に寄って、代わりに何か買って帰ることにしました。
***************************************************

 何か出てないか、とうろうろすると、エアフィクスの1/48ジャベリンが出てました! が、流石に買わん! カッコ悪いし~。 ジャベリンはスルーして1/144のCH-53を買いました。 私はスケールには特にこだわりなく、組みあげた状態で20~30cmくらいになる模型が一番しっくりきます。 その点でこのキットはちょっと小さく、かといって1/72では大きい、1/100のキットがあればなあというところです。

 そして、ニッパー。10年近く使っているタミヤのものが切れなくなってきたので、そろそろ新しいものを、と思っていたのですが、店頭でニッパーと目が合い、それが今日か!と悟り購入に至りました。 モノはゴッドハンドのアルティメットニッパー5.0(片歯仕様)。

DSC_0258.jpg

DSC_0259.jpg
 なんじゃその大げさな名前は。 かなり高かったのですが、まあ数年に一度の買い物と割り切って買いました。ネットでちらほらレビューを目にし、良く切れる、ということだですが、しかして、その切れ味は・・・。 

 まず、試しにランナーをきってみると。「うわっ」と思わず声が出てしまいました。予想していた所要握力の半分くらいで、すぱーーっと切れます。 びっくりしました。 プチンとか、パチンではなく、すぱーーっです。歯が浅いので、いつもの感じより弱い力で、かつ片歯のせいか長いストロークで切れるように思います。

 ランナーを切り刻んでいてもしょうがない、パーツを切らねば、とパーツの切り出しが面倒で放置していたキットを開けました。フジミの1/72、10式の量産型です。 最初に出た試作型は砲塔上面あたりに弱いヒケというかウネリがあって、興ざめ・放置してしまいましたが、この量産型は実にシャキッとした出来です。 作りたいキットではあったのですが、戦車と言えば転輪に履帯が面倒で、なかなか手が伸びませんでした。 しかし、この究極のニッパーを手にしたらば、パーツを切りたい!切りたい!と転輪を切り出し、履帯を切り出しし、あっという間にここまでできました。素晴らしい! アルティメット効果!

DSC_0257.jpg

***************************************************
 どうも最近ニッパーに手が伸びないなあ、スランプかなあ、というのは実は切れないニッパーが心のブレーキになっているのかもしれません。お勧めです。



【2013/10/13 08:00】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

工具は大事ですね
XJunで~す
おはようございます。

>ニッパ…
ニッパに限らず、切れ味の良い刃物は不可欠ですね。

自分できちんと研げるならキサゲや切り出し刀とか欲しいんですが微妙なところ。

替刃式のと明らかに切れ味が違いますね。

ラジオペンチも先端の合いが違うように思います。

若い頃、単車をいじってましたが、やはり工具は価格が品質に直結してますね。


-
>>XJun殿
弘法は筆を選ばずといいますが、弘法でない凡人は筆を選ぶべきなんでしょうね。 今回痛感しました。 機械用工具ならばsnap-onとか、やっぱし違うんでしょうね。
但し、ピンセットとか、高い道具って際限なく高いじゃあないですか。 どこまで奮発するか悩みどころですね。

コメントを閉じる▲
またまたLa-7。2年強の放置ののち、一気に完成に向けて前進か!?
*****************************************************
 キャノピーを塗って、ペラ・スピナーを塗って、でもって、尾翼と主翼下面の星印も胴体と同様に塗装するべく、白星を描きました。こののち、中に赤星を描き、しかしながら一番外周の赤線は、胴体の折はこれもマスキングして塗装しましたが、今回はデカール細切りで済まそうかと思ってます。
DSC_0255.jpg

DSC_0254.jpg

DSC_0253.jpg

最初はスズメみたいな主翼に違和感を覚えますが、目が慣れればなかなかカッコイイですね。
******************************************************

【2013/10/12 21:56】 | 模型-La7
トラックバック(0) |
2011年6月8日以来! 2年強の放置プレイののち、再開させました。
****************************************************
エデュアルドのLa-7です。 2年前に士の字にして、実は手書きマーキングに挑戦、ということで、迷彩からマーキングまで全くのフリーハンドでこの写真と同じ機体塗装に挑戦していました。
まあ、それなりにはできたのですが、人様に見てもらうレベルではないなあ、ということで今回塗装し直し、普通にマスキングで塗り分けました。
単刀直入に言うと、展示会シーズンに向けた落ち穂拾いで、拾った落ち穂の土を払った、というところです。

DSC_0245.jpg

まあ悪くはないけど、至ってフツーですなあ。

DSC_0246.jpg

コックピットは結構手を入れた記憶があります。 2年前なので、薄れかけていますが。キャノピーは開位置としたいところですが、ちょっと分厚くて、後部キャノピーに乗り上げてしまいます。 うーん、どうしたものか。

***************************************************
尾翼の星マークで手が止まってしまいました。 胴体と同様にマスキングして塗り分ければよいのですが、胴体よりひとまわり小さいので、大変そうやなあ、とびびってます。
主翼上面は星マークはありませんが、下面にあります。 これも面倒で面倒で。 下面はあんまり見えないのでデカールでええか・・・・


【2013/10/08 20:04】 | 模型-La7
トラックバック(0) |
いつかどこかで、添えもものとなる予定の英空軍パイロットフィギュアーを進めました。
****************************************************
出来ました。 というつもりだったのですが。

DSC_0235.jpg

DSC_0238.jpg

DSC_0236.jpg

靴も塗ったし(革のブーツというよりゴム長靴のようですが)、ベルトも塗ったし、ギョロ目はまあこれで良しとハードルを下げ、早くも完成か!と思っていたのですが、左手に掛ける革ジャンを忘れてました。 あー、ぬかよろこび。 あと、1時間。

【2013/10/07 19:52】 | 未分類
トラックバック(0) |
Kfirを進めました。
****************************************************
後送りになっていた主翼を付けた後のパテ埋め工程を片付けました。
DSC_0240.jpg

綺麗に均せたか銀を吹いて確かめました、OKです。 筋彫りが一部埋まってますが、掘り直しは未だです。

コックピットは正面の計器盤を塗装して付けてしまいました。 正面の計器盤は、高価なキットにおいて、ちょっと物足りないパーツでした。 どこかのメーカーからレジンパーツが出るのを期待していたのですが、何時になるともしれないので、適当に塗り分けして付けました。
DSC_0243.jpg

針の無い計器がちょっと寂しいですね。 合いそうなデカールを見つけて貼りつけたほうが良いでしょうか。

****************************************************
胴体上面・下面の小インテーク類を付けたらば、塗装が出来てしまいます! 折角の高価なキットなので、もっとじっくり、でもよさそうなものですが、素材の良さを楽しむのも一興というところでしょうか。

【2013/10/06 19:50】 | 模型-Kfir
トラックバック(0) |
free counters