After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
なんとも残念なことに、JMCが休止? ということです。

 私は、2007年に1/48雷電で初めて参加して以来、1/72三菱F-1、1/48F-5F、1/48ホーカータイフーン、1/72S-3バイキング、1/48ミラージュ2000と、6年続けて参加しました。ことしも参加を目指してA-1Hの製作を進めてきただけに残念というか、ショックです。

 今この年にもなって飛行機模型というおおよそ50前男にに似つかわしくない趣味を続ける契機となったのは、JMCでありこのブログでありました。 それまでの私は片田舎で、ちまちま個人の趣味として(あたりまえか)模型を作っていた訳ですが、そんな私に実は大きく広がる飛行機模型への窓となってくれたのが、JMCでありブログでした。 近くに模型クラブが無い、或いはどうにも敷居が高い、という方は少なくないと思います。 そういう人間にとって、片田舎から個人で参加できるJMCはとても有難いものでした。

 JMCは、参加クラスをシニアクラスとマスターズクラスに分け、ちょっと受賞が続くとすぐにマスターズクラスに押し込むという、優れたシステムを備えていました。 また、協賛雑誌の賞もあったり、クラブの展示会を併設したり等いろいろ工夫が凝らされていました。 受賞者が固定しまい膠着してしまった、行き詰ってしまった、前身たるPPCの反省を踏まえてのことと思います。

 にもかかわらず、今回中止に至った理由は費用がかさみ過ぎた/コストに見合うリターンがないということかということでしょうか。東京/大阪で大きな借りる、数百の作品を梱包して送る、まあ大変な作業でコストもかさむんでしょう。となると、数社で協賛という形で再開してもらえたらなあ、と思います。ハセガワによるドラゴンの取り扱いがなくなって以来JMC参加作品の幅が狭まったことの解消にもなろうかと思います。小異を捨て、模型の振興という大同について是非とも実現してもらいたいと思います。

 今回の中止は次なる再開のためと理解し、変わらず製作にまい進したいと思います。 A-1Hは製作を続けます。
スポンサーサイト

【2013/04/30 10:15】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
1) googleがreaderを止めるというので、代替のリーダーを探すことにしました。 日本語ソフトならlivedoorのリーダーがメジャーなようなので、ちょっとのぞいてみたら、とてつもなくダサいので止めました。 他はというと、英語ソフトですがfeedlyの評判が良いようなので、こちらは、というと、さっきのダサダサとは対照的に、シンプル、クールという感じです。 取り合えずインストールして移行してみました。 
 
 しかし、ネットのサービスはいつ打ち切られるか、ヒヤヒヤもんですねえ。このブログにしても、FC2が「止める!」となれば、どうすればいいんでしょうか。 

2) 模型雑誌
a) モデルアート社から出た「飛行機模型スペシャル」を買いました。
hikouki.jpg
 同社の「艦船模型スペシャル」と同じような印象を受けます。即ち、記事は特集にそった作例が過半で、後半に新記事が若干。 でもって、作例は、クラッシックな内容。クラッシックというのは「古臭い」という意味ではなく、「伝統的な」というか「正統な」ということです。 退色や派手なウェザリングはなく、腰を抜かすようなデティールアップもありません。あくまでキットの素を楽しむというような作例です。NAVY YARD誌があっても艦船模型スペシャルがしぶとく生き残っていることを踏まえ、このラインを選んだのでしょうか?? 
 特集はベトナム戦の米海軍機です。 更に、懐かしの航フ「フラフィー」の為則氏も記事(作例ではありません、コラムというか)を書かれている、とくれば「これは40代以上のおっさんしか買わんやろう」という気がします。 
 モデルアートの飛行機模型雑誌としては、「M-cats」がありました。いろいろバラエティーに富んだ内容であったと記憶していますが(部屋のどこかに残していたっけ? それとも全冊古本屋に処分したっけ??)、あれもおっさん狙いの内容でしたが、今回のほうが、より正統、クラッシックという感じがします。 なんとか長く続けてもらいたいものです。

b) モデルグラフィックスを買いました。特集は強襲揚陸艦でした。 なぜ、今?というのは読んでもよくわかりませんでした。 飛行機模型で「おお、これは!」というのはありませんでした。 出張期間中、地味な生活をしていたおかげでちょっと懐があたたかく、いろいろ手が伸びます。

3)新キット
タミヤが1/35で10式を出すそうですね、ああ欲しいなあと思いますが、飛行機模型でアップアップしてるのに絶対出来るわけないわなあと冷静に考えてしまいます。 きっと高いやろうし。 一方でキネティックから1/48クフィル、アルファジェット! どっちもつぼを突いてきますなあ。 クフィルか~、こないだ買ったイタレリのキットはどうするよ? でも買ってしまうなあ。



【2013/04/25 22:36】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


Fighting Hannah
飛行機模型スペシャル、まだ見てませんが興味シンシンです♪ベトナム戦の米海軍機もツボです!
為則さんの航フ”フラフィー”、中学生の頃初めて読んで以来、軽妙&独特な語り口で毎こ号楽しみでした♪ライターの河野さんの名前を知ったのもフラフィーからなんです(^^;)。

ここ最近(にはじまったことではないんですが(笑;))、新キットも含めて入手にしたいキット&スクラッチしたい機体をたくさん思いついてしまい困ってます、短期間では作りきれないのに所有願望がムクムクと!(^^;)


公試
>>Fighting Hannah殿
為則さん、河野さん、懐かしいですねえ~、というか、この本に河野さんも執筆されてます。いつか両氏にお会いしてサインを頂きたいです。

新キット、もう、作る作らんは別にして、欲しいものは欲しいと割り切るしかないですか! 後は置き場所か・・ 


シミヤン
飛行機模型スペシャルはジェット機製作苦手の私にとっては安心できる内容でした。

年々製作スピードが遅くなっているにもかかわらず、
作りきれないであろう在庫を抱えつつも
ほしいキットはやはり買ってしまいますね。
最近新キット購入は抑えているつもりなんですが・・・
(抑えているつもりのところ強調・・笑)


公試
>>シミヤン殿
超絶ばかりが作例ではない、ちょっと控え目な作例もいいもんですね。 

「製作スピードが遅くなっている」のは毎日痛切に感じているところです、私の場合は老眼に起因します。 とはいえ、欲しいものは欲しい、ということで、新キット、クフィルが発売されたようです。欲っしい!

コメントを閉じる▲
10日間程、出張にいっておりました。 南の島でのんびり、ではないな、のびのび、でもないな、仕事をしてきました。
DSC_0056.jpg

DSC_0068.jpg

南の風に触れてリフレッシュされた気持ちで、また模型に精進したいと思います。

【2013/04/24 20:56】 | 未分類
トラックバック(0) |
おまけの続き;
*****************************************************
KittyHawkの1/48 Jaguarをそれこそ息抜きに適当に組んでいます。 
DSC_0038.jpg
似てるのかどうか、良くわかりませんが、Mitsubishi T-2/F-1と比べると、まあなんともこてこてなラインにびっくりします。 草食と肉食の差か、あるいはモンゴロイドと(アングロサクソン+ラテン)の差か・・・

DSC_0039.jpg
計器盤はエッチングですが、起伏に乏しく、プラのほうが良かったのに、と思います。

DSC_0040.jpg
エンジンは左右とも再現されています。 なんとも贅沢な仕様です。
このキット、パーツがぺなぺなです。薄いパーツが結構変形していてちょっと手がかかります。 写真に写っているエンジンスペースや主脚庫、機銃庫をどんどん薄っぺらい胴体パーツにつけて、剛性をもたせようかと。

主翼や胴体の分割はパネルラインとは関係なしになされているため、パテ埋めがかなり必要です。手のかかるキットです。 完成までやる気が続くか、非常に微妙です。 途中で気付いて「叩き壊したろか!」という気になるような欠点は無いように思いますが、なにぶんJaguarという機体を良く知らないので、なんとも言えません。
***************************************************
日曜から約10日、南の島に出張です。「南国とはいいですね!」というようなところではありません。辺鄙な(失礼)島です。 どうにも退屈しそう。なにか持っていこうかしらん。
***************************************************
有名なモデラーの方のサイトに、重箱の隅の隅をつつくような指摘をメールしましたらば、どうやら私の間違い(早とちり)であったよう。 ハズ!


【2013/04/11 21:29】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


taki
いま 退屈中ですね。うらやましい。
新キットどのような出来かきになります。
投げ出さず、完成させてね。


公試
>>taki殿
出張でブログを放置しておりました。<(_ _)>

このキット、デティールは結構良く出来てます。ただ、肝心かなめのプロポーションは、私にそれを判断出来る目がないので何とも言えません。それでも、たとえばトランペッターの1/32のように、一目で「これは似てないやろう!」というようなことは無いと思います。 機首は差し替えできるよう別パーツになってますのでこれからバリエーションが順に出てくるかと思います、お一つどうでしょうか? 


コメントを閉じる▲
4月になりました。 異動があり、若干仕事がかわりました。
*****************************************************
skyraiderのコックピットは、シートベルトを仕上げました。
DSC_0035.jpg

ちょっと、ふにゃふにゃさせすぎた様にも思いますが、いつもの「模型的表現」ということで、これで良しとします。

頭の後ろの防弾板の、肩のへんの塗料が剥げてますが、これは防弾板がぺっきりと折れてしまい、黒瞬着で接着復旧したためです。
写真を見て思い出しました、そういえば足元のペダルも作りました。 

これで、もうコックピットを胴体に仕込んでしまおうと思います。 コックピットが収まれば、主翼を胴体に接着することもできます。即ち「士の字」が見えてきます。
*****************************************************
おまけ;

1)流星は風防を付けました。主翼の取り付け角を調整するために胴体幅をちょっと触ったためか、中部・後部の風防が胴体とフィットせず、パテで均す工事が必要となりました。 やっとこさ、まあまあつながったので、枠を黒で塗ってみているところです。 機内色で塗るのが正しいような気もしますが、なんとなく黒で。
DSC_0036.jpg

2)紫電は排気管を塗りました。 それだけです。
DSC_0037.jpg


【2013/04/10 21:25】 | 模型-Skyraider
トラックバック(0) |
あまり模型的な内容でないのですが・・・

1)モデルグラフィックスを買いました。 バイク模型の特集でした。 バイクもバイク模型もよく知らないのですが(バイク模型は生まれてこの方一つとしてつくったことがありません!)、読み物として面白かったです。 飛行機模型の記事は、なんかアラ探しのように写真を見、記事を読んでしまうのですが、門外漢のジャンルは素直に楽しめます。

2)世界の傑作機を買いました。 P-47です。 鳥飼氏の記事は相変わらず面白かったのですが、結局のところ、P-47が「傑作」とは言わないまでも優秀機と成りえた要因が今一つ判らず、不完全燃焼に終わりました。 

3)三宮の本屋でhontoカードというものを貰い登録してみました。 本屋のポイントカードです。 私はポイントカードというのが苦手で、カードは嵩張るし、どうせ端数程度の中途半端にしか貯まらんし、ということでまともに使ってるカードはボークスのカードのみ。 なので「本屋のポイントカードっても、どうせ使わんし」、と思っていたのですが、購入した本が自動的にネットのマイ本棚に残っていくというのがおもしろいなあと思い、登録してみました。 読書が趣味な方は、読んだ本を読書録、データベースに残したい という欲求があろうかと思うのですが、その助けになろうかと思いました。
 その昔、かれこれ20年近く前は98ノートに入れてたカード型データベースソフトにまめに入力できていたのですが、なぜか、その後は挫折続きです。データベースソフトをつかったり、ネット上でブログをつかったりwikiをつかったり、いろいろ試みては挫折しています。なぜ、MS-DOSの98ノートでカード型データベースで出来たことが、vistaでネット・クラウドでできないのか? 歳をとったから? 時間がなくなった?
 挫折の理由は自分でもよくわからんのですが、とにかく暫く使ってみます。 評価は、これから購入歴が積み上がってきてから、ということになりますが、既に判っている欠点としては、カードが使える本屋が限られているということ! これは致命的か!? 良く利用する本屋のうち、最大手の本屋しか対応してません。 これでは読書録になりようがないのでは?という根源的な点は、購入した本でなくても自分で登録できるということで、クリアーできるかなあと。   

【2013/04/02 20:00】 | 未分類
トラックバック(0) |


taki
同じ本買ってます。
モデグラは力の入った特集ですね、でも
こんなこと書くと叱られそうですが、
高橋さんの作例が多く、(内容は素晴らしいですよ)
他の人の作ったのも見てみたかった気がします。

P47は、カラー写真タップリがよかったっす。

家はあと、バイク本レーサーズ購入予定です

バイク模型…
XJunで〜す
昨年、ひさびさにタミヤのオールドキットですが、バイクの模型を作りました。
若い頃は、自分が乗れない大型車や外車のプラモを作って眺めていました。
最近のシリーズは市販車が少ないのがちょっと寂しいです。
身近な存在なのと、戦車と違って、ピカピカに仕上げるのが楽しみです。^_^


公試
>>taki殿

バイク模型は疎いので、製作された方の名前まで気がまわりませんでした。  バイク模型は製作された方の個性というのはどうなんでしょうか?

P-47は模型資料としてはもう一つですが、最近は読み物と割り切って楽しんでいます。 個人的にはもっと技術的なところ、P-47の排気タービンはなぜ成功したのか、デカイだけの機体にならなかったのはなぜか、あたりを掘り下げてほしかったなあと思います。
カラー写真はよかったですね。




公試
>>XJun殿
私は、本当に掛け値なしにバイク模型って買ったことがないんです。見てるぶんには面白そうなんですが、なぜなのか自分でもわからんのですが、キットを買うに至っていません。メカ的にも面白そうなんですが。ピカピカがハードル高いのでしょうか。


公試
>>**殿
主旨了解でございます。 空手形ではございませんが、前向きに検討致します。

コメントを閉じる▲
free counters