After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
Lockheed S-3 Vikingの近況です。
********************************************
いきなりですが、完成しました。
DSC00163.jpg

嘘です。 これはアルジャーノンプロダクトというところから出ている『米海軍・海兵隊の名機たち』シリーズの1/144のVikingです。Jウイング監修になる見ての通りしっかりた出来で、大きさも手に乗るほどよいものです。 hasegawa72をあと100時間以上かけて完成させるしんどさを思うと、もうこれでよいのではと思ってしまいます。;;

閑話休題、肝心のhasegawaは完成どころか、4月は5時間くらいしか作業しておらずさっぱり進んでません。スジ彫りをちまちまやっていたくらいです。 模型工作について疑いようの無い真理は、「見てるだけでは進まない、手を動かさないと完成しない」ということであります。いくら長い文章をブログに連ねてみても工作が前に進むわけではありません。
DSC00161.jpg

展示会用のBoeingB314も終わり(それほど注力したわけではありませんが)、あらためてネジを巻きなおし、5月以降頑張るにあたって自分の頭を整理するべく現状をまとめると、

 ・機体は士の字になってます。水平尾翼も先日接着済み。(写真は未だ接着する前の状態です)
 ・機体のスジ彫りは9割方済み。残りはエンジン周り、武器パイロン等。
  ここで一旦スジ彫りを離れ、他の工作を進めたいと思います。
 ・レセス構造で箱組みが必要な箇所は全て箱構造自体は出来てます。
  (機首レドーム、機首電子機器スペース、コックピット、
   胴体下面ウェポンベイ、胴体後部電子機器スペース、主脚庫、前脚庫)
  後は機器類をちまちま作っては付け、配線、配管を導設していきます。
 ・このうち、機首レドームについては、レーダ本体は大体できてます。
  これから架台にセットしてのパイピングが必要です。
 ・主脚周りは複雑怪奇なリンクがごっそり残ってます。
 ・コックピットは内部は終了。開口部周りの工作が残ってます。
 ・エンジンは前面のファンは塗装込みで終了。 
  後ろ半分が残ってます。(実はここが結構面倒くさそう)

というところです。塗装込みでのこり120時間位と見積もっています。月に30時間づつ消化していければとなんとか8月に完成できるのでは、という非常に甘い見積もりです。 

********************************************
明日からゴールデンウィークです。まずはトータル10時間分くらいの作業は消化したいところです。



スポンサーサイト

【2011/04/28 12:31】 | 模型- S-3
トラックバック(0) |


シミヤン
144トイも最近はできが良いですね~。

72 S-3もかなり手を入れられるようですね。
見ごたえのある作品になるんでしょうね(プレッシャー掛け?)
いや、冗談は抜きにして楽しみにしています。

私は弄りはしますが気力が続かないので絶対無理です。



公試
>>シミヤン殿
トイとはいえ良くできてます。きっちり組んで塗装すればすばらしい作品にも仕上がりそうです。 が、私にはプラモのほうが楽しいので、 そのつもりはまったくありません・・
今回はちょっと弄る範囲を広げすぎたようで、まだまだ苦労しそうです。 

コメントを閉じる▲
展示会でいろいろ刺激を受け興奮が冷めやらぬうちに、仕掛りのS-3は勿論そのまま進めるとして、新らたに別キットを開けることにしました。 

**************************************************************
大阪の模型屋でeduard 1/48の Lavochkin La-7を買ってきました。4/14の雑記に、「アカデミーのLa-7を買ったが、カスであった」と記しましたが、カスをつかんでもなお世傑によって罹患したLa熱は冷めず、大阪に足を延ばした際に改めて評判のよいeduardのキットを買い直しました。

ウィークエンドシリーズという廉価版で、2千円ちょいで購入できました。エッチングは付属しておらず、シンプルなプラパーツのみです。コンセプトは週末のわずかな時間で完成する、ということでしょうか?願ったりかなったりです。早速仮組みしてみました。
DSC00172.jpg
うわ、かっこええ! 世界の傑作機を読んでインスパイヤされた俄かファンにも伝わってきるかっこよさ!大きな発動機に小ぶりな主翼、引き締まった胴体は、二式戦鍾馗を彷彿とさせます。

で、一方の「カス」ですが
DSC00173.jpg
こらあかん・・・ eduardとは同じ機体とは思えないくらいに違います。 
基本的に私はキットにケチをつけるのは好きではありません、「ぐちぐち文句をつけるくらいなら手を動かして自分で修正すべし」と思います。 凸線?嫌なら掘り直せばよし。(←実際それほど気になるものではない) コックピットがすっからかん?プラ材でつくればよし。 デカールが厚い?割れる?別売デカールを買えばよし、マスキングして塗装すればなお良し。 ということで、エアフィックスB314にしても、以前のモノグラムF-5Fにしても、あるいは今作っているハセガワS-3にしても十分に許容範囲です。1960年代以降の生まれならばOKな「ババ専」であり、間口の広い、ハードルの低い(志の低い)モデラーであろうかと思うのですが、それにしてもこのアカデミーのLa-7はいけません。 
1)胴体が太い。(逆にエデュアルドはちょっと細すぎるのかもしれません・・後述)
2)主翼の付き方が変。 胴体フェアリングの前後端は飛行機の外板というより、粘度細工のよう。
3)主翼は上反角が足りない
4)動翼のモールドが変
5)リベットが中途半端で変
ということで、1)以外はまあ目くじら立てるほどでもなく、世の中にこのキットしか無ければ頑張って製作しないこともないですが、100倍カッコいいエデュアルドがある今、人生の時間の浪費以外の何物でもありません。  

両者を上から見比べると、
DSC00174.jpg
胴体の太さの差が歴然です。コックピットの開口幅に顕著に現れています。

eduardの胴体にアカデミーの風防を乗せてみました。
DSC00175.jpg
なんとアカデミーの幅は2mmほど大きいです。たぶん、エデュアルドの胴体幅は逆にちょっと細いんだろうと思います。 上からみた写真は余りなく、ネットで図面を探してみると、結構幅広なキャノピーが書いてあります。世傑の図面も同じような雰囲気です。図面通りに作ったらアカデミーのような胴体、キャノピーになるのかもしれません。 が、実機写真のカッコよさとはかけ離れており、たぶん図面がおかしいんだろう、と良く調べもせず結論づけます。

**************************************************************
こいつを、S-3の合間に、80時間くらいを目標に進めたいと思います。 展示会でいろんな方にお話を伺うと、やはり私は時間がかかり過ぎなようです。 エンジンやら機銃の再現といった凝ったことはせず、シンプルに若干のデティールを追加するくらいにして完成させたいです。流石に全くのストレートでは寂しいので
 ・コックピットはプラ材等でデティールを追加(レジンパーツを買うほど熱くはなってないです)
 ・脚室もちょっとデティールを追加
 ・動翼はちょっと振るか
というくらいで。
資料はネットで写真、図面を集めるだけにし、わざわざ資料本を探すことはしません。(そんなことをしていたらS-3の合間に作る目論見から外れ、ミイラ取りがミイラになってしまいます)
**************************************************************
久しぶりの新規着工は楽しいです。 夏の完成を目指します。(←どこがウィークエンドやねん)


【2011/04/27 22:46】 | 模型-La7
トラックバック(0) |


サイコ109K4
新規着工ですか。
ソフトディティールアップで、と言う事ですね。
こちらも目が離せません~^^


公試
>>サイコ殿
”ソフトデティ-ルアップ”、まさにそういう感じです。要所をちょっとだけのつもりです。 Vikingが順調なればこっちも時間が割けるかと。 要はViking次第です。





シミヤン
eduard 1/48のYAK-3も良いキットですよ!
浮気のお誘い・・・。


公試
>>シミヤン殿
Yak-3も手元にあります、ラボーチキンと並べるのもいいですね。ってまずはラボーチキンから。いやその前にS-3ですね。

コメントを閉じる▲
新しく参加させて頂いております飛行機模型クラブ「大阪レディーバード」の展示会は無事終了しました。 昨日、今日と沢山の方々にお越しいただきました。皆様誠にありがとうございました。

自分なりにいろいろ思うところ、感じたところがあります。 思いつくままに列挙します。

1) 私は、新たに製作したものはB-314のみ、後は旧作のF-5F,F-1を持参ということで、クラブの末席を汚すものとしては十分にその責を果たすことができませんでした。 次回はなんとか・・・

2) クラブや、作品を持ち込んで頂いた他クラブの皆さんの見事な作品を見、自分に足りないところがいろいろ見えてきました。今後の作品に生かしていきたいと思います。

3) 他クラブの方にいろいろ質問させていただき、製作のヒントをいろいろと得ることが出来ました。(ホスト側の者が協賛頂いたクラブの方に質問して回るのも妙ですが) その結果、脳内ではローゼンジーパターンの筆塗りも、植え込みリベットも、1m近いビッグサイズ機の製作も完璧にシミュレーション済みです。 ということで、次作は、ハセガワ1/8、フォッカーDr.1に、ローゼンジーパターンを施し、要所要所のリベットは埋め込みで再現することに決めました。(嘘)

4) 製作のヒントというようなこととは別に、雑誌で記事を拝見するような著名なモデラーの方々とお話でき、単純に感激しました。(昨年96陸攻でJMC大賞を受賞された方があんなにお若いかたとは・・・ 自分が如何に無為に歳を重ねてきたか突きつけられたようでショックでした)

5) クラブ間の横のつながりというのが素晴らしいなあと感じました。近隣から沢山の作品をもって参加頂き、2日にわたり詰めていただくとは恐縮の限りだなあと。 

6) 足を運んで頂いた方への対応がむずかしいなあと思いました。協賛クラブの方は長くおられるので自然に話ができますが、個人でこられた方はなかなかお話できんなあ、と。 お声をかけていただければよろこんで作品の説明をするのですが、というか説明したくてうずうずしているのですが。 逆に、いちいち話しかけられたらうっとおしいと思われる方もあるでしょうし・・・

7) 次回のテーマは次の例会で協議ということで未定であります。次作は次回テーマにそって製作、というわけではなくテーマにはあまり縛られずひとまず自分の作りたいものを作っていきたいと思います。そういう「ゆるさ」がこの会のよいところであるように思います。あれにするか、これにするか、思案中です・・・

8) その前に、まずは仕掛中のS-3を再開します。 もう一か月近く放置しております・・・
 
9) 若い方がクラブへの参加を打診されておりました。素晴らしい!! クラブでは私が若手になるというベテラン揃いの構成です、若い方に参加いただけるのは誠に素晴らしいです。(早くも”しんがり”のポジションから脱出できる、というような邪な気持ちは全く持ってありません) 持参されておりましたB787は見事な仕上がりでありました。 楽しみです。

【2011/04/24 22:49】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

お疲れ様でした
XJunで~す
展示会お疲れ様でした。
>若い方…
嬉しい限りですね。
模型は一人でコツコツ楽しむ一方で、同好の士と交流することで得るモノも多々ある事を昨年の模型合宿で知りました
ビギナーもベテランも楽しめるユルさが意外に大事なのかもしれませんね。


Fighting Hannah
記事、うなずきながら拝見してました。(^o^)
まったく同感であります♪


公試
>>XJun殿
基本、模型は一人で作るものであって自分が手を動かさない限りは決して前に進みませんが、同好の士とお話するのは理屈抜きに楽しいものですね。 「ビギナーもベテランも楽しめるユルさ」、全く同感であります。


公試
>>Fighting Hannah殿
ブログもクラブも横のつながりが広がっていくと、どんどん楽しくなるのかなあと思っています。 今回はよい経験でした。 

コメントを閉じる▲
B314に関連した横道に逸れます。
****************************************************
今週末、完成した(してるはず)この機体をもって大阪まで出張らなければならないので、運搬用の箱を作りました。

1.ちょうどの大きさのダンボール箱がありましたので、これを使いました。
DSC00167.jpg
機体を載せる台をつくり、さらに前後左右に動かないように、ダンボールでサポートをつけて回ります。今回、機体重量は胴体下面と主翼下面の3箇所で受けることとしました。 プロペラを避けた主翼下面の支持点は胴体から離れた位置で、本来ならば主翼付け根の曲げモーメントが気になるところですが、この機体はとても軽いので(尻餅防止用のおもりもないですので)、問題ありません。 前後左右の支持ができたらば、浮き上がり防止に機体を押さえ込むパーツを作ります。 両主翼端のダンボール片がそれです。
この状態で、箱を前後左右に揺すってみて、問題が無いことを確認します。

新聞紙を詰めていますが、実際は何の機能も果たしていません。 全くの気休めです。

2.展示用の台も同じ箱に収めることにしました。
DSC00168.jpg
桟橋や人形が傷まぬようひっくり返して、機体のうえに置くようにしました。 台の裏面が汚らしいのは無視してください。

3.これで蓋をして持ち運びます。
DSC00169.jpg
宅急便等、業者にお願いするならばこの箱を更に防振支持して別のダンボール箱に収める必要がありますが、今回は自分で持っていくのでこれでOKです。厚めのセーターにでもくるんで大き目のバッグに収め電車に乗ってハンドキャリーします。

4.今回、B314の他にF-5FとF-1を持参するつもりですが、F-5Fについてはハセガワに送った際の箱を捨ててしまっていたので、改めて箱を作り直しました。 
DSC00170.jpg
作り方はB314と同じです。1)機体の重量を受ける台を作り、2)機体が前後左右に動かないようにサポートをつけて周り、3)最後に機体を上から押さえるパーツをつけます。 B314では主翼両端で機体を上から押さえ込みましたが、F-5Fでは胴体上面で押さえ込みます。
ちょっとぎりちょんに作りすぎました。 試しに出し入れしてみる過程で、主翼フラップが脱落してしまいました・・・
それから、この機体については、補助空気取り入れ口のルーバーが外れていまして、現在修理中です。ここは製作時にも何度も外れたところで、弱点の一つです。 もう一度作る機会があれば、別構造を工夫すべきです。(そんなつもりはさらさらありません)

5.もう一機のF-1については、ハセガワとの往復に使用した箱を残してあったのでこれを使います。 こちらの機体も、ちょっと破損しています。主翼下面のASM-1が外れかけてました。 ここも製作中に一度脱落したところです。一度壊れたところは何度も壊れます。これは簡単に直せました。

****************************************************
箱がいずれも小ぶりにまとまったので、3機持っていくことにしました。小ぶりとはいえ、凡そ40cm×20cm×15cmの箱を3つ、凡そ75kmの道のりを慎重に電車を乗り継いで運ぶわけで、なかなか大変です。
運搬経路

まだ、B314は完成しておらず、F-5Fの修理も終わってませんが、箱が出来ると安心し、さっさと寝ました。

【2011/04/18 12:09】 | 模型-エアライナー
トラックバック(0) |


シミヤン
完成模型の運搬はかなり気をつけなければいけませんね。
私、数キロの運搬でも一部破損させた前科があります(笑)

大阪に一昨日17日に行ってきましたが
良い店がたくさんありますね~。


公試
>>シミヤン殿
旅先の模型屋めぐりは楽しいですね! 見慣れたキットでも旅先の店先では新鮮に見えたりもします。 最近置き場所が決定的に不足してきたのでなかなか購入には至りませんが。

大阪の雑踏を精密(?)模型を3つ抱えて移動する・・・ かなり大変そうです。 


サイコ109K4
いよいよ明日からですね。
ブロ友さんと一緒に午後からお邪魔いたします(^_^)!


公試
>>サイコ殿
だいぶハードルはさがりましたが、無事B-314は完成しました。明日はF-1とF-5Fを一緒に持っていきます。 
明日は雨のようです、御足もとの悪い中になりますが、是非に宜しく!


サイコ109K4
なにかドタバタしてすみません、
お伺い出来るのは日曜日になりそうです。
m(__)m


サイコ109K4
本日はありがとうございました。
いやぁ見応えのある展示会でした。
これから画像整理して再度楽しませて頂きます。

引き続きS3頑張ってください(^_^)!


公試
>>サイコ殿
本日は、展示会に足をお運び頂きありがとうございました。というか、私が遅れての参加ですみませんでした・・・ いろいろお話でき楽しい時間を過ごすことができました!

初めての会はとても楽しく、大いに刺激を受けました。いろいろ思うところもありました。 思いが冷めぬうちに手を動かさねば・・・

コメントを閉じる▲
なんか最近結構記事を書いてます。 精神安定上、模型を作り記事を書くのが一番のようです。 ということで進捗はあまりないのですが、頑張ってキーボードをたたきます。

*************************************************
B314ですが、いよいよもう少しで完成です。一番面白くないところです。(この辺でもうええかあ・・)、と完成を前にして挫折しがちな地点です。こういうとき、ブログに進捗を晒すということで自分で自分の背中を押すというか、あるいは尻を叩くことでもってなんとか完成まで漕ぎ着けたいものです。

3/26に機体の進捗を記しています、その折、残工事として、
ア) デカール貼り 
イ) 主翼中央の天測用?窓の製作
ウ) 主翼前縁の前照灯
エ) 残り部品の取付 プロペラ、エンジンの補助空気取り入れ口等
オ) 操縦席の上にへんちくりんな昆虫の触角のようなもの
を挙げてました。 

これらについては、
ア) デカール自体は貼り終り。 クリアは未だ。というか、もうクリアーはいらんかなあと。 デカールは印刷はしょぼいもので、機首のアメリカ国旗なぞ、がっかりなできですが、フィルムは予想外に良い、薄く割れず目立たないものでありました。 糊もしっかりしています。 これはたすかりました。

イ) キットのクリアー部品を紛失してしまったので、他キットのクリアランナーの太い部分から削りだして作りました。 ヤスリやナイフやリューターでしこしこ削っていたらなんと、思った以上にうまく出来ました。 作った本人がびっくりです。 塗装は細筆てえいやっと適当に。 それらしく出来ました。

ウ) 黒デカールをそれらしく貼って良しとしました。 基本はあくまでお手軽仕様です。 

エ) プロペラはつけました。 補助空気取り入れ口は途中です。 プロペラはこれまたしょぼい出来ですが、まあいいです。こだわりはありません。(下の写真にはペラがついてないです・・・・)

オ) 全てを真鍮棒から削りだすのは大変なので、真鍮線とプラ板を組み合わせて作りました。 意外にうまく出来ました。

という状況です。 
さらに追加で以下の工作をしました。

カ) 排気管、計8本をつけました。 キットはちょぼっとしたモールドがあるだけで、塗装してもとても排気管には見えそうになかったので、諦めてプラパイプを延ばして自作しました。 もう少し焼けた色に塗った方がよさそうです。

キ) 飾り台にタイトルを貼り付けました。 真鍮板の銘板なんかができたらばカッコいいなあとは思ったのですが、現実は写真用紙にプリントアウトしたものを貼り付けただけです。

ク) 水平尾翼前縁の黒塗り 

その他、
ケ) 出入扉 ×2箇所
が残ってます。

DSC00164.jpg

DSC00165.jpg

機首と桟橋の人形が各1名、脱落してしまいました。付け直します。

*************************************************
ということで、残工事ものこり僅かです。のこり2,3時間というところです。 来週末4/23,24の展示会にはちょうど間に合いそうです。 

【2011/04/17 22:27】 | 模型-エアライナー
トラックバック(0) |
またまた買い物日記。 なにぶん最近手が動いてませんもので。 S-3なんぞ、1ヶ月近く中断しております;;; B314の残工事を来週末にむけてちょろちょろやっているくらいです。 たぶん4月末から再起動するはずです。

*****************************************************
1) スケールアビエーション5月号
特集はフィンランド空軍です。沢山の機体が取り上げられていますが、総じて薄味といいますか、「うわっ!」と腰を抜かすような作例はなく、一方で純飛行機模型的でないAFV・マシーネンな作例が目に付きました。 大日本絵画はそういうの(美大系?)が好きですなあ・・・。
さらに言うとフィンランド空軍の特集も2回目かと思いますが、戦記にはほとんど興味なくフィンランド空軍の活躍もほとんど知らない飛行機模型ファンの感覚からすると、北欧といえばスウェーデン! テュナン・ランセン・ドラケン・ビゲン・グリペンが並んだほうがずっとうれしいです。 実際、フィンランド空軍って皆さん興味あるのかしらん・・・。
いやいや、それよりもグラビアですわ。前号ほどメジャーな方ではないですが、そこそこ名の売れた爆〇GAL。インパクトありすぎで、フィンランド空軍も吹き飛ぶ爆〇(しつこい) 

2)世界の名機シリーズ ミラージュ2000
世界の傑作機に良く似たシリーズ名、装丁の、イカロス出版の手になる本シリーズですが、あまり模型製作にそった内容ではないのでこれまで全く買ったことがありませんでした。今回ミラージュ2000が取り上げられたので初めて買いました。 記事の中身はしっかりしており読み応えがあります。十分もとのとれる内容です。 写真も徳永氏の美しい見事な空撮などもありますが、やはり模型資料的にはちょっと寂しい内容ではあります。
本機については資料が揃えば1/48でという野心があるのですが、私好みなカバーを開いたり、エンジンを下ろしたり、という写真を余り目にしません。まめにネットで探しているのですが。 本家おフランスの本ならば爆〇GAL(しつこい)にまさるインパクトのデティール写真はあるのでしょうか??

3) ラボーチキンLa7 1/48
世界の傑作機に早速影響されてキットが欲しくなり、良く知らないまま買いました、アカデミー1/48 La-7。 というか、近くの店にはエデュアルドのLa-7もズベズダのLa-5もなく、これしか選択肢がありませんでした。 買って帰って早速仮組みしてみると、これがびっくりのかっこ悪さでありました。あわててネットで評判をチェックしてみると、どうやら「似てない」「エデュアルドを買うべき」とばっさり斬られています。 アカデミー/ホビークラフトの1/48ではF-8Fを持っていますが、あれに良く似た感じの「似てない」「かっこ悪い」具合です。 とりあえず本キットは積んでおくとして、折角盛り上がった俄かラボーチキン熱をどうにかすべく、結局別の店でズベズダの1/48 La-5FNを取り寄せてもらうことにしました。 あーあ、なんのこっちゃ。

*****************************************************
福島の原発は、なかなか早期に終息するはずもなく綱渡りな長期戦が必至です。これに対し不安・不信・危機を煽りたがっている一部の近隣諸国に対するメッセージの意味も込め、あえて、これまで通りののんきな模型ブログスタイルを続けることとします。 










【2011/04/14 12:03】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


だむだむ
こんばんはぁ~
オイラも先程Mirage 本の販売を知りまして、
今日にでも本屋に行ってみようなんて思っていたとこでしたょ
でっ
Mirage2000やるんですか
やるなら、国内未発売(西山洋書除く)な本持ってるんで
とっちらかった部屋から資料本発掘しますょっ
始める気になった時、お声かけくださいねぇ~


公試
>>だむだむ殿
ミラージュ2000、やりたいんです。 でも今作っているVikingを完成させてからになりますので、すくなくとも半年先です。
でもって、秘蔵のお宝本は、「うわっこれは!」「えー、まじっすか?」「こんなの、ええの?」というようなアレですかね!

フィンランド…
XJunで~す
>フィンランド…
スケビも企画が苦しいのでしょうか…。
確かに世界のT社も同国の突撃砲を発売しましたが?

>模型ブログ…
自粛だけが能ではないですよね。特に西日本の皆様には過敏な反応よりも普通の暮らしをしていただくのが吉かと…。

被災地ではインフラの復旧にも苦慮している処多数とのことですが、私の拙い模型記事でも楽しんでいただける方々がいらっしゃれば幸いと感じる昨今(苦笑)。



Fighting Hannah
右側のブログパーツ、秀逸ですね!yaizu/shizuokaが爆発してる?のに感動しました♪Visitorが世界各国から、というのもスゴイですね(^o^)/

フィンランド空軍、というと思い出すのは1980年代の航空ファンのカラーグラビアで見た、リンクスのマークを尾翼につけたグリーン系迷彩のMIG-21bis♪
そういえば、フィンランド空軍機をテーマに製作展示している模型クラブがありますね、今年の静岡ホビーショーにも出展ブースに載っています。

世傑、ラヴォーチキン特集出たんですね♪これは欲しいです!(^o^)/ エデュアルドにズベズダ、ICMとサウスフロント(!)実家の蜜柑倉庫(笑)の棚に積んでます!(^^;)


公試
>>XJun殿
タミヤは1/35でこないだの3突に続いてフィンランドの自走砲を出すようですね。 人気あるんですかねえ。

今朝の新聞報道で、海外から関西への観光客も激減とか。 いやいや、こちらはなんら変わりないですよというのを、一日わずか数名あるかないかの海外の方に知らしめたいです。


公試
>>Fighting Hannah殿
右のブログパーツを見ての通り海外からのアクセスというのはほんと極わずかですねえ、まあ日本語onlyなんでそりゃそうでしょうが。 翻訳ソフトを使って英語のキャプションをつけることを試行したこともありましたが、面倒くさすぎて止めました・・・

ラヴォーチキン、結構カッコいいですね!食わず嫌いでした。ズベズダが手に入ったら是非作りたいです。(ミラージュ2000とあわせ、やるやる詐欺ですなあ)


taki
うちも同じ本買いました。三冊とも・・
ミラージュ、資料性の高い写真に、ミラージュのこと
嫌いなの?って聞きたくなる解説でわかりやすい本
ですよね。



公試
>>taki殿
たしかにかなり辛口な内容ではありましたね。 でも、ミラージュ2000が登場したとき、たしか私は中学生だったと思いますが、田舎のハナ垂れ中学生にして「F-16の対抗馬がこれって・・・」と思いましたもんね。 F-16、YF-17のびっくりするような形にくらべ、なんともシンプルな、どこが新しいのか?という気がしたものです。 
30年を経た今、「ミラージュ2000はかっこええなあ!」というのは我ながらどういうことでしょうか。 

奈良・京都...
XJunで~す
連コメ失礼しますm(_ _)m
>こちらは変わりない...
日本が小さな島国なんで全国的に危険と思われてるような気がしなくもないですね。

歴史ある京都・奈良のような古都が「全然大丈夫、若葉が芽吹いて見頃ですよ」なんていう発信をして海外からも訪問客が増えるといいんですがねぇ。
そうそう、国宝(?)姫路城もありますし(w)。



PAISUKE
公試さん
自分もSAみました。
ええ、爆○はエエですねー。はさておき
民から軍、旧から新までひととおり並べてましたね。
オッサンの自分としては、白に青十字時代のfinairをもう少しみたかったですね。あと最新鋭のF-18も。
マ、次回のSAも楽しみですね!(もちろん、グラビアじゃないですよ(嘘))

コメントを閉じる▲
来週末、4/23(土)、4/24(日)に、この2月から参加させてもらっています

模型クラブの作品展示会があります。

 http://www.geocities.jp/osakaladybird/

ちょっと不便なところのようですが、飛行機模型に興味のある方は是非に

足をお運びください。

初めて参加します私は、現在製作中(まだ完成しておりません・・・)の

ボーイングB314をテーマ機として、さらに枯れ木も山のにぎわいとして、

1/48のNorthrop F-5Fと、1/72のMitsubishi F-1を持参するつもりです。

(3機を運ぶ方法がまだ目途がたっておりません・・・)

F-5FもF-1もちょっと傷んでいることこがありまして、これから修理が必要

です。 時間がありません、がんばります。

tenji2.jpg

            場所の地図 

【2011/04/13 21:06】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

祝・展示会!
XJunで~す
展示会参加、お疲れ様です。

最近、歳(月末で51デス)のせいか、趣味のイベントで顔を合わせると、お互いの元気な姿を見るだけで嬉しかったりします。

盛会となる事を祈っております。
P.S. 地元、厚木のショップのコンペが週末から始まるので、σ(・_・)も「枯木も…」で戦車を出す予定です。(これも「浮世の義理」なんデス)


公試
>>XJun殿
最近子供が部活や塾やらあって、家族全員が同じスケジュールで動くことが減ってきました。手が掛からなくなったというか、ちょっと寂しいのですが、ならば、と私も自分単独の活動を押し込んだというのがそもそもの経緯です。 
積極的に対人コミュニケーションがとれる気質ではないのですが、共通の趣味を挟んでとなるとそうでもなく、結構楽しいものです。

「浮世の義理」といいつつも、趣味の一環なれば楽しいですよねえ!

コメントを閉じる▲
久しぶりに買い物日記。(面倒なのでそれぞれの写真撮影はパスします)
*********************************************************
1) ピットロード1/144 PAK-FAあるいはT-50
 F-22,YF-23というステルスの模範解答を知ってしまった目には若干物足りないものの、形としてはこっちのほうがカッコいいやろう!というロシアの新鋭戦闘機です。 キットはピットロード(トランペッター?)にありがちな梨地はともかくとしてよくできていそうです。 いつか、模型製作に疲れた折の息抜きに。(模型の息抜きが模型・・)

2) ピットロード1/144 TSR-2
またまたピットロードの1/144です。 PAK-FAとともに(私にとって)絶妙のアイテムです。 出来もよさげですが、仮組みもしてないのでよく判りません。 「悲劇の」と形容されがちな英試作攻撃機TSR-2ですが、まあ震電やキ-83と同様に、話半分のような気がします。というか、同社には1/72でキ-83を出してもらいものです。(MPM、スペシャルホビーから出てましたが)

PAK-FA、TSR-2ともに一つ申し上げたいのは、「箱絵がかっこ悪い!!」ということです。 両キット共、見事に私の秘孔を突いた(例えが古いですが)アイテム選択とは裏腹に、実機を知らない人は決して手に取ることもあるまいとう残念な出来です。 PAK-FAは明暗が変で出来の悪いカラーモジュレーション仕上げのAFVを見ているような、あるいは皺隠しに下方から強烈に照明を当てたフジテレビのベテラン女性アナウンサーのようです。 またデッサンも実機のスラッとした雰囲気がありません。 TSR-2は機首、特にコックピット後ろの断面が丸く、さっぱり似てません。実機かかっこいいだけに残念です。

3) 世界の傑作機 ラヴォチキン戦闘機
こないだのヤコブレフに続いてのソ連大戦機であります。 震災の影響で当初予定していた3/30の発売を1週間おくらせ、本日4/6発売となりました。
ソ連の機体は食わず嫌いで「イマイチ」と思っておりましたが、こないだのYakもそうですが、目が慣れてくるとカッコよく見えてきます。ソ連の機体はYak、La、MiG、Iいずれもアスペクト比が小さいというかテーパーの大きな主翼が、すらっとした主翼を見なれた目には最初違和感がありますが大分慣れました。鍾馗のようでもあります。
スタイルだけでなく、直径の大きな空冷エンジンのカウリング周りも、工学的に見事です。イギリスのシーフューリーに似たカウリングの形状、排気管の処理(カウリング内の暖気の吸い出し処理)ですが、紡錘形にとらわれすぎた強風(の試作型)や雷電よりも工学的に見事にまとまっています。
こうなるとキットが欲しくなります、1/48ならばズベズダか・・・ タミヤから出してくれませんかねえ。

*********************************************************
週末に神戸市の「人と防災未来センター」に奥さん、子供と行ってきました。 東日本大震災の発生、また、ひたひたとせまりくる東南海地震の脅威に鑑み、阪神淡路大震災を知らぬ子供らに地震の恐ろしさ、備えを教示しようという主旨です。決して春休みのイベントとしてUSJに行く替わりに大型映像のある似たような?施設で安上がりに済まそうという訳ではありません・・・・
三宮の東、海沿い「HAT神戸」にあり西館と東館から成る立派な施設でした。やたらお金がかかっています。というか立派な施設と裏腹にお客さん少なすぎ!でありました。 あるいは平日には修学旅行者が大量に来るのでしょうか、いらぬ心配をしてしまいます。
中身は、地震を扱った西館は大型スクリーンの映像や、震災直後の街中を再現した実物大セット、あるいはおばあさんが当時のことを語り聞かせる等、いろいろ趣向を凝らして判りやすいものでした。 震災時の映像には、震災時垂水区民、被災者というには誠におこがましい私が、当時を思い出して涙がポロポロ。 次いで回った東館は風水害を主に扱っておりますが、こちらはちょっと焦点不明なイマイチのものでした。願わくば、東日本大震災の津波被害を踏まえ、津波の恐ろしさを正面から取り上げるような展示に見直して欲しいです。 東南海地震は迫っております。自然災害が人間の都合を待ってはくれないことは、耐震基準の見直しが遅れた(遅らせた?)原発災害を見るまでもありません。 事後の啓蒙活動には意味がありません。
*********************************************************





【2011/04/06 20:56】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


パテ埋め
こんにちは。
ご無沙汰しておりました。
「世界の傑作機 ラヴォチキン戦闘機」まったくチェックしてなかったので発売されるのを知りませんでした。
WW2のソ連機は手軽に手に入る日本語資料がなかなか無い様なので早速探したいと思います。



公試
>>パテ埋め殿
ラヴォチキンを扱った日本語の本なんて無かったですよね。 タイトルにあるとおおり、扱っている機体が液冷のLaGG3から始まって、5,7,9,そして最後は戦後の空冷層流翼の11と範囲が広いため、ハードな模型製作資料としては物足りないところもありますが、ソ連機素人にはとても面白い内容でありました。 是非に。

大震災
XJunで~す
>阪神淡路大震災…
なるほど、お子様方には誕生前の出来事なんですね。

当時東京でのらりくらりしていた左翼政権に引っ掛けて「官災大震災」、今回は「菅災大震災…」。

何とか風評被害から日常の買い物で応援したいものです。(青果物が値崩れしております)

一方、電気や水が当たり前に使えない時期を半月でも体験すると有難みがよくわかります。

被災地での鉄道の復旧のニュースを見て、保線区の方々の尽力に頭が下がる思いですし、神奈川でさえ、電車が全線走るだけで大きな安心感に繋がりました。インフラ整備の大切さと感謝の気持ちを新たにしました。

長々と失礼しました。m(_ _)m

Re: 大震災
公試
>>XJun殿
早いもので、阪神淡路の震災からもう16年になります。 おっさんにはついこの間のことですが子供らには生まれる前のことであり、また、すっかり復興した神戸の市街とあわせ何それ???といった感じです。 

東北の地が復興され、震災をいかに語り継ぐかに苦労するような日が一日も早く来んことを切に希望します。

コメントを閉じる▲
なんですか? この変なタイトルは??

???????????????????????????????????????????
アニメ「ワンピース one piece 」に出てくる「チョッパー」の手編みのぬいぐるみです。 もちろん私が作ったのではありません、奥さんの作です。 チョッパー好きの奥さんが「チョッパーかわいいわあ、ぬいぐるみ欲しい!」とネットでぬいぐるみを探していたのですが、手編みでぬいぐるみを作る投稿動画を発見し、(これなら自分でも出来そう!)と作ったものだそうです。

DSC00158.jpg

DSC00159.jpg

DSC00160.jpg

手元にあった余りの毛糸で作ったため、色はいい加減だそうですが、なかなか雰囲気似てますなあ。大したもんです。これをブログに載っけたら、普段の3倍増しのアクセス間違いなし!とのたまうので、その言葉を信じ載せてみました。

特に若い女性の方々からのアクセス、コメントをお待ちしております。 
???????????????????????????????????????????

奥さん曰く、「詳しい編み方はどの方もネットにアップしていない、著作権か何かに抵触するのかなあ?」ということですが、作り方を本にして出版するならともかく、個人のブログに載せるのは問題ないのではと思いますがいかがでしょうか。 但し、同じ記事でも毛糸販売のアフィリエイトが横にあったらば、自分のアフィリエイト商売に無断でキャラクターを利用したということでダメでしょうか。 はたまた、中途半端に似てなかったら肖像権侵害になるとか・・・  ということで、その辺がちょっとはっきり判らないので、編み方の表なるものは掲載をとりあえず見合わせます。 若い女性の方々から直接お問い合わせ頂ければ、奥さんに代わり私が連絡申し上げます。


  





【2011/04/05 20:57】 | 未分類
トラックバック(0) |

手編み…
XJunで~す
>奥様の作品…
見事な出来栄えですねぇ。(感嘆)

σ(・_・)のヨメは家政科出ですが、恥ずかしながら、料理を「口先で作る…」(以下略)
まして編物なんぞ…「無理、却下」(不許可)

要するに(羨望)であります

編み方…
XJunで~す
>知的財産権…
個人のブログなので実際的には権利者も追い切れないでしょうけれど、意匠登録とかされているものだとスレスレでしょうかね。(売り物は×ですね。ご指摘の通り、本に掲載なら確実に版権を主張されます。もっともクレヨンしんちゃんみたいな例もありますが…)

個人で作って楽しむ分には「お咎め無し」の範囲でしょう(w)。


公試
さっそくXJunさんといううら若き女性からコメントを頂きました、ありがとうございます。(違うか)

うちの奥さんはケーキを作ったり、編み物をしたり、というとなかなか器用な家庭的な・・・とイメージされるかもしれませんが大分違います。どっちかというとズボ〇でグウタ〇なほうです。 わたしもだまさ〇たクチです・・・。 

キャラクターにまつわる著作権は難しそうなのであくまで個人の楽しむ範囲で、としておきます。 うら若き女性からの個別問い合わせには対応します、引き続きお待ちしております。

コメントを閉じる▲
free counters