After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
しつこくB314の飾り台記事を続けます。 今回は桟橋です。ネットで仕入れた付け焼刃知識を記します。長い記事を書くヒマがあったら手を動かせ、というのはもっともですが、やはり最近イマイチ気分がのってきません。
****************************************************
B314は第二次大戦前、当時のフラッグキャリアーたるパンナムが国家の威信を背負って運行した最新鋭の飛行艇です。
クリッパーとして定期航路に就役したのはNC18601~606,609,611,612のたぶん9機ではないかと思います。そのうち、キットにデカールが付属している605は Dixie Clipperとして大西洋航路に就役、寄港先はWashington, New York-Horta-Lisbon-Marseillesであったようです。 

それぞれの港にはB314を受け入れる桟橋が必要ですが、だいたい似たような格好です。海底に杭を打った固定式のものと、浮き桟橋の両方が見られます。 桟橋の先にはポンツーンがつないであります。 旅客は桟橋からポンツーンに渡り、そこから艇の張り出しへ(サイドポンツーン?)タラップで乗機します。

桟橋設備もそれなりにしっかりたものであったようです。決して近所のしなびた釣堀のようなものではありません。というのも、ネットで作例を探していると、杭の高さも間隔もばらばらな、のどかな漁村風景というようなジオラマを見つけたのですが、ちょっと違います。

以下、ネットからの拾い物です。
pier1.jpg
これはワシントン港 機体は605、件のデキシークリッパーです。最初の大西洋航路への出発シーンのようです。桟橋は固定か浮き桟橋か判りません。

pier2.jpg
これはハワイはパールハーバー。手すりがしっかりしています。

pier3.jpg
それでもってこれはサンフランシスコのトレジャーアイランドという場所らしいです。浮き桟橋です。機体は602、垂直尾翼前縁の黒塗装はありません
 
pier4.jpg
最後は、フロリダはマイアミ、ディナーキーという一大ベースです。広い敷地から桟橋が4本放射状に延びている、そのうちの1本です。短い屋根付きの固定桟橋です。これも機体は602です。

桟橋/ポンツーンと、機体の位置関係はいろいろです。それぞれの港の事情によるものか、あるいは入港、出港で係船替えをしたのかもしれません。

今回の「なんちゃって桟橋」は最初の、ワシントン港のようなものです。(写真は以前に載せたものを再利用)
DSC00153.jpg


 桟橋の形状としてはまあ、「なんちゃって」としてはこんなもんでよしとします。 桟橋/ポンツーンと、機体の位置関係は写真とは異なりますが、入港してきたところ、いわゆる「入り船」ということで頭を桟橋につっこんでいる状態と強弁します。 いろいろ言い訳をしつつも一番の欠点は、海の色がワシントンとは思えない鮮やかなトロピカルブルーにしてしまったということです。
というのも、てっきりこの機体、太平洋を往復していたものと思い込んで、ハワイないしミッドウェイあたりをイメージして海面をつくったのでありました。これはさすがに今更なので、太平洋の南海の小島をおもわせつつ実は東海岸ワシントンという、だまし、あるいは皆さんのイメージに乗っかった作品ということにします。

飾り台はこれでなんとかなりそうです。あとは、人形を散らせばよし。

****************************************************
のこり2回でなんとか気持ちの張りを取り戻し機体の完成、即ち全体の完成までこぎつけたいものです。

スポンサーサイト

【2011/03/31 21:49】 | 模型-エアライナー
トラックバック(0) |


XJunで~す
>海面の色...
無理矢理飛行機以外のネタのコメントですみませんm(_ _)m
考証は考証として、明るい海面は「いかにも旅客機...」という感じでGoodだと思いますヨ。
こうして作品を拝見すると、「やっぱりアメリカってお金持ちの国なのね」とか、余計なことを思ってしまいます。


公試
>>XJun殿
なんか、この飛行機は南海のイメージが濃いので、いいですかね、このトロピカル仕様で。
おっしゃるように、やっぱりアメリカは金持ちな国だったんだなあと思います。戦前にこんな豪華な機体が西に東に飛び回ってたんですから。 日本も97大艇を飛ばしていたようですが(南海の花束)、機体の豪華さ、航路の充実具合いでちょっと比較するのは辛いですね。

コメントを閉じる▲
先週末から猛烈な歯痛に襲われ、月曜は会社をお休みして歯医者に行ってきました。 今週末にはまた一本抜歯されそうです。 薬で痛みを抑えていますが、模型を製作するモチベーションを得るまでには至らず。 つらつら宿題の記事でも書きます。

*****************************************************
1.海面;  海面をつくるのはなにぶん初めてのことで、いろいろ試行錯誤してやってみました。
 
1)まず、厚みのあるベースが要ります。 今回はB314の艇体が7mmほどはまり込む厚みが要りそうということで、百均で10mm厚の青色スチレンボードを買ってきました。 艇体のはまり込みはカッターで穴をあけました。

2)海面のさざ波をどうするかですが、まずはよくある方法で、アルミ箔をくしゃくしゃとしてスチレンボードの上に貼り、表面を青色に塗ってみました。ここまではまあまあだったのですが、この上に調子に乗って リキテックスのグロスポリマーメディウムというものを買い求めて垂らしてみました。 これが失敗でした。
グロスポリマーメディウムというのは木工用ボンドの親戚のようなもので結構粘度があり、大きな海面(B5くらい)に均一に広がらず、表面がうねうねになってしまいました。 何がしたいのか判らない、小学生の夏休みの工作とすればまあまあのレベルに仕上がってしまったのでこれは没としました。 グロスポリマーメディウムの小瓶400円×3を注ぎこみましたがあえなく没です。奥さんに見つからないようにそっと捨てます。・・・

3)1回目の失敗は、グロスポリマーメディウムという粘度の大きな材料を広く垂らすという方法、および、そもそも海面を大きく取り過ぎたことが原因でありました。アルミ箔の表面を透明な材質でおおって平滑な表面を得るには、もっと粘性の小さい材料か、または海面を小さく限定すべきであったと思います。

4)2回目、こんどは海面を楕円形に小さく範囲をしぼりました。 そのうえで、今度は海面の波を、アルミ箔ではなく、リキテックスのジェルメディウムというもので作りました。これも400円くらい、木工用ボンドの親戚のようなものでした。これをスチレンボードの表面にぬって、筆で表面をタッチして波立たせました。

5)アルミ箔とどっこどっこいの海表面が出来ました。更にアクリル絵の具の青色や、クレオスのクリアーブルーでぬったのが今の状態です。機体とベースが固着するのは飛行機モデラーとして抵抗があるため、機体はこのうえに乗せるというかはめ込んで置くだけです。

6)後述の台の上に載せてみると、どうにも10mmが分厚い! ということで半分の5mmにスライスしました。この辺の計画性のなさはいかんともしがたいです。 周囲がガタガタに汚くなってしまったので、5mm幅の筋彫りテープを周囲に巻きました。 で、こんな感じです。

DSC00155.jpg

あと、周囲を塗装して仕上げます。

2.台;  いきなり海面というのも妙なので、これを台の上、ないし枠の中に収めます。
1)最初は百均のB5サイズの額縁を飾り台としてその中に海面を作ろうとしていたのですが、上述のとおり、大きすぎました。 没。百円。

2)2回目は、少し小ぶりのトールペインティング用の楕円の厚板をユザワヤで買ってきました。700円くらいしました。 これを少し暗めに着色することにし、着色用のスプレーをホームセンターで購入しました。 千円くらいしました。 結構お金がかかります。 

DSC00154.jpg

まだ、塗装が薄く少々みっともないです。あと数回スプレーを吹くこととします。 ゴミだらけで汚いです。

3.海面と台とB314の組み合わせ状態です。

DSC00157.jpg

上述のとおり、B314は穴にはめ込んで置いているだけです。 前回登場の桟橋もまだ固定していません。 台の手前の空きスペースはネームプレートをつければバッチリなのですが、面倒くさいにもほどがある、と。

*****************************************************
地震から明日で20日になります。特に、直接の被害の無かったこちらでは「ちょっと不便な日常」に軟着陸しつつあります。が、果たしてそれで良いもののか非常に申し訳ない気分です。 テレビをつけるとCMはまだ半分ACですが番組はほとんどが通常のものに戻りました。 皆が自粛ムードでは経済が回らない、皆がそれぞれの持ち場で出来ることを、というのはもっともですが、それがテレビでいうとバラエティー番組であったテり、物まね番組であったりというのは、どんなもんなのかなあと。 こんな趣味のブログ上で言ってみても全く説得力がないのは承知しております。 毎日毎日原発の状況と死亡者・行方不明者の数を数え上げる番組では確かに気が滅入ります。が、そこは戦後日本を襲った最大の災害(原発については多分に人災か)として受け入れるべし、それが嫌ならテレビを消して読書でもすればよし。あるいはこうやってネットでもすればよし、ではないかと。 ACのコマーシャルに飽きた??? ありがとうさぎ最高じゃないですか! 私は全てがあのコマーシャルでも文句言いません。 ただ同じACでも赤星の語尾を上げる話口調にはうんざりですが。 支離滅裂ですか、そうですか。


【2011/03/30 21:48】 | 模型-エアライナー
トラックバック(0) |
B314は結構すすみました。
*********************************************************

DSC00151.jpg

DSC00153.jpg

1) 海面は・・・ まあまあのものができました。 最初つくったものは小学校の夏休みの工作レベルにしかならかならずあらためて作り直しました。 大したできではありませんが結構苦労しましたので、次回あらためて記したいと思います。

2) 桟橋は1mm角のプラ棒でつくりました。 これも次回あらためて。

3) 機体塗装  実は実機の塗装の詳細がよく判りません。機体・時期によって塗装がまちまちです。 そもそも、airfixの説明書がこれ以上無いシンプルなものであまり参考になりません。
基本的に無塗装シルバーであるのは共通ですが、ばらついていてよく判らないところは
a)主翼及び尾翼前縁の黒塗装(?)の有無
b)主翼上面、エンジンの後方の(排気汚れが目立たぬよう?)黒塗装の有無
c)主翼上面のオレンジレッドは単純に四角く塗るのか、外側のエンジンナセルのふくらみを避けて塗るのか
d)機体底面、左右の張り出し下面の黒塗装の有無
といったところです。

b)は「18601」の運用の後半だけのような気がします。
a)d)については、デカールが付属している「18605」という機体の引渡し前後の写真では塗装されてません。
c)については、後者のように塗っているモデルを良くみますが、写真で確認できません。単純に四角く塗った気体の写真しか見つけられませんでした。

結局「よく判らん」が結論です。なので、airfixの箱絵仕様とすることにしました。即ち
a)の主翼及び尾翼前縁の黒塗装は有り
b)の主翼上面、エンジンの後方の(排気汚れが目立たぬよう?)黒塗装は無し
c)の主翼上面のオレンジレッドは単純に四角く塗る
d)の機体底面、左右の張り出し下面の黒塗装は有り
です。

4) あと、残工事としては、
ア) デカール デカールを貼ったあとのクリア吹きは、グロスのクリアなら銀色の灰色化は最小限で済むというアドバイスをいただきましたので、そうしようかと。 但し、事前確認が必要です。
イ) 主翼中央の天測用?窓の製作 主翼中央に水滴型に空いた穴に付ける透明部品を紛失しております。 適当につくります。
ウ) 主翼前縁の前照灯 銀色に塗った円盤を埋め込んで瞬間でかためてみましたが、さっぱりな出来でみっともないので塗装でごまかします。
エ) 残り部品の取付 プロペラ、エンジンの補助空気取り入れ口等がのこってます。 これらはキットのパーツでよいです。 特にこだわりはありません。
オ) 操縦席の上にへんちくりんな昆虫の触角のようなものが付いています。 二式大艇では機首上げ角度を適正に保つために、目印となる櫛のようなものをつけたかと記憶しておりますが、このB314の付属品は操縦者の視点からは高い角度位置にありそうした用途ではなさそうです。何でしょうか?? まあ用途はわからんですが、細かい部品がつくと精密感もアップしようかと思います。

残り合計15時間くらいでしょうか。 なんとか4月中旬には完成しそうです。

【2011/03/26 20:26】 | 模型-エアライナー
トラックバック(0) |


シミヤン
おお~プチディオラマいいですね~。
こういうの大好きです。
この機体はスケールはいくつでしたっけ?

144なら鉄道模型用のフィギュアが出ていますので
カラフルな乗客も再現できますよ~。
(私の4鉄道模型アルバムに一部使っていますがなんと水着のものもあります。当然老若男女一般乗客もあります。)

シルバークリアー吹きは試用されるのがいいと思いますが
前回作った飛燕は基本ベースがクレオスNo.11シルバーに
クレオスクリアー缶スプレーを吹いたもので
研ぎだしはしておらず吹きっぱなしです。



公試
>>シミヤン殿
スケールは1/144です。 Nゲージの人形が使えるようなので、トミーの安いやつを買いました。 ただ、これが現在の日本人を見事に再現したもので、ラフな格好でたるんだ姿勢のものが多いのです。 70年前に世界最新・最高の移動手段たるクリッパーに搭乗するエリート/セレブとは大分雰囲気が違います。 ちょっと頭を抱えています。

コメントを閉じる▲
 今回の大地震で被災した皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

この週末は少し暖かいようです。 体育館等の避難所生活には寒さが堪えるかと思いますので、すこしでも寒さが緩むことは朗報とおもいます。 福島の原発はようやく薄日が差してきたのではと思います。冷却作戦はまだまだ薄氷を踏むような状況ですが、先週までのテレビを見てるだけで吐き気がしてくるようなぎりぎりのところからはわずかに好転したように思います。 


B314
*****************************************************************
機体の塗装を進めています。銀塗装は、もう25年ぶりくらいになります。 まだ高校生の頃に、今は亡きエッシーの48、F-104をイタリア軍のマーキングで仕上げて以来です。 たしかあの時は、銀色を塗装した上からアルミパウダー(クレオス、もといグンゼ産業から小瓶で出てました)をすりこんでピカピカにに仕上げた記憶があります。 

以来、ずっと銀塗装をさけていたわけではないんですが、一機たりとも銀塗装はありませんでした。今回B314を銀塗装してみて、技量はともかく、銀塗料が素晴らしくよくなっていることに感動しました。

DSC00146.jpg

DSC00145.jpg

DSC00143.jpg

最初、ガイアのスーパーブライトシルバーだったかを吹き付けてみたのですが、これは私には使いこなせないと、そうそうに諦めました。 とにかく派手な銀で、わずかの傷もひらってギラギラと目立ちます。 なのでグンゼもといクレオスの8番を吹きつけました。 この8番のしっとりして美しい銀色にはほれぼれします。

大体8割位できました。普通は下地を完璧に仕上げてから最後に銀を吹き付けるものでしょうが、普段サーフェイサーをほとんど使わず下地作りの下手な私は、銀を吹いては傷を見つけて埋め、を繰り返し、部分部分で仕上げていくという変則的な手法となっています。

オレンジレッドと銀の段差がちょっと気になります。 どうごまかすか?
*****************************************************************
残り2回で完成!はちょっと難しくなってきました。ので、10回での完成を目指し次回は6/10とします。

【2011/03/19 20:47】 | 模型-エアライナー
トラックバック(0) |


XJunで~す
>クレオス#8...
肌理の細かいいい感じの銀色ですね♪

私の方は四式戦闘機 疾風をタミヤのフラットアルミで塗りましたが、薄め方が悪かったのかかなり粗い仕上がりになってしまいました。
たまに飛行機をやると、AFVで手抜きしているせいか、経験値の無さが露呈します(滝汗;)



公試
>>XJun殿
クレオスの8番はびっくりするくらい良くなりましたねえ。昔のざらざらとは隔世の感があります。
私も銀塗装については経験値ミニマムです;;






シミヤン
このサイズのこの機体だとクレオスシルバーがしっとりと落ち着きますね。

知っておられるかもしれませんが仕上げにツヤ消しを吹くと一発で灰色になりますのでご注意を
グロスは多少落ちますがほぼ許容範囲だと思います。


公試
>>シミヤン殿
デカールを貼った後どうしようかと悩んでおりました。 クリアーを吹きたいけどシルバーが灰色に変わってしまうのかなあと。 成る程、グロスのクリアなら許容範囲ですか。 主翼下面等、目立たないところで一度試してみます。 ありがとうございます。

コメントを閉じる▲
 今回の大地震で被災した皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

地震・津波の甚大な被害に加え、福島で原発が大変なことになっています。テレビ報道をみていると、緊張感と恐ろしさで吐き気を催します。 東電や政府、更にはマスコミに対し大声で罵倒したいところは多々ありますが、今は、現場の第一線で放射線を浴びながら作業されている方々に最大限の敬意を表し、無事に冷却・封じ込め作業が完遂されんことを祈りつつ、ここは静かに見守りたいと思います。
*********************************************************************

流石に気分が乗らずあまり進みません。テレビを見ていると滅入るばかりなので模型でも、と思うのですが。

若干のS-3 Vikingの進捗を。

壊れてしまったリューターを買い直しました。 以前のものはホームセンターで買った強力なものでしたが、今回はお手軽に模型屋で模型用として売っていた割と非力なものを買いました。 リューターが復活して、停滞していた工作がいくつか出来ました。

a) まずはエンジンのファンの中心、スピナ?ナセル?を作りました。プラ棒をリューターに咥え、小山状に削りました。
  DSC00137.jpg

  ファンをナセルにセットしてみました。 うわっかっこええ! 苦労が報われます。
  DSC00139.jpg

b) 機首のノーズコーンの内側もリューターで綺麗に均しました。 ここはリューター無しでも作業できますが、面倒くさくて後回しにしていました。リューターを手にしてさっさと片付けました。
  DSC00140.jpg

  機種にセットしてみました。実際はノーズコーンは上に跳ね上げた位置で固定します。可動にするつもりはさらさらありません。(可動とする工作力もありません)
  DSC00141.jpg

以上です。
*********************************************************************
一日も早く、明るい気持ちで模型に集中できる日が来ますよう。

【2011/03/15 20:41】 | 模型- S-3
トラックバック(0) |
今回の大地震で被災した皆さまに心よりお見舞い申し上げます。



3/13追記
テレビ報道には腹が立つばかりです。 現地に入れるようになって、被災者の悲しみを際立たせ視聴者のお涙ちょうだいがあまりに酷いインタビュー。 原発の報道ではあまりに工学知識のない馬鹿司会者。 とってつけたようにアナウンサーが被ったメット、その正面には会社の馬鹿マーク。  普段は嫌いなNHKですが、一番マトモです。 




【2011/03/12 09:34】 | 未分類
トラックバック(0) |


XJunで~す
公試様、こんにちは。

金曜日は所用で大阪の実家に帰省していて、梅田の電器店の中で地震に遭いました。

昨日厚木の自宅に戻りまして、ようやく落ち着いた所です。(本人・家族とも無事です)

今は福島の原発の行方が気掛かりです。


公試
>>XJun殿
無事で何よりです。  
今回の地震・津波の被害の甚大さに泣けてきます。 が、被災者の皆さんにはこんなときこそ頭を上げ前に進んでもらいたいです。 日本中が皆さんをサポートします。 頑張れ!!!!!

コメントを閉じる▲
S-3 Vikingの現状です。
******************************************************************************
1)機体表面のスジ彫りを始めました。 主翼上面の8割くらいが終わりました。 道具は今まで通り、カルコ+ガイドテープです。 
DSC00133.jpg

2)筋彫り関連。 先日会社の帰りに寄ったジョーシンの模型フロアでガイドテープの類似品が販売されていました。 これまでガイドテープは西宮の模型屋でしか扱っていませんでしたので、これ幸いと早速買ってみました。上の本がガイドテープ、下の2本が新製品です。
DSC00132.jpg
幅が狭いのが特徴といえます。テープの厚み、単位面積当たりの粘着力は同等です。 ただ幅が狭い結果、粘着する面積がせまく、結果として粘着力は弱めとなります。 結論としては、十分使えます。
スジ彫る道具もあたらしいものがいろいろ出ています。 よい評判を目にしますがこちらは試す予定はありません。今のところカルコで特に不満はなく、何しろ安いんで。

本機のスジ彫りは簡単な部類になろうかと思います。 胴体がエリアルールでうねっていたりすると難しいのですが、前後にストレートで断面も単純に四角いため難しい線は殆どありません。 ただ、プラがカチカチに硬くカルコが横道に逸れてしまいがちなので気を抜けません。
******************************************************************************
今回の記事は19/50でありますが、進捗もちょうど40%位です。3月は週末はB314の塗装作業、平日はS-3の工作、という感じで進めたいと思っています。 3月中のスジ彫り完了が目標です。まだ折り返し地点には達していません。

【2011/03/07 12:10】 | 模型- S-3
トラックバック(0) |


Fighting Hannah
商品パッケージのイラストに惑わされて購入してしまうモデラーも多いと思います、多分...私もその一人かと思います!(^^;)


公試
>>Fighting Hannah殿
スジ彫り用テープの需要がキャラクターモデラーにあるとは初めて知りました。 エアブラシを手にしているのがよく判らんところですが。(モデラーの手にする道具として一番判りやすいのでしょうか?) 見つけたら購入してみてください!

コメントを閉じる▲
3月になりました。あっという間に終わってしまった2月は、仕掛り中のS-3、B314共殆ど進めることができませんでした。 ひとえに寒さに負けました。ちょっと最近暖かくなってきたかと思いきや、また寒さが戻ってしまいました。
*******************************************************************
1)B314ですが、機体を置くベースとして、「海面」を作ることにしました。飛行機の情景仕立てなどやったこともないし、海面を作ったこともありません。陸揚用の台車を作りその上に載せようかともおもったのですが、台車の詳細がよく判らないため諦め、海面に浮かべることとしました。 製作中の海面は後日。

2)機体は現在表面の傷取り中です。サーフェイサを吹いてペーパーがけして改めて吹き直したところです。 だいたいつるつるになったので、いよいよ本塗装に移りたいところですが、主翼前縁の前照灯の工作を忘れていたので、それが片付いてからです。
DSC00127.jpg DSC00128.jpg DSC00129.jpg

この尾翼がかっこいいです。
DSC00130.jpg

3)桟橋を作るということで、桟橋の上に並べる人形を買いました。鉄道模型用1/150です。安いやつを選んで買ったため、塗装もデティールもいまひとつです。せめて塗装をし直してやろうかと思います。 この人形の配置ですが、折角仕上げた機体の表面に貼り付けるのは抵抗があるため、桟橋に並べるつもりです。
DSC00131.jpg

最後にS-3 Vikingとのツーショットを。 72のVikingより144のB314のほうがでかいです。
DSC00134.jpg

*******************************************************************
今月中にはおおよそ完成の目処をつけたいところです。


【2011/03/05 21:34】 | 模型-エアライナー
トラックバック(0) |


サイコ
B314は情景モデルになるのですね、これもまた楽しみです。

少し気が早いですが、展示会には雷電以降が出撃となるのでしょうか?
いえね、わたし的にはもう一度拝見したいなぁと思っているものでして、はい(^_^)


公試
B314は脚が無いので仕方なしの情景です。なにぶん初めてなのでまあそれなりにしかなりようがありません。

B314一機じゃあさみしいですかねえ。 雷電は模型屋に預けたままなんです、そろそろ引き取りに行きますかねえ。

コメントを閉じる▲
free counters