After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
先週末は4連休(会社の夏季休暇)で模型三昧を目指しましたが、見事に失速してしまいました。

*******************************************************

子供が夏休みなので、課題の製作に駆り出されました。 まだ、夏休みは始まったところですが、毎年後半ひいひい言ってるのでなんとしても今年は早めに片付けたく、近所からの児童虐待の通報も恐れず尻を叩きまくりました・・・

一応、小学校低学年の工作、絵画(ポスター)、小学校高学年の絵画(ポスター)の3つを片付けました。
小学校低学年の工作はなかなかの仕上がりで、とてもこの学年でできる代物ではありません。親が手伝ったことがばればれですが、そこは「父と子のコラボレーション」と割り切ることとしました。

まだ、小学校高学年の工作、中学校の理科自由研究、絵画、さらに3人分の読書感想文が残っています。
小学校高学年の工作は「ピタゴラスイッチ」のような仕掛けで、「桃太郎」のような昔話が再現される仕掛け」をつくりたい、だそうです・・・  んなもんできるか! 自分で作れ! おまえの宿題じゃあ! と突き放すのも可哀想なので一緒に考えてやることにします。 これは時間が掛かりそうです。

*******************************************************

typhoonは機体のウェザリングをほぼ終了とします。
今回は自分としては派手にハゲチョロを書き込みました。 数年前くらいに派手にハゲチョロを書き込んだ劇画チックな仕上げの飛行機モデルがにしばしば雑誌に掲載されたことがありました。(最近はあまり見ませんが) そういった派手なハゲチョロ仕上げほどではありませんが、自分としてはリミッター一杯といったところです。

IMG_0695.jpg

IMG_0696.jpg

当時の写真をみても派手に汚れた、とか剥げたようなtyphoonは見かけませんでした。なので、かなりの模型的フィクションとなります。

*******************************************************
明日から年末まで断続的に計50日余の出張が続きます。 それまでに完成させたかったのですが、無理でした。 まあ残り作業で大きなものはありません、出張の合間にちょこちょこ進めたいと思います。




スポンサーサイト

【2010/07/28 20:22】 | 模型-typhoon
トラックバック(0) |


Psycho109k4
何事もなかなか予定したとおりに進まないものですよね。
課題製作のお手伝い、ご苦労様です。
スミ入れから剥げチョロとウェザリングを終えて、いやぁメチャクチャカッコイイじゃないですか!
素晴らしいですよ~
11月に城見ホールで拝見出来ると思っていますが、今から楽しみであります(^_^)!

宿題…
XJunで~す
お父さん業お疲れ様です。
私もずっと八月下旬に泣いていたクチですので公試様の親心がよくわかります。

親子でご一緒に工作されるほのぼのとした様子が目に浮かびます。

まさにお父様の器用さ、几帳面さを披瀝できるのではないでしょうか。



公試
木・金の出張から戻ってきました。

>>Psycho109k4殿
だいぶカッコよくなってきました。出張から帰ってきましてタイヤを付けたら更によさげです。

11月に同所でお見せできるよう、頑張ります!



公試
>>XJun殿
今日も2Hほど子供の工作に付き合いました。「一緒にやって!」という割には手を出すと「やめて!私の工作!」とぬかします。 
子供とは面倒くさいものです。


tiefes_blau99
あまりの決まりっぷりに感動です。
こんな工作できると良いのですが、一緒に工作しましたお子さんが羨ましいです。
自分もこれから細部に取りかかるので、モチベーションアップになりました。ありがとうございます。


公試
〉〉ties_brau殿
出張先から携帯でコメントします。
あんまし 小うるさくて、子供は辟易しているようです。小学高学年の工作が、ほぼかたづきました。まだまだ残っています。厳しい夏休みです。

コメントを閉じる▲
きょうから会社は夏季休暇4連休です。 学校の夏休みに合わせてくれているのですが、中学生の長子はクラブとかで、せっかくの連休ながら旅行にも行けません。 なので模型をいじっています・・・・

**********************************************
スミ入れがほぼ終わりました。

今回、明るめの色でリベットにスミ入れしてみました。 これは翼の付け根などに見られるリベット部の塗装剥がれと相性が良いかと考えてのトライです。  結果・・・失敗でした。ガサガサした感じにしか仕上がりそうにないのであきらめました。

あきらめて、いつも通りの暗めの色でスミ入れしました。
全体
IMG_0683.jpg
つやがまちまちでカッコ悪いです。最終的にはかなりつやつや方向にまとめるつもりです。
ちなみに、翼端灯を撤去しました。マスキング塗装が終わって全てのテープを剥がしてみると、翼端灯が左右とも曇ってまして、原因は不明ですが、仕方なく撤去しました。 いずれ作り直します。 周辺部の塗装もやり直しになるのがなんとも憂鬱です。

これもつやがまだらでスミ入れというか、汚しが実物以上に強調されすぎています。
IMG_0684.jpg 
実物はもう少し落ち着いた感じです。
実は、主脚はタイヤ無しで脚柱・脚カバーのみ、接着してしまいました。 どんどん部品を付けて行ったほうがモチベーションが上がります。

このアップはマットな感じでかっこいいですね。 艶消し仕上げもよいかも。吹きつけしたTP-Qがいい感じです。
IMG_0694.jpg

ちょっと今回はしつこくスミ入れ/汚しをしています。 なにぶん、この英国機の塗装は色めが多くてチンドン屋みたいになってしまうので、派手に汚さないと逆に落ち着いた感じになりません。
IMG_0689.jpg

下面はこんな感じです。
IMG_0688.jpg

今回はいわゆる暗色立ち上げはボケ幅が大きくなりすぎるかなあと考えてやっていません。
**********************************************
このあと、タイヤをつけ、フラップを付け・・・ どんどん付けていきます。もう少しのようですが、まだ作っていない部品も結構残ってまして、のこり30Hくらいと思います。40回での完成は難しくなってきました。

【2010/07/22 18:08】 | 模型-typhoon
トラックバック(0) |


ハヤテ
破綻の無いデティールは流石です(羨)

コクピツト下の作り込み、ガンベイも見事ですね。

秀作を見ると嬉しくなります♪


公試
>>ハヤテ殿
「破綻のないデティール」というより、「アラが写っていない写真」というほうが正確です; 写真で見ると気付かなかったアラとか取付角度の傾き等を発見してびっくりすることがあります。 今回の記事も一部アングルは問題あり、自主規制しました・・・

インベイジョン・ストライプ
XJunで~す
製作お疲れさまです。
妙なディティールへのコメントで失礼します。
インベイジョン・ストライプが綺麗にキマっていますね。
黒の部分も黒すぎず(?)自然な感じです。

それと基本的な質問なんですが、英軍機の迷彩って不思議な配食ですね。最初の頃のアース/グリーンとか、アフリカのアース/ミドルストーンとかは何となく、地上の色に合わせているように思えるんですが、グレー/グリーンていうのが理解できません。

もっとも、ドイツ軍機のグレー系迷彩も不可解ですが...(w)。


公試
>>XJun殿
黒はだいぶ白くしたつもりですがまだまだ黒かったです。
英機の迷彩は色もパターンもびしっと決まっていて、現場適宜というのはほとんどないですね。 ドイツ機のグレー系はもうばらばらですが。 
グレー/グリーンの色目はジェットにも使ってましたっけ?? イギリスの風景にマッチしているようには思います。

コメントを閉じる▲
3連休明けは近畿南部に出張でした。早くに終わったので、珍しく尼崎の中古模型チェーン店に寄って帰りました。

***************************************
typhoonもだいぶ進んでそろそろ着地地点もうっすらと見えてきたようです? となると、次は何を作ろうかと思いを巡らせていて、気になるキットを中古模型屋に求めに行った訳です。

一時、次はHe219かJu88,Ju188と思い詰めていたのですが、春先にHe219を(かなりのやっつけながら)形にできたので、ドイツ双発機に対する熱は冷め、今作りたいなあと思っているのは次の2機種です。

まずはロッキードS-3、ハセガワ1/72です。世界の傑作機を読んで、細部写真も結構あるし、中学生の頃に作ったあのキットを今度はばっちり手を加えて形にしたいなあと思っています。 キットは(この春先に買ったものですが)、当時のハセガワらしい、かっちりした好キットです。 ウエポンベイを自作したりすればカッコイイと思っているのですが、難点は、アフターパーツが存在するということ! ウエポンベイ、4座のコックピットがレジンで出ています。これは自分的にはちょっとがっかりです。誰もが形にしたことがないものを形にしたいという野心に燃える私としては、市販パーツの存在は逆にマイナスです。 

もうひとつはこれもハセガワで、Me163 1/32です。これも世界の傑作機が契機なんです。去年大阪のJMC会場で、著者の国江隆夫氏がサイン入りの世傑各種を販売されおりまして、そのほとんどを購入済みであったため、あまり興味がなかったのですが、未購入であったMe163を買いました。 したらば、思いのほか興味深い内容で、俄然「作りたい!」と。 このキットはたぶん私が小学生の頃には既にあったと思うのですが、今まで店頭で箱を手に取ったことすらありませんでした。
今日は、このキットを求めて中古模型屋に寄ったのですが、果たして・・・ ありました。2箱ありまして、やたら古い箱が4千円ちょい、普通の古い箱が2千円ちょい。 ということで、2千円ちょいのほうを買いました。これでも相当古いもののようで、たぶんデカールは使えないでしょうが、別に気にしません。
IMG_0673.jpg

帰って箱を開けてみてびっくり! パーツ少な! 72か?というようなシンプルさです。うーん、好感度アップです。
IMG_0674.jpg

この機体はコックピットがアフターパーツとして出ているようです。エンジンなんかのパーツが出ていないのは先ほどのS-3の裏返しで歓迎です。
***************************************
中古模型屋によったついでにこれも買いました。 上のEMHERキットは以前にかったものですが、ハセガワのキットを新たに買いました。 中身は極力シンプルであまり変わらない内容でした。
IMG_0672.jpg

これは今日買ったのではありませんが。(確か先週くらい?) これは新しいキットでしょうか。
IMG_0675.jpg

これも最近買ったものですが。安売りしていたので。72です。
IMG_0676.jpg
よくしらんのですが、M-10の親戚でしょう(?)


***************************************
最後にちょっとtyphoonを。 コードレターも白黒縞もラウンデルも主翼前縁の黄色も、全部吹き終わりました。
IMG_0679.jpg
だいたいのスミ入れも終わらせたところです。なんか単調で、ちょっといかんなあという感じです。




【2010/07/20 22:20】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


ししまるえっくす
こんばんは~

ししまるえっくすです。

なんと遅い訪問なのでしょうか~・・。スミマセ~ン。

自分なりに検索致しましたが、たどり着けなかったのは 私だけ・・・みたいですネ・・。(汗

いつもコメ頂きまして有難う御座いました~。

これからチョクチョク訪問させていただきますね~。

公試さんのMe163,楽しみですぅ~。

穴あけアケでお願いしま~す!。(^^)

AFV2点...
XJunで~す
お久しぶりです。
AFVだと食いつく私ですみません。

いずれも1/72でしょうか?
IV号は少し前のリリースですが、ドラゴンの総代理店がアオシマに替わってから、いわゆる「人気車輛」のキットを精力的に輸入・リリースしていますね。

M10もどきは、私も米英軍モノは詳しくはないんですが、主砲を英軍の17ポンド砲に換装した「アキリーズ」ですね。17ポンド砲はドイツ軍にもかなりの脅威だった代物ですね。

ではでは。


公試
>>ししまるえっくす殿
ようこそいらっしゃいました。なにぶん辺境の地なもんで、はい。Me163、まだ仮組もしてないのですが、結構いいんじゃないかなあと思ってます。開けるパネルも結構ありますし! 
ただ、ここで手を出してしまうとtyphoonの完成が遠のいてしまうのでぐっとこらえます。


公試
>>XJun殿
アキリーズですね、なるほど。箱にもそう書いてありました。「アキレス」と書いて英語ではアキリーズということでしょうか。
M-10ははるか30年前、タミヤの35を作ったことがあり、現在手元にはタミヤの48が途中状態で熟成中です。オープントップな車両が好きなんです。 typhoonが完成したら・・・

コメントを閉じる▲
梅雨がいよいよ明けそうなので、夏らしいテンプレートに替えました。

残りのマーキングは胴体の4重丸、コードレター"TP-Q"という難しめというか、山場になります.
今回は進捗の写真はありません。 雑記扱いです。
************************************************************
この難所は montexというメーカのマスク材を見つけこれを使いました。

ここはpolandのメーカのようです。ネットで注文、難なく入手できました。なんとも世界は狭くなりました。 今回初めて市販のマスク材というものを購入・使用したのですが、こんなに良いものとは思ってませんでした。伸び具合、粘着力、シャープさ、文句無しです。これまで、こういった市販のマスキング材を使うのは不精のきわみと思っていたのですが、認識を改めます。

まずは胴体側面の4重◎。 びっくりするくらい簡単に塗りわけ出来ました。 4重◎用のマスクは自分でマスキングテープやシートをサークルカッターで切り抜いてはどうしても出来なかったのですが、こいつを使うとらくらくです。 いやもう素晴らしい。

◎ができたので、次いでこれを挟む胴体側面のコードレターTP-Qです。 ここまでべた褒めのmontexですが、ここで問題発生です。 なんとカットされたマスク材のQの文字のハネがQ左はねになってます。 本当か!?!? 商品に同梱されていた説明図を見ると
k48088_title.jpg
説明図も左はねです。左ハネは考証に基づく確信的なものなのか?

ところが、もう一枚説明図が入ってまして、
k48088_p1.jpg
こちらは、右胴体が普通の右はねのQで描かれています。 で、実際のマスク材はというと、右・左とも左はねです??  どうにもおかしいです。 ネットでいろいろ探してみると、実機の写真がありました。

typhoon1.jpg
typhoon2_20100714203636.jpg

少なくとも、右側面は間違いなく普通のQの書体です。この時点で右用マスク材はカットミスということになります。 左側面も他の機体でも逆文字は見たことがないので、まずおそらくは普通の右はねのQでしょう。 ということでで、マスク材にデザインナイフで追加加工し、右はねとしました。

正しいQに直したところで、まずは左側面にセットし、吹きつけ・・・・ と、しもた!間違えた! 右側面の絵、写真ばかり見ていて、右がTP◎Qなら左はQ◎TPであろうと勝手に思い込んでいたのですが、この機体は左もTP◎Qのようです。 機体により左右でひっくり返る機体もあるようですが。ありゃりゃ・・・。 折角吹き付けたQを削り取ってやり直しです。 

というところで先週の土日は終わってしまいました。 現在、今週末に、のこり作業である、
 ・TP-Qのやり直し
 ・垂直尾翼の国籍マーク
 ・主翼前縁の黄色
を終えるべくマスキング作業中です。
************************************************************



【2010/07/14 21:39】 | 模型-typhoon
トラックバック(0) |
typhoonは細かな塗り分けを進めています。
**************************************
平日にマスキングをしておいて、休日に吹き付け、というパターンです。今日、吹き付けをしたのは
 1)主翼上面のラウンデル
 2)主翼下面のストライプ
 3)胴体下面のストライプ
 4)胴体後部の帯
です。

1)主翼上面のラウンデルは2重丸であり、細い帯の部分もないので比較簡単でした。4)胴体後部の帯はボケてよく見えません。コックピットの横が白っぽいのは実際に汚れがついて白っぽくなってしまったためです。
IMG_1485.jpg

2)3)主翼下面、胴体下面のストライプは幅をそろえるのが結構大変でした。
IMG_1488.jpg
白と黒の幅は全く同じで良いのか? 白は膨張色なので、黒と同じ幅にすると白が太く見える、というのをいつかどこかで読んだ気がするのですが、そんな微妙に調整できないとあきらめ同じ幅に揃えました。
結果は、同じに見えます。特に白を細くする必要はないのではと思います。 黒はだいぶグレーっぽい色にしたのですが、この写真では真っ黒に見えます。 同様に白も、ちょっとアイボリーっぽくしたのですが、真っ白に見えます。どちらももう少し振ったほうがよかったのかもしれません。

主翼下面のストライプ位置が決まったので、主脚カバーの塗り分けもできるようになりました。 写真はボケボケです。
IMG_1490.jpg
同様にフラップの塗り分けももう出来ます。(まだ黒白帯が残っていたとは・・・ ちょっとショック)

塗り分けを進めるにつれ、かっこ悪くなってきました?? どうやら、まだ、スミ入れも汚しも全くしていなので、トイのように見えてしまうためと思います。 ここはカッコ悪さを一旦無視して残りの塗り分けを進めます。

残りは
 a)主翼前縁の黄色
 b)フラップ下面の白黒帯
 c)胴体側面のラウンデル(4重丸!)
 d)胴体側面のコードレター
 e)垂直尾翼の国籍マーク
くらいでしょうか。
**************************************
今週は出張続きでした。

1) 生まれて初めて「宮城県」「福島県」に行きました。というより、生まれて初めての東北地方です。 なんか普通に日本語が通じることすら不思議に思えてきます。失礼な意味ではなく、なんかそれくらい自分的には離れているイメージです。
伊丹から仙台へ飛行機(往ANA、復JEXとも737でした)で行きましたが、やっぱし飛行機はサイコーでした。楽しくはない出張でしたが、飛行機にのっている間はなんかうれしさがこみ上げてきます。 子供か、ワシは。
福島に2泊したのでモバイルモデリングと行きたかったところですが、カッターも接着剤も搭乗のチェックでひっかかってしまうので止めました。


2) さらには東京にも行きました。 こちらはいつも通りの新幹線で。 昼からの打合せだったので早めに出発して1時間程度時間を作って、秋葉原の中古模型屋本店と駅前の模型屋に行くつもりが、東京まであと少し、新横浜あたりでえらいことに気がつきました。 「しまった!! 財布を忘れた!!」
40半ばのおっさんが、財布を持たずに出張に出てしまうとは。 というより、どうやって客先まで移動すればよいのか? 新幹線の切符で、とりあえず最寄りのJRの駅までいけるが、その先バスに乗らんといかん・・・ どうするオレ! 東京についたらサラ金に駆け込んで手続きをしてお金を借りるか? 警察にいって事情を説明して・・・ 無理やろう。 客先で落ち合う会社の後輩に携帯で電話して・・ って、電話も忘れてるやん!!!
ならば帰りの切符をチケット屋で売って現金を作って客先まで移動し、落ち合った後輩からお金を借りて帰りの切符を買い直す。か。うーん。
その時、カバンのなかに3千円発見! この3千円は、有名な?バームクーヘンをお土産に買ってきてくれ、と職場の上司から預かったお金ではないですか。 助かりました。結局この3千円を使い込んで客先まで移動して、同僚からお金をかりて、帰りに東京駅南の大丸で頼まれていたバームクーヘンを無事買いました。(20分並びました。)
いやー冷や汗タラタラでした。
というわけで、秋葉原の模型屋巡りは水泡に帰しました。 残念。


【2010/07/10 21:32】 | 模型-typhoon
トラックバック(0) |


Psycho109k4
ストライプの塗装は中々大変ですよね、私も難儀したことがあります。
でもそれがカッコ良く思えて選択したんですから、仕方ないわ、ガンバロ~って感じでした。
そこで力尽きて、ラウンデルもコードレターもデカールに逃げましたけど(^^;)~
残り後半の塗装も大変そうですが、頑張ってください。
楽しみにしております。
東京出張、ホントにお疲れ様でしたねぇ・・・



公試
>>Psycho109k4殿
確かに息切れしそうです。 ラウンデル、コードレターまでは頑張るつもりですが、MN388だったかの小さな番号はデカールの切り貼りになりそうです。

今週は出張は無いはずです。 ちびちび進めたいところです。


パテ埋め
こんばんは。

国籍標識からストライプまで塗装なんてすごいですね。
私はストライプを平行で等間隔な線を作るのが面倒でさぼったりしましたが、やはりタイフーンはこのインベンジョンストライプこそが似合いますね。
東京出張のお話は聞いただけでぞっとするというかパニックになるというか・・・お疲れ様でした。


公試
>>パテ埋め殿
国籍標識を塗装するのは、たぶんまだ3回目だと思います。私のデフォルト仕様なんかでは決してありません。2重丸くらいならそれ程難しいものではありませんので機会があればトライしてみてください!

東京ヒヤヒヤ出張はさすがにこたえました。今週は神戸に腰を据えてじっくり進めたいところです。


コメントを閉じる▲
梅雨空のもと、迷彩を開始しました。
***********************************************
まずは先週に引き続き上面の1色めを吹きました。 ちなみに塗装色はMrカラーの361,362,363の特色セットです。当然安易にそのまま使ってます。

引き続き、マスキングして2色めを吹きます。 ふにゃふにゃ模様は今回、ブルタックを使いました。
DSC00045.jpg DSC00046.jpg
ブルタックでつくったラインの内側はマスキングテープで埋めていますが、この方法は塗装後ブルタックとテープがぐちゃぐちゃに絡まってしまい、ブルタックの再利用が非常に困難で、イマイチな方法と思います。

48でイギリス機の迷彩となると、ボケ幅がかなり小さいのでフリーハンドではしんどく、なにか使ってボケをコントロールすることとなります。 型紙、練り消し/ブルタック、ハンダ等、いろいろな方法があるようですが、経験のある(といっても2年前に三菱F-1で一度使ったことのある)ブルタックを使いました。 ブルタックはなかなかその辺で売ってないのが難点ですがなかなか使いやすい材料です。

吹きつけの途中状況です。ブルタックをなるべく同じ太さに伸ばすことによりボケ幅が揃うはずですが、なかなかそううまく伸ばせないし、また吹きつける方向によってもボケ幅が変わってきます。
DSC00047.jpg DSC00048.jpg

ムシムシな天気が続きますが、かぶることなく最後まで吹けました。
DSC00050.jpg DSC00052.jpg
全てのラインが一発で満足するような仕上がりにはなかなかなりません。 ボケ幅のバラつきとか、2重にボケてしまっていたりとかいろいろ失敗がありますので、ちまちまと手直しが必要になります。上の写真はあまりに見苦しいところを手直しした状態です。まあOKです。
これでスミ入れしたり、フィルタリング?ウォッシング?したりすれば2色がそれなりになじんでいい感じになるのではと思います。

追記;
夕方忘れていた機首下あごの迷彩をしました。主翼付け根の滑り止め?の黒も吹きました。 一応全体ができましたので、エンジン回りや機銃まわりのマスキングを外し、プロペラをセットしてみました。 なかなかかっこいいじゃあないですか!
DSC00058.jpg  DSC00059.jpg  DSC00060.jpg

***********************************************
前回、主翼下面のラウンデルを吹き付けしましたが、あまりうまく仕上がりませんでした。 真中の白丸幅が揃っておらず若干見苦しいものでした。 これを筆塗りで修正しました!!
タミヤの49番面相筆で白帯を内の赤と外の紺から慎重に攻め、白帯の幅をできるだけ揃えました。なんとか見れるようになりました。
DSC00054.jpg DSC00055.jpg

***********************************************
下あごの迷彩ができたら、白黒帯、ラウンデル、主翼前縁の黄色等、細かな塗り分けが続きます。 キャノピーの塗り分けもあります。
来週は出張が2回ありそうで、なかなか進みそうにありません。

【2010/07/04 14:07】 | 模型-typhoon
トラックバック(0) |


Psycho109k4
うんうん、カッコイイですなぁ!
これはモチベーション上がりまくりですね。
ここにさらにラウンデルやコードレターが入ると、どんだけカッコ良くなるんでしょう、楽しみです(^_^)!


公試
>>Psycho109k殿
おっしゃるとおりモチベーションあがってきました! 一番のモチベーションの素は「カッコいい!」ですね。このtyphoonは微妙に「格好わるー・・」と思いながらの作業だったのでなかなかエンジンがかからないところがあったのですが、ここまできてやっとかっこよくなってきました。 
残りの後半戦、頑張ります。


tiefes_blau99
おお、いいですね。かっこいいです。
このアクの強いデザイン、大好きです。
そういえば、私も練り消しを使います。たまたま近所のホームセンターにあったのですが、なかなか良い感じです。紙を浮かせたマスキングはまだチャレンジしていませんが、練り消しの方が簡単な気がします。



公試
>> tiefes_blau99殿
確かに丸い胴体の機体には型紙よりも練り消し/ブルタッ
クのほうが易しいように思います。

分厚い翼、ごつい顎、でかいペラ、とアクの強さはピカイチです。自分的にアクの強さがかっこよさにようやく変わってきた感じがします。

コメントを閉じる▲
今日から7月です。ということは2010年の折り返しです。早いもんです。 typhoonの製作ペースを上げたい、どんどん追い込んでいきたいところです。
****************************************************
塗装過程の一環としてラウンデルの塗装に挑みました。まずは主翼下面。3重丸です。
要はマスキングテープをサークルカッターで切りぬきいて順にマスキングを繰り返して塗り分けました。
DSC00041.jpg
写真はこの大きさが限度です。 もう少し寄ってアップにとった写真は、アラが目立ち「これでエエのんかい?」という気になってきたので、見なかったことにして捨てました。
この大きさでみても、アラが・・・ 白がちょっと太い・・・ うーん・・・
気にするな、オレ! Don't mind! んなもんだーれも気にするかい。 と自分に言い聞かせ、これはこれでよしとして次工程に進みます。

マーキングの手塗り(吹きつけ)は、3年前の1/48雷電以来で、すっかりやり方を忘れていましたが、なんとなくコツを思い出してきました。 日の丸より格段に難しい英国機のラウンデルですが、この下面がよい練習になったので、後日の胴体の4重丸はもう少ししゃっきり決めたいと思います。

****************************************************
たぶん、次は主翼上面の迷彩と思います。




【2010/07/01 07:33】 | 未分類
トラックバック(0) |
free counters