After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
5月の更新回数を稼ぐべく(別に誰からも強制されているわけではありませんが)、雑記を記します。

*********************************************
1)ハセガワからJU188が発売されましたので買ってきました。箱は分厚いですが、機体は双発ながらコンパクトです。こないだHe219を製作した目で見ると、恐ろしく良くできたキットに見えます。

IMG_0670.jpg

IMG_0671.jpg

やたらパーツが多いです。Ju88の機首が入っていたり、エンジンはBMWとJumoの両タイプ入っていたり、不要となるパーツが多いからでしょうか。 いやー、いいですわ。それほどドイツ機好きというわけではないのですが、実機はかっこいい、キットはばっちり、でいうことなしです。 但し、資料が手薄です。これを機会に資料本が出ればありがたいですが。
これで手元の、イタレリとマッチボックスの72両キットは完全に没、プラスチック片となります。仕方ないです。また、ドラゴンの48キットはいよいよ日の目をみなくなりそうです。悪くない、というより良くできたキットなんですが。

2)世界の傑作機はPS-1でした。渋すぎて買いませんでした。PS-1は機首のでっかい鼻、背中のうねったラインがどうも苦手です。新型のUS-2も外形的には変わり映えせず、がっかりです。

3)そのほか、新製品ではハセガワとタミヤのロータス79が並んでました。箱の大きさも値段も同じくらいでした。出来はどうなのでしょうか? 同等ならば、今回の発売の経緯を踏まえてハセガワを購入したいところです。まあ、作らんし、買わんか。

4)ピットロードの16DDHひゅうがもありました。でかいです。実艦をみたことがありますが、大きな船です。形はイマイチ普通なので、まあ買うことはないわなあ。
私が子供のころには自衛艦といえば「プラモデルのような」と揶揄される存在でした。 よくできているが小さくて華奢、ということの例えだったかと思います。当時、一番大きな艦はDDHはるなだったのでしょうか。(IJNの艦は大好きだったのですが、JMSDFの艦には興味がなかったので、以上の記述は正確ではありません)
実艦をみれば、自衛隊も立派になったなあと感じること必至です。このあと、さらに大型の22DDHが出てくるわけで、いやもうびっくりしますね。

5)出張先ではモバイルモデリングとしてローデンの「オペル マウルティーア ハーフトラック Sd.Kfz.3」を組んでいました。これはハードでした。少なくとも、仕事が終わって宿で皆でワイワイビールを飲みながら夕食を取った後、部屋に引き揚げて畳に敷いた布団にうつぶせに寝転がって組むキットではありませんでした。
72で、アクセル、クラッチ、ブレーキ、サイドブレーキ、ギアレバーをそれぞれパーツ化する必要があるのでしょうか?? かと思えば、クローラーのカバーと干渉するキャビンの後端は、説明図を参考にR3に自分でカットしてくれという大胆さ。
ぼけぼけの写真ですが。 かっこいいんです、出来上がると。 
IMG_0667.jpg

キャビンは塗装もまだ、透明フィルムもまだ貼ってないので、ただ乗っけているだけです。

6)一緒にシールズモデルの三笠も持っていたのですが、こちらはほとんど組めませんでした。というのは、昔の艦艇でやたらオープンな構造となっており、塗装をしないと組めないという部分が多々あるためです。こちらは失敗でした。









スポンサーサイト

【2010/05/31 10:54】 | 未分類
トラックバック(0) |

モバイルモデリング...
XJunで~す
出張先で模型製作をされるバイタリティに頭が下がります。

>オペルマウルティア...
イタレリの1/35を弄ったことがありますが、1/72でこの車種だとかなり細かい作業になりますね。私はもう老眼がキツくて、1/72には手を出さないことにしました(自爆)

>三笠...
両舷の副砲が難物なんですよね。
砲門から中の甲板が見え、しかも塗装・組み付けをして船体を弄り出すといつ折ってしまうかわからない...。

発売からすぐに購入したんですが、未だに箱ごと「飾って」います。orz


公試
>>XJun殿
オペルマウルティア、おっしゃるとおりネットで製作記事を検索してみると専らイタレリの1/35ですね。72では無理がある車種というかパーツ構成でした。

三笠に限らず、塗装と工作が並行というのは面倒なんですよねえ、よっぽどその対象に執着がないとなかなか進まないです。 私もこのまま熟成させることになりそうな。

コメントを閉じる▲
出張から帰ってきました。さっそく懸案の着陸灯の工作を再開しました。

**********************************************
おなじところをぐずぐず旋回し続けていて、そろそろ「本当にこの方法でよいのか?」と疑念が湧いてきたました。ので、なんとかまず片方を最後(近く)まで仕上げてみました。

左翼の着陸灯です。透明度は今後の磨きで若干の向上の余地あり。凝った工作の割にはしょぼいライトは見えないですね。不要な筋彫りが残っていますが、あとで埋めます。
前にも書きましたが、typhoonの工作の参考にしようとされている方に申しますと、この工作は「不要」です。大騒ぎしてネズミが一匹です。

IMG_0665.jpg

右も作業したのですが、ちょっと無理に曲げすぎまして、クラックが入ってしまい、没。 また、絞り直しから。つらいところですが、まあ、この方法でそれなりに仕上がることは自分でも判ったので、くさらずなんとかまとめ上げたいと思います。

**********************************************

そろそろ、タイトルの*/30は変更すべきです。完成時期を7月Eに設定し直して、10回プラスして、今後は*/40とします。








【2010/05/30 22:48】 | 模型-typhoon
トラックバック(0) |
[以下は5/23に予約投稿したものです]

月曜から出張なのでいつものごとく模型を持っていこうと考え、模型屋で物色してきました。

こいつはかっこいい! なにかは良く知らないのですが、箱絵のかっこよさは抜群のローデンです。
IMG_0652.jpg
中身は? 箱をあけてびっくり。やたらパーツの細かい、繊細なキットでした。ローデンといへば、このブログ
を始めたころ、1/72He111Cだかを安売りでかって、なるほど安売り処分される訳だと納得したことがあります。そのローデンのイメージが残っていたのですが、これはどうしたことか素晴らしそうなキットです。実際に組んでみないと分かりませんが、これで合いがそこそこならば素晴らしい完成品を手にできそうです。
但し、出張先で寝る前に組むキットとしてはちょっとハードすぎたように思います。

最近買った世界の傑作機に影響されて、YAKが欲しくなりました。ハセガワの72があればよかったのですが、やはりなし。というか見かけた記憶がありません。時には再販してほしいものです。仕方ないので、どうせしけたキットであろうとおもいつつ、こいつを買いました。
IMG_0651.jpg
中身は?はやりしけたキットでした。

後日、あらためて別の模型屋によって、今度はこれを買いました。今度は48です。
IMG_0653.jpg
中身は? これは良いキットでした。パーツは72並みに非常に少ないですが、いや、プラモデルていうのはこれくらいでええんよ、と思わせる雰囲気のキットでした。 飛行機キットはモバイルモデリングには適さないので今回は持参しませんが、いつか、さっさと、あっさりと組んでみたいキットです。

結局、何を持っていこうか迷ってます。


【2010/05/26 15:20】 | 未分類
トラックバック(0) |


orca
現在は無職ですが、出張はそれなりの楽しみがありまして、私の場合は必ずカメラを持って行き、出張先周辺の空港や基地を撮影しておりました。
ローデンのキット、いまだ購入したことがありませんが、1/48OV-1モホークのボックスアートは後方からのアングルで描かれており、日本人には真似ができないセンスだと思いました。

ローデン
シンマツナガ
ローデンのキットは第一次大戦中の複葉機(ドイツ機)が
出来が良いと聞き及んでおります。
実際には購入したことはないのでわかりませんが

最近のAFV関係は組上げるのに癖があるそうですが
組み上がるとすばらしいキットだそうです
これも、師匠からの請け売りですm(_ _)m



公試
>>ORCA殿
カメラをもって出張にいくというのも何かと楽しそうですね。
ローデン、モホークもかっこよかったですね、たぶん買っても作ることはあるまいと見送りましたが。 このよく知らない車両にしても、前輪が浮くまで激走することはあるまいと思うのですが、理屈を超えたかっこよさがありますね。


公試
>>シンマツナガ殿
本日(土曜)出張から戻ってきたのですが、結局モバイルはこのローデンのキットを組んでました。これがかなりハードな内容で、おっしゃるとおりクセありすぎなキットでした。こんど記事にまとめたいと思います。


tiefes_blau99
エデュアルドのキットにはまだ手を出したことがないのですが、やはり良い感じなのでしょうか。ささっと組めるというのはポイント高いですよね。


公試
>>tiefes_blau99殿
あっさりしたキットで、コックピット横の胴体フレームも浅いモールドが胴体側面にあるだけでした。が、それでもよいかなあという気がしました。 目下のtyphoonが片付いたら、ささっと組んでみたいです。





コメントを閉じる▲
月曜から土曜まで出張です。5泊するので、また、なにかモバイルで組み立てたいと思っています。

--------------------------------------------------
typhoonですが、なんとか着陸灯が形になりそうです。(まだ完成していません) それにしても苦労しています。 透明カバーは今回のtyphoon製作においてこれまでのところ一番の難所となりました。エンジンでもフレーム構造でもコックピットでもなく。 私自身、こんなところで手を焼くとは予想しておりませんでした。

結局30ほど絞って、それらしいものが出来ました。
なんとなくノウハウが修得できまして、まあそれはそれでよかったかと。修得した要領は、
・両手に軍手をして、10cm×8cm程の透明プラ板の両端を持ってガスコンロにかざす
・加熱により縮んできて、8cmの幅が中央部で2/3くらいになったところでよしとする
・えいやっと型に巻きつけ相当強い力で引っ張る
という感じです。強い力で引っ張るにも型をがっちり固定するバイス台のようなものもないので、中学生の長子を補助作業者に任命し「しっかり押さえとけ!」という手法で乗り切りました。

次の工程である、切り出し・擦り合わせがこれまた面倒なんですが、これも最後には慣れて手際よく出来るようになりました。
・ニッパーで不要部分をペチペチきっていく(ナイフで切り出すよりすこぶる早い) 
・ニッパーできったときにクラックが走ることがありますが、やばそうな場合はあらかじめナイフで外周をけがいておいてクラックが入ってこないようにする
・最終形状から0.5mmくらいまではニッパーでどんどん作業して、最後の擦り合わせはヤスリで。

話が前後しますが、そもそもこの透明カバーを作り直す工作は意味があるのか? 私の場合、着陸灯のレセス構造を軽め穴をあけたプラ板ででっち上げたために、キットの透明パーツでは大きさが足りなくなり、一回り広い範囲を絞りだしと相成ったわけですが、実機のマニュアルではこのレセスは「アセテートの布でカバーされる」とあります。即ち軽め穴は布カバーで見えないのが正であり、キットのレセスのままで問題なく、透明カバーも作り直す必要はありません。(おまけに、私の場合軽め穴の形が間違っています・・・)
一方でキットでは透明カバー中央に補強のモールドがありますが、実機ではカバーの内側にあって中から透明カバーを支持しています。これを再現するとならば透明カバーを作り直す意味もあろうかと思います。が、どうでも良いようなデティールです。 結論は、「無意味」「そこまでしなくても」という気がします。 私自身もし、もう一機つくるなら、ライトだけ作り直します。

写真がぼけぼけでしょぼいです。雰囲気だけ了解いただけたらと思います。

部品状態。真中にプラ材でフレームを再現しています。
IMG_0648.jpg

付けた状態。ピントは後ろにあってます。
IMG_0650.jpg

あと、表面を翼表面と面一に削り込んで表面をつるつるにすればOKかなあと。もうさすがにこの部分の工作は飽きたのでなんとかうまく軟着陸させ終わりにしたいです。


5/23 19:30追記-----------------------------------
残念ながら、右翼の表面削り込み作業中、削りカスがレセス内に入ってしまい透明カバーを外して掃除した結果、当該カバーは没となってしまいました。右翼はまたまた透明カバーの絞りからやり直しです・・・ あー、ほんまにいやになってきた、というか飽きてきた。


--------------------------------------------------
6月は、スジ彫り、リベットを修復して塗装に掛かろうかと思います。 なんとかペースを取り戻したいものです。どんな塗装にしようかつらつらと本を見ているのですが、まあどれも似たり寄ったりであまり面白くありません。スピナの色(赤か、白(スカイ?)か黒)、胴体後部の帯の有無、胴体・主翼の白黒ストライプの有無 位の差異しかありません。  


【2010/05/23 15:19】 | 模型-typhoon
トラックバック(0) |


パテ埋め
こんばんは。

透明プラ板で搾り出しする作業は一度前にちょっとだけ真似してみたのですがまったくうまくいきませんでした。
白いプラ板の要領で熱するとあっという間に縮んで失敗してしまったのですが、その辺の熱し方の加減が難しそうですね。
この技法を使いこなせるように成れれば工作表現の幅がかなり広がりそうな気がするのですが、根気が要りそうですね。

塗装パターン
XJunで~す
確かに、英軍機の場合、基本の塗装パターンは決まっていて、コードレターの違い程度の差と認識しておりますが???
好き勝手に塗れて、それがバレないAFVと違って資料にある機体にしようとするとリサーチが重要なんですね。


公試
>>パテ埋め殿
普通のプラ板とは全く様子がちがうんですよねえ。なんでこんな小さな部品に苦労せにゃあならんのか、墓穴をほってしまったなあと思ってます。 土曜に出張から戻ってきたら、右翼のカバーの絞り直しから再開の予定です。


公試
>>XJun殿
RAFの塗装は、蛇の目マニアでない私には面白みにかけますね。塗り分けパターンまできっちり一緒とは、まあ几帳面な国民だなあと感心します。
出張先では塗装工程を夢想して時間をやり過ごします。


tiefes_blau99
絞り出し、まだやっとことがありませんが機会があれば是非チャレンジしたいと思います。どのくらい熱するかと、どのくらい引っ張るかがポイントでしょうか。


公試
>>tiefes_blau99殿
ポイント、言えません!というか、どうにもうまく表現できません。まだ出来てませんし; この部分ができたらばまた記事にまとめたいと思います。 

コメントを閉じる▲
typhoonについては約1カ月ぶりになります。

4月、5月と停滞しているのは、UHUの完成に注力していた・・というより、仕事で異動があって、そのストレスが原因のように思います。この年で自分探しをしているような毎日です。
*************************************************

進捗はいたって地味です。

1)機銃を取り付けました。イスパノ20mm機銃は、スピットファイヤ用のレジンパーツを転用しました。なかなかいさましいです。弾の箱はプラ板でこしらえたものを仮置きしてみた状態です。写真はピントがあってません。
IMG_0637.jpg

2)翼端灯はクリアランナーにドリルで穴をあけ、塗料をしこんで接着、面一に削り込みました。筋彫り、リベットがけし飛んでいます、復活させるべく掘り直しがひつようです、いずれ。 透明度はイマイチのようにおもいますが、まあ良しとします。
IMG_0639.jpg

3)着陸灯に苦労しています。ライト自体は汎用のパーツを使いました。
IMG_0641.jpg
問題はそのカバーです。着陸灯レセスをプラ板で組み直し、ライトを一回り大きくしたのでキットのパーツが合わないため、自作しようとしています。しっかり接着して表面を面一に削り込もうと考えており、そのために塩ビ板ではなく透明プラ板を使ってみたのですが。 プラ板は熱を加えるとやたら収縮します。塩ビ板や普通のプラ板のようにはいきません。
IMG_0643.jpg
もう20近くこんな歪んだプラ板を作り続けています。5月は最終週が出張なので、それまでにこのカバーができれば良しとします。

*************************************************
最初は5月の完成をめざしていましたが、4月からの失速によりずるずる遅れそうです。あらたな目標は7月Eとします。


【2010/05/16 11:29】 | 模型-typhoon
トラックバック(0) |


Psycho109k4
自分探しですか。
異動とか昇進とか、それはそれでまた新たなストレスになったりしますよね。この歳になったからこそとも言えるかも知れません。
自分の経験から、無責任に「頑張ってください」と言うのは止めておきます。
模型だけに限らず、仕事とプライベートのバランスの落としどころでしょうか。
と言ってもオン、オフの切り替えは難しいですけど。




taki
プラ板絞り苦戦されてますね。
スピットのときに試しましたが、縮みはじめたら
縮む方向に寄せていくと、縮みきったところで
安定します。それから絞るとうまくいきますよ

ただ、けづってアウトラインは出せますが、
削ることで、中がゆがんで見えちゃいました。
私の場合ですけど、妥協なくやってください。


公試
>>Psycho109k4殿
ここで仕事の愚痴をグダグダいうのも何なんですが、4月に異動になってまだ納まりが悪く、自分探し(俺って何?)をしているような状態です。夏からはそれなりに忙しくなりそうで、きっと今の状態が懐かしく感じられるのではと思っています。

仕事とプライベート、難しいですねー。




公試
>>Taki殿
なんと、縮んでから安定する状態がありますか! そういえば、以前、子供の幼稚園でプラ板工作(透明プラ板にマジックで絵を描きオーブンで加熱・縮小させキーホルダーを作成)した折も、ある大きさで縮み止まったような・・・  こんど試してみます!

絞り
XJunで~す
PPCの昔からキャノピーの塩ビ板の絞り出しは王道だったような…。

材質的にはスチレン系のプラ板より塩ビの方が扱い易そうですがどうなんでしょうか?



Mach0.9
ぼくは逆に引っ張って縮むことに抵抗しながら引っ張ってます。
そうして、型に押し付けて整形しています。
だから型は支えを含めてがっつり作ってます。


公試
>>XJun殿
絞りやすさでは圧倒的に塩ビのようですがプラに溶けて付かないので、今回のようなはめ込みに用いる場合にはよっぽどきっちり擦り合わせができてないと、外周の処理がしんどいかと思い敬遠しました。一方でプラ板ならば接着後外周を埋めて筋彫りし直しできるだろうと。

適材適所かと思いますが、それ以上に作業者の適性に苦労しております。


公試
>>Mach0.9殿
今週平日の夜、更に8つほど絞りまして、ようやくそれなりのものができつつあります。(結局 計30ほど絞ったような) 結局、Mach殿のおっしゃるように縮もうとする力に打ち勝って引っ張るべし!という方法がよかったようです。 今週末、記事にまとめます。

コメントを閉じる▲
ขอบคุณสำหรับการเข้าชมจากประเทศไทย
(5/12,13とアクセス数がやたら多いので、何事かとチェックしてみるとタイからのアクセスでした。 なので、タイ語で「ようこそ」の意の挨拶を冒頭にかかげてみました。「そんな暇があったら手を動かせ!」もっともです。)

GWのとっぱしにUHUを完成させたあたりからすっかり模型的戦意を消失しています。自分でもどうしちゃったの?と言う感じです。久しぶりのスランプです。 なので、ほとんど書くネタもないのですが、無理やり。

***********************************************
1)typhoonネタをムリムリ
5月末の完成を目標にしてきましたが、到底無理となりましたので、目標を7月末に設定しなおし改めて頑張りたいところです。
と言いながら、しょぼく翼端灯、着陸灯の製作に着手しました。
本機の翼端灯は電球に着色がされているタイプなので、透明ランナーにドリルで穴をあけ、その中に赤と青の塗料を押し込み電球を模しました。現在このランナーを翼端に接着した状態。後は翼の形状になるまで削り込みます。(1H程度)

着陸灯は苦労しそうです。着陸灯レセス自体をプラ板で作り直した結果、キット付属の透明部品のカバーでは大きさが足りなくなり、透明プラ板でカバーを自作します。着陸灯自体は、キットでは丸いプラ棒が突き出しているような寂しげなデティールなので、ライトらしく御椀型に作り直します。(1H程度)
現在、透明カバーを絞ってみたところです。透明プラ板はやたら縮むため、とても絞りにくかったのですが、薄めのプラ板(0.3mm?)でなんとかそれらしく出来ました。 後は、表面が結構がたがたしているので削って磨いてして、レセスに合うように切り出し、接着します。(2H程度) 

写真は次回あたりに。

2)いまさらのGWネタをムリムリ
高速千円の恩恵にあずかり、山口県まで足を伸ばし、一泊で秋吉台、萩、津和野(島根県)と回ってきました。GW終わり際の日程が良かったのか、心配していた渋滞は一切なく、予定スケジュール通りに回れました。

萩といえば明治維新。維新の有志の功績を端的に子供に説明できればよかったのですが、日本史が苦手な私はさっぱりで、ふにゃふにゃした説明しか出来ない自分が情けなし。
津和野は森鴎外に西周。こちらも大したもんです。街は20年前の記憶通りこじんまりしたものでした。SL山口号は故障とかで運転取りやめ(ディーゼルにて運転)、残念でした。

3)追加で模型ネタをムリムリ
連休前に購入した便利グッズ?を。 消臭スプレーです。シンナー臭が消えるそうな。
UHUの最終追い込み時に、ラッカーシンナーを含んだティッシュの臭い消しに使ってみましたが一応の効果はあるように思いました。
消臭
これで完全無音のコンプレッサーがあれば就寝前の塗装も可能になり、どんどん進捗するのですが。

4)週末の静岡ホビーショーにむけて各社新製品がアナウンスされています。 キットの保管スペースが飽和状態にあるので、何かを完成させる/処分することが新キット購入の条件となりつつあり、つい2,3年前より購入のハードルが格段に高くなってしまいました。すでに事前にアナウンスされているところでは、
 ・フジミ  1/700赤城 微妙
 ・アオシマ 1/24カウンタックLP400 これも微妙
 ・ハセガワ 1/72JU188 これは必ず買う
あたりに期待します。私にとって鼻血が出るようなびっくりアイテムはなく、当日、会場にて発表というパターンを期待します。

5)追記;サッカーワールドカップ代表選手発表
本日(5/10)午後発表があり、神戸からは大久保選手が選ばれました。タダ券で1試合見ただけの超・極限俄かファンとしてうれしい限りです。本番での活躍を祈念します。

以 上
 



【2010/05/10 12:01】 | 未分類
トラックバック(0) |

赤城…
XJunで~す
フジミは凄い勢いですねぇ。

WLから抜けたかと思ったら、「艦船」がブームになるや、美味しい所を出しまくってますね。

人気商品をよく判ってますね。(マイナーアイテムはWLとPiTにお任せ?)
ちょっとズルい気もしますが、ユーザとしては飛び付いちゃいますね。



公試
>>XJun殿
確かにフジミはおいしいところのつまみ食いと言えるかも知れないですね。ただWLに限らず、貪欲においしいものを必死で先回りして探しているように感じます。その点はエライなあと。

コメントを閉じる▲
UHUも完成したし・・・  GWは30日に仕事があったため、本日からスタートの5連休となりました。本日はウィングスタジアム改めホームズスタジアムに、ヴィッセル神戸の試合を見に行ってきました。
**************************************
IMG_0521.jpg

Jリーグは普段ほとんど見てないんですが、奥さんが楽天でしょっちゅうネットショッピングしていて、たまたまやっていたチケットの抽選に申し込んだらば見事に当たったというわけです。いやー当たるもんですな!

当たったチケットというのが、プレミアムなんちゃらというシートで、正面放送席の真下という絶好の場所、軽食・ドリンク付き、試合後は選手との懇親会付きというVIPなものでした。

さて、本日の相手ははるばる新潟よりおこしのアルビレックス新潟。調子が上がらず未だ勝ち無しの18位。神戸は16位、下位同志の争いですが、今日は期待できるのでは?

試合前に栗原選手(コーチ)の引退セレモニーがありました。奥さん・娘さんに花束を渡され、私が涙うるうるしてしまいました。
IMG_0483.jpg

IMG_0494.jpg

13:04キックオフ、試合は前半神戸が押し気味です。おお、大久保選手、30分過ぎには鼻骨を保護するフェイスガードを外しました。気合はいってます。 が!37分過ぎ、クリアミスから不用意な失点・・・何をやってるのやら。

後半は再び神戸が優勢、そして20分過ぎ、都倉のゴール!見事に追いつきました!押せ押せではないですか。 と思いきや、25分過ぎまたもやクリアミスから見事に崩され再び一点ビハインド。 あとはもう押されっぱなしでさっぱり。途中、新潟のペナルティーキックを防いで一時的に意気があがるも得点に結びつかず、そのまま終了・・・  あーあ。

まあ、ど素人が、お金も払わずタダでもらったチケットで観戦しておいて言うのもなんですが、

1)まず、MFが球を戻しすぎやろうが!バックからMFにパスがきたら、まず後ろ向いて受けていったん後ろに戻すというパターンが身にしみついているようで、どうにもパスが速いテンポで前に繋がらないです。このチームは一体どうやって得点するのだろうか?という感じでした。

2)失点につながったクリアミスしかり、ミスが多い! 走り込む選手にピッタリのパスがでることはまずなし。パスが後ろに出てあわてて戻ったり。トラップしたら球を殺しきれず相手に取られたり。なぜにピタッとトラップができん!前にけり込んだボールはしばしばサイドラインを割る・・

3)大久保は・・・ あまりピリッとせず。ワールドカップ、代表復帰はしんどかろうかと。
IMG_0492.jpg

敗戦は残念でしたが、試合観戦は非常に楽しかったです。テレビで見ていると必ず眠くなってしまいますが、実際の試合はあっという間の90分でした。絶対退屈するだろうとおもっていた奥さんも娘もずっと盛り上がってました。 
最初から最後まで熱心に応援する両チームのサポータには頭が下がります。素晴らしい応援でした。が、若干お行儀が良すぎるのでは?という気もしました。
IMG_0490.jpg

IMG_0502.jpg


プレミアムなんちゃらというのはさすがに素晴らしい応接を頂き文句なしでした。試合後の懇親会では選手と写真をとったりサインをもらったり。ビールは少し飲みすぎました。

**************************************

帰り、奥さんの運転する車の中で気分が悪くなって寝てしまいました。

5/2追記;
本節の結果、18位(最下位)になってしまいました。あらら・・。





【2010/05/01 21:25】 | 未分類
トラックバック(0) |


Satoshi
代表もバックパス多いですよね~。
アレでどうやって得点するのやら…。
とはいえサッカーは生で見るとやはり面白いですね(自分もあまり行きませんが)。

遅ればせながら、UHU完成おめでとうございます。
ドラゴン72は自分もやりたいんですが、公試さんをもってしても「辛いものがある」となると、
ちょっとためらっちゃいますね。

タイフーンも楽しみにしております!


公試
>>satoshi殿
みんな、点を入れてナンボという原点、大原則をどう考えてるんでしょうかね。 とはいえ、ナマは確かに面白かったです。

UHU、辛いものがあるのは確かですが、どうも最近楽なキットで弛んでるのかもしれません。 Satoshi殿のチャレンジを期待します。

Typhoon、ちょっと放置し過ぎのような・・ そろそろ再開します。

コメントを閉じる▲
UHU、完成とします。

******************************************

ネット上の祭り「夜間戦闘機コン」&「WWⅡ双発戦闘機祭り」の双発戦闘機にエントリーし、製作を進めてきたUHUですが、期限の4/30となりました。一応の完成とします。
(10分程タイムオーバーではありますが、そこはまあ良しとしてください)

IMG_0455.jpg IMG_0457.jpg
IMG_0460.jpg IMG_0456.jpg
IMG_0468.jpg

5/1追加。あまり変わり映えしませんが。
IMG_0471.jpg IMG_0472.jpg
IMG_0474.jpg IMG_0476.jpg

(以下、管理人殿 コピペ願います)--------
デティールアップはほぼ無しのストレート組みです。かなり手ごわいキットですが、出来あがるとやっぱりUHUはすこぶるカッコいいです。 脚周りや、コックピット等、細部はよくできており、プロポーションも良。ならば良いキットかというとこれが微妙でかなり組みにくい、手のかかるキットでした。

1)組立て
どこもかしこも微妙に合わず苦労しました。水平尾翼、キャノピー等々。翼端灯に至っては、削り込んでくださいと言わんばかりの形です。模型的腕力を要するキットでした。

2)塗装
モットリングは筆で中心を不定型に描いた上から、エアブラシでちょっとぼかしを入れました。いびつなモットリングの形を再現するには良かったと思いますが、もう少しぼかした方がよかったようです。

なかなか手ごわいキット故、何か無いと挫折してしまう、完成させることが出来ないキットと感じました。祭りの場の御蔭で永年の夢、というと大げさですが、UHUを形にすることが出来ました。このような場を企画頂きました管理人様、どうもありがとうございました。

但し、計画的に製作を進めることができず、最後はバタバタと部品を付けての駆け込みの完成となりました。これで模型人生における1/72UHUは未練なし、とはいかず、いつかもう一度挑戦したいです。とはいえDRAGONのUHUはもうお腹いっぱいで次回はハセガワから決定版キットが発売された折とします。

(以上)----------------------------------

******************************************
もうすこしじっくり取り組みたいところでしたが、期限があってこそ完成できたと思います。これはこれでよしです。
機首のアンテナは色が判りませんでした。タミヤのキットではメタリックグレイのような色にぬってありましたが、この初期型では良く分からなかったのでシルバーとしました。

排気管の付け根のエンジンナセルには黒色の塗り分けは必要ないのでしょうか? これも初期型では塗り分けなしと勝手に判断しました。

翼端灯はそこそこ合うまいとは思っていましたが、全く合わないものでした。塗装してから最後につけることにしていたのは手順的に失敗でした。ゴリゴリ削り倒して合わせましたが、翼端の塗装はだいぶ傷んでしまいました。

アンテナがエッチングで用意されていて助かりました。これについては問題無し。 ピトー管は真鍮線、パイプで作り直しました。 シャープな細部で全体の印象が引き締まれば幸いです。

写真撮影がいかにもやっつけで、これは後日、日中、太陽光のもとで撮り直したいものです。


【2010/05/01 00:09】 | 未分類
トラックバック(0) |


tiefes_blau99
完成おめでとうございます。
この塗装素晴らしいですね。エッチングのアンテナも決まっています。キット付属とはいいですね。
He-219 なかなか好きな機種なんですが、まだ手を出したことがありません。(タミヤ 1/48 も持ってますが)この塗装のせいでしょうか、なかなか手が動きません。



公試
>>tiefes_blau99殿
ありがとうございます。塗装は、かけた時間の割にはいい感じに仕上がりました。
すきな機体故、構えてしまって手が出ないというのはありがちですが、一機目は練習と割り切って完成させるのも良いかと思います。 とにかく形になるとうれしいもんです!


Psycho109k4
完成おめでとうございます。
いろいろ手の掛かるキットのようですが、やっぱりウーフーはカッコイイです!
公試さんが作ってこそだと思いますけど。

いつか作ってみたいですし、キットも72,48と持っているのですがやっぱりハードル高そうです・・・

http://mach09.blog7.fc2.com/
Mach0.9
完成おめでとうございます。

余計なことをごちゃごちゃ言ってしまいましたが、
しかし完成してしまうと、公試さんらしい仕上がりでうらやましい。

ぼくもあと一機、在庫を抱えているんですが・・・(汗



シミヤン
完成おめでとうございます。

記事アップ遅くなり申しわけありません。

http://simiso21.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-f506.html?cid=69420942#comment-69420942

最初の画像を掲載しましたが差し換えあれば遠慮なくおっしゃってください。

お疲れさまでした。


公試
>>Psycho109k4殿
ありがとうございます。
確かに手のかかるキットでした、大変でしたが完成すればよい思い出?です。

私もタミヤでチャレンジして挫折し、今回ドラゴンをなんとか完成させることができました。大好きな機体には自分で高いハードルを求めがちですが、今回のようなお祭りは時間枠がよいハードルとなったように思います。



公試
>> Mach0.9殿
ありがとうございます。
やっぱり、一度自分が手をかけたキットに対しては「あそこはどう処理するんだろう?」という見方になりますよね。 そういう点でこのキットは「あそこは?」というところが多々あり、辛いキットであります。

(自分としては)駆け足で製作したため、「あそこ」も「そこ」も十分に手が回っておらずお恥ずかしい限りですが、まあそれもよし、です。そんな中にも私らしさが表れているとしたらばとてもうれしいです。




公試
>>シミヤン

ありがとうございます。やっと完成しました、というかぎりぎりの完成(というか、10分程遅刻してます)でご迷惑をおかけしました。

写真は、5/1に追加した4枚のほうが幾分ましなので、できれば差し替えをお願いします。

コメントを閉じる▲
free counters