After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
滑り込みで、1月最後の更新です。 今週末は予定通り胴体左右を貼り合わせました。
---------------------------------------------
調子にのって水平尾翼や方向舵もつけてしまいました。
DSC01400.jpg
肝心の尾翼にピントがあってません。

DSC01402.jpg
プラが柔らかくってたすかります。この昇降舵でいうと、外側のヒンジとなるがクランク状に小さく張り出しているというか彫り込んでありますが、こういったところまで、簡単にナイフで切り分けられます。昔のカチカチハセガワプラからは想像できない工作のしやすさです。

水平尾翼は普通主翼をつけて、主翼を基準にして付けるべきものですが、このキットでは左右がガタなく連結される構造になっていまして、ハセガワを信用して先につけてしまいました。

方向舵、昇降舵は僅かに方向をふって付けました。実機の写真ではあまり振ったものはないようなんですが、そこはお約束というか。

---------------------------------------------
次は主翼をつけていよいよ士の字でしょうか。

スポンサーサイト

【2010/01/31 23:19】 | 未分類
トラックバック(0) |


パテ埋め
こんにちは

操舵は手を抜きがちなんですが、こうやって本来別の部品になっているものを切り離してやると立体感というか構造がわかりやすくなっていいですね。


公試
>>パテ埋め殿
本文にも記したように、プラが非常に柔らかいので、ナイフで簡単に切れるんです。面倒くさそうな作業ですが、本機では簡単にできました。ちょっとしたことでぐっと格好良くなりますねー。

コメントを閉じる▲
Recently, the number of visitors from Taiwan has increased. I think it is because of the articles of F-5F which are operated by Taiwan air force. I'll be happy if this site is useful for Taiwanese though only Japanese language.
---------------------------------------

久しぶり?のtyphoonの記事となります。

ぐずぐず、たらたらしていた雰囲気を一掃すべくこの週末に左右胴体を貼り合わせることにします。胴体をつけたらば主翼が付き、さすれば尾翼も付く、ということでドミノ倒しに製作が進捗するハズです。??

貼り合せる前に尾輪格納庫を作りました。これはちょっと問題ありです。胴体尾部にある横方向の筋彫り位置に格納庫の天井があるものと考えたのですが、出来上がった格納庫は天井が低く尾輪が収まりそうにありません。 責任を筋彫りに押し付け??、まあ良しとします。
DSC01387.jpg

コックピットにはもう少し付けたい機器もあります。 右舷には地図入れみたいなのが付いた機体もありよいアクセントになりそうです。これらは後々ボトルシップのごとくピンセットで付けたいと思います。 
貼り合わせ前の記念撮影です。
DSC01390.jpg
DSC01388.jpg
DSC01394.jpg



【2010/01/29 23:03】 | 模型-typhoon
トラックバック(0) |

尾輪格納庫・・・
Psycho109k4
ですか、こう言うところもしっかりいかれますね。
私も零戦の尾輪庫にうすうす攻撃かけておきました。
絶対見えないですけど、肉厚が我慢出来ないんですよね。
コックピット周辺、素晴らしいです。
こういうの見るとコチラまでモチベアップします。


masamasa
こんにちは。 タイフン、色も入れたら鋼管骨組みがなんともいえなく良いですね。だんだん出来ていくのが見ているだけで面白く、作られてる本人だとさぞかし楽しんでおられるんだろうなあという感じです。(私はまだまだ内蔵には手は出ませんがw)
進展、楽しみに見させてもらってます。では。



公試
Psycho109k4殿
>>尾輪格納庫なんてひっくり返して、あらためてそこに注目しない限り見えないんですけどね、いかにもプラモデルというところは一通り手を入れたいですね。
気合を入れなおして頑張ります。


公試
>>masamasa殿
ハセガワの近作ということで基本形は問題ないので足し算的なデティールアップになります。胴体の切り刻みは必要ありません;;
だんだん形になっていくのは楽しいですね、臓物にこだわっているわけではないんですが、小さいころの刷り込みかなあと思います。まだ半分、折り返しにも来ていません。まだまだ続きます。

コメントを閉じる▲
台灣的各位。總是來訪給謝謝。來自貴國的來訪者成為了最多。
To the people in Britain. Isn't there good site of the detail of the typhoon?

--------------------------------------
土曜日に近場のスキーに行ってきました。 金曜日にいくらか雪が降っていて、スキー場の手前5kmくらいはチェーンを装着する必要がありました。 僅かな距離ですが、温暖な気候で育った私にとってチェーン走行はいつもながら緊張します。

ということで、今週も模型の進捗はあまりありません。どうも年が明けてからイマイチ気合がはいってないです。

--------------------------------------
Ostwindをちょこっと進めました。機銃に黒鉄色をぬって、砲塔の塗り分けに見えていた下書き線(前回、塗装の厚みの影かと思っていた線は、下書きの鉛筆線がもろに見えていたのでした)をリカバーしました。

ちょっと勇ましくなりすぎた感もな気にしもあらず。
DSC01382.jpg
DSC01383.jpg
なかなかかっこいいです、自画自賛ばかりですが。

あと、小物をちょこっと塗って、剥げチョロを入れたらば車体は完成とします。
そのあと、人形さんを2体付けていよいよ完成です。

【2010/01/24 21:01】 | 未分類
トラックバック(0) |

オストヴィント
XJunで~す
着々と進行ですね。
車体とはアンバランスな大きさだけれど、SFチックな砲塔が目をひきますね。

ミニスケはミニスケ独特の楽しみがありそうで楽しそうですね。


公試
>>XJun殿
ミニスケ、楽しいですね。人形を配するなんて35ならとても私には出来ないですが、このスケールなら怖いもの知らずでできそうです。

オストビント
シミヤン
ベースと車体迷彩がマッチしていて良い感じですね~。
ミニスケは小さい分強めのほうが良いと思いますので
勇ましいくらいがちょうどいいと思います。

スキーは子供が大きくなったら行かなくなっちゃいました…
自分の腹を見ていると運動しなければいけないんですが(笑)


公試
>>シミソ殿
そういえば2枚目の写真は色的にマッチしているように見えますね!何分試行錯誤なんで結果オーライです。

スキーは年に1、2回行く程度ですが最近生意気になりつつある子供の前でエエ格好しています。

コメントを閉じる▲
いい加減、typhoonに戻るべきかと思うのですが、低きに流れるのは人の常、楽な方、楽な方へ流れてしまいます。ということで、Ostwindの(5)となります。
------------------------------------
基本塗装が終わったので、細部塗装とかウエザリングにむかうかと思いきや、台というか、(えらそうに)ベースというか、を作りました。

楕円の板はかつてVABでも使用したダイソーのネームプレート用です。その上に余っていたコルクの切れ端をはって、さらにそのうえにタミヤの情景用の塗料(テクスチャーペイントという)の泥色と草色を塗りました。なんとなくじめじめした地面という設定です。

じめじめであるからには、このベースとOstwindの履帯に隙間があるとかっこわるいので、Ostwindを強く押し付けで一部の隙もなく密着させました。
DSC01374.jpg
砲塔の塗り分けに何やら下書き線が見えているようですが、筆ぬりした塗料の影です;; ペーパーでならします。
前回とえらく色が違います。前回は休日の昼間、太陽光のもとで、今回は夜蛍光灯と白熱灯の光で撮影という条件の差異によるものです。どちらが正というものでもないです。昼間みたらあんな色で、夜見たらこんな色です。

ぼけぼけですが。
DSC01377.jpg
履帯の後ろにあとが残っていないのは変ですね、何とかすべきでしょうか。地面は相当にじめじめした感じですが、この車両はいったいどのようなところで使われたのでしょうか? それも知らずにじめじめた地面をつくる私も私でしょうか。 

話を戻してこのタミヤのテクスチャーペイントというのはど素人にはそうとういいです。お手軽に草やら土ができます。最近さらに茶色い草色も出たようです。

なんとなく完成しそうです。
------------------------------------
おまけ

typhoonは配線・塗装のため一時撤去していた床板を復旧しました。
DSC01379.jpg
ちなみに、計器盤の裏側の白い棒は、つっかえ棒です。実機には当然ありません。胴体を左右合わせたら見えなくなります。

またまた胴体を合わせてみました。
DSC01381.jpg
変わり映えしません・・・





【2010/01/20 22:44】 | 模型-AFV
トラックバック(0) |

ベース恰好いいです
XJunで~す
>一部の隙もなく...
さすが、神経が行き届いておられますね。
単品仕上げなので、轍もあまり気になさることもないかと...。

>テクスチャーペイント
これ、便利ですよね。基本がアクリル塗料なので、乾燥硬化後もひび割れの心配がないのが一番いいです。以前はミラコン(モルタル)に絵具と木工ボンドさらに、麻紐を細かく切ったものを入れたりしてましたが、それでもちょっとしたことで割れたりして難物だったのが手軽に楽しめるようになって助かってます。

>場所
Ostwindは基本が大戦末期の車輛なので、地面がぬかるんでいてOKと思いますよ。

>ベース
コメントが後先になりましたが、JMCのF5といい、今回のOstwindといい、公試様のセンスが光ってますね。私はコテコテにしないと落ち着かないもので...いつも汚くなってます(自爆)。


公試
XJun殿
的確なアドバイス有難うございます!
「一部の隙もなく」はちょっと偉そうというかニュアンスが違いました、「一部分の」という意味です。ぬかるみOK、轍無しでOKですか。有難うございます。

以前を知らないのですが、ミラコン・・・という手順は決してど素人には手が出せないですね。便利な世の中になりました。

センスというのは便利な言葉で、手抜きも考証不足も全てこれ一つで片付きます。「私のセンスでこのように仕上げました」ということで完成まで突き進みたいと思います。


JW
タイフーンは凄い事に
なってますね・・・・・。

こうやって見ると古い構造なんでしょうか?



Fighting Hannah
内部工作、パイピング、凄いですね♪(^o^)



公試
>>JW殿
タイフーン、えらいことというか、なかなか進まないのでとっちらかったままです。

構造的には古臭いんです。胴体前部はモノコックじゃなくてフレーム構造なんです。こんなどんくさい機体でもオーバー2000HPのエンジンを積んだらそれなりの機体に仕上がって偉そうな顔されるのはちょっと納得いかんですね。


公試
>>Fighting Hannah殿
いろいろ作り込むのは楽しいですね! ただ時間がかけられず進まないとイライラしてきますが・・・

コメントを閉じる▲
Hasegawa Typhoonをすこしさぼって、Hasegawa Ostwindをちょっと進ました。

その前に。
先週、自分のブログをチェックしていたら、
キリ
美しい、いわゆるキリ番でした。自分で踏むとは・・・
-------------------------------------------------------------------
Ostwindは3色迷彩を施しました。適当にちょこちょこ色を混ぜながら細筆で塗りました。なので同じ色でも場所によって微妙に色が異なります。 それもよしとします。

ostwind 1
なかなかかっこいいではないですか!自画自賛します。

ostwind 2
一部塗装が厚ぼったい! ちょっとペーパーで均します。

ostwind 3
これから対空砲、小物を塗装して、スミ入れやドライブラシ、フィルタリング(ウオッシング?)をすれば自己満足的にすこぶるかっこよくなるのではと期待しております。
-------------------------------------------------------------------

それにしても寒いです。我が家は瀬戸内の比較的温暖な地にあります。雪はつもっておりません、ちらちら舞う程度です。が、それでも冷蔵庫のようなな寒さです。 
寒さで子供らも奥さんも出歩こうとせず、ゲーム(マリオの新しいやつ)をしています。お父さんが書斎コーナーにこもって模型をしていても誰も文句を言わないのはそれはそれでいいのですが、暖房のない書斎コーナーでは寒くて続きません。タイムアップです。 



【2010/01/16 18:38】 | 未分類
トラックバック(0) |


KPの里
これはカッコ良いですね!
三色の色のバランスが素晴らしいです。
蜜柑山にあるCMKのメーヴェルワーゲンを無性にいじりたくなってきました(^^)


公試
>>KP殿
なにせ資料とかまったくなく、こないだ紹介しましたトランペッターの塗装図のみに基づいて塗装しました。これが正しいものかはさっぱりわかりませんが自分的にはかっこよくなったと思っています。珍しく完成しそうです。

オストヴィント
XJunで~す
>迷彩
いかにも大戦末期らしくハッキリした塗り分けがいい雰囲気ですね。

>ウォッシング
私はウォッシングはエナメルシンナーで薄め、その上のフィルタリングにはペトロールを使っています。微妙にペトロールの方が弱いので、色が濁り難くなります。

>G型車体
操縦手のハッチが小ハッチ付でしっかりG型してますね。IV号ファンには泣かせるポイントですね。

ミニスケは仕上げの加減が微妙ですが、綺麗に仕上げると立派なコレクションになると思います。(最近は48でも目がついていきませんorz)


公試
>>XJun殿
迷彩は・・冷や汗が出ます。喇叭の箱絵がよりどころです。
ウォッシングとフィルタリングはやはり別物ですか! 素人には難しそうなので合わせて「ウォシュリング」とさせて頂きます。(なにやら尻がむずむずしますが)
操縦手ハッチの小ハッチ・・・今度は脂汗が出てきました。ハセガワ様の御指示通りです。
何分ど素人なんで、「コレクションを楽しむ」ということでご勘弁下さい!

オストヴィント
シミヤン
基本塗装終了ですか。
後は汚しですね。
AFVはガシガシ汚しを入れることができますので
航空機模型を作る合間にこれをやると
結構ストレス発散できますね(笑)

ただ航空機に戻った時汚しすぎに注意ですが。


公試
>>シミソ殿
基本塗装終了です。ガシガシといきたいところですが、そうは言いながらもモノが小さいので丁寧にやらないとだめなのかなと思ったりしてます。

飛行機と行ったり来たり、楽しいですね。

コメントを閉じる▲
寒さに震えながら、ちょっと前進しました。連夜の更新です。

Last night,I attached the instrument pannel to the fuselage.
----------------------------------------------------
昨日、パネルの後ろにケーブルを取り付けた計器盤を胴体につけてしまいました。
hawker typhoon instrument panel 1
"Hey, Japanese, this piping is not correct. Too orderly"
"Yes,I know. Please understand as modeling deformations."

計器盤からのケーブルの引きまわしはちょっと整然とし過ぎですね。本来はあっちこっちに伸びてこそ機のいろいろなデータを表示する計器盤の用をなすわけですが、なんか油圧系統か、あるいは現用機のワイヤリングのようです。 

この機体、というか、胴体パネルを外す工作をやってみて、工作手順の難しさに頭を抱えています。特に難しくないパイピングも胴体左右にまたがるため胴体を貼り合わせないとできず、かといって貼り合わせてしまうと手が入らない。というような箇所が多々あります。なので、なるべく不自然に見えないような形でパーツ分解にあわせてパイプも分割したり、あるいは左右に這わすのをあきらめ、胴体片側だけに集約するとか、いろいろ工夫が必要です。

というわけで、「こんなパイピング無いやろう」と思われる箇所も多々あろうかと思いますが、「苦労してんねんなー」と同情の眼差しをお願いします。

胴体を合わせてみました。見事にほとんど見えません。
hawker typhoon fuselage frame

----------------------------------------------------
金曜日に東京に出張に行ってきました。帰りにいつものごとく秋葉原の黄色潜水艦模型屋に寄りました。

飛行機はあんましこれは、というのはなかったので何か小さくて楽しいキットはないかなあと物色し、
Laffey.jpg
これを買って帰りました。ドラゴンの1/700のスマートキットと称するLaffeyです。ドラゴンはAFVで最近よく「スマートキット」を喧伝していますが、これも凄いキットです。(すいません、いつ出たものか知りません)

説明書を見ると、やけに細かいイラストとなっていますが、
DSC01362.jpg

じっさいにパーツ、モールドはその通りに微細な加工がなされています。
DSC01361.jpg

いやーこれ、ピンセットで弾き飛ばさずに組み立てられますか????
----------------------------------------------------

Typhoonは胴体右側は大分出来てきたので、左側を進めたいと思います。 胴体貼り合わせには尾輪庫(尾脚庫?)の工作も必要です。 1月中の胴体貼り合わせは相当ハードルが高いです。

きりのいいところでちょっと休止しOstwind、UHUも進めたいところです。

【2010/01/10 20:57】 | 模型-typhoon
トラックバック(0) |

スマートキット
XJunで~す
>出張
時には東京までいらっしゃるんですね。
お疲れ様です。

>黄色潜水艦
どちらかというとAFV寄りですが、昔日の品揃えではありませんね。

>スマートキット
最近のコンセプトは、「アフターパーツ、特にエッチングを使わずに組める」ということで、細かいパーツがてんこ盛りです。アフターパーツが基本的に要らないので、トータルでは割安感があります。とはいえ、AFVでも昔のおおらかなキットが懐かしくなります(w)。


Psycho109k4
苦労してんねんなー、でもその甲斐あって素晴らしい眺めですね!
ワイヤリングですか~、パイピングは考えた事あるのですがコレはやった事ないです。
いつかやってみたいなぁとこの写真を見て思いました。
いいですねぇ!!


公試
>>XJun殿
月に1回くらい東京方面に出向いています。後ろ向きな出張がもっぱらです・・・
スマートキット、確かにでこれで腹いっぱいという中身です。これがデフォルトになるとしんどいですね。


公試
>> Psycho殿
ちょっと苦労してるんです。コックピット周りはもっと楽勝で終わるはずだったんですが。
苦労したほど、外からは見えないというのがまた悲しいところです。


シミヤン
計器盤の裏の配線・・・たまりませんねぇ。
画像を拝見しているだけで嬉しくなります。
ほとんどフェチですね(笑)

銅鑼の米駆逐艦はごく最近出たものですよ。
こちらでは探しても見つからないです(T_T)
もっともウチの駆逐艦在庫を見ると買っても積みになるだけですが(笑)




公試
>>シミソ殿
ケーブルフェチって?とおもい検索したらば「ケーブルフェチ の検索結果 約 124,000 件」と出、びっくしりました。ハイエンドオーディオとPC自作が多いのでしょうか。やっぱりフェチなんでしょうか。

米駆逐艦は何者かも判らず出来にびっくりして購入しました。そうですか、最新作でしたか。その価値も判らず積み上げるだけの私が購入したのは良かったのでしょうか・・


シロイルカ
鋼管フレームがいい感じですね。
1/24ハリケーンのスケルトンを見た時に
『ああ、こういうのやってみたい!』と思ったのを思い出しました。
タイフーン、UHU、オストヴィント…
みんなツボです。
わたしもUHUに戻りま~す。


公試
>>シロイルカ殿
そういえばずっと以前のSA誌にハリケーンが載ってましたですね、正に傑作という作品でしたがタイフーンの先代機であり参考になったやもしれません。

おおよそコックピットが片付いたので、少し横道にそれ、Ostwind,UHUを進めたいと思います。

コメントを閉じる▲
年が明けてからあまり模型に手が伸びていません。原因ははっきりしています、寒すぎるのです。自分の机のある寝室の一角は暖房がなくふるえながらの作業になります。平日は大体23時~24時に作業するのですが、寒くて我慢できません。

ということで、なかなか進まないのですが、シートベルトやらを塗装しました。

--------------------------------------------------
シート背もたれのクッションとの色の違いが判らないため、「主観モデリング」です。クッションをバフっぽく、ベルトをタンっぽくしましたが、全く根拠はありません。
DSC01349.jpg

胴体を合わせてみました。
DSC01354.jpg
実は背もたれのシートベルトは前回のままですが、腰周りのほうはバックルがどうにもかっこ悪いので作り直しました。結局エッチングを使わず、糸ハンダ製です。 バックルの形状は作りやすさを優先した結果実機と異なります。主観的に良しとします。

1月中には胴体を閉じたいなあと思っていますが、計器盤、操縦桿・フロア周り等やるべきことが沢山のこっています。悩むより手を動かすべし、計器盤も少し進めました。

おめて面はできていたので、裏面に計器からのびるケーブル類をつけました。
DSC01352.jpg
DSC01351.jpg
これは特にTIPSもありません。

--------------------------------------------------
胴体の左右を接着するまであと10~15Hくらいでしょうか。進捗具合は寒波しだいです。

【2010/01/09 19:54】 | 未分類
トラックバック(0) |


tiefes_blue99
シートの仕上がりも凄いですね。
私のところも、寒くて指が固まってしまうこともありなかなか細かいことが出来ません。
遅れましたが、今年もよろしくお願いいたします。


公試
>>tiefes_blue99殿
明けましておめでとうございます、本年もよろしくお願いします。

寒い冬も熱い夏も、湿気る梅雨時も模型には不向きで、そう考えると一年を通して模型の季節と言えるのは春と秋くらいなんでようか。 昨晩も寝る前の作業で凍えそうになりました。

作業場…
XJunで~す
>作業場
模型の場合火気が使えないので、場所に困ることが多いですよね。

今はキッチンの隅でしているので、夜は寒いのと、老眼がきつくなって見えないので、昼間しか弄っていません。

やはり春秋が旬でしょうか。(でも季節の良い時期には単車に乗りたい(w))


公試
>>XJun殿
火気は流石にいかんですね、明るくてあたたかくて・・・スタンドを付けたコタツがいいですかねー。宝くじでもあたったら、そんな模型部屋が欲しいです。


g_scotch
寒いっすもんねぇ~
なかなか作業も進みません。
計器盤背面の配線すごいですね。
どんなタイフーンになるか、今後がたのしみ。


公試
>>g_scotch殿
寒いとみじめな気持になりますね、もっとぬくぬくとしたリッチな気持ちになれる趣味がいいですね。

計器盤はびっしりとコードを植えましたが、胴体にどう這わせるか、自分で種を播いておきながら悩ましいところです。

コメントを閉じる▲
台灣的諸位,祝你新年快樂。新年最初的報道,是typhoon座椅安全帶。今年也請多關照。
To w Polska, Happy New Year. Pierwszy jest o zapięciu pasów bezpieczeństwa tajfun.

明けましておめでとうございます。
一年の計は元旦にあり、とはいえもう日付も変わらんかなという深夜ですが、今年も頻繁に更新できますよう今日中に新年第1回の更新をします。
--------------------------------------------------
その新年の第1回はtyphoonです。半月以上空いたのでちょっといかんと反省し、判りやすいところを進めることにしました。というわけで大みそかからシートベルトを作りました。

シートベルトのレイアウトはスピットファイヤを参考にしました。おなじ時期の機体ということできっと同じハズであろうと。
材料はこれまでと同じく薄い鉛板です。私には一番うまく出来る材料です。
DSC01346.jpg
バックルはデュアルドのドイツ機用ベルトのものを流用したり、はたまた細線から自作したりしましたが、やはり自作したものの方が見栄えします。(肩位置にあるバックルが自作分です) 
塗ってからつけるか、つけてから塗るか。私はすべてつけてから塗っています。 筆が入るかという心配も若干ありますが、たぶん何とかなるでしょう。ちょっと太めですが、模型的にOKとします。

胴体を合わせてみました。なかなかよさげです。
DSC01348.jpg

--------------------------------------------------
小さな達成感の積み重ねの向こうに完成のふた文字があるとして、次の簡単なところはどこでしょうか。

本年もよろしくお願いします。


【2010/01/01 23:18】 | 模型-typhoon
トラックバック(0) |


Psycho109k4
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます<(_ _)>

私はまだ始動出来ていません。
明日は何某か作業したいですが・・・どうなるでしょ(^^;)?



XJunで~す
新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

タイフーンも再開で、かっちり進めておられますね。

ウチは双発祭りのメッサを棚上げして、12月後半からクーゲル一色です(w)。


KPの里
あけましておめでとうございます!
本年もどうぞ宜しくお願いします。

ベルトのたるみ具合と自作バックルのお陰で大変立体的に仕上がっています。

KPもこれから新春モデリングに入りたいと思います(^^)


あいろん
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

いつもながら丁寧な仕事ぶり、お見事です。
私も最後のお言葉を頭の隅において少しずつ完成を目指します。


g_scotch
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

早くも始動されましたね。
タイフーンですか。
シートベルト、なかなかいい感じです!
鉛板はくねくねさせやすいので良い材料ですね。
わたしも鐘軌で使ってみます。
完成をたのしみにしてます。


パテ埋め
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

鉛板は削りカスなどを撒き散らした場合が嫌で使ったことはないのですが、布のような柔らかそうな見た目とスケールにあった質感でとてもシートベルトっぽいですね。
こういった細かいデテールアップの工程とても勉強になります。


Satoshi
あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

今年も濃密モデリングを楽しみにしております!


http://ysincostan.blog4.fc2.com/
だむだむ
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
市販のエッチング物よりベルトらしいです。
参考にさせて頂きますねっ


謹賀新年  帰省しておりました
公試
明けましておめでとうございます。 昨日4日まで帰省(といっても車で30分程度ですが)しており、off lineな生活をしておりました。
皆さんから頂いたコメントに返事が出来ず申し訳ありませんでした。
あらためて、本年もよろしくお願いします。

>>サイコ殿
明けましておめでとうございます。かくいう私もこのあとさぱっぱり手をつけてません・・・

>>XJun殿
明けましておめでとうございます。私はtyphoonとUHUとostwindの3面作戦です!

>>KP殿
明けましておめでとうございます。エッチングを使わず鉛板を使う利点はやはり立体的というところにあるのではと思います。がんばります。

>>あいろん殿
明けましておめでとうございます。近くでみるとそれほど丁寧でも無いんですが。とにかくゴーイングマイウェイで行きましょう!

>>g_scotch 殿
明けましておめでとうございます。鉛板は入手性が悪いというか、あまり売ってないですね。体にも悪そうだし。でも一度使ってみると結構いいんですよ、ええ。

>>パテ埋め殿
明けましておめでとうございます。エッチングをなましてもなかなか鉛程にはうまく曲がらんのです。実はエッチング下手というべきでしょうか。

>> Satoshi殿
明けましておめでとうございます。濃密モデリング、いい響きです!本年のキーワードにさせて頂きます。

>>だむだむ殿
明けましておめでとうございます。エッチングは曲げにくいですよね。着色済みのやつなんて、焼きなましたら焦げてしまうしどう使ったらええねん?と思ってます。あっさり作り直す方が速かったりします。





ラッキーユダヤ
ご挨拶遅くなりました(汗)


今年もちょくちょくお邪魔して製作記事を拝見→製作意欲up→実際に試すも玉砕~を繰り返すと思いますが、


いつも楽しく拝見しております。


今年も宜しくお願い申し上げますm(_ _)m



コメントを閉じる▲
free counters