After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
I added piping etc. to the main gear bay.

----------------------------------------
先週は2回も首都圏に出張しまして(日帰り と, 一泊)、盛大に神戸のインフルエンザウイルスを撒き散らしてきました、というのは不謹慎の極みですが、東京・横浜は相変わらずの低いマスク着用率でした。 こちら神戸も今日から(正確には先週土曜から)学校が再開されたことからか、先週金曜は9割5分くらいだった朝の通勤電車のマスク着用率が、一気に4割くらいに下がりました。 職場でインフルエンザ感染者発生→休業→家にこもりっきり なんていうストーリーは幸いにも霧散したようで、F-5Fは残念ながらあまり進んでいません。

----------------------------------------

脚周りに手を入れました。
まず、主脚格納庫にパイピングを施しました。 尻切れの線がばっちりうつっています、まだ完成していませんが大体8割くらい出来たつもりです。 左のエアブレーキ室(?)はまだ6割くらいです。
DSC01150.jpg
特にここを工夫したとか、TIPS的なところはありません。 ただもう「面倒臭さ!」です。

主脚自体にもブレーキホース?をつけました。こちらは更に語るべきところがありません。 途中に結束バンド的なものを付加しないと格好悪いです。
DSC01151.jpg

----------------------------------------
難しい部分はそれなりの目処を得たのですが、あとキャノピー開閉機構が最後のヤマ場として残っています。 その他は掃討戦というか、時間をかけてひとつひとつ、コツコツと潰していくしかないです。なんとなく完成出来そうには思えてきました。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2009/05/25 12:38】 | 模型-F-5
トラックバック(0) |


tiefes_blau99
こちらもインフルエンザの影響は大きいですが、私は自家用車なので、ほんの少しリスクが小さくなっています。
それにしても凄いディティールアップですね。自分は伸ばしランナーを主に使いますが、こちらの金属線もカッチリして素晴らしい感じです。今度トライしてみます。



Psycho109k4
いやぁ、パイピング凄く良い感じですね。なんか自分もやってみたくなって来ましたが・・・やっぱ無理ですねぇ(^_^;)


公試
>>tiefes_blau99殿
線はソフトワイヤーです。 水平・直角・平行な配管用には伸ばしランナーが最適と思うのですが、なかなか思うようなクセがつけられず苦手です。 ソフトワイヤーはふにゃふにゃです。 一度お試しください。 

今日からマスクなしで通勤しております。ほっとしています。



公試
>>Psycho109k4殿
すこぶる面倒ですが、大したテクニックは必要ないです。さすがに144では無理かと思いますが・・・

脚庫
シミソ
ああ~、いいですね~。
パイピングが凄いなぁ。
脚庫内は見せ場の一つですね。

やっぱりベースは鏡ですね。でないともったいないです。
鏡そのものがなんでしたら、
鏡の部分を滑走路の水たまりにたとえて表現しても面白いと思います。



公試
>>シミソ殿
ベースですか、なるほど。 週末100均でなにか良さそうなものを探してみます。そこそこ大きいので100均じゃあ無理ですかねー。


Fighting Hannah
おはようございます(^o^)
静岡でも数日前、発症者が出ましたが、その後ローカルニュースでもあまり話題にされなくなりました。
パイピングの表現、かっこいいですね~♪


公試
>>Fighting Hannah 殿
どうやら全国的に終息のようで一安心ですね。(まあ、今年の冬に大流行かもしれませんが;)
パイピング、ただいま挫折中です・・・・

コメントを閉じる▲
I introduce the referred sites about F-5 today.
----------------------------------------

兵庫・大阪での新型インフルエンザの拡大の合間を衝いて? 5/20首都圏に出張しました。 新幹線で東京につくとだれもマスクをしていないことに驚きました。当たり前か。 マスクをしていると怪訝な目で見られ居心地が悪かったので早々に外しました。 カナダでマスクをしなかった高校生を責める意見もありましたが、そりゃあ仕方なかったろうと同情します。 明日も出張予定です。 東京・横浜で感染者が出たことから少しは着用者が増えているでしょうか??

この週末は休校で家に篭りっきりの子供らのフラストレーションの捌け口に成り下がることでしょう・・・

ということで進捗のないF-5Fについては先日の資料雑誌篇につづいて、資料サイトをまとめてお茶を濁します。
----------------------------------------
現用機F-5は多数現存しているので(当たり前)、たくさんの写真がアップされています。 メジャーなwalk aroundは省略しまして、変ったところを紹介します。

http://www.alide.com.br/Artigo/PAMA-SP/PAMA-SP.htm
ブラジルのF-5整備風景です。 バラバラです。機首まわり、尾部まわり、あちこち切り刻んだF-5をつくりたくなること必定です。

http://www.alide.com.br/walkarounds/f5em/index.htm
ブラジルのF-5のwalk aroundです。枚数は少ないですが空中給油のプローブがついた機体のデティールがよくわかります。

http://www.primeportal.net/hangar/f-5e_oba.htm
メジャーなサイトですが、レストアするF-5Eが紹介されています。  やたらボリュームがあります。コックピットまわり、とくにキャノピー開閉装置を何とかしなくては!という気持ちになること必定です。

http://gustav.x-y.net/htmbox/walk.html
韓国の機体のwalk aroundです。リベットがわかる写真があります。

http://kurage55.web.fc2.com/F-5AFB/__top.html 
リンクを張らせて頂いたkurage殿の素晴らしいサイトにおけるF-5の特集ページです。 資料、デカール、素晴らしい作品、F-5を扱った日本語サイトでぴか一です。


追記を閉じる▲

【2009/05/21 14:24】 | 未分類
トラックバック(0) |
I thought that it was impossible to complete my F-5F by nine times of the remainder, and changed a finished target into 50 times.

Today, I painted the main landing gear.


あと9回で完成させるのは無理とあきらめ、完成目標を50回に変更しました。
ちょっと、飽きてきた感じがするので、小物に手を伸ばしました。(どこかで聞いたような展開・・・) 、主脚です。

-------------------------------------------

ブレーキホースはまだ付けてないのですが、主脚を塗装して組みました。

アルミの鍛造品?ということで、8番の銀色に適当なグレーを混ぜてグレイシルバーとして吹きつけました。 タイヤも黒とグレーを混ぜました。 これだけです・・・・

カバーにはへこみがありますが、組み立てたら脚柱で隠れるかとおもい、このままやり過ごすつもりです。

DSC01142.jpg

まあ、途中経過ということで大甘です。

-------------------------------------------

The infection of new influenza was confirmed in Kobe City. I will commute to my factory in Kobe wearing mask.  And another infected highschool student who lives in my city was confirmed in the high school in the city in the next of the west, and my children became one week from tomorrow temporary school closings.

神戸市で新型インフルエンザの感染が確認されました。 神戸に勤める私としては月曜日からマスク通勤となりそうです。 GW連休中にマスクを買っててよかったです。

また、西隣の市の市内の高校生でも感染者が出たようで、子供らは明日から1週間臨時休校となりました。 
ちょっと羨ましいような・・・・
-------------------------------------------

【2009/05/17 11:23】 | 模型-F-5
トラックバック(0) |

インフル
シミソ
さきほども色々とインフルに関するニュースが流れていました。
お気を付け下さいませ。


公試
>>シミソ殿
今朝の通勤電車ではおおよそ半分の方がマスクを着用されてました。 この週末で一転しました。
弱毒性ということですが、それにしてもインフルエンザ自体が高熱にいたるしんどい病気なんで、なんとかやり過ごしたいところです。


ハヤテ
インフルでそちらの方は大騒ぎになっているようですね。

度の強いウィスキーで嗽をするといいみたいです♪

ともあれ全国に広がるのも時間の問題、我が家も
マスクを大量に買い込みました(苦笑)


公試
>>ハヤテ殿
大騒ぎです。
今朝の電車のマスク着用率は9割5分位までになってました。大したもんです。
家では、いきなり休校の子供らを抱えて奥さんが早くも疲労困憊です、 私の場合、一斉休業になったら喜々として家にこもるんですが。

コメントを閉じる▲
I polished the canopy on this weekend. After it had polished, I coated the surface by using "Future" wax.

----------------------------------------------------

30/40=0.75?? 
いや、そんなには進んでないです。 単に最近進捗報告が密なだけです。 40を50ないし55くらいに変更する方向で検討中です。

週末はキャノピーを磨いておりました。 ・・・たらば、奥さんの雷が落ちました。「子供じゃあるまいし、部屋にこもって模型ばっかりするなー!」 季節外れの雷、春雷でありました。

----------------------------------------------------
このキットのウィークポイントはもっさりしたデティールと、キャノピーです。 腐っても鯛・モノグラム、透明度はもちろんわるくないんですが、F型のキャノピーはフレームと一体のせいか厚さが不均一で歪んでみえます (E型は別パーツのためひずみは小さいです)。 ので、磨くこととしました。

この磨きというが大の苦手作業です。 雑誌ではいつも常套句「丁寧に磨いてやれば・・・」でさらっと済まされますが、どうやればいいのでしょうか? 道具はそれなりに揃っているつもりです、コンパウンドは細目や仕上げ目、モーターツール用のナイロンブラシ、バブ、耐水ペーパー各種、さらに目の細かいラプロス、 3Mラッピングフィルムシートというのあります。 これだけ揃えてもなかなかうまくいきません。 ごしごしやったあと、結局最初の透明度に戻る という具合でした。
 
昨年、床ワックス「フューチャー」に漬けて表面をコーティングする方法を知り、一応の成功をおさめました。今回もフューチャーに頼っての磨き作業となりました。

最初、ペーパーでそれなりに磨いてコンパウンドで仕上げ、フューチャーに漬けたところ、大失敗でした。なんと表面が均等に濡れず局部的にはじいてしまいます。 フューチャーにはコンパウンドの油分が駄目でした。

フューチャーについて詳しい記事のある有名モデラー殿のHPを読み直してみると、「油分は駄目」としっかり記述されていました。 さらにはフューチャーの表面張力を弱めるべく、無水エタノールで希釈、台所洗剤(界面活性剤)をまぜるべしとあります。 なるほどと納得し素直に従い、無水エタノールとやらを仕事の帰り道のドラッグストアで買ってきました。  500ml入り。フューチャーの希釈以外になにか使い道はないでしょうか・・・・

希釈したフューチャーで再度チャレンジすると、今度は弾かずうまくいきましたが、磨き自体が不足していてちょっと白く曇ったような仕上がりになってしまいました。

しかたない、改めて磨きからやり直しで3度目の正直で、やっとこさそれなりの透明度になりました。
DSC01139.jpg


下の写真で、右側はE型のキャノピーです。 E型はひずみはもともと小さいんですが、透明度でいうと同等。 結局、最初の透明度に戻っただけかよ・・・。
DSC01140.jpg
(一番左側のキャノピーは、後部のフレーム部分を磨いておらず曇っています。その辺は差し引いて見てください)
----------------------------------------------------

まあ、一応の成果を得た?ということで、今回の手順をまとめます。

1)タミヤのペーパー で 800,1000,1200,1500
2)ラプロス で 4000,6000,8000
3)3Mラッピングフィルムシート で 4000,8000
4)水洗い
5)無水エタノールと台所洗剤で希釈したフューチャーにどぶ漬け

1)2)3)共、真面目に水を付けて作業するのがよいようです。 
2)3)は番目がかさなっており、3)が効果あるのか・必要かどうかわかりません。
5)の台所洗剤についても本当に必要な過程かどうかわかりません。 無しでやってみて比較してみるだけの根性もないので、言われるまま添加しました。

「ふぐちりとは文化である」のか「文化とはふぐちりである」のかよく知りませんが、先人の失敗・成功の積み重たる模型文化のありがたみを感じました。

----------------------------------------------------

今回、フレームを塗装するまえにコーティングをしてしまいました。 フレーム塗装のマスキングの際、コーティングが剥がれる危険性があり、正しくはフレームの塗装を済ませてからコーティングするべきのようです。 ただ、コーティングの方法が自分として確立できておらず再三の試行錯誤となるためフレーム塗装をしても無駄、として手順を入れ替えました。 今回コーティングの一応の道筋が出来たので、今後は先にフレーム塗装、後からコーティングという無難な手順にしたいと思います。


追記を閉じる▲

【2009/05/11 22:28】 | 模型-F-5
トラックバック(0) |


Fighting Hannah
今回の記事も、うなりながら拝見していたので(う~ん、とか、すごいな、とか、おお~っすばらしい透明度!、とか...)、嫁に笑われてしまいました(^^;)。研究を重ねつつ問題を解決していく姿勢に頭が下がります(憧)。



公試
>>Fighting Hannah殿
探究心とか道を究めるとかそういんじゃないんですが、とにかくかっこいいF-5Fをモノにしたいという感じです。
願わくばあともう少しだけ奥さんの理解があれば・・いやいや言っちゃいかん、いかんいかん。

コメントを閉じる▲
I constructed the missile launcher on the main wing edge at the end of Golden Week.

-----------------------------------------

GW中の進捗の残滓です。

主翼端のミサイルランチャー(って言うのでしょうか)がのっぺらぼうで激しくかっこ悪いので、レールっぽい構造やらを再現しました。

DSC01137.jpg

これだけのことなんですが、激しくかっこよくなりました。(個人的な感想です)  去年、三菱F-1を作った際にはこれが面倒で、サイドワインダーを付けて誤魔化したんですが、今回はまじめに作りました。

えーっと、これだけです・・・・

【2009/05/10 08:15】 | 模型-F-5
トラックバック(0) |


シミソ
こだわられていますね~。
見逃しそうであるけれども実は目につくところですね。
やっぱり見せるべきポイントが分かっておられるようで
しかも工作も素晴らしいです。
私ならきっとスルーしちゃうでしょうねぇ(笑)


公試
>>シミソ殿
「目に付く」というより「目を突く」ところであります・・・  スルーするにはちょっと目に余るもっさり具合だったので、えいやっと工作しました。
AIMの羽を薄く工作するよりは楽な工作だったかなあと思います。



コメントを閉じる▲
The flap etc. of the main wing were restored. They are the flaps, the ailerons, and the nose flaps.

-------------------------------------------

28/40=0.7 うーん、いい線行っているような・・

連休前半は調子良かったんですが、後半は予定通り家族サービスやらで一気に失速してしまいました。 失速したなかでの「主翼動翼まわり」です。

-------------------------------------------
主翼の動翼を取り付け(復旧)しました。 動翼とはフラップ、補助翼及び前縁フラップです。 主翼からナイフで切り離して断面を成型し、角度をつけて復旧するというものです。 まあ単純な作業ですが、もとがダルい主翼なんで、シャープに削り込む作業が中間にあって難儀しました。

特に、前縁フラップが一番難しかったです。ここは一番コードが短く、シャープにけずり込んでいると、主翼とうまく繋がらなくなり段差がついてしまいました。 (左は上面、右は下面・・・) 接着後にパーツにパテ盛りして段差を埋めましたがこの後のリベット打ちが心配です。

今回この作業は、①切り出し ②削り込み ③復旧 (④パテで段差修正) という手順ですすめましたが、正しい手順は、①削り込み ②切り出し ③復旧 であるようです。

補助翼は、右が下がったら左が上がるべきものでありますが、上がった状態はかっこ悪いなあと思っていたらば、左右とも下がった写真がありましたのでこれ幸いと、両舷ともさげました。単に油圧がぬけた状態なのか、フラッペロン的に作動するのが理由はわかりません。

フラップは特記すべきところはありません。 

DSC01134.jpg

DSC01136.jpg

元の形に戻った主翼を備えた機体は、あーこりゃかっこいい!  アカデミーやらから48でF-5Eの新キットが出るのかどうか判りませんが、ハセガワは48で出すべきですなあ、32のキットを改修してF型というのでもよいですが。

尾翼はピアノ線を仕込んでますがガタガタで角度がでません。たしかここは4度だかの微妙な下半角がつきます。

そのほか細々工作をしましたが、もったいない!?ので次回の記事とします・・

補記---------------------------------------

♪ いい事ばかりはありゃしない 
  きのうは機銃カバーの紛失に気がついた 
  補助エアインテイクが壊れた(2回; )のと あの娘が電話かけてきた ♪

補助エアインテイクの「すだれ」は早くに作りこみすぎたので、いずれ壊すであろうことは想定内であったとはいえ、2回は辛かろうと。 (上の写真では再発防止に、すだれの上にランナーを渡してテープで止めています)  
機銃カバーは、どうも無くしたというか捨ててしまったようです。 机を動かして探しても、ゴミ箱をひっくり返しても、他キットの箱を漁っても出てきません。最後に見たのは連休前です。  F-5Eの機首を芯にヒートプレスするのが近道でしょうか。 あー面倒くさー、最後にやることにします。

-------------------------------------------
この先のマイルストーンは、「6月中に塗装」です。 後回しにできるところはあっさり後回しし、塗装前にやるべきところを片付けてしまうつもりです。




追記を閉じる▲

【2009/05/08 22:03】 | 未分類
トラックバック(0) |
I take a rest from the production article this time, and introduce magazines to which it refers in this production.

-------------------------------------------------

今日は奥さんの実家に出向いたりで模型の進捗はなし、なので趣向をかえての資料篇です。

F-5はたくさんの機体が現存し、かつシークレットのない第一線からほぼリタイアした機体ということで資料はたくさんあります。 ネットにもたくさんの写真があり、それだけで模型製作に必要にして十分なデティール写真が揃います。  ならば、もはや書籍は用無しかというと、それはそれ、手許においてページをめくる本にはデティール写真を集めたもの以上の何かがあります。  

前置きはともかくとして、F-5の製作で参考としている資料本です。

1)世界の傑作機96
DSC01123.jpg
よくまとまった資料です。デティール満載ではありませんが、読んでいて楽しい本です。

2)世界の傑作機95
DSC01130.jpg
E・F型ではないので直接は関係ありませんが、ついでに。

3)旧 世界の傑作機12
DSC01127.jpg
ばりばりの第一線のころに出た世傑です。中古模型屋で見つけて買いましたが発売当時はシークレットの壁が厚かったのでしょうか、今回のような凝った模型製作に役立つつっこんだ内容はありませんでした。

4)Lock on
DSC01124.jpg
バーリンデンということで、モデラー視点のデティール写真のみの本です。 読み物はなし。 F型も詳しく取り上げられています。 今回の製作着手に際しネットで購入しました。一番役にたってます。
 
5)warbird tech
DSC01126.jpg
タイトル・表紙ほどメカ一辺倒の本ではありませんでした。 これも4)と同時にネットで購入しました。便利な世の中になりました。 英語がすらすら読めたらば楽しそうです。

6)航空ジャーナル別冊
DSC01128.jpg
これも模型製作にはあまり役立ちません。中古模型屋で見つけて運命的な出会いを感じて購入しましたがそうではありませんでした。

7)モデルアート 1986-10
DSC01129.jpg
ハセガワ32の素晴らしい作例が紹介されています。 工作・塗装ともまったくスキなし、スケールは違えど大いに参考になります。が、あまり見ていると手が止まってしまいます;

8)モデルアート 1996-2
DSC01131.jpg
F-5の特集です。 モノグラムのF型も取り上げられています。 塗装はサウジ空軍に仕上げられていますが、工作についてはストレートに作るとこうなります、という内容であまり参考にはなりませんでした。

----------------------------------------
結局、4)7)以外は模型製作にはあまり役立ってはいません。 が、冒頭の、ページをめくる楽しみは尽きません。

----------------------------------------
予め手許にあった1)2)以外は、今回揃えました。3)6)7)8)は首都圏出張の際に寄った中古模型屋で、3)4)はネットで海外からの取り寄せです。 ほんと(しつこいですが)便利な世の中です。 とくに洋書についてはその感が強いです。 学生のころは、購読していた航空ファンに広告のあった洋書屋に現金書留で送金し、小さな紹介文を頼りに購入していました。 当たり外れもありましたし、第一高価でした。 今回3)4)については2千円くらいで購入でき、かつすぐに届きました。 
「昔は良かった」は私を含めたおっさんの十八番ですが、今も良いです。 It's a small world!

【2009/05/02 22:41】 | 模型-F-5
トラックバック(0) |


シミソ
結構持っておられますね~。(人のことは言えませんが・・笑)

世傑は2冊出ていたんですね。
ジェット機は最近始めたので世傑も持っているのはレシプロ機ばかりです。

MA誌1996,2は持っています(F-5の記事を拝見したとき引っ張り出し再読してしまいました。)

航空ジャーナル誌ってまだありましたっけ?
エアワールド誌が無くなったんでしたっけ?
航空ファン(たまに航空情報誌)は読んでいるのですが・・・・。

でもこのような資料って読み始めると際限なくはまるんですよねぇ(笑)


公試
>>シミソ殿
世傑以外はほとんど資料は無いです。気合を入れて作ろうという機体についてのみ買い揃えています。 結局大半は気休めで、読んでおもしろかったなあというだけです。

飛行機雑誌、昔ほど書店で見かけなくなりました。航空ジャーナルが無くなりましたが残り3誌は健在ですね。Jウィングがあるので数の上では変わらず??


Fighting Hannah
資料本、探してgetして、読みこんで...楽しみは「尽きませんね(^^)。お目当ての機体をいつかは作ってやろうと、資料を読みつつ半年、1年...。手は進みませんが、後の製作の際のよいイメージトレーニングになっているんじゃないか、と思います。


公試
>>Fighting Hannah殿
素晴らしい資料に巡り合って、ここはああ作ろう・そこはどう作ろうかと思案しイメージトレーニングするのがまた楽しいですよね!イメージばかり膨らむのも困りものですが; 


コメントを閉じる▲
I made the airbrake and the main gear cover by oneself from a plastic board.

-------------------------------------------------

連休3日目です。 F-5の進捗に先立って、先日書いたスターウォーズ食玩です。

DSC01113.jpg

手前の機体は同じ144のレベル製ボンバルディア チャレンジャーです。 なるほど、AT-AT、タイファイターの大きさはこういう設定だったのね、と。

さて、チャレンジャーは中学生のころ読んでいたエアワールド誌(渋い中学生やねえ)に、ワイドボディー+ターボファンエンジンの新世代ビジネスジェットとして取り上げられていた記事を思い出します。 当時はカナディア チャレンジャーでした。 あれから30年弱、未だ健在とは大した機体です。

このチャレンジャー、大昔にノエビア化粧品のコマーシャルに出ていました。最近のガルフストリーム版ではなく、もっと以前のものです。

Youtubeにありました。 便利な世の中です。


前段が長いですが、F-5の、今日のというより昨晩の進捗です。

-------------------------------------------------
エアブレーキを作り直しました。 ここもやっぱりもっさりです。これは多少手を入れるくらいではどうにもなりそうにないので迷わず作り直しです。
DSC01132.jpg
横方向のリブにも縦のものと同様に補強のフェイスがついているようですが、ごちゃごちゃするのでこんなもんでいいかと。実はかなりいい加減です。

主脚カバーです。昨日のカバーは機体についてタイヤを覆う部分でしたが、こちらは脚柱につく分です。これも迷う余地なしでした。
DSC01133.jpg
デコボコした構造はよくわからんかったので写真からわかる範囲で雰囲気で作りました。 どうせ脚柱に隠れるのであまりこだわっても仕方なし、まっええかーというわけです。

-------------------------------------------------
明日から子供が休みです。 家族サービスで時間がなくなります。









追記を閉じる▲

【2009/05/01 14:54】 | 未分類
トラックバック(0) |


Psycho109k4
どちらもシャープな出来ですねぇ!
もしかして小物パーツは全部自作になりますか? そんな勢いですね(^o^)


公試
>>Psycho109k4殿
小物パーツのうち、脚まわりはキットのものを使うつもりです。ここも結構もっさりしてるんですが、自分には脚の自作はできませんので;
GWの勢いもそろそろ翳りが・・・


g_scotch
いろいろ作っておられるんですね。
ノエビア化粧品のCMは好きでしたよ。もちろんヒコーキが出てくるからですね。このあとのバージョンでもヒコーキ(操縦してるとこの)が出て来ましたよね。あれもけっこう好きだった。


公試
>>g_scotch殿
いろいろ作っているようでさっぱり完成しません。 エアライナーは大体ここまで進んだらエンジンポッドが面倒で放置してしまいます。

チャレンジャーは大型のビジネスジェットに分類されるかと思うのですが、他にもガルフストリームやビーチスターシップ、ピアッジオアバンティ等、模型栄えすると思うのでどこかの勇気あるメーカから出して欲しいなあと思います。

コメントを閉じる▲
free counters