After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
週末は子供の運動会と、先の記事のレンガ積みに忙殺されましたが、ちょこっと零戦を進めております。 (運動会は熱中症を回避するため、従来より遅い時期の開催ということです。)


零戦はデカールを貼りました。 主翼上面の日の丸は白丸と赤丸の2枚重ね! 分厚くてみっともなくなるんじゃあと心配しましたが杞憂でした。 2枚重ねてもスジ彫りもリベットも透けて見えます。 なかなか大したデカールです?

DSC00866.jpg

DSC00867.jpg


まあ、最初に心配したとおり、機体表面のコテコテウェザリングに対し、日の丸が鮮やか過ぎる感がありますが、まあよしとします。(ハードルは非常に低いです)
キャノピーは相変わらず載せているだけです。



載せただけキャノピーの現状はこんな感じです。 タテタテ・ヨコヨコ作戦で縦のみ終わっております。72の日本機となれば枠だらけで私の手には負えません。 ここは自分の技量を踏まえた上でのタテタテ・ヨコヨコ作戦です。 ちなみに縦のマスキングは10分でできました。

DSC00868.jpg

今週末はヨコヨコです。
 
残りは小物類です。急げ!


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2008/10/20 17:05】 | 未分類
トラックバック(0) |


ハヤテ
皇軍機らしい塗装は流石ですね。
本当に72なんでしょうか?
日の丸なんですが、ちょっとでも痛めば整備兵が
補修していた。という記事がありましたので、
ピッカピカも不自然ではないと思います。

もし気になられるのでしたら艶消しスプレーを
遠吹きされてみたらいかがでしょう。
私はいつも仕上げにやってます、誤魔化しで(笑)


公試
>>ハヤテ殿
成る程、”ちょっとでも痛めば整備兵が補修していた”という考証結果ということにします。 言い訳ではありません、と。

しかし、ここで大問題が! なんと零戦祭りが終わっておりました!! なんという失態。 のんびりペースにシフトダウンして、ちんたら進めることにします。 


零戦祭り
夜戦部隊二等兵
夜分に失礼します。へっぽこ模型のマジリと申します。
零戦祭りは確かに締め切られておりますが、あくまで「新規エントリーの
締め切り」であって、申し込み済みのキットについては、10月末のままだと
思います。

まだ数日残ってますので、頑張ってみられたらどうでしょうか。

完成、楽しみにしております。
       失礼しました~


ラッキーユダヤ
キャノピーのタテヨコ作戦は効率的でいいですね、もうほとんど仕上がっていて完成目前…楽しみですね(笑)

72でリベットを効かせる手法、想像していたよりも全然くどさがなくてバッチリですね!

ウェザリング、すごくいい感じです(笑)





公試
>>マジリ殿
何と、そういうことでしたか!申し込み済みのキットについては、10月末のままでよかったのですか・・

失意のうちに週末をぼーっと過ごしてしまいました。
完成はさせます、がやっぱし(今となっては尚更)10/Eは無理です。  

下手こいた!


公試
>>ラッキーユダヤ殿
タテタテヨコヨコは小スケールにぴったりの方法と思います。 縦・横で色が合うか?とか交差部のRはどうするの?など御意見もあろうかと思いますが、一方で、平行がピシッと出る、簡単というメリットも大です。(上の写真は平行がピシッとは出ていませんが・・・) 

ちなみに下面は、やっぱし、くどいです。

コメントを閉じる▲
花壇作りを進めております。折角なんで記事とします。

写真に示すように、フェンスに沿って幅50cmほどの花壇を7mくらい作ります。 木の柵で囲っていたのですが、腐ってしまったのでレンガに置き換える次第です。
DSC00864.jpg DSC00865.jpg
全長を3段で積む予定ですが、今日は全体の1/4くらい積みました。 ど素人なりに水平と直線を確保すべく苦労しております。 写真にあります、タコ糸が水平・直線の基準線です。 タコ糸を水平に張るには透明チューブに水を張って、両端の水面に糸を合わせて水平とします。 ホースはΦ6mmでmあたり60円のものを3m購入しました。 ブロックの水平は、ネットで調べると「水準器」を使用すべしとありますが、ベルギーブロックは表面がごつごつしていて水準器ではむずかしいんじゃないかと思い、透明チューブを使用しました。 この方法はなんというんでしょうか? 

・・・あんまし書くことがないです。 所詮DIYについて、ペラッペラなんで。

こんなんで、DIYのアクセスがあるでしょうか??

【2008/10/19 22:55】 | DIY
トラックバック(0) |


ラッキーユダヤ
おお、綺麗で立派なお庭でありますね。

土木系の私と致しましては…レベル(水準)を求めたら遣り方を設けて水糸を張って、合わせながら積むのがよいかと思います。

ベルギーレンガ(ブロック)は確かに表面がゴツゴツしていますが、製品の端~端を目安に調整する訳ですね。

で、「遣り方」なる用語ですが、直接レベルを見ながら積むのはいささか大変なので、少し「逃げた」場所から水糸を張って基準とする訳です。

要するに、ある(レベルの)基準面を求めておいて、そこから何ミリ下がりとか上がりといった具合に施工するんですね。

言葉を並べるとチンプンカンプンですが、実際にやってみると結構「なるほど」状態で簡単ですよ(笑)

写真を拝見する限り、すこぶる上手に築造されているので心配ご無用かと思いますが(笑)





公試
>>ラッキーユダヤ殿
>「遣り方」
そういうテクニカルタームがありましたか! それすら知りませんでした。

>少し「逃げた」場所から水糸を張って基準とする訳です。
なーるほど、糸が邪魔でつみにくかったのはそういうわけですか。 納得しました。

熱いプロのコメントありがとうございます!!



コメントを閉じる▲
10月も折り返し。 いよいよ急がんと10月末に完成しません、そうとうヤバイですが、あせっても持ち時間が増えるわけでも無し。


先日、塗料ビンを手から滑らせてジーンズに大きなシミをつくったと記しましたが、気を取り直して上面・下面の基本塗装を済ませました。

今回はリベット打ちをしたので、これを強調するような塗装を心がけたのですが、なかなか難しく、基本塗装後のウェザリングというか墨入れで強調しました。

その結果、くどい!非常にくどい!欧米か!?というような風になりました・・・

上面はこの通り。 (キャノピーは載せただけです)
IMG_0751.jpgIMG_0752.jpg
まあこちらは「ちょっとくどいんじゃない?」というところですが、一方下面はというと、
IMG_0753.jpg
うわー、なんじゃごりゃ!!くどい!非常にくどい!欧米か!? 

このあと、日の丸デカールを貼るわけですが、このくどい塗装とミスマッチは必至。どうしたもんでしょうか (とはいえ、いまさら日の丸を塗装する気はさらさらなし)

まあ、ひたすら完成めざして(時間を見つけて)頑張ります。


追記を閉じる▲

【2008/10/15 21:35】 | 模型-零戦
トラックバック(0) |


KPの里
スケールが大きくなっても小さくなっても夫々の難しさがありますよね。
私は1/72の場合明度を上げない代わりにグラデーションを抑え目にしております。
あとはウォッシングで如何にごまかすかですが・・・。


ラッキーユダヤ
「禁止キーワードが含まれています」によりコメント何通りか投稿トライしましたがダメでした(汗)

塗装は全くおかしくありませんからこのまま走ってOKだと思いますが(笑)

これでコメントできるかどうか(汗)





公試
>>KPの里殿
おっしゃるように夫々に難しさがありますね、特に本機は72でリベットを打つという、自分にとっての初めての試みに合わせて、塗装も思い切った方向に振ってみました。  あとはどう仕上がるか・・・


公試
>>ラッキーユダヤ殿
すみませんねえ、ADULT業者がどうにもうっとおしいので次々禁止ワードを追加しています。 頂いたコメントの主旨で、どんな禁止ワードをおりこまれていたのでしょうか??
これで良いですかね、このまま突っ走ります。


hagu
う~ん美しい。。本機は本当に72・・ですよねw
個人的にはこのくらいの方が緻密な仕事が映えて
好きであります♪

しかしもう士の字でありますか・・あと10日あまりというのに、まだ計器板しかできておりませんっ(滝汗;)








公試
>>hagu殿
あと10日あまり・・! 厳しいですね、もう士の字ではなく、まだ ですね。 hagu殿はむしろ「計器盤」と割り切ってとことん突っ走った計器盤を完成させるのも手かと思います。  (かなりマジで。)


コメントを閉じる▲
3連休ながら模型は進んでおりません! 

-------------------------------
で、今日は毛色がかわってのDIY日記であります。 写真はありません。

奥さんの指示により花壇作りを始めました。 猫ならぬネズミの額くらいの我が家の庭ですが、花壇の木の柵が腐ってしまい手直しが必要とのこと。 そこでレンガで花壇を作り直すこととなりました。 10月、11月はこの作業に忙殺されそうです。

さて、レンガを積む?どうやって??というわけでネットを検索すると、レンガでの花壇作りは一つのジャンルを成していることがわかりました。沢山の方が取り組まれております。何がそんなに楽しいか?と思いますが、私もだんだん楽しくなるのでしょうか。

レンガは近くのホームセンターで1個80円弱のベルギーレンガをまずは100個購入。トラックを借りて家に持ち帰りました。 それからモルタルと砂を混ぜ合わされた「インスタントセメント」。

今日はまずは手始めにレンガを並べるラインをスコップで溝に掘り、練ったインスタントセメントをしきました。 といえば簡単そうですが、とにかく道具が無い。セメントを練ろうにも本来は鉄板の四角い桶みたいのにどさっと入れてスコップで練るところでありましょうが、何もないので、ダンボールの上にナイロンを敷いてちびちびと小さなコテで練ります。 2mほどの溝に敷くセメントを練るのに4回に分けて行う必要がありました。

そして、敷いたセメントの水平を出そうにもまたまた道具が・・・ しっかりした水平器なぞありません。長さ10cmほどのおもちゃのようなプラスチック製の水平器もどきがあるのみ。ながさ1m位のアルミフレームがあればと思いますがあるはずなし。 タコ糸なし。 なし、なし。

これでこの先何とかなるのでしょうか、我ながら不安です。

来週は子供の運動会(その2)がありますが、レンガを積んでいきます。

-------------------------------
夕方、花壇作りの後に、零戦の塗装をと思って塗料のビンを手にしたところ、握力の落ちたてからふたのあいたビンがポロリ! ひーっ 新しいジーンズをダメにしてしまいました。 で、やめました。

-------------------------------
SA11月号が出ていたので購入しました。 進路が右に・左に定まらなかった本誌でありますが、現在は王道的なすっきり系の作例をメインに、横山氏、梅本氏の個性的な作品と、バランスがとれております。 一時の、AFV的ながさがさした作品は減りました。 凝った写真、女性グラビアには批判もあるようですが、私的にはokです。

さて、本号の内容はさておき、次号はファインモールド「究極の零戦32型」同梱ということです。なんと、モデルグラフィックスで同梱した際には、「再販なし!」「今回のみ」と散々あおっておきながら、マイナーに型を変えて、雑誌を変えての2匹目のドジョウとはいかがなものでしょうか。 キットの中身はなんら不満のない素晴らしい出来なんですが。

【2008/10/13 23:29】 | DIY
トラックバック(0) |


hagu
昨日は左官をしておられたのですねw
72零戦の精緻なリベットラインのような美しいラインのレンガ積みが目に浮かびます。

模型のパテ盛り作業の延長・・と思えば素晴らしい花壇に♪







公試
>>hagu殿
これから2ヶ月左官のまねごとが続きます。 レンガを仮組み?してみたところ、精度感まるでなし! しょせんど素人のまねごとです。 更に、自分にとってはDIY自体があまり面白くない!!  パテ盛りはあんなに楽しいのに・・・

コメントを閉じる▲
ミニ でも スケスケでもありません。 ミニスケールです。(くどい)

昨日記したとおり、別に時間を割いて模型に邁進しているわけではなく、ミニスケも微速前進です。
が、モノが小さいだけにあっという間に組みあがります。

フジミのInperial Japanese Army 3両を購入、そのうち2両はほぼ組め、のこり1両ももう少しです。
左2両は下地としてこげ茶を吹きました。
DSC00855.jpg

AFVについては何も語るべきものを持ちあわせない私ですが、1点だけ。 ポリ製のキャタピラが瞬間でもひっつかず、どうしたものやら??と悩んでいたのですが、 ネットで検索すると「セメダインPPX」で接着できるとこのこと。
さっそく購入・使ってみると、確かに付きます!びっくりしました。 とにかく超強力な瞬間接着剤という感じで、初めて瞬間接着剤をつかっていて指がひっついてしまって恐怖した30年前の驚き・恐れ(畏れ)を思い出しました。


ついで塗装します。 筆塗りです。楽しみです。

------------------------------------------------
日本人のノーベル賞受賞が続いた一方で、欧米でもアジアでも、世界中で、銀行、通貨、株式、すべてがひどい状態です。 株はどこまで下がるのでしょうか? 韓国は国家破綻を免れることができるのでしょうか?? そしてGMは倒産するのでしょうか???
もしかしたら、今は、数十年後に「あの時・・」と振り返ることとなる時点なのかもしれません。
「そのときおじいちゃんは何をしてたの?」と孫に問われて、「プラモを作ってブログを更新していた」って答える私はどんなもんでしょうか・・・

 

【2008/10/09 09:30】 | 模型-AFV
トラックバック(0) |
10月に入りましたが模型的に脱力状態です。 一方で、先週土日は両日共休日出勤で、模型に注力できる状態でもありません。 (10月はまだ1回も更新ができておりませんでした・・・)

次は零戦に時間を割く(というか10月末には仕上げる!)つもりですが、なにぶん時間を避けていないので進捗もしれております。 わずかばかりの進捗を報告します。

----------------------------------------

士の字です、今回は『偽士の字』ではありません。
DSC00851.jpg

前回は、主翼上面のみを胴体フィレット部で胴体に接着しておりましたが、主翼下面及び水平尾翼も付けて、晴れて『士の字」となりました。
DSC00853.jpg
DSC00850.jpg

リベットはこんなもんでもういいです。 堀越技師のトレードマーク? 尾部の尖がり部のリベット打ちは難しい!ので省略しました!! カウリングもリベットラインがよく分からないので省略! 


----------------------------------------

『偽士の字』工法ですが、フィレット部の合せはきっちり出来ます。ここに問題があるキットの場合には有効かもしれません。 「かもしれない」という弱気の理由は、
 ・上反角への影響が不明
 ・主翼下面と胴体下面に結構段差が出来た
ことによります。 機会があれば改めてチャレンジしてみたいと思います。

----------------------------------------

さっさと塗装に移ります。 急いでいるつもりですが、自分のチンタラスピードと、脚やらキャノピーやらの小物の量と、10月の仕事予定、家事都合予定(子供の運動会(×2回)やら、田舎の秋祭りに帰省やら・・)を考えると、暗雲が立ち込めています。

以 上
----------------------------------------
蛇 足

模型誌ちらほらでている秋~冬の新製品のうち、
・モノクローム(トランペッター) 1/72 EEライトニング (以前1/32って予告されてませんでしたっけ)
・トランペッター 1/35 チェンタウロ
あたりが激しく煩悩を刺激します。 1/72ライトニングは10年ほど前、スケールアビエーションの創刊第2号で刺激を受け、ハセガワを2個、マッチボックスを1個費やした結果結局挫折した悲しい思い出あり。 無難にストレート組みで捲土重来を期したいところです。 チェンタウロは1年ほど前?、レジンキットを壱万yenで落札できなかったことがありましたが、今となってはよかったなあと。 高めの値段設定をするトランペッターゆえ、4千円くらいの店頭価格となるのでしょうか?  でかい箱を収める場所からまず準備したいと思います。

【2008/10/09 07:27】 | 模型-零戦
トラックバック(0) |


ラッキーユダヤ
出ました伝家の宝刀精密リベット!

胸のすくようなリベットライン、美しいですね(笑)

尾翼やカウリングのリベット省略はスケールから考えると大正解でありますね、今後の展開を楽しみにしております。





公試
>>ラッキーユダヤ殿
スケールを考えるとそもそもリベット自体が如何なものか?と自問してしまうのですが、所詮模型趣味は自己満足の世界ですのでよしとしてください。 
ゴールに向けて非力な栄エンジンでまい進します。


KPの里
1/72で綿密なリベット凄すぎます。
ICMやTOKOなどロシヤ製の1/72キットを彷彿させますね。
1/72ライトニング、私も煩悩刺激されまくりであります。


公試
>>KPの里殿
”ロシヤ製の1/72キットを彷彿”というのは微妙な例えのような・・・ 

トランペッターの飛行機というのは、微妙な愛国心と、それ以前にプロポーションがスカで全く買ったことがないのですが、どんなもんでしょうか? モノクロームが監修(?)となると、F-107や97大艇のように期待していいのでしょうか。

コメントを閉じる▲
free counters