After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
十分ひっぱりましたので、これで終わりにします。

のこりは機首のエレクトロニクスベイです。
ひっぱては見たものの、写真1枚で終わりです。
IMG_0737.jpg
む、この角度からは若干つらいものがありますね。ここは、いかに四角い箱をプラ材から作るか、ということだけで、特にどうこういうものではありません。それにしてもしゃきっとしない写真が続きます。

ついでに機首から。シートの赤いヘッドレストの左右n小さな丸い部品を追加しています。キャノピーを開位置に上げているアクチュエータは、アイリスの汎用パーツを使用しています。
IMG_0739.jpg

最後は真上から。こうやって見るとエンジンはもう少し張り出していてもよかったような・・・
IMG_0742.jpg

-----------------------------
さて、大よそお見通しかと思いますが、本機は本日近所のコンビニから段ボール箱に詰められて静岡に向けて出撃しました。即ちJMCに参加したというわけです。 まあ評価はともかくとして、東京・大阪で見ていただけると思います。 36回、9ヶ月も引っ張った本機、どんなもんや??

-----------------------------
ということで、F-1製作記は一応のENDとします。また機会があれば紹介します。
ながらくの御声援ありがとうございました。(下2枚は再掲(いい写真がないもんで))

IMG_0727.jpg  IMG_0726.jpg



追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2008/09/28 18:22】 | 模型-F-1
トラックバック(0) |


tiefes_blau99
完成おめでとうございます。ブログの皆さん、レベルが高くて参考になることばかりです。JMCでの善戦期待しております。


公試
>>tiefes_blau99殿
ありがとうございます。 昨年の結果に味をしめての再チャレンジです。  見栄えのする、分かりよい作品を心がけたつもりなんですが、奥さん曰く、
「地味」
えっ? それだけ・・。



作左
完成、おめでとうございます。
細かい細工が効果的に表現されていて
やっぱりの脱帽でございます。
お疲れさまでございました。


KPの里
完成おめでとうございます!
要所要所の作りこみ大変参考になりました。
ご苦労されただけ合って地味(?)な中にも物凄い密度感が感じられます。
大変良いものを見させていただきました。



公試
>>作左衛門殿
ありがとうござます。 確かに疲れて、最後は完全に息切れしてしまいました。 遣り残したことはたくさんあるんですが、「もう、ええねん・・」という感じです。



公試
>>KPの里殿
やっぱり地味ですかねえ。 「密度感」という言葉は非常に嬉しいです。 しばらくは脱力感漂う、腑抜けなものが続くことと思います。


g_scotch
完成おめでとうございます。
こうして拝見しますと、ジェット機って中身がびっしり詰まってるんですね。無駄なスペースなどいっさいない。それを見事作りこまれたのには感服です。



Satoshi(Ex.ろどす太)
最後まで良いモノを見させていただきました。
JMC、ご健闘をお祈りしております!
ぜひ東京で拝見したいですね。
楽しみです。


公試
>>g_scotch殿
ありがとうございます、たしかにジェット機はレシプロのがらんどうの後部胴体とはことなり、前から後ろまでびっしりつまってますね。 
さらに、操縦席後ろの電子機器室の、そのまた後ろがバルカン砲の弾庫も再現したかったんですが、資料が足りず断念しました。 次の機会に、なんてことは絶対ありません!


公試
>>Satoshi殿
最後の1ヶ月、仕事がいそがしくなり、またすっかり飽きてしまい、詰めの甘い仕上がりとなりましたが、まあ、自分的には十分です。  
写真よりも実物はこじんまりとしていて地味です。

コメントを閉じる▲
めったにない折角の完成なんで、ネタを引っ張って今日はエンジン周りを振り返ります。 ここは今回のF-1のミソなんですが流石に自分でもどうなることやらという部分でありました。

F-1のエンジンはジャギュアと同じアドーアですので、ジャギュアのデティールアップパーツとして、レジン製エンジンがあるものと思ってたのですが残念ながらありませんでした。 ジャギュアは英・仏で使用された機体でてっきりパーツが揃っているものと思っていたのですがあてが外れました。アフターバーナー(リヒート?)無しのバージョンはホークにも採用されているのでどこからか出ないでしょうか。

出るあてのないパーツを待つわけにも行かないので、今回は自作です。
まずは、真横に近い写真を元に、絵を描きます。最終的には現物合わせになりますが、それらしい絵があるとはかどります。
draw.jpg

エンジン本体はエバーグリーンのプラパイプにプラ板を巻いて芯としました。このイライラするめちゃめちゃボケた写真にあるものは表面が汚くなって没とした最初の品です。 変な色は表面の具合をみるために適当な色を吹き付けたもので意味はありません。 機体に組み込んだ品は作り直したモノで2番目の品です。 ちなみに上に写っているのは、結局使わなかったジャギュア用のエンジン内部のエッチングパーツです。
IMG_0743.jpg

途中の写真はほとんどとってません、いきなり8割位出来上がっています。補機類は8割5分くらいがプラ材からつくり、のこりの1割5分程は、不要のレジンパーツを転用しました。
DSC00800.jpg今回のエンジン製作で一番つらかったのが下面の写真が無いということでした。 側面の写真はジャギュアもF-1も沢山あるのですが、下面はなかなかありません。 リヒートなしのバージョンの写真がメーカのチュルボメカだったかに1枚、模型屋で見たジャギュアの写真集に1枚ありました。 写真集はもったいない!!と思いながらも購入。 あとF-1/T-2を特集された方のサイトに小さい写真が1枚。 ですので、かなりのデッチアップです。 とはいえどこにも写真は無いハズなんで。

またボケた写真です。完成状態です。私の手が特別出演しております。
IMG_0746.jpg

これもボケてますが、まだマシでしょうか。どうもピントは左翼端くらいにあっているようです。
IMG_0729.jpg

後ろから。ノズルの工作はずっと昔に記しました。出口を絞る板は先ほどのエッチングパーツは使わず、プラ材で作りました。 内部の同心円の部材はエッチングパーツです。 左右で取り付け角度が違っています!!
IMG_0740.jpg

ということで、エンジン篇終わりです。 前回も記したとおりカメラが今イチでボケボケ、「良く判らん」「ひとりよがり」で申し訳ないです。

-------------------------------------------

もう1回だけ引っ張ります。御容赦下さい。




追記を閉じる▲

【2008/09/28 10:44】 | 模型-F-1
トラックバック(0) |


ハヤテ
隠し玉はエンジンだったのですね♪

写真から図面を起こしての製作、溜息がでます(羨)



公試
>>ハヤテ殿
こんにちは。 
そうなんです、エンジンだったんです。エンジン再現といえばハヤテ殿。この出来はどんなもんでしょうか?
こういう工作をやってると、急がば回れという諺を思い出します。面倒でも手順を踏んだほうが早いようです。 いや、これは釈迦に説法でありました、失礼しました。


Mach0.9
これはすごいですねえ。
こんばんわ。

リヒートの部分のパンチングメタル?の部分はエッチングなのでしょうか?

いや、そんなことより写真に補助線を入れての
構造の把握が参考になります。
人様の作業を見たい、と思うのは
その人が何を実現したいのか、それをどうやって実現しようと思っているのか
その辺が良くわかるからなのですが
すばらしい。

密度感と、作品としての清潔感の両立がまたすばらしい。
パイピングもプラ材がメインなのでしょうか?



公試
>>Mach0.9殿
こんにちは。 
よくできた完成状態より途中の作業状態を見たいのは私も同じです。 これが自分となると途中で写真をとる面倒さから殆ど残していなく、なにやら申し訳ないです。 

さて、
1)リヒートのパンチングメタルはでこぼこしたメタルシールです。ジョーシンの自動車模型のコーナーにありました。 (←しかしMach0.9殿、さすがに細かいところ見ておられますねえ)
2)パイピングは9割方、ソフトワイヤー、というか糸ハンダです。プラ材はどうしてもうまく曲がりません。熱を使えばいいのでしょうか? 今後の研究課題です。



コメントを閉じる▲
F-1を完成とします。(微妙)  34回、9ヶ月を費やしての完成です。
これまでと同じような写真ですが、

IMG_0732.jpg

さて、前回、「隠し玉」と書きましたが、ミサイルが飛ぶわけでも、排気が出るでもありません。 実は

IMG_0726.jpg

右舷にはこれまで秘匿していた臓物が!
機首部のエレクトロニクスベイ と、 右エンジンです。

IMG_0727.jpg

うまく写真がとれませんが、そういうわけでした。

せっかくのブログネタなんで、今回は完成篇その1 とし、あらためて次回完成篇その2 にて新たな臓物について記したいと思います。







追記を閉じる▲

【2008/09/25 07:34】 | 模型-F-1
トラックバック(0) |

もう本当感動したっ!2
taki
初めて見たとき「なんて細かくてすばらしい、こりゃ大変なモデラーだったんだ」って思ったね。
興奮してきてまじかで見てみたいって思ったら
第二弾ありだよ(笑)


というわけで次回更新お待ちしてます。


もう本当感動したっ!(オリジナル)
公試(カルマみるや)
カルマみるやさんとおっしゃる○ダルト業者さんのコメントがうっとしいので削除したのですが、takiさんのコメントが意味不明となってしまうので伏字にて残すこととしました。 

初めて見たとき「なんて大きくてい○らしい○態○ッパ イだったんだ」って思ったね。
興奮してきて2時間近く○ゃぶってたら怒られたよ(笑)


公試
>>taki殿
こんにちは、なぜに○ダルトが??と一瞬びっくりして、笑いました。
第2弾ありなんですが、何分しょぼい撮影環境なんでなかなかうまくいきません;


mabo
完成おめでとうございます!
むちゃくちゃかっこええですね! こりゃタマラン♪
いやぁ、すんごいとしか言えないですよ
その2も楽しみにしています^^
おつかれさまでした。

完成おめでとうございます
Mach0.9
こんばんわ。
完成おめでとうございます。
すごいですねえ。

えーと、えーと、
すいません、自分とこのブログならともかく、
人様のブログでエッチなネタを出しづらいです><

で、
やっぱり臓物工作記録は公開されるのでしょうか?


Satoshi(Ex.ろどす太)
完成おめでとうございます!
F-1特有の繊細さ&迫力の絶妙なバランスに
感服致しました。隠し玉の詳細が楽しみです!


taki
ごめんなさい。気を使わせてしまいました。
本当に第2弾楽しみにしてます。


ラッキーユダヤ
遂に完成されましたね、おめでとうございます。

圧倒的な存在感と共に繊細で丁寧な作品、塗装も素晴らしい仕上がりであります(笑)

私もT-4やりたくなりました(笑)





kpfw
完成おめでとうございます!
製作過程を毎回見ていたので人様の作品であるのになぜか達成感があります。(笑)
丁寧な作業丁寧な仕上げ、とても素晴らしいです。
いいもの見せていただきありがとうございます。
次も楽しみにしています。


公試
たくさんコメントを寄せてくださってありがとうございます。

>>mabo殿
ありがとうございます、確かにつかれました。
つづけてその2をアップしました。 その3まで引っ張るつもりです・・・

>>Mach0.9殿
ありがとうございます。
臓物工作記録は、ご紹介したいところなんですが、何分写真を残しておりません・・・ 多少なりとものこっているものはご紹介しますんで、また見てください。

>>Satoshi殿
ありがとうございます。 今回は姑息に隠し玉として姑息に進めたこともあり、途中写真がありません・・・ また現在カメラが修理中で、完成状態も今二つです。 折角の完成なのに自分でももったいないです。

>>ラッキーユダヤ殿
ありがとうございます。
実は実物をみるより、写真のほうが大きく見えて存在感があるです。  不思議な感じです。
次は72の零戦にかかります。 ジェットはちょっとお休みします。

>>kpfw殿
ありがとうございます。 
達成感を共感いただけたとしたなら非常に嬉しいです。
しばらくはゆるゆると。



コメントを閉じる▲
しばらく放置していましたVABを一応完成とします。  9/23をもって完成です。

 つける部品が無くなったから 9月23日は完成記念日

前回(いつ?)から、台をつくっての完成です。(そこしか変ってないような・・)

画像サイズはいつもより小さめです。

IMG_0722.jpg  IMG_0716.jpg

10/8 写真を撮り直しました。蛍光灯の下での写真で、上二枚とは色が変わって見えます。 代わり映えしませんです。
DSC00858.jpg  DSC00857.jpg  

ベースの木の板はダイソーで100円でした。

石、砂は三宮のジョーシンの鉄道模型フロアにありました。これをどう接着すればよいのやら?とみると、その隣に「リキテックス マットメディウム」なるものがあり、「ははーん、これね!」というわけで、これも併せて購入、使用しました。  結構良く付きました。

礫の上に砂がかぶった様が、中東の砂漠っぽいかと。(ウソ)

-----------------------------------------------

今回、たまたま模型屋で面白半分で購入し、ちんたら製作中であったVAB4×4を、ネット上の祭りに便乗して完成させました。

AFVはもとより、ミニスケールについて人様に披露・開陳するような何かがある訳ではないんですが、ベースの台を含め、個人的には非常に楽しく製作することが出来ました。

台なんぞ、小学生の頃以来です。 たしか発泡スチロールの板を接着剤で溶かして表面をでこぼこにしたところに、庭の砂を木工用ボンドで付けました。 まあ、30年を経てもあまり代わり映えしませんが。

このエレールの1/72 VAB4×4、よく知らんのですが、マイナーキットのようでネットでの作例は日本のかたでは1例しか見つけられませんでした。 少なくとも珍しいものを完成させたという意義はあろうかと。 湾岸戦争でどうこうというのは全く知りません; キットの説明書に「GulfWar」とあったので、しめしめと便乗した次第です。

最後に、このような場を企画されたmaboさんにお礼申し上げます、どうもありがとうございました。
場にそぐわない作品やもしれませんが、まあ素晴らしい力作揃いのなかで息抜きとして、御笑覧下さい。

-----------------------------------------------
えーっと、maboさんへどうやって完成を通知すればよいのやら??







追記を閉じる▲

【2008/09/24 21:56】 | 模型-AFV
トラックバック(0) |


tiefs_blau99
完成おめでとうございます。AFVも面白そうですね。私も次、タイガーでも作ってみましょうか。
ウエザリングの技術がないので、それがネックになりそうです。


公試
>>tiefs_blau99殿
ありがとうございます。
AFVに限らず、頭でっかちでないプラモ作りは、ジャンルは何であれ楽しいですね。   AFVの塗装はウェザリング、フィルタリング、チッピング となんか小難しいのですが、ど素人には関係ありません!


mabo
こんにちは、公試さん
完成おめでとうございます!
オシャレな雰囲気のヴィネット作品ですね
画像は、この2枚でよろしいでしょうか?
あと2枚ほど追加していただいても大丈夫です。
とりあえずこちらの画像を頂いていきますね
湾岸コンへの参加と素敵な作品をありがとうございます^^


公試
>>mabo殿
さっそくアップして頂きましてありがとうございます。
写真はもっとしっかりしたものを撮りたかったのですが、いつも使っているハンディカム(の静止画)が長子悪く、奥さんのデジカメで代用、こんな結果です。

またマシな写真が取れたらばアップします。
どうもありがとうございました。

コメントを閉じる▲
出張中のごそごそネタを中断し、久しぶりにF-1製作状況を記します。   1ヶ月ぶり?でしょうか。
まあ、ほとんど完成している状態なんで、さっぱり代わり映えがしないかとも思いますが、「オレの中では未だ終わってない!」という熱い想いと御理解頂ければ幸いです。

DSC00848.jpg
要は、ASM-1と落下タンクがぶら下がって、翼端にAIMをつけたということです。
たったそれだけ?の進捗なんですが、ここまでくるのに苦労しました。翼下のパイロンなんか、塗装が終わった翼面にはなかなかしっかりとは接着されなくてぽろぽろ落ちるし、水平尾翼までぽろぽろ取れるし。 こういうところの接着要領については、最後の最後まできっちり仕上げることがめったに無いという経験不足がもろに出た感じです。

ASM-1の先端はフラットブラックを吹きましたが、グレイのほうが良かったようです。 さて、武装類については、世界の傑作機の折込写真の状態を参考としまいた。「こんな状態で飛ぶか?」と問われれば、「よく分からんですが、飛んでいます」と。
-----------------------------------
機体表面のつやがマチマチでかっこ悪かったのでつや消しクリアを吹いていると、カップからクリアがこぼれ尾部にかかるという大アクシデント! 写真で左尾翼付近の胴体緑が剥げているのは、こぼしたクリアをそっとふき取る過程で緑がとれてしまったものです。 幸い、シルバー部にはかからず、昨日緑色のタッチアップを済ませました。
-----------------------------------
のこり部品は以下の5つくらいです。
・前脚のカバー(脚柱につく折れ曲がったカバー)
・主翼前縁フラップの下面付け根につく、小さなカバー(左、右)
・薬きょう排出口のデリンカ
・操縦桿(←未だかよ!!)

それから、レドームはツヤツヤになるようクリアーがけをするつもりです。
-----------------------------------
というところで、あと1,2回で完成です。  
いよいよ見た目には変わりないかと思います。 (でもないです、隠し玉があります)
9ヶ月!?かかってます!






追記を閉じる▲

【2008/09/16 17:50】 | 模型-F-1
トラックバック(0) |


Satoshi(Ex.ろどす太)
9ヶ月というのは意外?でした。
自分が超スローペースだからでしょうか(笑)
迷彩は褪色表現を更に追加されたんでしょうか??
日の丸とのバランスが絶妙だと思いました。
零戦の進捗共々楽しみにしております!


ラッキーユダヤ
苦労された分、完成時の喜びもひとしおかと思います(笑)

かなり仕上がってきましたね、フル装備カッコいいです。

零戦も72スケールにリベットを打たれたのですね、すごいです(笑)
どちらも期待しております、楽しみですね。




公試
>>Satoshi殿
えっ9ヶ月はそんなに長くないですか、ちょっとほっとしました。 購入ペースと完成ペースが全くマッチしていないので、自分のペースは如何なものかと不安に感じておりました。
ご指摘の通り、若干退色させてみました。ただしその辺へたくそなんで、ちょこっとやってみたというレベルです。


公試
>>ラッキーユダヤ殿
このF-1、正直テク的にはそれほど苦労しなかったんですが、労力として疲れました。 というか、飽きました。 
目先を変えての零戦は非常に楽しいです!
fm 公試 at 未だ会社


ハヤテ
楽しかった長い旅も終点に近づいてこられたようですね。

ジェットについては米できるほどの知識経験ともありませんので傍観者になっていましたが、
完成間近の姿はやはりかっこいいですね♪

隠し玉ってまさかサイドワインダー発射なんて・・・(笑)




-
>>ハヤテ殿
ここでは久し振りです!
まさかサイドワインダーは飛びませぬ。次々回あたりでタネを明かします。


tiefs_blau99
お久しぶりです。
かっちょいいですね、F-1。あと少しで完成ということで、頑張ってください。私だと、この辺りからモチベーション急降下なんですよね。

PS
申し訳ございません。フレッチャーかぶってしまいまいた。


公試
>>tiefs_blau99 殿
私も、1)士の字になったところ と 2)塗装が出来て脚が付いたところ で停滞するというか飽きてしまいます。 ブログに載せるようになってこれでも大分ましにはなったのですが、やはり進みません。

フレッチャーも船の形になってすっかり飽きています・・・ すぱっと追い抜いて刺激を下さい!


コメントを閉じる▲
出張中のごそごそ作業報告その2は、72の零戦です。

今回、デティールアップはあんまし(ほとんど)力を注がず、72のリベット打ちにトライしてみることにしてみましたが、その単調な作業は娯楽のない出張先の宿で、寝る前の作業としては最適でした。
ぽちぽちやって、ほとんど出来ました、その結果なんと士の字!ではなく、
DSC00843.jpg
偽十の字。 主翼下面はついていません。 何せ未だコックピットが出来てないもんで。 にもかかわらず、主翼上面は胴体についています! 胴体と主翼上面との取り合いはいつもその処理が悩ましい部分でありますが、今回は主翼上面にとってベストの位置に先につけてしまいました。 それで上反角が正しく付くのか?とか、主翼下面と合うのか?と心配は尽きませんが、このキットは合いがよろしいので、きっと問題ないものと思います。 というか、それならばそもそも胴体と主翼上面のフィッティングを心配すること自体がおかしいような・・・

墨入れをしてリベットの状況を把握しやすくしようとしたのですが、なんか表面がだんだらで見苦しくなりました。 気にしないでやり過ごします。 


------------------------

次はコックピットを仕込み、主翼下面を接着。胴体、尾翼周りに残ったリベット打ちを進めるつもりです。

------------------------

今日月曜日は親族の結婚式です。いやー本当におめでとう!  という訳で模型はお休みです。 3連休でありながらほとんど時間を割けておりません・・・




追記を閉じる▲

【2008/09/15 09:40】 | 模型-零戦
トラックバック(0) |


KPの里
偽十の字、、初めて拝見しました。
新次元の組み立て方を見たような気がして新鮮です。上手くいったらぜひこの組み立て方法参考にさせてください。

それにしても1/72で全面びっしりリベット打ちとは凄いです。
近年のロシア製キットもタジタジですね。


公試
>>KPの里殿
偽十の字、微妙です。詳しくは次回報告の予定ですが、胸を張って皆さんにお勧めは、しかねます。

リベットは72でピッチがどんな感じかと思っていたのですが、結構いけます。これはお勧めです。



g_scotch
72スケールの零戦にリベット、はじめて見ました。
72はリベットをパスできるサイズだと思ってましたが目から鱗ですね・・こういうのを見たらついやりたくなりますよ(笑)
主翼ですが、わたしは先に下側と胴体をくっつけるのですが、その逆もまた真なり?ですね。


公試
>>g_scotch殿
なかなかいいですよね? 思ったよりいいです、やっぱし面倒くさいですが。
主翼は私も普通、胴体に下面をつけて、ついで上面という流れですが、いつも上面と胴体のフィレット部で苦労するので逆にしてみました。 フィレット部はうまくいきましたが、胴体下面と主翼下面の接合部で大分段がつきました・・・





コメントを閉じる▲
出張から戻ってきました。更新を再開します。 (ちなみに今日は日曜日ですが出勤、昼休みの更新アップです)

辺鄙な田舎で8泊を過ごしました。 夜は暇だったので模型をいくつか持って行き、ごそごそ進めておりました。 毎夜アルコール補給後の作業なので、はかどりはしませんでしたが結構楽しめました。

今日はその間の作業報告その1、ミニスケIJA(1)です。 
ミニでスケとくると、アダルト業者のコメントの餌食になりそうですが、ミニスケールのタンクです。IJAは帝国陸軍のつもりです。帝国海軍をIJNと呼ぶのは一般的ですが、IJAはどうなのでしょうか。

フジミ(旧日東)のナナロクを2個持って行き、さくっと組みました。 段差・隙間などは特に気になりませんでした。一式砲の天板にパテ盛りしてますが、実車は溶接の接合線があるようで、そのままでもよかったようです。

DSC00844.jpg

1式砲は、タミヤの35の箱絵をみた大昔から「カバーがかっこ悪いなあ」と思っておったのですが、3次元のモノとしてはじめて見たところ、やはりカッコ悪いです。 乗員に「かっこいい、強そう」と思わせるハッタリをかましたデザインになっていないところに、戦前の日本の工業デザインの弱さ、ひいては工業力の底の浅さを感じました。(感じすぎか) 

さて、このキットは1974年のもののようです。 34年前のものですが、もし、今この内容で発売されたとしても、良い評価が得られそうな内容です。軟質プラのキャタピラ、転輪の精度等足回りが若干つらいところですが、そのほかについて私の技量・知識ではなんら問題ありません。

34年前に発売されたこのキットの水準、またその金型が別メーカに受け継がれ連綿と発売されている現状に、日本の模型文化の厚みを感じました。 こうなると、ファインモールドの1/35なんかも欲しくなりますが、素人はこの辺で止めておくのがよいのかも。 

ちなみにミニスケIJA(2)があるかどうかは現時点で不明です。



【2008/09/14 12:28】 | 模型-AFV
トラックバック(0) |
出張あり、しばらく更新できません。

出張中退屈しないよう、ちょこちょこ持っていきます。 結果は後日報告。

【2008/09/03 07:30】 | 模型-艦船
トラックバック(0) |
free counters