After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
週末は金曜から日曜まで出張なんで代わり映えしないですが今のうちに更新しておきます。

-----------------------------------
デカール貼りに着手しました。 ウェザリングはデカールを貼ってからという順番にしました。 デカールはプラッツの別売りもんです。文句なしの素晴らしい品質です。
DSC00796.jpg
トリミングの都合で4:3ではありません。
昨日までは塗装が単調でどうしたもんかと思っていたんですが、完全にデカールに負けてしまっています。
DSC00798.jpg
デカールを貼り終えた暁には「プラッツのデカールを貼った全長25cmの模型」になってしまいそうです。贅沢な悩みです。

------------------------------------
終盤戦順調かと思いきやここでトラブル発生です。

実は、透明部品を床ワックス「フューチャー」に漬けて透明度アップを図っておりました。 これが効果てきめんで、透明度30%アップ(当社比)という感じだったんですが、塗装のためマスキングを繰り返していたところ部分的にめっきが剥げたような状態になってしまいました。 強固な皮膜と思っていたのですがショックです。
1枚目の写真では判らんですが、実物をみれば、あれま!という感じです。弱りました。 少なくとも全体を剥がして、再コーティングしないまでも磨きなおうそうと思うのですがなんとも気が重いです。 とにかく後回しです。

スポンサーサイト

【2008/06/25 23:12】 | 模型-F-1
トラックバック(0) |


Psycho109k4
フューチャー,試されたんですね。私もシルバーフィニッシュの時に使ってみたいなと思っていましたが、そういう問題もあるんですね。入手はやはり通販でされたのでしょうか?輸入販売元は公試さんの地元に近いようですが。


ラッキーユダヤ
デカールもセットされて完成間近ですね、着々と製作されてさすがです。

塗装もビシッと精悍に決まっていますね、やっぱり技あり!です(笑)






公試
>>Psycho109k殿
「フューチャー」は夙川の有名模型屋でポリ容器に小分けして販売されていたのを買いました。 バキュームのキャノピーの透明度アップに使えれば(いつ??)と思っていたのですが、通常の透明部品にも使えるとの記事を読んで今回初めて使ってみました。  効果はてきめんです。 濡れたようなきれいな透明度がでます。 が、しかし・・・  剥げ具合が微妙で、言われないと気づかないくらいで、修復の要否、迷っております。


公試
>>ラッキーユダヤ殿
プラッツの別売デカールは細かいですが、コーションだらけというわけでもなく何とかなりそうです。 薄くて上質な印刷です。
完成間近! いい響きです。実はそうでもないんですが。


KPの里
フューチャーの透明度は素晴らしいとのうわさは本当だったのですね、私はフューチャーの代わりにオールの床ワックスを使用しております。
透明度はまあまあでしたが塗膜が弱くてすぐ剥がれてしまいます。
ただ、バキュームキャノピで微小な剥がれがあったときはタッチアップして切り抜けた覚えがあります。
最近のIL-4Tではクレオスのメタルプライマーを使ってみましたが透明度は並みのものの塗膜強度は大変素晴らしいものでした。
透明度と塗膜強度は表裏一体ですね。


公試
>>Stabatmater_9殿
微細なはがれをタッチアップというのはギャンブルですね! ちょっとテストピースを作って試してみます。  メタルプライマーもチャレンジしてみます。


g_scotch
キャノピーはあまり気にせずに作ってましたが、こういうJ機はキャノピーの透明感が見せ所ですもんね。いろんなワザがあるんでとても参考になります。困り事も大いに参考にさせてもらいます(笑)。F2いよいよ完成ですね。


公試
>>g_scotch殿
大戦機なら多少のキャノピーの曇り何ぞまったく気にならないのですが、ジェット機ではそうもいきません。 雑誌やネットで情報過多なのはよしあしですね。


コメントを閉じる▲
F-1は迷彩をほぼ終えました。が、なかなか難しいです。

-----------------------------------------
今日は子供が熱を出して寝込んでしまったので急遽会社を休んで病院に連れて行きました。 よって昼間にこうやって更新しております。 きっと、最近模型に時間を割けずいらいらしている父親を慮っての発熱でしょう、親思いの子です。
-----------------------------------------
3色迷彩を終えてマスキングを外すと、「これはまさしく全長25cm、1/72のプラモデル!」という雰囲気でありました。 なにが悪いんでしょうか? 

DSC00795.jpg
うーん、いやちょっと・・・
DSC00792.jpg
明るめのタンをあとから吹いたのがみえみえでいけてないです。

今回は暗色立ち上げではなく、ごく普通にそれぞれの色を吹きました。小スケールで暗色立ち上げをやるとおもちゃっぽくなるかなあと考えたんですが、すっきりをねらtった塗装は単調に仕上がり、すっかりおもちゃ然な雰囲気です。  

小さい分、単調さが目立ちます。 ちょっとした粗もよく目に付きます。 72は48より小さい分簡単かと思いきや、ずっと難しいです。 

これから何とか立ち直らさんといかんなあという感じです。 パネルラインを暗く吹くか、或いは退色をやるか、はたまた、AFVのフィルタリング的に違う色目を入れてみるか。 いろいろやってみます。





追記を閉じる▲

【2008/06/23 14:52】 | 模型-F-1
トラックバック(0) |


Psycho109k4
ここからが楽しい、と言えなくもないですよね。きっと、’さすがぁー!!’と思わせる方向に持って行かれるものと期待しております(^o^)


公試
>>Psycho109k4殿
ここからが私には苦痛です。でもって、72のジェット、なかなか難しいです。これまでの自分のエー加減な工作の進め方では、終盤に粗ばかり目立ってしまいます。
気合を入れなおして、終盤頑張ります。

コメントを閉じる▲
今週末も夜行列車で首都圏に出張でありました。 2週連続での夜行明けはしんどいです。 

夜行では、再び「夜行車中モデリング」を試みましたが、今回は失敗しました。 すなわち前回(先週)ピンセットを持っていかなかったため積み残した部分を、ピンセットを持参して片付けようとしたのですが、揺れる揺れる! 細部の工作となると、先週はほとんど気にならなかった列車のゆれが、もろに効いてほとんど作業になりませんでした。 というか、マジ吐きそうになり、諦めて寝ました。


さて、金曜日出張の帰り、ハナキン(私語)は新幹線が激コミゆえ朝のうちに予約しておいたのですが、意外に早く業務終了、1時間程時間が出来たので秋葉原のイエローサブマリンに寄って帰りました。 仕事に頑張った自分にプレゼント、忙しい時ほど何か買って帰りたい! 新製品はというと、WL赤城3段甲板!! 欲しいですねー、でも絶対作るはずがない・・ 他はこれといって無し。

それでも何か買って帰らないことには納得いかん・・ と未練たらしくグダグタしていると、白髪交じりの短髪のおっさんが女性と来店しました。 店員があわてて「店長!」と呼んでます。 誰?かというと・・・・・
横山宏氏でありました。マシーネンクリーガー? SF3D? の横山氏です。

確か45,6くらいの方だと思うのですが、白髪交じりで見た目その通りでした。 なんとなく背が高いというような思い込みがあったのですが、小柄な方でした。 漫画家のいしかわじゅん氏と頭のなかでごっちゃになっていたような。(なんで混同するのか、自分でもよくわかりません)

なんとなく、さすが大都会東京!と感じ入ったしだいです。

結局、キットは買わずに帰ってきました。


追記を閉じる▲

【2008/06/22 18:28】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
1日2回の更新は、やけくそです。

--------------------------------------------
先週木曜に急遽出張が決まり、木曜夜の夜行で首都圏に出向きました。

一旦家に帰って出張用意を整え、夜間に出発です。 用意にはモバイル用模型も含まれます。今回のキットはこれです。
M02362044-01.jpg
ドイツの現用自走榴弾砲です。なんでドイツ人がつくるとこうも凶悪になるのでしょうか。 

なぜにミニAFVかというと、以前にも書いたんですが、
1)塗装なしで工作だけどんどん出来る。 飛行機はまずコックピットの塗装が必要なので×
2)組み立て後かさばらない。 飛行機は箱以上の大きさになってしまいます。
ということです。 ストックをごそごそ物色してみて、すり合わせ・パテ埋めが必要となるキットはダメ、ピンセットを要するようなパーツが多いのもダメ、と消去法により本キットとなりました。実車両については、例のごとく何もしりません。

ちなみに同じような自走榴弾砲でこれも手元にあってこれなら湾岸ネタにも使えるかも!と思ったんですが、複数のキットを一つの箱に押し込んで収納場所を節約する「箱イチ」の弊害で説明書が見当たらず、残念ながら断念しました。
14965.jpg


持参工具はニッパー、デザインナイフ、小型やすりセット、タミヤの緑ふた接着剤のみです。ホテルで連泊するような出張でもないのでこれで十分と踏みました。


利用した夜行列車は「サンライズ瀬戸・出雲」。 乗車駅 姫路が11:35、目的地横浜は06:44です。乗車後、寝る前の1時間程の作業が目標となります。 さて、最近の寝台はB寝台でも個室です。昔のような、カーテン一枚で仕切ってというものではありません。照度もそこそこあります。揺れも大したことありません。 昔は寝付くこと自体が大変だったですが、快適なもんです。 当然飛行機のような手荷物チェックで有機溶剤を取り上げらるようなことはありません。 

AFVのうっとおしいところは転輪・キャタピラです。 飛行機のコックピットみたいなもんです。 自宅で多数のストックに囲まれていると、面倒くさくて手をつけようという気にならないんですが、このようにこれしかないとなると、意外とそれほど苦痛でもありません。サクサク作業が進みました。 で、足回りだけほぼ組めたところで就寝時間となりました。 

今回はここまでの予定だったんですが、(仕事としては悪い展開で)、現地1泊となり、金曜夜ホテルで続きの作業となりました。 その結果、ピンセットを要するような細かな作業を除いて組めました。下図は家に帰ってから90式と並べて撮ったものです。 車体側面のパテは帰ってきてからの日曜日の作業です。
DSC00776.jpg

この状態で残りは、ライトやバックミラーのような細かな部品のみです。 実は持ち帰る過程で、砲身を固定するトラベリングロックという部品が折れてしまいました。砲身の根っこにあって乗っけている部品で、本当はもう少し上下に長いんですが先っちょの華奢な部分が折れてなくなってしまいました。まあプラ材でそれらしくなんか付けます。

それにしても長い砲身です。 wikipediaによると8mもあるそうです。 90式の120mm滑空砲が短小に見えてしまいます。もっともこのフジミの砲はどうも小さくて修正が必要なポイントではあるようです。 車体自体は同等です。 

ついでにVAB 4×4と並べての1枚。 車体自体はそう大きくないことがお分かりいただけるかと。VABはというと、吹き付けの上に施した筆塗りがコテコテだったんで、こんどは筆塗りの上にエアブラシでサンドイエローを吹きつけ、若干落ち着かせたつもりです。 なにぶん、ど素人の試行錯誤なんで右往左往しています。 実は落下事故があって、せっかくつけたフック類がなくなっています・・・・ 
DSC00778.jpg


---------------------------------------
今回の出張は、今後の大きなヤマの事前打ち合わせという位置づけでした。 まあこの御時勢、40過ぎのおっさんとしては、ある程度仕事が忙しいほうがいいんでしょうが、ますます自分の時間を食われそうです。 で、時間が出来たところで模型を弄っていると今度は家族と揉めます。悪循環です。 家族あっての、仕事あっての余暇でありますので贅沢は言えませんが、イライラは募ります。


追記を閉じる▲

【2008/06/16 11:34】 | 模型-艦船
トラックバック(0) |


ラッキーユダヤ
緊迫感溢れる記事でありますね、でも公試様の努力というか飽くなき模型への愛情を感じました。

どうか嫌にならずに末永く製作活動を継続される事をお祈り申し上げます。

40過ぎのオッサンが一生懸命になれる趣味ってそうそう存在しないと思いますよ(笑)

多分、私とトシも近い公試様…、仕事が忙しいのは大いに結構ではありませんか、背負うものも大きくなった世代として自由闊達な模型ライフを送られる事を心よりお祈り申し上げます。

最後にまたまた「模型は逃げない!」=これ公試様の格言ですよ(笑)






公試
>>ラッキーユダヤ殿
ありがとうございます、大いに励まされました。 
今日は何としても仕事を早く片付けて家に帰って家族と団欒して、そんでもって模型を1時間弄るか!という前向き(?)な気持ちになってきました。
「模型は逃げない」! わし、エエこと言いますなあ~(笑)

いずこも同じ
ブラシ
公試さん、こんちはっす!
>イライラは募ります
単身赴任中の身には、よー分りますわ!
まともに模型いじれるのは帰省する土日だけなので、
次はあれしてこれして・・・なんて考えていても、
家に帰れば帰ったでくだらない用事のオンパレード!
参るよねー・・・(泣)


公試
>>ブラシ殿
分かっていただけますか!
土曜日出勤で、休みが日曜だけとなった場合には、特に私の模型フラストレーションと、奥さんの育児・家事疲れが正面から衝突します。  まあ相手の気持ちも分かるんですけど、私の気持ちも分かってよ と。  

コメントを閉じる▲
F-1は現在塗装工事中です。下面を終え、上面3色め最後の色を吹き付け中です。
DSC00771.jpg
というか、今週はここでタイムアップです。 あと1時間もあれば4色を一通り吹きつけできたところですが、まあ仕方なし。 このままの状態でまた1週間熟成です。

アップで見ると、まだまだらというか、均一になっておらず薄い箇所があちらこちらにあります。
DSC00773.jpg


塗り分けには初めてブルタックを使用してみました。 腰のつよい練り消しゴムのようなものです。 これを細く延ばして境界に貼り付けたあと、内側をマスキングテープの細切れで埋めました。
使い勝手はというと、なかなか難しいです。 貼り付けた後ももうチョイ曲げたり延ばしたり調整がきくので、様子をみながら自然な塗り分け線を作りやすいです。 その一方で、なかなか均一な太さに延びないので、ボケ幅を揃え難いかと思います。 また、断面が丸くできたらいいのですが、貼り付けたり、延ばしたりしていて台形になってしまうとますますボカすのが難しくなります。 粘着力についてはそこそこ。   
結局のところ、型紙と比べてどうかというと、形は作りやすいがぼかしにくい、という感じです。

-------------------------------------------
土曜日に出張から帰ってきて、日曜に細切れの時間を費やしてここまでやっていたら、奥さんからクレームの声が。 「子供じゃあるまい、部屋に篭るな! 休みくらい子供の相手をすべし!」 もっともであります、すんませんなあ。 うまくいかんです。


追記を閉じる▲

【2008/06/16 07:31】 | 模型-F-1
トラックバック(0) |
先週に続き、今週も大トラブル!・・・  ということで急遽夜行にて東京圏に出張となりました。 えらいことです。
以下は連日の更新を目論んでちまちま書いていたものですが、のんびり推敲してる場合でもないのでさっさとアップしてしまいます。  

道中、仕事のことばかり考えるのも寂しいことなので、夜行モバイルモデリングを敢行します。

-----------------------------------------
F-1も後半戦突入ですが、早くも次に気持ちが移っています。「そんなことやからなかなか完成せんのじゃあ!」というご意見もっともですが、基本的に塗装より工作が好きなため、気持ち的にはピークを過ぎております。


さて、何をやるかというと、以下にヒント?があります。  これは最近1ヶ月、検索から本ブログにこられた方の検索フレーズです。 これらのうち、「雷電」「フィアットG55チェンタウロ」については、結構力を入れて製作したので、「えー、えー、皆さん何かの参考になろうかと思います。 どうぞ参考にしてください、はい。」というスタンスです。 24位にランキングされた(というか10位以下は全て1件なんで順位になんら意味はありませんが・・)「尼さんフェチ」は面白すぎます。 91位の「1/48 Ju388」ってそれは凄すぎでしょう! そんな野心はありません。 F-104も多いですね。 F-1はフォーミュラー1と誤まって誘導されたケースがまま見られます。 173位の「エバーグリーン ポートアイランド 問題」は台湾の海運会社エバーグリーン が神戸ポートアイランドにコンテナヤードを構えていて何か問題を抱えているのでしょうか? 


1 [Google] ヒートペン 2.1% 4
2 [Google] He219 1.5% 3
3 [Google] B777 製作記 1% 2
4 [Google] プラモデル 製作 窓 旅客機 1% 2
5 [Yahoo!JAPAN] He219 1% 2
6 [@nifty] undefined 1% 2
7 [Google] 模型 雷電 1% 2
8 [Google] L5 クレオス 除去 水滴 1% 2
9 [Google] 引き取り 雑誌 1% 2
10 [MSN] fiat g.55製作記 0.5% 1
11 [Google] モットリング 0.5% 1
12 [Google] Ju-188 イタレリ 0.5% 1
13 [Yahoo!JAPAN] 重巡高雄 制作記 0.5% 1
14 [Yahoo!JAPAN] 350 ゴールドメダル 高雄 0.5% 1
15 [Yahoo!JAPAN] キー94 製作記 0.5% 1
16 [Google] コクピット 色 雷電 0.5% 1
17 [Google] アヴェンジャー 製作記 0.5% 1
18 [Google] 彩雲 制作 模型 0.5% 1
19 [Google] フライングテール構造機構 0.5% 1
20 [Google] ブログ 艦船模型 0.5% 1
21 [Google] チェンタウロ 製作 0.5% 1
22 [Google] FIAT G55 0.5% 1
23 [Google] シートベルト 自作 製作記 0.5% 1
24 [Google] ”尼さんフェチ” 0.5% 1
25 [Google] 塗装 雷電 0.5% 1
26 [OCN] f-104 0.5% 1
27 [Yahoo!JAPAN] 1/72 F-104 製作記 0.5% 1
28 [Google] F-104 塗装図 0.5% 1
29 [Google] AFV 現用 製作 0.5% 1
30 [Yahoo!JAPAN] F-1 模型 0.5% 1
31 [Google] Bf-109 リベット 0.5% 1
32 [Google] ハセガワ ビジネスジェット 0.5% 1
33 [Google] F22製作記 0.5% 1
34 [Yahoo!JAPAN] VAB 0.5% 1
35 [Google] BF109e 塗装例 0.5% 1
36 [Google] 製作記 プラ模型 0.5% 1
37 [Google] FIAT G55 0.5% 1
38 [Yahoo!JAPAN] ガンベイ 0.5% 1
39 [Yahoo!JAPAN] F-1 ラジエター 0.5% 1
40 [Google] スジ彫り 悩み 飛行機 0.5% 1
41 [Yahoo!JAPAN] ダイセル化学 転職 0.5% 1
42 [Google] スプリンター塗装 0.5% 1
43 [Google] F-104 塗装 0.5% 1
44 [Google] ミニスケール 0.5% 1
45 [Google] キャノピー 心神 0.5% 1
46 [Google] シートベルト 鉛板 0.5% 1
47 [Google] フィアットG55 0.5% 1
48 [Yahoo!JAPAN] ボーイング314 図面 0.5% 1
49 [Google] 製作 雷電 0.5% 1
50 [Yahoo!JAPAN] フィアットG55 0.5% 1
51 [Yahoo!JAPAN] IKEA キャノピー 0.5% 1
52 [Google] f-22 hasegawa 0.5% 1
53 [Google] メッサーのリベットうち 0.5% 1
54 [Google] エアブラシ テクニック 希釈 0.5% 1
55 [Google] 1/144 コンステレーション 0.5% 1
56 [Google] コクピット マッキ205 0.5% 1
57 [Google] レオナルド尼崎 0.5% 1
58 [Google] 休刊 電撃スケールモデラー 0.5% 1
59 [Yahoo!JAPAN] ヒートペン 0.5% 1
60 [Yahoo!JAPAN] ファインモールド 作例 零戦 0.5% 1
61 [Google] アイリス ウーフー 0.5% 1
62 [Yahoo!JAPAN] アルティプラスト 0.5% 1
63 [Google] B25製作記 0.5% 1
64 [Google] プラ板鉄道模型の製作 0.5% 1
65 [Yahoo!JAPAN] 針やすり 0.5% 1
66 [Google] f-15 製作記 0.5% 1
67 [Google] F-18 制作記 0.5% 1
68 [Google] Fiat G-55 0.5% 1
69 [Google] プラモデル 突リベット 0.5% 1
70 [Yahoo!JAPAN] 休刊 電撃スケールモデラー 0.5% 1
71 [Google] Ju-188 ドラゴン 0.5% 1
72 [Yahoo!JAPAN] 1/48 ウーフー タミヤ ブログ 0.5% 1
73 [Yahoo!JAPAN] 艦船リベット打ち 0.5% 1
74 [Yahoo!JAPAN] カラーボックス 作り直す 0.5% 1
75 [Google] 塗装色 雷電 0.5% 1
76 [Google] アクセルワーク 三宮 0.5% 1
77 [@nifty] He219 0.5% 1
78 [Google] 端歩を突く 0.5% 1
79 [Google] プラ模型 艦船 製作 0.5% 1
80 [Google] ウーフー 為則 0.5% 1
81 [Yahoo!JAPAN] 艦船模型製作日記 0.5% 1
82 [Google] TAMTAM尼崎店 0.5% 1
83 [Google] P39 脚庫 0.5% 1
84 [Google] Ju188 ドラゴン 0.5% 1
85 [Yahoo!JAPAN] F-1 シートベルト 自作 0.5% 1
86 [Google] 末尾のWとは 0.5% 1
87 [Google] ブルーエンジェルス ミニクラフト 0.5% 1
88 [Yahoo!JAPAN] 1/20 F-1 製作 0.5% 1
89 [Google] F-104 0.5% 1
90 [Google] 飛行機プラモデルの制作 0.5% 1
91 [Google] 1/48 JU388 0.5% 1
92 [Google] -1/72 -yahoo -楽天 -通販 トムキャット フジミ 0.5% 1
93 [Yahoo!JAPAN] F-22 飛行機模型 0.5% 1
94 [Google] ヒートペン ビット 自作 0.5% 1
95 [Google] インクジェット デカール 作例 0.5% 1
96 [Google] F-4 製作記 0.5% 1
97 [Google] シートベルト作成 製作記 飛行機模型 0.5% 1
98 [Google] hasegawa 疾風 0.5% 1
99 [Google] P-39 迷彩色 0.5% 1
100 [Yahoo!JAPAN] スジ彫り 模型 0.5% 1
101 [Google] ブログ 艦艇 模型 0.5% 1
102 [Google] プラモデル 屠竜 0.5% 1
103 [Google] プラモデル 白地デカール 0.5% 1
104 [Google] コンステレーション 0.5% 1
105 [Google] 1/72 F-111 製作 0.5% 1
106 [Google] 製作記 飛行機模型 0.5% 1
107 [Google] 314について 0.5% 1
108 [Google] ガイドテープ 筋彫り 0.5% 1
109 [Google] He219 ウーフー 0.5% 1
110 [Google] He219 Uhu 0.5% 1
111 [Goo] 700 スケールモデル マスキング 艦船 0.5% 1
112 [Yahoo!JAPAN] プラモ製作 0.5% 1
113 [Google] F-104 デカール 0.5% 1
114 [Google] blog F104 0.5% 1
115 [Google] F15製作記 0.5% 1
116 [Yahoo!JAPAN] フィニッシャーズ ラッカーパテ 0.5% 1
117 [@nifty] F-18 1/48 製作記 0.5% 1
118 [Google] G55 fiat 0.5% 1
119 [Yahoo!JAPAN] プラモデル製作記 0.5% 1
120 [Yahoo!JAPAN] ラプター 製作 電撃スケールモデラー 0.5% 1
121 [Google] F104 模型 0.5% 1
122 [Yahoo!JAPAN] He219 0.5% 1
123 [Google] スプリンター塗装 方法 0.5% 1
124 [Google] 研究 筆塗り 模型 0.5% 1
125 [Google] 艦船 甲板 塗分け 0.5% 1
126 [Yahoo!JAPAN] 製作 雷電 0.5% 1
127 [Yahoo!JAPAN] CMK アイリス バーリンデン 0.5% 1
128 [Google] スジ彫り テプラ 0.5% 1
129 [Google] スジ彫りの方法 0.5% 1
130 [Google] 1/72 製作記 0.5% 1
131 [Google] Bf-109E 0.5% 1
132 [Google] "tk-x" 0.5% 1
133 [livedoor] 塗装 雷電 0.5% 1
134 [Google] 飛行教導隊のT-2/F-15 0.5% 1
135 [Yahoo!JAPAN] バーリンデン プラモデル 0.5% 1
136 [Google] パイピング 脚庫 0.5% 1
137 [Google] 翼端灯 雷電 0.5% 1
138 [Google] NT サークルカッター 0.5% 1
139 [Yahoo!JAPAN] bf109e 0.5% 1
140 [Google] http://misname.blog83.fc2.com/ 0.5% 1
141 [Google] キット チェンタウロ 0.5% 1
142 [Google] 模型用のサーキットブレーカー 0.5% 1
143 [Yahoo!JAPAN] he219 0.5% 1
144 [Google] モットリング 飛行機 0.5% 1
145 [Google] ダイセル 座席 0.5% 1
146 [Google] イタリア機 シートベルト 0.5% 1
147 [Google] 万年皿 0.5% 1
148 [Google] 90式 フジミ 0.5% 1
149 [Google] キ94 模型 0.5% 1
150 [Google] ビスマルク 製作記 0.5% 1
151 [Yahoo!JAPAN] MC205 ハセガワ 0.5% 1
152 [Goo] bf109 繧ケ繝壹ャ繧ッ 0.5% 1
153 [Google] 1/72 F-104 製作 0.5% 1
154 [Google] 忘却のブログ 0.5% 1
155 [Google] 120ミリ滑空砲 チェンタウロ 0.5% 1
156 [BIGLOBE] 飛行機プラモデル雷電 0.5% 1
157 [Google] bf109 プラモデル 製作 0.5% 1
158 [Google] F-104 本 0.5% 1
159 [Google] 72 b-58 模型 0.5% 1
160 [Google] he219 0.5% 1
161 [Yahoo!JAPAN] b-58 プラモ 0.5% 1
162 [Google] bf109 ハンス・ハーン 0.5% 1
163 [Yahoo!JAPAN] 重巡青葉 模型 0.5% 1
164 [Google] F-4 製作 0.5% 1
165 [Google] M61バルカン 写真集 0.5% 1
166 [Yahoo!JAPAN] 模型 雷電 0.5% 1
167 [Yahoo!JAPAN] プラモ用デティールアップパーツ 0.5% 1
168 [Yahoo!JAPAN] 横浜駅 中古模型 0.5% 1
169 [Yahoo!JAPAN] he219 タミヤ 0.5% 1
170 [Google] 雷電製作記 0.5% 1
171 [Google] エポキシパテ ヒケ 0.5% 1
172 [Google] コード式のインパクトドライバー 0.5% 1
173 [Google] エバーグリーン ポートアイランド 問題 0.5% 1
174 [OCN] BF109塗装例 0.5% 1
175 [Google] ホンダジェット 模型 0.5% 1
176 [Yahoo!JAPAN] 1/48 uhu タミヤ 0.5% 1
177 [Google] 色合わせ 塗料 模型 0.5% 1
178 [Google] デカール 計器盤

中には非常に
心苦しいものもあります。検索件数が多数あるものの当ブログにはなんら有益な情報のないものです。 それはHe219ウーフーです。2,5,77,109,110,122,143,160,169,176とウーフーの検索でこられた方が並んでいます。 ホント、人気のある機体だなあと思います。

私はもう10年くらい前?にタミヤの48でレジンパーツを仕込もうとして挫折したきりです。 といいながらレジンパーツを買ったりしてたのですが、雑誌、ネットで目が肥えてしまった今、改めて48でレジンパーツを仕込んだようなウーフーを作りきる自信がありません。

そこで、次は、72で、ウーフーを作ろうと思いました。 自分としても大好きな機体で、48は無理としても何とか1機ものにしたい。 ドラゴンのよいキットもある。 そしてウーフーは資料が非常に少なくあれこれ調べまわらなくてよいという利点があります。 なにせ、世界で一番詳しい資料は「世界の傑作機」で間違いなかろう、と思います。 更にデティールアップパーツは、エッチングが少々、レジンパーツもタイヤ位しかないようです。 ますます良いです。

ドラゴンのキットは最近になっていろいろバージョンが出てますが、当然一番かっこいいA-7がターゲットです。  でもって、手元にはA-0とB-1?があります。なぜにA-7が無い!  

仮組みです。パーツの合いがイマイチで、翼の角度がさっぱり決まりません。これが足をひっぱってかっこよさ全開とはなりません。
DSC00770.jpg


まあ早くて秋口くらいから着手できれば・・・と思っています。ぼちぼち妄想を膨らませて行きます。

-----------------------------

次回更新はトラブル次第ということで。


追記を閉じる▲

【2008/06/11 12:52】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


まつよっし
ウーフーはカッコエエですよね~♪ワシも1/48タミヤ、1/72ハセ・ドラと持っておりますが、そういえば確かにA-7はタミヤの1/48しかないです。しかもあのウネウネ塗装を考えるといつもビビってしまいます(汗)そうしてまたソッと箱を閉じる日々が続いております(笑)


Psycho109k4
次作、ウーフーですか!実は私も大好きな機体です。ルフトバッフェの夜戦はどれも好きなのですが、中でもウーフーが一番ですね。為則氏のフラフィー連載分の航フは、いつでも見られるように手近に置いてあります。なのですが、やはり私も1機も手を付けた事がありません。いつの日か・・・とは思うのですが。


シミソ
ドラ72は組みにくくないですか?
ウチにも在庫2種がありますがブラックウイドウ.ともども組みにくそうで袋から出すのを躊躇しております(笑)
ドラ72のTa152H-1で凝りました(笑)

航空ファンで国江隆夫氏がHe219に関しても連載されていました。(世傑でまとめられた?)
こういっちゃだめなんでしょうけど世傑もドイツ機にかんしてはN氏から国江氏(作画:小泉氏)に代わって信頼度が増したように思えます。


公試
出張から帰ってきました。
>>まつよっし殿
かっこええですねー、ウーフーは。 ということでひとまず宣言して頑張ろうと思います。 塗装はどれも大変そうですがまあ先のことなんで。


公試
>>Psycho109k4殿
航フのフラ・フィー懐かしいですねー! たしか1/32でバキュームでウーフーにトライされていたんでしたっけ。  実は私がウーフーを好きになったのは多分に氏の影響であります。


公試
>>シミソ殿
たしかにドラゴンはちょっと手強そうです、テープで仮組みしてみて、おやおや?という感じです。
N氏から国江氏・・というのは全く同感です。 伝聞ではない、1次資料に直接あたっている確からしさがあります。 Me410なんかも世傑にまとめて欲しいです。


コメントを閉じる▲
F-1は現在塗装前の準備作業中です。 特に面白くもない内容ですがだらだらと記します。
仕事で火急のトラブル対応あり、先週後半から俄然忙しくなり、土曜日は出勤でありました。 日曜は休めたので、朝、早起きしてプラモを弄りました。

朝五時に起床、五時半から作業開始。8時まで2.5H作業でき、なんかほっとしました。 朝早起きしてプラモを弄るのは、小学生の時以来です。 確かWLの何かを買ってもらって嬉しくて、学校に行く前に組み立てた覚えがあります。 あれから30年、進歩のないバカです。 

作業はまずマスキングから。 コックピット、電子機器室、ガンベイをマスキングテープの細切れで塞いでいきました。  次いで脚周り。 すでに完成状態にある前脚・主脚はマスキングテープでこてこてにすると剥がす際に壊す恐れがあるので、ティッシュの細切りを包帯よろしくぐるぐる巻きにして、そのうえからテープでほどけないよう固定しました。  インテークはぬらしたティッシュを丸めて詰めました。これは、乾燥してしまうとスカスカになってしまいイマイチでした。   前部風防はマスキングテープの細切りで周囲を縁取って、中身はマスキングテープの細切れで埋めました。 マスキングゾルは使いませんでした。(なんかナイフであらぬところを切ってしまいそうで恐ろしいです)

マスキングが出来たところで、サーフェイス吹きに先立ち細部をチェック。 ここでアンテナが1個脱落していることを発見・・・ へこみます、が、時間もかぎられているのでさっさと作り直し。

このへんで○時○分、寝室の一角、「書斎コーナー」で作業中の私の背中で御就寝中であった奥さんが起床、リビングへ移動したので、これ幸い、エアブラシ作業。  ホワイトサーフェイサーを薄めてエアブラシ吹き。 サフは特に臭いんで、一人きりの状況でしか作業できません。  全体を軽く1回吹いた後、埋まり気味のスジ彫りを掘り起こしたり、リベットをつつき直したり、また筆で部分的にタッチアップしたところで時間となりました。

DSC00765.jpg

代わり映えしない写真ですがマスキングの様子や、アンテナが見て取れます。インテイクのマスキングは脱落しています。

全体を見回すと今回あちこちに手を入れた結果、あちこちがキズだらけです。 平日はうるさい・臭い吹きつけ作業はできませんので、1週間ピッチの進捗となりますが、来週末はいよいよ下面色を吹きたいと思っています。


追記を閉じる▲

【2008/06/10 23:24】 | 模型-F-1
トラックバック(0) |
VABにつづいてはF-1の状況を、と行きたいんですが、目だった進捗ありませんという報告だけです。

今何をやっているかというと、塗装前に片付けておくべき機体外面のちょこまかした細工を実施中です。 残りは、アンテナ、AOAセンサー、垂直尾翼のピトー管といった小物の製作・取り付けです。 大したことは無いんです。気合入れたらすぐ出来そうですが面倒でさっぱりやる気がおきません。1週間位眺めているだけです。 

その他:

「電撃スケールモデラー」(以下DSM)が休刊となりました。 1年もたず?残念です。 

私は模型誌についてはスケールアビエーション(SA)をずっと買っていて(これは飛行機専門誌ということだけで惰性)、後は中身次第でモデルアート(MA)やモデルグラフィックス(MG)を時々買ってます。マスターモデラー(MM)は4年ほど購読して止めてしまいました。 

DSMは半分強くらいの比率で買っていて結構楽しみにしていました。 1)作例は丁寧ですばらしいし(SAは一時期何じゃこりゃっちゅうのが・・)、2)記事は落ち着いているし(MGは青臭すぎる 何を語ってもチェリーボーイの誇大妄想話に聞こえる)、3)装丁はきれい(MAはいつまでたっても垢抜けん)、4)アニメ・美少女が無くて電車でも読める(児童ポルノ規制が厳しくなった今、もはやMGは新製品紹介欄だけであっても美少女フィギュアを一切載せるべきではない!) ということで、「電撃」というイメージとは裏腹に、スケールモデルの真ん中を行って各誌から読者をうまく取り込み、かつ、出戻りも若年層も引き付けて結構行くのでは・・ と思っていたのですが。

以前、モデルアートが飛行機モデラー向けにMーcatsを創刊しましたが、これも1年前後?で終わってしまいました。(全号古本屋に処分したなあ・・) そういえばホビージャパンはHJ+を4号ほど出しましたがその後どうなってんでしょうか。
結局、1)奇をてらわない丁寧な作例、2)安心して読める記事、3)きれいな装丁、4)アニメ・美少女抜き、という模型誌は売れない、マーケットが無いということなんでしょうか?

一応、「休刊」ということなので、いつか隔月でも復活することがあるとして、個人的希望を。

1)コストかけすぎ。   紙質が良すぎました。活字主体の読み物の記事についてもつるつる紙は無駄でした。 背中が接着の無線とじ?も贅沢。 もっと安い紙で、中綴じ すなわちMGの体裁でよいです。 
2)現用機を取り上げる心意気や良し
私が一番好きなのは大戦末期のレシプロ機ですが、さすがに若年層を惹きつける将来性がないと思います。 もはや現用機主体で行きましょう。
3)ジャンル毎の記事のバランスはちょうどよかったのでは。 
4)マニア度というか、作例の凝り具合もちょうど良かったと思います。
5)速報性と資料性のバランスという点ではもう少し資料性側に振ってもよかったような。

結局、同じような本を安いつくりで800円位にまとめて、MAみたいに小口の広告もかき集めたら大きな商売にはならなくても成り立つのではと思うんです。 タミヤモデルマガジンのような装丁でもう少し厚めの雑誌。 しかしそんな小さなビジネスはアスキーメディアワークスという会社にはなじまないんでしょうか・・・

以上、「えらそうに語るおのれは何様のつもりじゃ!」


追記を閉じる▲

【2008/06/04 12:51】 | 模型-艦船
トラックバック(0) |


kpfw
早すぎる休刊でしたねぇ・・・
おっしゃる通りタミヤ本や海外の模型誌のように安い紙、たくさんの広告で出せないもんでしょうか?
その手の雑誌と提携していくつかの記事は翻訳版でもいいと思うのですが・・・
なかなかこのご時世難しいのでしょうね。


公試
>>kpfw殿
いやもう全く同感です。 安い紙、たくさんの広告で構わない、いくつかの記事は海外誌と提携した翻訳記事でいいというかそんな雑誌が欲しいです。 小さなマーケットですが、ニッチな雑誌としてなんとかなりそうに思うんですけどねえ・・・



ラッキーユダヤ
私の少年時代では考えられない模型環境であります。

善し悪しはともかく、ネットの発達により情報量が格段に違います。

飛行機専門誌なんて、私達が子供の頃に存在したでしょうか?

かような今のご時世、私のようなトウシロにはウハウハな時代…とは参りませんで、

「買って損した!」と思わない限りウェルカムですが、公試様のハードボイルド・モデリングを見てしまうとどの模型雑誌も手ぬるいと思ってしまいます。

これって中毒なんでしょうか?(爆)






公試
>>ラッキーユダヤ殿
たしかに現在の模型環境というのは隔世の感がありますね、模型誌は数誌あって、ネットで詳しい資料が集められて。 静岡でイベントがあれば即、詳しいレポートがネットに掲載されますし。 そのうえ、さらに「こんな雑誌」というのは贅沢ですね。 
ハードボイルド路線はちょっと息継ぎ中です。




コメントを閉じる▲
息抜きではじめたVABですが、苦戦しております。

塗装が難しいです。 サンドイエロー?は以前に吹きつけ済み、週末は適当に作った2色目の暗いオリーブドラブ(仮称ダークオリーブドラブ)を、エアブラシでフリーハンドで吹き付けたところ、これがさっぱりでした。

ノズルを一番絞ってそーっと吹き付けたんですが、どう見ても全長5cmの模型にしか見えない惨状となってしまいました。 AFVは表面がごつごつしていてボケ幅が揃わず、それが5cm感を醸し出すようです。表面つるつるの飛行機とは勝手が違います。

仕方無いんで、方針を180度改め、ボケなしの筆塗りとすることにしました。サンドイエローとダークオリーブドラブを共に筆で塗りなおした結果が下図です。 前回とえらく雰囲気が変わってしまいました。
さすがに正視に耐えれん今回は、サイズを縮小してお送りしております。
DSC00756.jpg
注釈が必要です、タイヤはまだ塗り分けていません。 筆塗りで試行錯誤のあとも生々しい塗り分け線が「イタい」です。


にも関わらず2枚目、3枚目。
DSC00757.jpg
DSC00755.jpg

だんだんカタチに目がなじんできてかっこよく見えてきました。 なんとかそれなりに仕上げてあげたい、という気持ちも芽生えてきました。 しかしながら、テクが・・・

AFVには、「ドライブラシ」や「フィルタリング」やら、難しい塗装のテクニックがありますが、さらに、ミニスケールにはまた独特のテクが必要なようです。 それがいかなるものか分かっていないのが辛いところで、ただこのままじゃあいかんやろうと、漠然と感じるのみです。 このあと細部の塗り分けや、ドライブラシをやったらばもうちょっとは見られるものになるのでしょうか? 人様の目に晒すにあたり、このまま進んでいいのでしょうか!? 


追記を閉じる▲

【2008/06/02 08:02】 | 模型-艦船
トラックバック(0) |


KPの里
小スケールのAFVって塗装の難しさはトップクラスだと思います。
私もエアフィックスの地上機材セットやら上陸用舟艇などを作ろうと画策しておりますが塗装表現のところでなかなか良いアイディアが浮かばず停滞しておりました。
迷彩の塗り分けは最近流行の筆塗りで行くか極細ハンドピースで行くか迷いますよね。
公試さんの今回の作例を見て決心いたしました。
私も近いうちに小スケールAFVにエアブラシと筆塗りのハイブリッド塗装に挑戦してみたいと思います。
機種は?ですが乞うご期待です(^^)/^



公試
>>里の住人殿
いや、あのハイブリッド塗りというわけではないんです、あくまでエアブラシじゃあうまくいかなかったので筆塗りでタッチアップしたもので・・  でも、まあこのバブーちゃん(VABに対する個人的な呼称)が、KPさんに何がしかの良い影響を与えたのならば製作者冥利に尽きます!


mabo
こんばんは、公試さん 
すごく綺麗な発色をしていますね
サンドイエローのベタ塗りなのでしょうか?
私も72のAFVは作ったことがないので興味津々です。
仕上げも楽しんでください^^ 


公試
>>mabo殿
「すごく綺麗な発色」とはうまくほめて頂きました! 有難うございます。 
このまま一番に完成してしまうと先頭を飾る作例としては相応しくないようで、時間調整中です・・・

コメントを閉じる▲
free counters