After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
コックピットがそこそこ出来たのでさっさと胴体を貼り合わせたいのですが、その前にジェット機としてやるべきことが残っています。

インテイク内部です。 このキットはわずか10数ミリで行き止まりとなっていて余りに寂しいので、壁を取っ払い、ダクト構造を奥に伸ばします。 というと大げさですが、プラ板をはって四角く囲んで、かつコーナー部をパテで滑らかにしました。突き当たりにはこれまた黒○を塗装したプラ板を立て、ファンの代わりとします。 いい加減ですが、どうせ見えません。
DSC00643.jpg
正面からみるとこんな感じです。 実際には手前にインテイクの部品がつき、かつ中は真っ暗になります。
DSC00646.jpg
同じエンジンを装備し、スタイルもよく似たジャギュアのシームレスインテークがあったら流用しようと思っていたのですが、どうもそんなものは世の中に無いようです。 ならばいっそヒートプレスを、と思ってバルサ材を買ってきたのですが、さすがに自己満足の自慰行為を超えて、もはやアクロバティックな姿勢による自慰行為のレベルではないかと思い至り、止めました。
アクロバティックな姿勢の・・も、雑技団の如くその姿勢を極めれば、きっとあざけりではなく賞賛の対象となると思うのですがこのたびは先を急ぐこととします。 これについては、本製作記を見たどなたかが、これを踏み台としてがんばって頂きたいと思います。

以上で今週の進捗は終わりです。 とにかく寒くてやってられません。 

------------------------------------------------
Making "Mitsubishi F-1" -2 Hasegawa 1/72

Because the intake of the kit is shallow,I cut the wall, and extended the duct.

-------------------------------------------------------------------

蛇足ですが、今月の模型誌のなかでこれには本当びっくりしました。
既に沢山の方がレビューされているようなので、ド素人たる私が語るべきこともないのですが、それにしてもすごいです。  模型誌の飛行機の作例については目が肥えてきてそう驚くことはありません、一方で艦船模型は自分がよく知らないジャンルとはいえこれには・・・; さすがプロ!(?) 恐れ入りました。 

-------------------------------------------------------------------
蛇足の蛇足、本誌掲載の「武蔵」がオークションに出されていましたが「50万円」を超えていました。 いやはやなんともすごいですねー。
DSC00647.jpg


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2008/01/28 10:17】 | 模型-F-1
トラックバック(1) |


kpfw
おはようございます。
こういう手があったのですね。
ダクトを作るというプレッシャーがあったのでなかなかこの手の者には踏み切れないのですが、これはいいですね♪
いよいよ貼り合わせ、続きも楽しみです^^


公試
>>kpfw殿
今回パテでコーナーを丸めましたが、薄手のプラ板を丸く貼り付けたほうが早かったかもしれません。  いずれにせよ、「どうせ見えへん!」と割り切るのが大切かと。 
一の字までもうすぐです。


ヒートペン
ブラシ
おはっす!例のヒートペンですが、これは久々の大ヒット工具かも?
市販のビットだけでもかなりのことが出来そうですが、ビットを自作すればもっと応用範囲が広がるでしょう。
※自分にとって¥5700は高くなかったと思います。


公試
>>ブラシ殿
ヒートペン②拝読、絶大なる効果を確信しました。
以前に教えていただいたNTのサークルカッター、大変重宝しています。(この記事の黒丸塗り分けにも勿論使っています)。 今回もブラシ殿が熱く推薦されるのだから絶対に優れモノに決まってる! 欲しい! 早速探します。

コメントを閉じる▲
年が明けてから気の抜けたビールのような記事ばかりを続けていますが、ちょっと気合を入れなおすというか、昨年末に着手したMitsubishi F-1です。 Formula1ではありません。 現用ジェット(すでにリタイアしましたが・・)とはこれ如何に。

まずはコックピットを作りました。飛行機模型で避けて通れぬ入り口です。 自分の夢想するところができるものかという確認というか、おおげさにいうとフィージビリティースタディーというところです。
DSC00641.jpg
さすがに大きな画像は辛いです。ケーブル太いんとちゃう?機器の造作粗いんとちゃう? プラ板工作は整合のとれていないし(これはこれから別部材で隠してなんとかします) まあ72実寸サイズで見ていただけたらと思うのですが、自分的にいっぱいいっぱいです。 工作途中ですが、こんな感じでつくれたらなあというものです。  エアインテイクを前方にも切り欠いているのは、奥行きを出すべく壁を取っ払っての工作中、モーターツールが入りやすくするためです。
DSC00637.jpg
程よくぼけた写真が続きます。 計器盤はエッチング(プラッツ)なんで、そんな大げさなものではありません。 ただサイドの計器盤はエッチングがイマイチさえなかったので、スイッチを追加してみました。 密度はましたもののちょっとごちゃごちゃしてしまった感じです。


という具合で、今後ちびちびと進めるつもりです。 タイトルの「(1)」は、不退転の決意表明のようでなかなか男らしいですが、どこかで挫折してそっとフェードアウトするかも知れません。 また、ここまでのペースの延長でいくと1年くらいかかりそうな・・・


------------------------------------------------
Making "Mitsubishi F-1" -1 Hasegawa 1/72

I used Plats's photo-etch parts for instrument panels.

To reproduce the equipment bay behind the cockpit, I did additional construction using "Ever Green" and "Plastruct".



追記を閉じる▲

【2008/01/21 09:46】 | 模型-F-1
トラックバック(0) |


ろどす太
こんばんは。
きましたねF-1!実は密かに(?)お待ちしておりました。
ケーブルだけで既に良い雰囲気が漂っていてワクワクします。
自分もF-1はぜひ手がけたい機体ですので、色々と(=全部)
参考にさせていただくつもりであります。
”マイスター”の製作過程、今後もしっかりと追わせて頂きます♪


公試
>>ろどす太殿
バレバレでしたか、ははは・・
実はろどす太殿のA-7が大変刺激になりまして、いや本当に。 なんか自分もあんなのがつくりたいなあという。 
とにかく頑張ります。


ハヤテ
おーっ! この画面だけですでに大作になるという事が分かります。

ケーブル基部の工作は絶品ですね、とても刺激になります(羨望)
シートはメタルなんかをチョイスされるのでしょうか?

ジェット機は作れないのですが見るのは好きです(爆)


公試
>>ハヤテ殿
ジェット機ということでハヤテ殿の嗜好からは若干外れるかもしれませんが、時々にでも冷やかしてください。 
ちなみに本機、市販のパーツが無いんです。 ファインモールドからピトー管、プラッツからエッチングとデカール くらいのようです。 でも、それがまたいいんです! 


taki
おう、かっこよくなりそうですね。
F1は好きですよ。追わせていただきます。
私は過去T2ばかり3個ほど作りましたが
また手を出したいですね。



公試
>>taki殿
72のジェットは10年ぶりくらいで、これから先どう転ぶか自分でも見えないのでもう少し目鼻がついてからお見せしようかと思っていたのですが、皆さんからコメント頂いていよいよやる気が出てきました。
私は本キット発売時(中学生の頃)にこのF-1を1機作って以来です。 ジャギュアをリファインしたような日本的なスタイルが、後方視界の悪そうなところを含め好きなんです。



ラッキーユダヤ
おお~、いいですね~(笑)

中学生時代に戻って楽しめそうです(笑)

私も在庫のハセ48T4をやりたくなりますね~(笑)


是非共楽しい製作記事をお願いします!





公試
>>ラッキーユダヤ殿
中学生以来、ほぼ30年振りのリベンジとなります。 (中学生の折は苦杯を舐めたわけではありませんが) オレは無為に30年を過ごしてきたのではない!という証をたてるべく頑張ります、というと大袈裟ですが。
但し、あんまし楽しい読み物にはならないような・・


ymkm8151226(まつよっし)
こんばんは、今までもよく見せて頂いていたのですが、初コメントかもしれません。1/72の現用ジェットのコクピでここまでやられるのはすごい!(羨望)ワシには真似ができません。しかし是非参考にさせて頂きます。確かキットは持っていると思うので・・・・リアのケーブルはプラ棒ですか?


tiefes_blau99
これまた、細かい仕上がりに感動です。
私も飛行機作りたいなぁ。。。。

コメントを閉じる▲
これというネタがないので、小ネタ集とします。

1) メッサー製作のおり、最近のタミヤ製品に感動した私は、手元にあったタミヤ48から一つ選んで組んでみたところ、これまた素晴らしい出来にびっくりしたというところのHe162です。 せっかく組んだのでそのまま塗装へすすみ完成させようということで、下面色76を吹いたところです。
DSC00635.jpg

ただ、He162は塗装はあっさりしてるし、機体表面がのっぺりしているので、どうしても変り映えがしないというか、ストレート組みに+αを加えるのは難しいです。
2) 雑誌の付録ののF-22は塗装中です。2色迷彩の1色目を塗ったところです。 写真がちゃちですがキットは良く出来ています。
DSC00634.jpg



3) 最近の買い物
模型屋で珍しくハセガワ48のファルコンを見つけたので嬉しがって買いました。 フランス海軍?バージョンです。 ハセガワ48のビジネスジェットシリーズはもうかれこれ30年近く前のキットと思います。当時、これとセスナサイテーションとゲイツリアジェットの3種が出ていたはず。 実機のファルコンは確かソニーが輸入代理店をしていました。子供心になぜにソニー?と思ったものです。(おっさんになってもよく解りません)
DSC00636.jpg

やたらかっこいいし、手ごろな大きさでパーツも少なく、いい感じです。 モールドが凸ですが、ほとんどが直線なので彫り直しも簡単そうです。 作りたい気満々です。

さて、48ビジネスジェット、再開とはいかないでしょうが「ホンダジェット」はどうでしょうか、ハセガワ殿。(←見てないわなあ・・・)  話題性は十分、主翼上面のエンジンマウントは年季の入った飛行機マニアにはイマイチ抵抗ありますが、模型栄えはします。 ハセガワ48が無理なら他社から72でも良いです。なにせめったに無い国産機なんで是非ともキット化して欲しいです。
国産機といえは、MRJも控えています。 こっちはまだモックアップ止まりなんでまだキット化には時期尚早ですが、今春にも見込まれる事業化が決まりとなれば、実機に先立つフライングでもいいんで144くらいでどこかの志あるメーカ殿、お願いします。

(ちなみにC-XとP-Xはどちらも要りません)

大分話がそれました、えらそうに語りすぎました。 以 上






追記を閉じる▲

【2008/01/20 23:07】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
年があけて仕事始めとおもいきや、さっそくの3連休、イタダキ!のはずが、なかなかそうはいきませんでした。 奥さんの実家筋で葬式がとれ手奥さんの実家に出向いての留守番やら、奥さんが恩師の見舞いに行くやら同窓会やらで(全部奥さんの所要じゃあないか!)、子供をスイミングに連れて行ったり・宿題を見たりの連休でした。

ちょっとした空き時間ではたいしたことは出来ないわけで、雑誌のおまけ?F-22をちょこちょこ弄りました。

このキットは、キャノピーが胴体上面と一体でありまして、コックピットをキャノピーの裏から仕込んでから胴体を上下貼り付けます。というかキャノピーをこさえないと胴体の貼り付けができません。
仕方なしにちょこちょこっとでっち上げてさっそく上下面を貼り付けました。

IMG_0398.jpg


前回はコックピットが未了だったんで仮組みだったんですが、今回は接着済みです。 また胴体が上下貼り合わさったので、水平尾翼もつけることができました。
こうやって見るとコックピットの中が丸見えです。 気合をいれて作られるかたはコックピットに時間をかければ見栄えがしそうです。

下面です。本機は兵装はすべてベイに格納されます。これがちゃんと再現されています。面倒ではありますが。
インテイク周りがごちゃごちゃしてますが、なかなかバチピタとは行かず、パテのお世話になりました。
IMG_0399.jpg


それから、水平尾翼が微妙に分厚いです。翼弦長の95%くらいまで厚くってのこり5%で急に絞り込んだような断面形でちょっとかっこわるいのでそれなりに削りました。

これで今回の更新は終わり!? ぱっとしないですなあ・・・

【2008/01/14 22:46】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
あけましておめでとうございます。 既に仕事始めを終え、いまさら「あけまして」もなんですが、今年最初の更新となります。
一年の計は元旦にあり。 ブログの計は年初の更新にあり? 昨年末に、なんとかメッサーを完成とし、今年はどうするか?

ということで、まずは昨年の残工事、詰め将棋状態にあるFiat G.55を仕上げます。
DSC00617.jpg
見てのとおり、デカールも貼り付けておりまして、後は風防の塗装、その他小物くらいなんで、まあこれは何とかなると思います。

機体の傍らにあるのは、昨年末に購入したフィニッシャーズのラッカーパテです。憧れておりました、緑色のパテです。これさえあれば・・・

買い物つながりで、下は、電撃スケールモデラーの最新号とその付録144のF-22です。
DSC00628.jpg

この付録、モデルグラフィックスのファインモールド製零戦のような話題は呼んでいないように思えますがなぜでしょう?? 現用機が人気無い? 144のスケールがイマイチ? 「究極の」というような売りに欠ける? いずれキットとして販売される?
不人気の理由はよくわかりませんが、キットは実際に手にしてみると、雑誌中の作例記事を読む以上に、よく出来てるなあという印象です。 最新鋭機らしいシャープさがよく現されています。  
しかしながら編集者の思惑から外れ、飛行機模型の入り口としては難しいです。 ゲートの処理をしっかりする等の基礎がないとなかなかきれいに組みあがりそうにありません。 写真ではすでに接着済みの垂直尾翼(垂直ではありませんが)は、なんとイモ付けです。 

F-22は不細工な飛行機という印象がありましたが、こうしてみてみると垂直尾翼が前傾している以外は普通の形に見えてきました。 はるか30年前、F-16のブレンディッドウィングボディ、ストレーキに感じた違和感よりかははるかに普通に思えます。 (今の若い方にはF-16はもともとあるべき形であって何も違和感がないんでしょうねえ・・) F-22、イケてるような! そろそろハセガワから72でしっかりしたキットがほしいところです。 私はジェットよりレシプロ機のほうがずっと好きですが、それでも、いよいよ今年あたりF-35やラファール、タイフーン等ハセガワからのリリースをお願いしたいところです。

話は最初に戻って今年の流れですが、残工事たるG.55、それから勢いで組んだHe162をさっさと片付けたらば、そろそろ今年の入魂作と行きたいところです。 年初からごそごそやっているのですが、我ながらまだどうなるか見えない段階でありまして、未だここに引き出せません。 なんとなくいけそうとなればこの場にアップしたいと思います。

以上、年初の決意表明と思いきや中途半端な買い物記でありました。 
本年もよろしくお願いします。





追記を閉じる▲

【2008/01/08 07:53】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


だむだむ
今年初めてのカキコ・・・・本年もよろしくお願いいたします。
フィニッシャーズのラッカーパテって、ミドリ色なんですか・・・・
初めて知りました。
気になるアイテムっす。今度探してみますょv-218
G.55・He162・・・・・さらに○秘キット・・・・アップ楽しみに待ってますねっ
自分も電スケ買いました。ラプターに見事釣られました・・・・^^;)
イキナリ組み立てでしょうか?
綺麗に作って、ヤフオクするとビックリする暗いな金額になりますょ・・・・
と呟いたりしてみます・・・・・v-16




公試
>>だむだむ殿
緑色なんです。
パテといえば、光硬化パテは一度も固まったためし無く(蛍光灯が弱い?)放置、専らタミヤパテ(数年前?に中身が変わりましたね)、最近はタミヤの白パテを使っておりましたが、さる方のブログでこのパテを見、憧れていたものです。 使用感もなかなかです。 是非どうぞ!

オークションでは144の作品にびっくりな値段がついてたりしますが、その価値観がわからない者にそれが作れようはずも無いです。 ささっと組んで、手に持って「キーン」というのが自分的には正しいかと。

管理人のみ閲覧できます
-


祝 緑パテ導入
stabatmater_9
大変遅くなりましたが新年おめでとうございます。
さらに緑パテ導入もおめでとうございます。

私はこの緑パテで埋める喜びを覚えてからはプラモの製作スタイルが180度変化しました。
ぜひラッカーパテマスターを目指してくださいね。



公試
stabatmater_9殿
緑パテさっそく使っております。木目が細かくて、食いつきがよくて、結構乾くのがはやいですね。  これまではタミヤの白パテがメインでしたがこれが取って代わりそうです。  でもって違いが出来に現われるかどうかはまた別の問題ということで。 

よろしくです
ブラシ
突然お邪魔して何なんですが、
またよろしくお願いいたします。(汗)


公試
>>ブラシ殿
こんにちは、こちらも相変わらずの、のろのろです。
こちらこそよろしくお願いします!

コメントを閉じる▲
free counters