After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
大晦日をもって堂々の完成とします。 あっちもこっちもつっこみどころ盛り沢山ではありますが、ひとまず今年の仕事、今年のうちに終えることとします。

DSC00621.jpg


何も申すなな、という感じです。 本人が一番わかっていますんで。
見えるところのみならず、見えないところではしっかり手を抜いています。 (見えないところ、シートベルトはファインモールドのエッチングをつけましたが)

DSC00624.jpg


せっかくリベット打ちをしたんですが墨入れというかウェザリングが不十分で我ながらもったいない感じがします。剥がれとかチッピングもいずれおいおいやりたいと思います。 

とにかく、自分としては非常に短いわずか2ヶ月で完成に至ったことは、まったくもって「祭り」のおかげであります。 貴重な場を提供いただいたシミソ殿に、お礼を申し上げます、本当にありがとうございました。 引っ張った割には腰砕けで、まことに恥ずかしい限りですが宜しくお願いします。





追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2007/12/31 23:46】 | 模型-Bf109
トラックバック(0) |


ハヤテ
あけましておめでとうございます。

完成おめでとうございます、お疲れ様でした。
新たな年も素晴らしい作品をつくってください。

本年も宜しくお願いします。


ラッキーユダヤ
お見事でございます、すごい綺麗な仕上がりに感動致しました。


旧年中を大変お世話になりました。

2008年、明けましておめでとうございます。
今年も「やれる範囲で無理せず」のソウルモデラーを宜しくお願い申し上げます(笑)




明けましておめでとうございます。
シミソ
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

完成おめでとうございます。
早速画像とコメントをいただいてまいります。
モットリングが素晴らしいですね!
ダークグリーンのかすれ具合もいい感じです。
幹部記号や機首のRLM02と鶏マークが映えますね!
ハーンの機体でしたっけ?
お疲れ様でした。


kpfw
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

完成おめでとうございます。
いつもながらきれいな仕上がりです。!
お疲れ様でした。


ろどす太
明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願い致します。

Bf109E完成おめでとうございます。
今年も素晴らしい作品を期待しております!


hagu
新年、明けましておめでとうございます!
昨年は本当にお世話になりました。

Bf109の完成おめでとうございます。
いつもながら見事な仕上がりに見入っております♪

本年もどうかよろしくお願いいたします。

JG2ですね...
XJunで~す
雄鶏のマーキングが光っていますね~。
これから、Haan機をやろうとしていますので、大変モチベアップのための参考になります。本年もよろしくお願いいたします。


g_scotch
あけましておめでとうございます。そして完成おめでとうございます。

なかなか良い感じに仕上がりましてね~ リベットとモットリングが自然な感じで良い雰囲気出してます。

本日これのハセガワ版を仕入れてきました。今スピットをやってるので、次これやろうと思ってます。

いろいろ参考にさせてもらいます。今年もよろしくお願いします。




Psycho109k4
あけましておめでとうございます。そして完成、おめでとうございます。初期型のメッサーは、結構あざやかな色使いの機体がありますよね。私も今年の当クラブの展示会のテーマに’彩’と言うのがありますので、エミールを作ってみたいなと計画だけはしているのですが、どうなりますやら・・・(^_^;)。今年もよろしくお願い致します。


公試
>>ハヤテ殿
あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。
やっと完成しました。かなりつかれました、 が、とても楽しめました。 時々こういうのもいいですねー!


>>ラッキーユダヤ殿
あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。
今年も、やれる範囲で、マイペースでがんばりましょう!!

コメントを閉じる▲
3連休は家族サービスやら年賀状作成やらに忙殺されました。

(注; 年賀状は数年前に買った「フォトショップ」の廉価版で作っています。 毎年この時期1回しか!使わないので、なかなかデザインの作成作業効率は上がりません。 が、出来てしまえば宛名書きソフトとあわせて一日で印刷できてしまいます。便利なありがたい世の中になったものです)

というわけで、メッサーは当初見込みほど進捗できませんでした、わずかの進捗を報告します。 年内の完成は依然黄色信号のままです。

進捗内容は;

1) 主脚をつけました。一応ブレーキパイプをつけました。但しカバーが未了です。
2) プロペラをつけました。ブレードの根元辺りがちょっとへんな格好をしてますが、修正はあきらめそのままです。
3) キャノピーの塗装を済ませました。(写真は仮にセットしているだけです)
4) 排気管をつけました。
DSC00613.jpg


ここでアクシデント、パーティングラインを手入れ中のアンテナ柱が異次元世界に吸い込まれてしまいました。どうしても出てきません。 諦めて真鍮棒を削って付けました。 あんまし似てないし、今回はアンテナ線を張るつもりがないので無用の長物です。 

それにしても写真がピンボケで細部が解らんですね。あすこもここもやばいところがことごとくボケてます。 普通は写真をみてアラに気づくということがもっぱらですが、今回は写真をみて安心しております。

残り部品は、水平尾翼支柱、脚カバー、尾輪、防弾板、操縦桿、シート(まだ後回しにしてるんかい!)、バランスタブ、垂直尾翼のキルマーク といったところです。 もうちょっとというか、面倒なちまちました部品が残ってしまったというか、いつものパターンです。


------------------------
さて、今回、短工期でメッサーをということで、タミヤの48を選んだわけですが、そのあまりの作りやすさにビックしりしました。 このメッサーの前が簡易のFiatG.55であったこともあり、「ああー、俺は人生の貴重な時間を無駄にしていたのではないか」とこれまでの行いを悔いたくなるような出来でした(←完成もしていないのに過去形!)

G.55の前はハセガワのF104(どっちも90%で停滞中)だったわけですが、ハセガワと比べても、別のものに進化してるという感じです。

とにかくびっくしりて、手元の買ったままであったHe162なんぞを並行して組んでみました、らば、またビックしりしました。すごいですね、ピタピタ吸い付くような勘合、工夫されたパーツ割、各部のデティール、処理しやすいゲート・・  あっという間に士の字です。 (まあここから先はいつものマイペースで進みませんが) 唯一、シートベルトがデカールで、これは何とかしてほしいと。

DSC00615.jpg


こんなことしているからどれもこれも完成しないということはわかっているのですが。 尚、この写真もピンボケでいい具合です。

これまで、ネットの掲示板なんかで、ハセガワの新製品が組みずらいというような辛口意見を時々目にするに、「何に腹を立ててんの? こんなもんちゃーうん?」と思ってました。 しかしながら、今回最新のタミヤ製品に接してみると「なるほどなあ、この基準で他社の製品を評価すると厳しくなるわなあ」 と納得した次第です。

きっと最新のFi156は更に腰を抜かすくらい凄いんでしょうが、なにぶん高価で、あんまし興味の無い機体なんでパスします。


年末は12/29から正月休みです。 さてどうなるか・・・


追記を閉じる▲

【2007/12/25 15:47】 | 模型-Bf109
トラックバック(0) |


だむだむ
こんばんは
暫くROM専でした・・・・・塗装方法等UP頂いたのに申し訳ないです。
109はあまり~Eまでの初期型は好きく無かったのですが、
こうして完成間近のモノを見ると、食指が湧いてしまって・・・・
でっ
自分の完了品で、タミヤの最近のキットがHe162です。
少々のヒケを処理した以外、パチピタなキットでした。
公試さんが仰るとおり、『この基準で他社の製品を評価すると厳しくなる』
品質ですね・・・・
このクオリティーで、ドイツ機以外をやって欲しいのですが、
ナカナカ・・・・・
やっぱりドイツ機が売れ筋なんですかね?



公試
>>だむだむ殿
私もE型はあんましで、1)F 2)K 3)G という感じだったんですが、だんだん情が移って、これはこれでかっこよく見えてきました。
いろいろ言われるタミヤですが、もっともっと頑張って欲しいですね。


ラッキーユダヤ
誠にカッコいい仕上がりですね~、

あっ、先のXmas記事は心が温まりました(笑)
奥様の手作りケーキが素敵ですね~、思わず食べたくなりました(笑)

わが家では私が主計兵としてケーキ調達命令を受けて仕入れましたが、晩酌後に食べようと思ったら破片しか残っていませんでした(爆)

年内完成目指して頑張りま~す!

…仕掛かり中の天山を思い出してしまいました(大汗)





ラッキーユダヤ
連続ですみません、誌上掲載された雷電見ましたよ~(笑)

「飛行機プラモカタログ2008」のJMC出展モデル全作品記事で見つけました。

とりあえず「雷電整備中」と居住地と年齢で類推しました(笑)

おめでとうございま~す!




公試
>>ラッキーユダヤ殿
我が家では奥さんのケーキは8等分されるのですが、私には1片のみの割り当てです・・ 

メッサーはいかにそれらしく完成したっぽくするか画策中です!? とにかく、「自分的には完成した!」と強弁するつもりです。

雷電載ってましたですねー、ありがとうございます。  今回のJMCの一番の収穫は家族の理解が進んだということです。 大阪会場に見に行きまして、長子曰く「お父さんのほかにもこんなことしてる人が沢山いてびっくりした!」って、どんだけ変な風に思われていたのか。


コメントを閉じる▲
今日は模型ネタはありません。

クリスマスイブということで、我が家はおうちで夕食です。毎年奥さんがクリスマスケーキを作ります。 今年はネットでデコレーションを研究し、「いちごサンタ」を取り入れておりました。

DSC00606.jpg


イチゴの先がサンタの帽子になっています。なかなか細かい細工です。

えーっと、こんなのをここに載せられてもコメントしようがない?ですね。

-------------------------------------

模型的に、3連休の成果は如何に? この3連休が山場と見ていたのですが、微妙でありました。おって報告致します。


【2007/12/24 21:41】 | 未分類
トラックバック(0) |


ハヤテ
流石、公試様の奥様ですね。
工作(?)お見事です。

我が家のクリスマスツリーは高さが1m80cmでして、
一番下の枝周りの直径が2mあります
当然1部屋占領されております。

これが我妻の迷惑な趣味であります(汗)


作左
こんにちは。
いや~、素敵なクリスマスをお過ごしですね。
奥様の手作りケーキとは……いいな~
我が家は豚しゃぶでした(笑)
しかもプレゼントは中華のおたま(泣)


公試
>>ハヤテ殿
ありがとうございます、お褒めの言葉、奥さんに伝えておきます。

それにしても高さ1m80cm、直径2mのツリーとは!なんと豪快な!!
これだけ大きかったらいろいろ手伝わされるんでしょうねえ。 ご苦労様です。



公試
>>作左衛門殿
子供らがまだ小さいんで、アットホームなクリスマスでした。 よってあくまで子供向けの手作りケーキかと・・・
中華のおたまをプレゼントされるとは、やはり日頃からよく料理されるからでしょうか? 私は、料理はからっきし駄目、まったくの味覚障害者です。

コメントを閉じる▲
先週、東京地区への出張がありました。 一泊の出張だったのでホテルでの「モバイルモデリング」を試みました。 ご参考に?顛末を記します。


今回は朝イチの移動、東京9時過ぎに着ということで、神戸空港から飛行機で行くことにしました。 兵庫県中部地区からの場合、新幹線/飛行機ともほぼ同じ時間に到着となります。いつもは新幹線を利用しますが、あまり面白くない出張故、旅の楽しみとして飛行機を選びました。

(え、もうオチが読めましたか・・・)
夜は比較的早くホテルに入れそうであったので、それならばとモバイルモデリング at ホテルを企図し、とあるキットの小さな箱に、アートナイフ、ピンセット、タミヤの接着剤、プラ材、ニッパーをコンパクトにつめました。(キットは現在仕掛中の次の次くらいに着手したい機体です)

さて、朝、神戸空港にて。 ANAの便ですが、eチケットというチケットレスです。 事前に送付されてきた案内メールをプリントアウトした2次元バーコードがチケットの代替です。 ので、ANAのカウンターには寄らず、直接、保安検査場へ。

でもって、しまった、当然のことながら手荷物検査にひっかかりました。出張用カバン中にX線にて怪しい品とおぼしき像を検出。

おねえさん: 「手荷物を検めさせていただけますか」
 私    : 「・・はい  えーっと、多分これですかねえ」 
        ということで、プラモの小箱を説明することとなりました。

ハズ!!かし!! 40過ぎのビジネスマンを気取ったおっさんの手荷物から現れるプラモデル! なにこのおっさん!? 

おねえさん:「えーっと、ナイフと、ピンセットと、ニッパーと、あとプラモデルですね」
 私    :「・・はい」
おねえさん:「サイズを測ります」(ニッパーの寸法をメジャーで計測、結果OKとのこと)

おねえさん:「ナイフ、ピンセットについては預からせて頂きまして、羽田の
        手荷物コーナーでお渡しします」
 私    :「わかりました」

おねえさん:「それから、このタミヤの接着剤はお乗せすることができませんので、
        この場で廃却となりますがよろしいですか?」
 私    :「(ふへー!) はい、結構です」
        (わざわざタミヤのって商品名を言うこともあるまいに・・)

この間、わたしの後ろを、手荷物検査を通過した皆さんが通り過ぎて生きます。
ハズ!!かし!! なにこのおっさん!? 朝からプラモデル?  


いきなりケチのついたモバイルモデリングでしたが、
飛行機はB777-200でした。 てっきり767ないし737かなあと思い込んでいたので望外の楽しみでありました。 B777は767を一回り大型化したような退屈なスタイルでありますが、それはそれボーイングの最新鋭機であり、初めて乗る機種で窓際の席、楽しめました。

到着した羽田では無事、ナイフ、ピンセットを返してもらえました。 東京での仕事の後、某メジャー模型店に寄りました。かばんの中に模型が入っている為か心の平安が保て、無茶な購入に走らずにすみました。 もちろん、接着剤は買い直し、夜、ホテルにてモバイルモデリングを堪能しました。

教訓:
 危険物は最初から別にパッキングして申告すべし 
 そうすれば、接着剤を取り上げられることも無かった?(これはこれで良いのかしらん?)


翌日の帰神は、新幹線を利用しました。(これは予定通り)



以上、飛行機に不慣れな田舎モンにありがちなお粗末な一件でした。





追記を閉じる▲

【2007/12/17 12:08】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


tiefes_blau99
ナイフはともかく、接着剤がだめなのは知りませんでした。
手荷物ではなく、預けていれば結果は変わったかもしれませんね。
私も、今度やってみようかと思ってましたので参考にさせていただきます。


公試
>>tiefes_blau99殿
可燃性の液体ということでダメのようでした。 まあ200円位のことなのでゴネはしませんでしたけどね。 参考になりました??


作左
こんにちは。
なるほど~ですね。
国内は電車の方がいいようですね。
……私はたまにモデルガン(ナンブ14式)を
持ってくこともあるので(笑)


公試
>>作左衛門殿
カッターは当然いかんと思うんですが、刃の小さいアートナイフ(デザインナイフ?)もだめでした。 ピンセットもだめですかねえ、ならばシャープペンは?なんて思うんですが、屁理屈でしょうか。
まあそれ以前に大のおとながプラモを持ち歩くなと。 なお、モデルガンは論外です。きっとサイレンがなってアサルトライフルを構えた屈強な男どもに、弁明する間もなく叩きのめされることでしょう・・


ラッキーユダヤ
ご無沙汰お許し下さい。

只今お詫び行脚の途中でありますが、爆笑してしまいました。

楽しい記事をありがとうございます(笑)





公試
>>ラッキーユダヤ殿
連休中もお仕事でしょうか? 暇ーよりも忙しいほうがマシですかね、なんとか自分の時間をやりくりしてお互い完工めざして頑張りましょう!

コメントを閉じる▲
今週もそこそこ時間が取れてまあまあ進みました。 真面目な(地味な)製作記が続きます。

正しい手順とは言えませんが、主要なデカールを貼ってしまいました。 全体のイメージが早くできたほうが楽しいので、という個人的な理由(というか模型製作自体が個人的なものですが) です。 次いで機首と尾翼の黄色を塗りました。
H19-12-16-1


黄色はもう少し赤みがあるほうがとも思いますが、まあよしと。

その他、前回からどこが進んだか自分でもあやふやですが、風防をつけて枠を塗りかけです。
塗りかけというのが正当な手順から外れた我流になりますが、部分部分に分けて塗っているからです。(後部風防の横のラインが未了です)

このタミヤのメッサーは風防がリベットまでモールドされたごついもので、マスキングがしずらいです。 こういう場合は私は部分部分に分けて塗っていきます。

風防が綺麗にマスキングされて機体と同時に一気に塗装するのが正しい手順であり、整斉と進む工作の象徴のようで私も憧れてはいるのですが、正直できません。 ダサい手順ではありますが部分部分に分けたほうが簡単です。 ある方のブログで「タテタテヨコヨコ」と言っていた手法です。 デカルトのいう「困難を分割せよ」ということです。(そんな大層なものではないです)


H19-12-16-2


---------------------------------------------------------------
結構進んだわけですが、残りは
 1)ペラ 2)脚まわり 3)シート(ベルト) 4)中央の風防
というところです。

苦手な工作が残ってます。シートベルト、脚(ブレーキパイプ)は金属に対する苦手意識から後回しになってしまいます。

もう少しですが、これから年末ということで、忘年会、大掃除、年賀状作成 となかなか時間が取れなくなりますので、年末ギリギリか、新年第1号 というところでしょうか。

頑張れオレ。





追記を閉じる▲

【2007/12/16 21:49】 | 模型-Bf109
トラックバック(0) |


シミソ
マーキングが入るとグッと感じが掴めてきますね。
シートベルトはマスキングテープの細切りで対応どうですか?
金具の部分がなんでしたらそこだけエッチングパーツを切り取ってつけるとか・・。



公試
>>シミソ殿
なるほど、エッチングや鉛板のシートベルトが好きなんですが、拘って自分の首を絞めているんですかねえ。
ていうか、今、祭りのページをみると12月締め切りとか、次はフォッケとか、どひゃーという感じです。 煮詰まってきました。


ろどす太
こんばんは。
やはり公試さんの塗装は雰囲気やバランスがいいですね~。
見てたらメッサー作りたくなってきました。
製作手順は人それぞれ独特の進め方がありますよね。
私はいつも脈絡なくバラバラと進めて最後にかき集めます。
デカルトの話、説得力ありますね(笑)


ハヤテ
おーっ! 既にデカールまできましたか♪

それにしても何時も綺麗な塗装をされますね。
完成も間近とみました(笑)



公試
>>ろどす太殿
私の製作手順は、機体本体をがーっと作って、最後に小物で渋滞というパターンです、進歩がないですねー。 塗装は、きっとクレオスで調色されている方のセンスか、あるいは写真の明度調整をしているソフトのおかげでしょうか?;


公試
>>ハヤテ殿
ハヤテ殿に遅れること約2週?(追加工作量からすると1ヶ月??)、遅ればせながら8合目まで到達しました。 ここからがなぜか私には険しい道のりとなります、年内完工をめざし頑張ります!


kpfw
こんにちは。
いつもきれいな塗装でいい目の保養になっています。
残る工作&塗装頑張ってください。
おっしゃってらっしゃるようにキャノピーの塗装は難しいですね。
これがうまくできるようになると飛行機モデル製作の楽しさ倍増なんでしょうが^^;



公試
>>kpfw殿
私にとっての、飛行機模型における「いい加減なんとかならんかなあ」という工程は、1)シートベルト、2)ブレーキパイプ、3)キャノピー塗装ですねえ。 うっとおしい限りです。
蛇足ですが、落下タンクは、「付けない方がかっこいい」のでつけません!

コメントを閉じる▲
今回のメッサーは塗装工程を細かく記すつもりが、一番のヤマ場?に対してあっさりとしすぎたかという反省で、追記します。
道具・手順は前回のスプリンター(? しつこい)迷彩と同じです。

1.道具;

コンプレッサーはクレオスの「Mr.リニアコンプレッサーL5」というやつです。(たぶん) 静かさに惹かれて7,8年位前にかったものと思います。 店頭のデモでは「これなら夜も吹ける!」と思ったものですが、実際にはそれなりの音がするので家族が寝ている傍らでの作業は無理でした。

エアブラシは同じくクレオスの「プロコンBOY FWAダブルアクション(0.2mm)」です。5年位まえに買いました。 それまで使っていたオリンポスのPC-101がくたびれてきたので更新したものです。 スペック0.2mmは納得です。 

この2者の間に、水分除去用兼分岐用のクレオス製のフィルターが挿入されてます。 フィルター性能はすっかり落ちているようで、湿気た日にはブハブハ水滴が飛びます。 現在は単に分岐用としてのみの機能となっています。


2.手順;

万年皿にランナー片で塗料を少量とって、先細ボトルのシンナーをぽたぽた垂らして希釈します。 皿上でランナー片でくるくる希釈していて、よしよし という濃度になったら、なった分だけエアブラシに移します。皿に移した塗料全てが同じ濃度に希釈されているわけではありません、 一部がよい濃度になったら、そのよい部分のみをエアブラシに移しています。

「よい濃度」というのがまた定義しにくいのですが、ランナー片でくるくるしていると、1mm位のしずくが液面を走ることがあります。これが私にとってのよい濃度の見た目の目安です。 濃いいと、しずくはできません。(薄すぎるほうには目安はありません・・・)

機体に吹くに先立ち、エアブラシのニードル位置を全閉から微開として紙なり、箱なり、ティッシュなりに試しに吹いてみます。 極力絞った位置で塗料が連続して吹き出てくる位置をもって塗装に移ります。 濃度が薄いほど絞れます。

吹き付け時の機体との距離は1cm位になります。 テープで塗りわけしたスプリンター迷彩部は、もっとニードルを開いて距離3cm位でプシュプシュ吹きましたが、モットリングはさすがに絞りに絞っての慎重な作業となります。

一番注意するのはボタンを押した際に思いのほか塗料が出て、べちゃっと小さな水溜りを作らないように という点です。(今回も1箇所この失敗をしています;) この瞬間が一番緊張します。 実は、常用しているクレオスの0.2mmのほかに、タミヤの同じくらいのスペックのものを持っているのですが、この出始めのベチャが結構ありまして、モットリングには恐ろしくて使えていません。 専ら簡単なところに使用しています。 これはダブルアクションボタンの使い方が下手なんだと思います。 タミヤが云々というより、素人はクレオスのほうが失敗しにくいという話です。

このリニアコンプレッサー+0.2mmエアブラシの組み合わせは、今回のモットリングのような微細な吹きつけには最適です。 クレオスの回し者ではありませんが、まったくこの道具のおかげでびっくりするくらい細く吹けます。 このメッサーでは逆にちょっと太めに、絞りをゆるくして吹いているくらいです。
が、一方で、大面積を平滑に という用途にはまったく不適です。 圧・流量が足りませんのでエアラインやら車やらで、大きな面積を垂れる寸前までしっとりと吹き付けるやり方はできません。 ニードルを開いて広くは吹けますが、弱い空気で無理無理多量の塗料を吹こうとするので、大き目の粒子となってしっとりとはなりません。

さて、よくする失敗が、パターンが規則的・単調となってしまうことです。 ぼーとしていると、ついつい、同じ大きさの斑点を同じ間隔で並べた海部首相のドット柄ネクタイ(古!)のようになってしまいます。(今回は右舷でその傾向あり) ランダムに、揺らぎをもって、と唱えつつの作業がベターです。

万一、失敗したら(大き目の飛沫が飛んだりしたら)、よく知られたテクニックですが、エナメルシンナーをしみこませた綿棒でこすって取ります。 エナメルでラッカーをというのが味噌です。


------------------------

こんなとこです。 写真が無くてよくわからんですね。

こうやって振り返ってみてもノウハウ・テクはたいしたものはないですねえ。
道具に頼っての作業でした。

以 上





追記を閉じる▲

【2007/12/10 12:03】 | 模型-Bf109
トラックバック(0) |


ラッキーユダヤ
いやいや、まるで私のためにレクチャーして下さったような記事ですね(笑)

とても分かりやすいです。

どうもありがとうございます(笑)

メッサーは破竹の勢いですね、塗装工程大変参考になりました(笑)





ハヤテ
先日買ったブラシがプロコンBOYFWAダブルアクション0.2mm。

そしてここに使用説明書がありました(爆) 感謝します。

これでモットリングの失敗言い訳ができなくなりました(大汗)


公試
>>ラッキーユダヤ殿
いくらかでも役に立てばと思います。 自分の方法が正しい、ベストとも思わないのですが、皆さんの目にさらすことにより何がしかのフィードバックがあれば自分にとっても幸いです。


公試
>>ハヤテ殿
「それぞれのかっこよさ、失敗は無し」 というのはどうでしょうか。 大いに期待しております!


シミソ
おお~、まったく同じ機材でうれしいです。
しかも水分除去用兼分岐用のクレオス製のフィルターまで同じでございます。

私はさらに細かな(1/72クラス)モットリングやフリーハンドでのぼかしラインでは
水分除去用兼分岐用のクレオス製のフィルターのネジを開放して
空気圧を調整しています。(圧力計など持っていないので。)

べちゃ対策として紙片を当て第1発目をそこに吹き、落ち着いたら
先端を移動させて本塗装という手もありますよ。



公試
>>シミソ殿
同じ機材ですか、なんかほっとします。
72では空気圧の調整が必要ですか!というか、そんなねじあったような無かったような・・・  べちゃ対策の紙片当て、良いですねー、早速採り入れさせていただきます!

コメントを閉じる▲
かなり精力的にやっているつもりですが、なかなか。

この週末はいろいろありまして忘れないうちに記しておきたいと思うのですが取り敢えずはメッサーの進捗を。


自作デカールがイマイチなので、市販のデカールに切り替えての再スタートですが、今朝(日曜日)、0700に起床して、奥さん・子供が起床前に1.5Hの作業時間を確保し一気にそれらしくモットリングを仕上げました。(奥さんが0830まで就寝していたという訳ではないと、本人の為に申し添えておきます)

でもってここまで進みました。機首、尾翼にはこれから黄色を塗らねばなりません。
DSC00599.jpg


デカールの塗装図とはあんまし似ていないようです。 むしろ、私がやりたかったのはこういう迷彩、というような深層心理の吐露のような迷彩に仕上がりました。塗装図を見ながらも自分がかっこいいと思う迷彩を手が勝手に描いておりました。



まあ、これでよし、と拘らずどんどん進めます。 




追記を閉じる▲

【2007/12/09 22:26】 | 模型-Bf109
トラックバック(0) |


ろどす太
こんばんは。
久しぶりに書き込みさせていただきます。
雷電JMC入賞おめでとうございます♪

Bf109Eも着々と進めておられますね。
スプリッターがとてもいい感じです。
公試さんの雰囲気の出し方はいつも参考になります。
ワタクシもタミヤ48のBf109Eはストックにあるんですが・・・
相変わらずスローペースなのでいつになることやら(笑)


だむだむ
こんばんはぁ~
雷電、JMC入賞ですか・・・・おめでとうございますv-218

でっ
109Eもモットリング迄進んでいるのですねぇ~
自分の場合、☆★のHe219で失敗・・・・109Gも失敗で
モットリング嫌い→ドイツ機出来ない・・・・な感じでココまで来ました。
今度、公試さんの109を参考に、190でモットリングに再挑戦してみたいかなと思ったりする今日この頃ですぅ~




公試
>>ろどす太殿
有難うございます。私には過分な賞を頂き恐縮しております。

私もスローペースなんですが、このタミヤのキットはすらすら組めて、なんか自分が一皮剥けたような気になります。 
蛇足ながら、「スプリッター」ときましたね?スプリッター派ですか!


公試
>>だむだむ殿
有難うございます、週末大阪会場に家族と出掛けてきました。 マスタークラスの作品をみて、まだまだやなあ、もっと頑張らんとなあと感じた次第です。

モットリングは、(あくまで上記写真のレベルでの話ですが)、塗料を含めた道具次第でありまして、私的には特にテクとかノウハウとか技量ではありませんです。 今回塗装過程をちまちま書くつもりがちょっと省略しすぎましたので改めて追記します。



ろどす太
「派」というほどではないんですが、昔のクセでつい(笑)
英語表記では"Splinter"が正しいようですね。

コメントを閉じる▲
皆さん続々とメッサーを完成させつつある中で、少々急がんといかんなあという心持です。 が、ここにきて私には進路変更が・・・


私のEは上面の基本塗装を終えたところです。端正な?スプリンター??迷彩という感じです。  

DSC00597.jpg


どうせこの上に派手なモットリングが、ということでムラ的にちょっといい加減気味ですが、問題ありません。

が、ここで、別方面に大きな問題が! 
先日記した自作デカールに難がありました。

上面塗装が終わったところで、塗装色とデカールの色合わせをして刷り直して、早速デカールをカットして水に付け貼ろうとしたんです。 結構普通に台紙から動いたんですが、なんと、結構、意外に厚い! あれあれ?唯の白色デカールのはずが厚い! なんか普通のデカールを3枚重ねたような厚さはどういう訳? 

今回やろうとしていた、バックの色とあわせてデカール輪郭を消してという使い方にはちょっと辛いなあという厚さです。 で、自作デカール計画は今回はあえなく見送ることとしました。結論早! にしても、残念!!

代替として、あっさりと、手持ちのデカールから塗装例を選ぶことにしました。といっても1枚しかシートがありません、下の写真です。


DSC00598.jpg


ハンス・アッシ・ハーン?の乗機4例のうちの一番下の塗装例とします。ここまでの塗装が無駄にならない塗装です。黄色い機首がちょっと難しそうですが、まあよし。後半戦を頑張ります。

(計器板もシートも後回しにしておいて、「後半戦」を騙るとは。)


追記を閉じる▲

【2007/12/08 23:24】 | 模型-Bf109
トラックバック(0) |


tiefes_blau99
この塗装の完成度、素晴らしいです。
ドイツ機では例のモットリング?とかいう斑点に泣かされ、なかなか作る勇気が沸いてきません。やっぱり修行を続けないと塗れなさそうです。


ハヤテ
作成用デカールもいろいろな厚さの物があるという事なんでしょうか?
残念でしたが、次回の楽しみになりますね。

予定変更はよくある話という事でまた新たなマーキング塗装を
楽しみにさせてもらいます♪


kpfw
せっかくの自作デカール残念でしたね。
それにしても市販のデカールもいろいろとありますねぇ、厚いのやら薄いの、色がきれいなのやそうでもないもの、実際に手にして買うことがなかなかできないのでいちかばちかです。(笑)

ここまでのきれいな塗装がどう変化していくか楽しみにお待ちしています^^


公試
>>tiefes_blau99殿
私も修行を続けた口ではないのでえらそうなことは言えませんが、そのうちに勘所がつかめてくるんだろうと思います。
というか、斑点に泣かされるというより惹かれる年頃です。


公試
>>ハヤテ殿
いろんな厚さがあるんですかねえ、また機会をみてチャレンジします。仕切りなおしで頑張ります。12月ももう中旬です;


公試
>>kpfw殿
デカールは一番の苦手工程です。なかなかうまく貼れませんです。ソフターやらセッターやらを使うようになってなおさら混乱しています。鬼門です。


コメントを閉じる▲
平和なお休みで、メッサーを進めました。

先日、下面色を吹いたので、今日は上面色です。

RLM02と71のスプリンター(←スプリッター??)迷彩のうち、明るい02をまず吹きました。

まずマスキングです。塗りわけは直線なので、いつもの方法を用います。マスキングテープの縁を2mm程折り返し、縁が密着しないようにしてわずかのボケ足とします。

マスキングが終わった状態です。 
DSC00592.jpg

機首のスリットには鼻血止血の如くティッシュを詰めました。いつもはマスキングテープは手で千切ってますが、ブログに載せるのでわざわざはさみで丁寧に切ってます。 
でもって、02を吹き終わった状態です。吹きつけは前回紹介しましたとおりの、ランナー棒+万年皿+0.2mmエアブラシです。


DSC00596.jpg

ボケ足が均等にできるかと思われるかも知れませんが、もともとほとんどボケ足は無いので気になりません。

なんか結構明るい色で、ちょっと不安になります。続けて71をと思ったのですが、手元に無い! 明日にでも買ってこようと思います。今日はここまでです。

蛇足ですが、リベット打ちの確認にクリアーブルーを薄めて墨入れしたのですが、これがなかなかよく残ります。02を吹いても消えません。色相の加減なのか、クリアー色の特性なのかわかりませんが、ちょっとした発見です。

なんか、真面目な?製作記が続きますです。


追記を閉じる▲

【2007/12/01 21:49】 | 模型-Bf109
トラックバック(0) |


ハヤテ
綺麗な塗装ですね♪
メッサにはいろいろな塗装があるという事を
この年になって知りました(爆)

クリアーブルー、本当にいい感じですね。
これ頂かせてもらいます(笑)


シミソ
クリアーブルーでスミイレですか。

これは明るめの色を塗装するとき色々と応用できそうですね。
メモさせていただきます。


公試
>>ハヤテ殿
ドイツ機は本当に塗装にバリエーションがありますねえ、帝国海軍の一色か2色かというのに対して、模型としては大いに魅かれます。戦線を広げすぎたからか、国民性か、何なんでしょうか。


公試
>>シミソ殿
いつもはグレー系で墨入れしますが、青系統も意外に良いような感じです。 最終的にどうまとまるか、自分でもよくわかりません・・


taki
お久です。クリアー系の塗料は染料系といわれていて
普通の色とは組成が違うそうです。(詳しくは良くわかりません。)
なので、カーモデルやバイクモデルでは良くありますが
クリアーの赤やブルーで色を塗った上に白のデカールを
貼ってクリアー掛けて完成させたあと、しばらくすると
その白のデカールがじんわりクリアー系の色に染め上がる
ってことがあります。墨入れ程度なら問題ないとは思います
けど。
プラ地が赤のものもプラ時の赤が後になって染みあがって
くることがあります。気をつけてくださいね。


ラッキーユダヤ
ランナーかき混ぜ棒にテープ端折り返しマスキングにクリアブルーでリベットスミ入れ…
どれも素晴らしいアイデアですね~(笑)

早速マネしてやってみます(笑)





公試
>>taki殿
成る程、染料が原因というわけですね。 染め上がりに注意が必要、了解しました。


公試
>>ラッキーユダヤ殿
どれもどこかで見聞きしたノウハウですが、よかったら試してみてください。  大したことではないんですが、小さなことからこつこつと、ということで。


みんな の プロフィール
みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。


スプリンター迷彩...
XJunで~す
公試様、こんばんは。
唐突ですが、スプリンター迷彩の語源をひとくさり...
艦船模型をやっていて、憶えたのですが、砲弾の破片などを英語でスプリンターというそうです。走者のスプリンターと綴りは同じですが、別の意味ですね。
なので、境界線の角になるところは、基本的には、丸みがなくギザギザになります。(笑)

飛行機はまだマスキングできるので、いいのですが、ドイツ兵の迷彩服のスプリンター迷彩はなかなかうまく塗れません。(自爆)

コメントを閉じる▲
free counters