After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
連日の更新です! 艦流はひとまず置いておいて、マルヨンは微速前進中ですというか、低空飛行中です。

思いつくまま・思いつきで作業を勧めています。

DSC00501.jpg

何が進捗したかと言いますと

1)脚を付けました。リンク機構やカバーは未だ付けてません。ブレーキホース等のデティールアップは予定にありません。

2)塗装が終わったところからデカールを貼ってます。

あまり上と変わらない写真ですが。
DSC00502.jpg



残りは、コックピット・キャノピー、チップタンク、脚周り、武装、排気ノズル・・・  手の遅い私には、まだまだでした。「残りは」なんていうのはまだ早かったようで。


脚部品もデカールも、本来、全ての工作を終えての作業でありますが、泥縄式に出来ることを思いつきでやっています。 当然、効率的でなく手戻りもありますが、細切れの時間で製作するうえでは、モチベーションの維持が最重要課題でありますので、仕方ないものとしています。 但し、この辺りまでくると、安心しきって・はたまた他に興味が移って途端に遅くなります。


ちなみにこれ位の進捗度で放置中のものが数機あります。 なぜ完成させられないのか自分でも良くわかりません。何かのトラウマでしょうか? 

以 上



追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2007/08/28 09:13】 | 模型-F-104
トラックバック(0) |


ラッキーユダヤ
デカールが付くとグッと引き締まりますね。
塗装もお見事で楽しく気分転換なさっておられるのが伝わってきます(笑)。

カッコいいですね~(笑)。




hagu
本当に美しい機体ですね~

ジェット機は本当に疎いのですが、本機だけは昔から大好きでありました♪




公試
>>ラッキーユダヤ殿
カッコいいですよねえー、作り始めのころは「今となってはさすがに古臭いカッコやなあ」と思っていたのですが、だんだん昔のカッコよさが蘇ってきました。

>>hagu殿
マルヨンといえば空自・怪獣映画という感じがします。(あくまでイメージです) 誰もが懐かしさを感じる本機であります



ろどす太
お久しぶりです。
マルヨン最高ですね。カッコいいです!雰囲気の出し方がさすがです。まさに西独空軍マルヨンの雰囲気そのものですね。色々と参考にさせていただきます♪


公試
>>ろどす太殿
こんにちは。 半分練習みたいなやっつけ仕事でありますが「雰囲気」という言葉は素直にうれしいです。
最近寄り道してまして、このマルヨンも半月くらいさわれていません。 脚をつけたらば安心しきってしまいました。 なんとか完成させたいのですが、今しばらく御猶予を。

コメントを閉じる▲
久しぶり?に模型製作での更新です。 とはいうものの、ちょっと横道に逸れます。

最近雑誌でもネットでも艦船模型の製作をよく拝見します。ブログでも「今こそ建艦すべし」と声を掛けていただいたりもしながらも躊躇していたのですが、ちょっと飛行機製作の合間に寄り道してみる気になりました。

まあ、所詮、超ど素人の息抜きです。鼻で笑っていただければ結構です。


手元にちょっとばかしストックがあります。
DSC00497.jpg
 どれもかっこいいですが・・・どれも絶対に完成しそうにありません。 雑誌等で凄い作品を見ては、よっしゃー!とその気になって購入、甲板を貼り付けたところでやっぱり無理。と途中放棄を繰り返してきました。 今回、人様の目に触れるところで作るからには、さすがに甲板貼って無理でしたでは格好悪すぎなので、改めてお店で慎重にキットを選びました。



で、無理をせず、確実に進水までは(進水後の武器艤装・海上公試験・引渡しは別問題) こぎ着けられそうななるべく無難なものはと、物色した結果が
DSC00496.jpg
 !? 帝国海軍は無理!との判断です。重巡は言わずもがな、軽巡・駆逐艦でも難しそうなので、USNavyに流れてしまいました。

このフレッチャーは、ほんと良く(全く)知りませんが、大戦中に大量建造された艦で、戦後海自にも貸与?されたそうです。舷側のRに切った遮波板??が、現在のオリバー・ハザード・ペリー級につながるイコンのようでかっこいいです(ほんまかいな)

DSC00495.jpg
さすがに小さいです。 上構、艦橋等は置いただけで付けてません。艦船模型では当たり前ですか。


WLは小学生のころ、そこそこ作りました。(もちろん、塗装なし、マストを伸ばしランナーで という仕様です) 
今回はできれば手すりくらいは付けたいなーと思っていますが、ほんとやったことがないので、どうなるかわかりません。

以 上







追記を閉じる▲

【2007/08/27 09:32】 | 模型-艦船
トラックバック(0) |


hagu

ついに公試様も艦流ブームの流れに身をまかされるのですね(笑)うらやましいです!

私も流れに乗りたいのですが、いつもあの小ささに圧倒されてしまい断念してしまいます(涙;)



ハヤテ
おっいよいよ艦船いかれるのですね。

米艦というのがちと気になりますが(笑)
楽しんで下さい。

もっとも工作大好きの公試様のことですから
・・・ムフフッ♪ 期待しちゃいます(笑)


ラッキーユダヤ
おおっ(驚)!

ついに艦船いかれますか、私は密かに公試様が艦船「腕に覚えあり」と確信しておりました(笑)

マニアックな艦船でスタートされるのですね、楽しみであります(笑)

F-104がいい気分転換になると思いますが、艦船は少年時代に戻れますよ(笑)。




だむだむ
こんばんは
遅れましたが24日、おめでとうございます。
でっ
自分もWLは小学生のころに作ったきりですょ
空母が好きで、小さな飛行機をもってブ~ンってしてました・・・・^^;)
最近は48飛行機でも目が辛いので
皆さんの作成状況を楽しませていただきます・・・・
がんがって下さいねぇ~


公試
>>hagu殿
艦流ブーム! うまいことおっしゃりますねー。 流れにのっても小さすぎて転覆しそうな。無事進水できるでしょうか。

>>ハヤテ殿
帝国海軍の艦艇でない点については誠に申し訳ないのですが、如何せん考証やらが難し過ぎるので、マイナーな艦をひっそりと進めるつもりです。 
尚、なにぶんWLは超ど素人なので、まずは進水第1で無難にすすめます。


公試
>>ラッキーユダヤ殿
小学生が無塗装で組んだWL経験を「腕に覚えあり」とはいいませんよねえ・・
マニアックではなくシンプルでマイナーなのを選んだつもりなのです、そっと見守っていただければ幸いです。


>>だむだむ殿
ありがとうございます。また年をとってしまいました。最近は自分がいくつなのかわからなくなったりします。(奥さんも時々間違えています。) 
私はど近眼で、細かいものは良く見えるのですが、手が震えます!


JW
こんばんは。
待ってましたよ(笑)船。
でもなるべく小さいのを選んだ方が・・・。
なんて公試さんは自分とは違いますよね!
がんばってください。
自分は忙しくて止まってます・・・。


公試
>>JW殿
おはようございます。待たれても困るんですが(笑) 出来るだけ小さくてシンプルなものを選んだつもりなんです。 とにかく進水までがんばるつもりです。

コメントを閉じる▲
夏バテか、盆休みボケか、毎日ぼーっとその日をやり過ごすことばかり考えています。 模型進捗は芳しくなく、だらだらした文章で形だけの更新を。 当然、まともな製作記・画像の類はありません。






1) 買い物ネタ(結局これかよ)

仕事の帰りに神戸中心街の模型屋によりまして、「夏休みをがんばる自分にご褒美」をと新しいものはないかと物色したのですが・・

ハセガワのFw190&BMWのキットがありました。取り寄せでしか入手は困難かと思っていたのですが、普通に陳列棚にありました。 ぬオーと盛り上がって箱を開いて中身を見たのですが、成る程、あちこちよくなっているような。しかし、エボリューションであってレボリューションでないというか、びっくりするようなところはありませんでした。 実は手元にはトライマスターの血を受け継ぐハセガワの旧キットが3つばかしありまして、これらを未完の屍としてまでこの新キットを買うかと冷静に自問した結果、なんか盛り下がってしまい購入に至りませんでした。

ではと、横を見るとアオシマの1/350重巡高雄! 箱デカ! あけてびっくり船体デカ! 狭い我が家に絶対置き場所なし! ということで諦めました。(財布の持ち合わせも足りませんでしたが)

書籍コーナーにはモデルアートの別冊飛燕が! ハセガワ32は買うつもりないんですが(またもや置く場所なし)本にはナイロン包装がかけてあって中身見れず興味半減、見送りとなりました。難しい客ですなあ。

それでも何か買わんと寂しいわなあ、ということで、結局ドラゴンの1/72 He219Bというのを買いました。 これは半年位前?位に発売された、従来のA型のキットの主翼端やキャノピーを差し替えたバージョンキットであります。従来キットと同様良くできています。 しかしながらB型というのが良くわかりません。 しっかりした資料に基づくものなんでしょうか? ネットでしらべてもわかりません、世界の傑作機はA型しか記載ありません。計画のみ?? それらしいデカールが3種も載ってますが??
しかし、この架空具合が逆に肩の力が抜けていいかなあと思いました。 大好きな機体故、手抜きできんと身構えてしまい手元のA型は手付かずですが、このB型なら気楽に取り組めそうな。A型の練習にもなりそうやし。 まあ、結局しばらくは作りませんが



2)夏休み残工事

週末、家族でオートキャンプに出かけました。 手を抜いて近場(=標高低め)のオートキャンプ場を予約したのですが、酷暑の前にはひとたまりもなく避暑どころか、日中はひたすら暑かったです。 それでも夜はそれなりに涼しく、星も綺麗で、更には年一回のお父さんの料理も好評で、まあまあでした。


 しかーし、隣のサイトが10人位(男女半々)の学生チームだったのですが、こいつらに泣かされました。


夕食の準備では共通の炊事場6式のうち4式を占拠する傍若無人さ! いくら空いてても、飲み物を冷やすだけで占拠するか、普通!
夕食後、残飯の片づけをせずレンタカーの中型バスで遊びに出て、そんでもって戻ってきたのが夜中の1時半! 目が覚めてしまいました。 ここは街中の下宿屋戸とちゃうねん、山の夜は早いんじゃ! 郷に入っては郷に従え!
それから静まりかえったサイトで「パーチー、パーチー」(means Party)と飲んで騒ぐ! よった勢いでこれまたレンタル品のテーブルをぶっ壊して、また一騒ぎ。(朝、何事もなかったかのよういに、しれっと折りたたんで片付けてましたが・・・)で、ひとしきり酔いがまわったらば、恋愛談義(言葉古!)。誰と誰がどういう経緯でひっついて別れて云々。これが延々大声で。

朝の4時半頃、漸く10人位のうち、2,3人を残してダウン、ばか声のボリュームが下がったところで、やっと私も奥さんも眠れました。

朝7時に起きると、数人の男女がテントに入らず草の上で寝入っていました。 昨夜(今朝)の恋愛談義から、興味本位であらためて女子をのぞき見ると、そこにはモンゴルの草原でねそべっている朝青龍と、懐かしの怪傑ライオン丸みたいな女子ばかりで、聞こえてきた話の中身からイメージした女子とはかけ離れたものでした。

「このトドの如く草の上に寝そべった女子! トドが恋愛を語れるのは、女子自体に希少価値がある君らの学校の特殊事情ということであることを忘れるな!  学校を卒業して競争社会にでたならば、貴様ら朝青龍・ライオン丸と恋愛を語る男はおらんのじゃあ!  それからお前ら男もしっかりせい!いくらまわりに女がおらんというても、このざまはどないや! 日本男児として恥をしれ! 」と、心のなかで毒づくのでした。

まあ、年をとってのジェラシーからか、特に社会に出る前後の若者に腹が立つことが増えてきました。 誰しも通ってきた若気の至り道ではありますが、ちっとは常識をわきまえて欲しです。 
努めて模型以外のネタは控えている本ブログでありますが(そもそも模型以外のことを私が書いてもいつもに増してつまらん)、今回は腹に据えかねてだらだらと愚痴を連ねました。個人的な苦言をこんな超マイナーな模型ブログの片隅に記しても、なんら社会的意味はありませんが、自分のガス抜きにはなりました。 下らん放屁(ガス抜き)にお付き合いありがとうございました。

次回こそは、模型ブログの本流を目指し...

以 上


追記を閉じる▲

【2007/08/21 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |


ラッキーユダヤ
最近気がついたのですが、艦船の1/700キットって箱はさほど大きくないし完成品も場所を取らない…(笑)

そりゃそうですよね、細長いんですから(笑)

何とか艦船で公試様に燃えて頂けるよう画策中のソウルモデラーでした(爆)


追伸

社会に出る前の若い連中に苦言を持たれるのは分かりますが、

親の世代の連中が腑抜けだからなんじゃないでしょうか?

団塊の何とやら…?

遠慮なくアスロック・ミサイルをお見舞いしましょう(笑)

すみません、私酔払ってますね(爆)





公試
>>ラッキーユダヤ殿
成る程、WLは場所をとらないですか、いいとこを突きますねー。「前向きに検討します」 

高さにご注意...
XJunで~す
WLは長細いので、場所は意外ととらない(空母を除く)のですが、マストの高さがあるので、ショーケース等にしまうならともかく、箱類にしまう場合は要注意です。
駆逐艦くらいだとさほどではありませんが、重巡、戦艦になると、マストでかなりデリケートな部分が頂点に来ますので、ご注意あれ...

私は高校生の頃、真鍮線の適当なものが入手できないため、エナメル線を延ばして代用したことがあり、迂闊に触れるとマストやヤードが変形してしまうという辛酸を嘗めております。(そもそも焼きの入ってないエナメル線を使うのが間違いなのですが...(自爆))


公試
>>XJun殿
私は中学生の頃?伸ばしランナーでこさえて接着により曲がった記憶が..  それにしてもエナメル線は(爆)

コメントを閉じる▲
盆休みも今日で終わりで明日からまたお仕事です。 残念ながらこのや休みは模型に触れる時間も無く、本来なら更新は見送るところですが、後述の旧友の言葉もあり、無理無理。



1)田舎の友人らと、とある渓谷に遊びに行きました。セットアップしてくれたA君、ありがとうございました。家族皆大満足でした。 このブログに目を通してくれているD君より、「もっと頻繁に更新すべし」との忠告を頂きましたが、なかなかこればっかりは。この程度の内容で勘弁してください。


2)模型ネタ#1 休みの合間に、ちょっと模型屋をのぞてい見ました。ハセガワのFw190をお取り寄せコーナーで見かけましたが、棚にはなく中身を確かめられませんでした。 久々に欲しーい気持ちが盛り上がりました。 タミヤ(イタレリ)のJu88は箱絵はむちゃくちゃかっこよかったんですが、中身はしょぼしょぼのなえなえでした。 また、同じくタミヤ(イタレリ)のJu87は、すっきりしたスジ彫りでよさげでしたが、フジミと比べてどうなのか、その辺詳しくないので手を出せませんでした。 
結局タミヤニュースを買いました。


3)模型ネタ#2 本屋でスケールアビエーションを買いました。定期的に購入しているのは本誌だけで、他マスターモデラー、モデルグラフィックス、モデルアート等は面白ければ、です。 が、さるかたのブログにもありましたが、全くの惰性です。 編集長が交代されてからの現在の路線は皆さんどうなんでしょうか?  


4)今週末は家族でキャンプです。クーラーの効いた部屋にこもって模型をいじるというのが本来の自分のスタイルですが、そういうわけにもいきません。「無理してる」と旧友につっこまれましたが、子供には自分と違うベクトルを与えるべく、若干の無理をします。


5)帰省して、「ブートキャンプ」の成功体験2例を目の当たりにしました。2日だけトライして早々に脱落した小生ですが、涼しくなったら改めてチャレンジしようかと。


6)今日は62回目の終戦記念日、もとい敗戦記念日です。(敗戦を終戦と言い換えるより、堂々と敗戦というほうがいいと思っています) 戦争でなくなられた国内外の多数の方々のご冥福をお祈りいたします。

以 上





【2007/08/15 20:31】 | 未分類
トラックバック(0) |


ラッキーユダヤ
いいお休みをお過ごしになられたようで、何よりであります(笑)

子供さん達の喜ぶご様子が目に浮かぶようで、とても微笑ましい記事ですね。

こちらも今日から仕事ですが、休み中は艦船ちょこっと弄った位で子供の遊び相手の他は暑さでグッタリしていました。

この調子だと残暑が去って涼しくならないと軌道には乗らなさそうな…(汗)




公試
>>ラッキーユダヤ殿
こんにちは。 今日はとても暑く久々のお仕事は大変辛かったです。
夏休みは小さな子を持つ親にとっては普段の罪滅ぼしで全開モードですが、子供に媚びているような感もあり複雑です。 
涼しくなったら頑張りましょう! 


コメントを閉じる▲
どうもいかんなあということで作り直した主脚です。 べつにどういうこともないですが、これまでに製作した部分にマッチした仕上がり(それ以上でも以下でもない)になりました。


DSC00489.jpg

ということで、なんと、箱に入っていた全ての部品を付け終わりました。

まだ、あれやこれややり残している点は多々あるのですが、「一応終了」とします。 「完成!」とはちょっと違うニュアンスです。まだ暇をみてちょこちょこ手を入れるつもりですが、ブログ的にはどうかなあとおもいますので、一度締めることとします。


昨年夏頃に本腰を入れてスタート(要はあれもこれもというのを若干控え)、11月からはブログを書き始めて以来、約1年を経て漸く「終了」となりました。

製作の後押しをしてくださった・アドバイスを下さった多くの皆様に厚くお礼申し上げます。 製作の一助にと始めた本ブログでありますが、これなくしてはここまでこぎ着けられなかったろうと思います。(だから、まだ完成やないって)

代わり映えのしない写真を付します。

DSC00487.jpg


DSC00491.jpg


DSC00493.jpg


やっぱり代わり映えしませんですね。 
右舷の写真ばかりなのは、左舷に残工事があるからです!


このブログにギャラリーのようなコーナーを作れたらいいのですが、浅学な私にはわかりません。 いずれなんとかしたいなあと。



H19.12補記-------------------------------------
本機は、このあとアンテナ線を張る等の追加工作を実施後、ハセガワ主催の2007 JMCに応募結果、改造部門/ シニアクラス/ エアークラフト/ 特別賞(←長い!)を頂きました。
自分の細く長い模型人生で一番良くできた作品であることは間違いなく、ひとつどんなもんかと応募してみたんですが、それにしても望外の結果でした。 
これもひとえにブログを通じ皆様から多数励まし・アドバイス頂いた結果と思います。 本当にありがとうございました。  







追記を閉じる▲

【2007/08/09 07:28】 | 模型-雷電
トラックバック(0) |


だむだむ
こんにちは
雷電完成・・・・・じゃなくて、一応終了乙っす。
いやぁ~、それにしても素晴らしい出来ですねぇ~
小物大嫌い・ちゃっちゃと形にしたい自分には無理な工作なので、憧れちゃいますょ
でっ
F-104も先が見えたようなので、55の集中工作も楽しみにしていますねぇ~




公試
>>だむだむ殿
ありがおうございます。皆さんの熱い言葉に励まされ「一応終了」となりました。
マルヨンは大きい部品から付けていくという「子供かお前は!」な作り方故、一体いつ完成するのか実は良くわかりません。 G.55は貴殿の205について行けるよう頑張ります。


ラッキーユダヤ
雷電完成(?)何はともあれおめでとうございます。

今にもエンジンが唸りを上げそうな凛々しい姿と、金属材の質感たっぷりな仕上り…お見事ですね~(笑)

今日は早く帰宅して晩酌しながら画像を堪能させて頂きます(笑)

F-104Jも順調ですね、夏場の製作快調は喜ばしい限りであります。
彗星天山が重くのしかかっているソウルモデラーでした(爆)




公試
>>ラッキーユダヤ殿
なにはともあれ?ありがとうございます。
そうですね、完成をupしたらば晩酌が常道ですね! 完成ではなく、一応終了ですが。



ハヤテ
何はともあれおめでとうございます。

銃口出口、パネル取り付け部などとっても素晴らしい演出に感心しております。

次も大戦機いかれるのでしょうか?



公試
>>ハヤテ殿
何はともあれ^2 ありがとうございます。
しばらくはマルヨンとG.55がありますので、その次はまだ霧のなかです。彩雲、流星、疾風と作りたいストックはあるのですが、まあゆるゆる思案します。

コメントを閉じる▲
先月は9回も更新できたのですが、今月はやっとこさ今日はじめての更新になります。 間隔が開いても大きな進捗があるわけではありません。


で、マルヨンです。 これまでにも記したとおりストレート、直球勝負です。 製作記としては特に内容はありませんのであしからず。

全体の塗装、機首まわりの塗り分けをして、そのままデカール貼りに雪崩れ込みました。 私の出来はともかくかっこいいです。
DSC00485.jpg
えー、進捗報告はこれだけです。 特に何か変ったことをしてるわけでもなくこれで模型ブログとしていいのかなとも思うのですが、「なにげない日常のひとコマをつれづれなるままに記しました」ということで。


こいつを見ていると、子供の頃に買えなかったハセガワ32のGを思い出します。 それから、友達の家で読んだHJ誌のハセガワ32マルヨンJ型(だったか)の記事を。 たしか、機首のレーダーやコックピット後ろの電子機器室や、エンジン下のパネルを作りこんだ素晴らしい作品でした。 
いつか、同じようにあちこちを開いたG型マルヨンを作るのが夢であったりします。(←結局、あちこち開いたのが好きなのです)



追記を閉じる▲

【2007/08/08 21:45】 | 模型-F-104
トラックバック(0) |
free counters