After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
各々の進捗状況を記します。 タイトルが変ですが6/25現在です。

1)雷電 (ハセ48)
カウルフラップを取りつけました。
カウルフラップは0.2mmのプラ板に下書き・切り出したんですが、排気管の位置が微妙に上下していてなかなかマッチングしませんで、あちこちを詰めたりの調整が必要となり思いのほか時間を要しました。(ヤマを越して気が抜けている・単に割く時間が少ないというのが本当かも)

このまえと代わり映えのしない写真ですが。
DSC00445.jpg

間違い探しというか、茂木教授のAHA体験のような世界ですが、カウルフラップが着いています。


それから照準器を付けました。
DSC00454.jpg


残りは防弾ガラス等のコックピットの残りと、エンジンの細い配管、ぞ落下タンク 位です。(いよいよ残り15Hくらいでしょうか)


2)F-104G(ハセ48)
士の字から塗装に移行。下面色の吹き付けをしました。自分にとっては大きな面積で、こりゃ大変。 
DSC00453.jpg

これはストレート一本槍でなんも手を加えておりません、雷電があまりに完成しないので、さくさく作って自信を取り戻そうというものです。

さてG.55です。(メインの記事っぽいですが進捗はありません)







3)Fiat G.55(フライングマシーン48)

左右の胴体を貼り合せ、別パーツの機首をつけました。

さてこのキット、「ARI D'ITARIA 10」という本をベースとしているようで、キットをこの本の図面にのせるとそりゃもうぴったり一致します。図面はG.55のかっこよさを十分に表しているので、結果、三段論法でこのG.55のキットはかっこいいということになるんですが..

組んだ胴体を主翼と仮組みすると、「なんか違う??」G.55にちょっとマッキ205が紛れ込んだような??
おかしいなあと。主翼も胴体も図面にぴったり、図面はかっこいいのにナゼ?  えー、実は、主翼が分厚いのです。ああ、そういえば・・・

主翼下面には一体で脚庫が非常に深く再現されています。普通の簡易インジョクションでは深くてよく再現された脚庫がレジンパーツでついていて、パーツとしてはいいんですがいざ付けようとすると収まるかい! で、主翼上面パーツを穴が開くほど薄々に・・ということがままあるようです。 このキットでは、深い脚庫でありながら主翼上面パーツも綺麗に合います。

要は、深い脚庫に合わせ主翼が厚いんです。図面より1.5mm程も厚いんです。 おのれはハリケーンかタイフーンかという厚みです。 でもって、この厚い主翼に合わせて胴体のフィレットも高さがないんです。この結果、主翼との取り合い付近の胴体はG.55の(飛燕のような)四角っぽさが薄れ、マッキのような丸っこい感じに見えるのでした。

前からみた状態です。 
DSC00448.jpg

向かって右の左翼がオリジナル(テープで仮止め・浮いてますが)、左の右翼(上下接着済み)は翼パーツ内面を削って薄くしたものです。


厚い左翼と胴体パーツとの組み合わせ状態です。 厚い翼とフィレットの整合がとれています。 弱りました。
DSC00451.jpg



薄くした右翼に合せて胴体フィレットを削り中です。苦労しそうです。
DSC00452.jpg


この先どうなるのでしょうか? あっさり作るスタンスは変わりませんが。

以 上


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2007/06/18 15:02】 | 模型-Fiat G.55
トラックバック(0) |


ハヤテ
3機同時製作には驚きます(汗)が、
雷電の一番風防のきっちりした合わせなんかを見て、
改めて工作の丁寧さを確認しました(笑)

私なんぞここら辺まで来ると気が抜けてダラっと完成が常なんです。

ロールアウトまで頑張って下さい。




Chip
>>ハヤテ殿
こんばんは。 私も相当気が抜けてダラっとしてます、はい。ここまできたらどこもかしこも「もうええんちゃーうん」という気がしてます。めんどくさいばっかしです、正直。
残り2機なんぞ、「これでええんかいな?」ですが、まあ所詮個人の趣味のことなんで。


公試
↑↑ 奥さんの名前でコメント入れてしまいました。 失礼しました


ラッキーユダヤ
それにしても雷電は迫力満点ですね~。

同時進行の記事は読み応え十分で、誠に楽しめました(笑)。

私も公試様を見習って頑張ります(足元にも及ばないですが)




公試
>>ラッキーユダヤ殿
こんばんは。
結果的に同時進行ですが、要はあっちさわりこっちさわりです。模型はそんな風に作るものと思っていたのですが、皆さんのブログを読むと主題を決めて一直線に作業が進んで、数ヵ月後に(下手すりゃ1ヶ月くらいで)予定通りに完成するさまに驚いています。 残念ながら私にはそれは出来ない、うまくいけば完成するという程度なんで、ぐちゃぐちゃしばらく「同時進行」します。


hagu
雷電を拝見して、モチベーションと気力を頂いております♪

ただ夏場は暑さのせいか、塗料は使った覚えが無いのにどんどん目減りしていきますし・・酷な季節であります(笑)







公試
>>hagu殿
おはようございます。 私はhagu殿の2式に背中を押してもらっている感じです。
夏も辛いですが、冬、寒いなか換気しながらのも辛いです。まあ、季節を問わず部屋にこもる時点で不健康な趣味ですね。

コメントを閉じる▲
 仕事でトラブルあり、客先へのお詫びに終始した一週間でした。(今週も引き続きバタバタの見込み) お詫び行脚として関東地方への出張あり、ちょっと時間があったのでお店巡りを企てました。(お詫び行脚といいながら模型屋巡りとは、反省してるのか!オレ!)

 横浜駅1700、帰宅用に予約を取った新幹線は新横浜に1853、おおよそ1.5Hあります。 ということで、横浜駅近くの店が無難なのですが、一緒に出張した鉄ちゃん上司より「新横浜の先にあるTamTamは、ものすごく広く、充実している、是非行くべし」との指示を頂きました。「あー、TamTamさんですね、雑誌でよくみますよね、わかりました、言ってみます」と即答。サラリーマンは公私にわたり上司の指示は絶対であります。(お詫び行脚の帰り道に、寄る店をアドバイスする上司もどうかと..)

 さて、TamTam相模原店、これが結構遠かった。上司の口調からは新横浜から10分位と思いきや..新横浜から電車で25分、徒歩10分かかりました。 結果、お店に着いたのは1755! 引き返すべき電車の乗車時間は1815であり、徒歩移動時間を引くと店を出るべき時間は1805、なんと見て回れるのは10分のみ!となりました。

 ということで、広い店内をぐるっと一回りして何も買わず帰ってきました。 品揃え的には、オーソドックスな量販店という感じでした。こんなの聞いたこともないわ、というようなマイナー、マニアックなものはなさそうですが、有名どころはしっかり揃えられている感じでした。



 結論: 遠い。 関西からの出張者が空き時間に遠征するには不適。


 補足1:なんとか新横浜に1840に戻り着いたところ、新幹線乗り口はやたらごった返しておりました。「人身事故により件並み1H遅れ」ということで、新横浜駅で1H、時間待ちしました。(マジ)

 補足2:さて、このTamTam、今度7月6日(金)、尼崎に関西1号店がオープンということで楽しみであります。「日本最大級の40坪の鉄道ジオラマ」に件の上司は鼻息荒く、出社が危ぶまれます。(私も危うい)


追記を閉じる▲

【2007/06/18 09:52】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


ラッキーユダヤ
横浜~相模原はかなり遠いですね。

お仕事大変そうですが、ストレスから体調を崩されたりなさらぬようご自愛下さい。

彗星と天山、なかなか捗りませんがリズムが出てくると早いと思っております(笑)。




公試
>>ラッキーユダヤ殿
おはようございます。
やはり横浜~相模原は遠いですか、土地勘がないのでその辺りの判断がつかずまさに徒労に終わってしまいました。 リベンジ計画中です。
彗星×天山(こう組み合わるとマリアナ沖海戦辺りを思いおこさせ少々重いですね)、どんどんお願いします!

コメントを閉じる▲
今しがたの更新がしょぼいので、おまけに雑文を記します。

このブログの左下に「NINJATOOLS」というバナーがあります。これは、アクセス解析を提供するサービスのもの(のよう)です。
どなたかの模型ブログで見かけて、面白そうなので自分も登録したものです。

ツールの主旨は、ブログに寄って頂いた方の統計をとってアクセス数の増加につなげるべしということだと思いますが、別に商売しているわけでもなし、面白いと思っていただける方にちょくちょく寄っていただければ良いだけなんですが、本来の趣旨を離れていろいろ興味深いので(模型進捗不足を覆い隠すべく)紹介します。
1)訪問回数:最近は大半がリピーターの方のようですが、半年経った今でも1/4くらいが初めて来られる方のようです。

2)来訪者はサーバー名が記録されます。 ので、来訪された一人毎の記録とはならないのですが、こんなサーバーから来られるのは一人きりやろうというケースもあり、(例;会社名のサーバ等) 特定の方が何回来られたかもおおよそ判ることがあります。 ちなみに一番よく見ているのは、「私」ということです!

3)検索で来られる方の検索ワードの集約結果は以下の通りです。同じ言葉が複数回出てくるのは、サーチエンジンの違い(google/yahoo等)によるものです。 これを見ると、さすがに「雷電」が多いですが、「He219」も多いです。 人気のある機体なんやなあと感心しました。

雷電 7.4%
雷電 5.6%
模型 4.6%
プラモデル 4.6%
飛行機模型 4.6%
He219 3.7%
http://misname.blog83.fc2.com/ 2.8%
飛行機 2.8%
"沈頭くん" 2.8%
零戦 1.8%
he219 1.8%
簡易インジェクション 1.8%
He177 1.8%
飛行機プラモデル 1.8%
製作記 1.8%
HE219 1.8%
制作記 1.8%
模型 1.8%
ドラゴン 1.8%
JU188 1.8%
製作記 1.8%
塗装 1.8%
零戦 1.8%
制作記 1.8%
he177 0.9%
プラモ 0.9%
コックピット 0.9%
he-219 0.9%
ボーイング314 0.9%
プラモデルの製作記 0.9%
Fiat 0.9%
G.55 0.9%
Fiat 0.9%
ローゼンジーパターン 0.9%
主脚庫 0.9%
為則 0.9%
G55 0.9%
シルバーヒル訪問 0.9%
模型飛行機 0.9%
模型 0.9%
カウルフラップ 0.9%
リベット打ち 0.9%
縄縛プレイ 0.9%
1/72Ju88G-1 0.9%
飛行機 0.9%
製作 0.9%
模型ひこうき制作記 0.9%
製作日記 0.9%
放置プレイ 0.9%
横浜プラモ巡り 0.9%
レベル 0.9%
雷電のコクピット 0.9%
塗装 0.9%
公試 0.9%
ブログ 0.9%
Ju88G 0.9%
プラモデル 0.9%
プラモ 0.9%

さて、よく見ていただきたいのは、この中に変な検索ワードが紛れ込んでいると言うことです。「放置プレイ」「緊縛プレイ」って。 確かに記事中に使った言葉ではありますが、どうも本来の意味で検索され、当ブログに迷い込まれたようです。 面白いので検索にかかるようにもっとキーワードを埋め込むべしと。 「羞恥プレイ」「スパンキング」「露出」「亀甲縛り」「M字開脚」・・・こんなもんで... なんか背景と同じ色の文字でキーワードをずらり並べたネット黎明期の有害サイトの手口のようですか。 これでアクセス数跳ね上がり! 結果は後日報告致します。
(実はこれがしたかっただけという)

以 上


追記を閉じる▲

【2007/06/11 16:59】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


ろどす太
こんばんは。
>背景と同じ色の文字でキーワードをずらり並べたネット黎明期の有害サイト
昔よくありましたねぇ、そういうサイト(笑)
作ろうと思っている機体の製作記を片っ端から検索っていうのはみんなやるかもしれませんね。私もよくやります(笑)


ハヤテ
ガハハッ、受けました(爆)

緊縛に放置、露出プレーはよく使いますね。
あとチラリズム、

みんな好きだから(爆)


公試
>>ろどす太殿
こんにちは。 よくありましたよね、そういうサイト。ドラッグしたら隠れてた文字が見えてって。 
製作記事の検索はやはり皆さんよくやりますか。 参考にはなるんですが、私的にはへこむことのほうが多いです。



公試
>>ハヤテ殿
こんにちは。 チラリズム! キーボードを打ってて笑ってしまいました。 
しかし何故にこういう性的な比喩がマッチするんでしょうねえ。 深層心理では対象(飛行機プラモ)を女性の代替物と捉えているんでしょうか??  


hagu
凄いキーワードが紛れ込んでますね(笑)

変に意識してしまって、制作中の機内を
「覗き込む」と・・

なぜか後ろめたさを感じてしまいますっ(爆;)


公試
>>hagu殿
こんにちは、6/16現在まだグーグルの巡回が無い様で上記の凄いキーワードを入れても検索に引っかかりません、残念。

コメントを閉じる▲
先週は仕事で大き目のトラブルが2件相次いで発生し、その火消しやら客先への方向やらで、模型を触る時間がほとんど取れませんでした。 まあ、仕事あっての余暇ですので、仕方なし。

とりあえず各機の現況を記します。

1)雷電:進捗なし、きっぱり。 カウルフラップを仕込み中ですがまだまだです。


2)Fiat G.55:胴体を貼り付けるか否かで思案中。 計器板は胴体左右貼り合せてからのほうがセンターが出て良さそう、シートも後から入る、尾輪庫は資料なし、で、結果、貼り合せ支障なしというところですが、なにぶん偉い方の製作記事も無いので、ほんまにええんかいな、とびびっています。


3)F-104G:7割引で入手したマルヨンですが、細部に拘らずとっとと完成させようとの主旨で部品をぺたぺた貼り合せまして、士の字にはなったんですが、反省しきりです。 すなわち、パーツの精度にたよって摺りあわせを十分せずに組み上げたため、随所に微妙な段差がついてしまいました。 具体的は、
 ・コックピット後ろ
 ・エアインテーク左右
 ・エアブレーキ左右
 ・フラップ、エルロン
って、あちこち過ぎです。結局パテ埋め(このキットでパテが要るなんて聞いたこと無い!)、サンディング、スジ彫り彫りなおしで大きく回り道しています。 丁寧な摺りあわせが結局は近道とよく聞きますがまさにその通りの結果となりました。
まあ、本機はG型、塗装は上面が茶系/グレー、下面もグレーということで表面仕上げもそこそこで目立たんやろうと思いっきりハードルを下げ先を急ぎます。(逆に言うと銀塗装は無理)

尚、タイトルを「マルヨン」としましたが、現在一番注力しているのが本機というわけでは決してなく、雷電もG.55も書くことがないので消去法で「マルヨン」となりました。 それだけのことです。

以上です。

【2007/06/11 12:31】 | 模型-F-104
トラックバック(0) |


sleepy
公試さん、おひさしぶりです。sleepyです。
いろいろあって、ながらくsleepしてました。しばらく見ない間に雷電はすごい仕上がりになってるじゃないですか!感動してます。
さてG55ですが、尾輪庫のディティールはカバーがあるのでさほど気にしなくても(?)とは思うのですが、脚柱をふくむ尾輪のディティールを示す資料ならあります。どうしましょう?私のブログの資料室に去年イタリア空軍博物館で撮影したG55の写真がありますが、残念ながら尾輪までは撮りませんでした。次回訪問時の課題にします。
わたしもF-104Gはお手つきの状態で2年近く放置してます。イタリア空軍の塗装にしたいんですけどね。


公試
>>sleepy殿
おはようございます、お久しぶりです!
未だに完成していないんですよ、きっと夏には...
G.55の実機を見学されたんですよねー、うらやましい限りです。
実はイタリア機ではG.55についてのみ、資料本をもってるんです。(ARI D'ITARIA 10 とAVIO LIBRI 3です) 脚柱・尾輪ごとき!にかまっていては完成しそうにないので、ご好意は気持ちだけお受け取りし、先を急ぎたいと思います。(実は大きな問題が発覚しております、詳細は次回)


sleepy
こんばんは、公試さん。
同じ資料(ARI D'ITARIA 10)をお持ちなんですね。イタリアはマニアの層が厚いのか何なのか、その類の書籍は普通の本屋に並べてありました。日本の世傑と似たような感じなんでしょうか(もうちょっと濃いような?)。
現在、タミヤのFw190A-8を作っています。A-8から転用されたF-8に仕上げる予定です。めんどうくさい脚回りが終わったところです。今週末にUPします。


公試
>>sleepy殿
フォッケ楽しみにしています。風防を膨らませたFはカッコいいですよね。 脚回りというともう完工目前ですか? うらやましい限りです。 

コメントを閉じる▲
なんと、続けてFiat G.55です。このまま製作に流れていくんでしょうか?本人も判りません。

写真手前がフライングマシーンで、奥がSMERです。 遠近で判りにくいですが、やはりSMERは一回り小さく、1/50なんでしょう。
DSC00440.jpg

えいやっとコックピットに着手しました。 暗くてぼけた写真でわかりづらいですが(いつもの通り意図通りです)、レジン製の側壁はよく出来ております。 細かいところで?という部分もありますが、この良く出来たパーツの原型を作ったチェコ?の方に尊敬の念を示しつつそのまま組みます。 どうせ見えへんし。(折角の高価なキットをこんなにいい加減?に進めていいものか多少不安あり)

DSC00435.jpg


機内色はもう少し黄色いほうがよかったような。まあ良し。

さて、SMERです。
DSC00439.jpg

繊細な箱絵と好対照なリベット列に冷や汗が出ます。 これは私には無理です。



冒頭に記したとおり、このままG.55の製作が進むものかは微妙です。



補記;(←補記かよ)
雷電は、1)ピトー管と機銃をつけた 2)尾輪をつけた 3)キャノピー中央部を塗り分けた というところです。
写真のキャノピーは乗せただけです。
DSC00444.jpg

機銃はともかくピトー管はもっと早くにつけるべきでした。基部のパテ埋めが必要になりました・・・

なんかすっきりと仕上がらず、うるさい感じです。どうしたものやら。

以 上




追記を閉じる▲

【2007/06/04 07:29】 | 模型-Fiat G.55
トラックバック(0) |

曲線美
stabatmater_9
こんにちは、Fiatなどイタリアの航空機は一度も作ったことが無いので勝手が分からないのですが、現代のイタ車に通ずる素晴らしい曲線美だと思います。SMERのキットは1/48のスパーマリンウォーラスを持っていますがやたらでかい上に国籍マークのラウンデルやコードレターがモールドで再現されている素晴らしい(!)出来でした。SMERには楽しませてくれるキットが豊富ですよね。


公試
>>stabatmater_9殿
こんにちは。 
私も決して詳しくないんですが、G55はすらっとのびやかな素直な形で、難しい話ぬきでかっこいです。
フライングマシーンのキットは、主翼下面やコックピットのプラパーツなんかが余りとして発生するのでこれをSMERに流用すれば、と目論んでいたのですが、スケールが違うのでダメでした。 どうしましょう、このキット?



ハヤテ
勉強不足なもので、外国機の事はさっぱり分かりません(汗)

どうしても興味の目はは雷電に行きます(笑)

パネルラインの自然な強調のされ方が絶妙で、尾翼の黄色と相まって
好感の持てる機体になっていっていると思います。

じっくり仕上げていって下さいね。



ラッキーユダヤ
伊太利亜機は独特な雰囲気がありますね。

マニアックなお話の数々、楽しいですね(笑)。

雷電の全体像、スゴイですよ…(驚)。

言葉を失いました。





公試
>>ハヤテ殿
おはようございます。 
励ましのお言葉ありがとうございます。  あと少しなんですが何分地味な落穂拾いとなりますので、こういったかたちでちょこちょこ経過報告します。  

>>ラッキーユダヤ殿
なんかこの記事の雷電の写真は我ながら雰囲気あっていいですね、実物よりいいです。(ほんとは大したことないんですよほんまに) 
 


hagu
私も外国機は(外国キットにも)疎いのですが、このコクピット内の精緻さには驚きます。

雷電に至っては・・
もう造形美などという言葉では
とても言い表せません。

素晴らしい画像に堪能いたしましたっ!






公試
>>hagu殿
G.55のコックピットは色を塗っただけなんで..(いわゆる滝汗;)

何か数台連なった右翼の街宣車にほめ殺しされているようで居心地悪いんですが、もちろん励みになります、もう少し頑張ります。

コメントを閉じる▲
free counters