After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
年末のばたばたで時間無く、模型製作は中断です。雷電はエンジンにプラグコードを追加した位です。

ということで、本日は雑文をもって本年の終わりとします。

大掃除の一環として、自分の机周りの片づけをしました。新しいキットを買っても収めるスペースが無くなっている現状に鑑み、この際作り得ないキットを処分しました。

1)ハセ48 紫電改(旧版); 新版が出る以前、自分なりにベスト紫電改を作るべく着手。スジ彫りをいれ、コックピットの作り直しを始めたところでリニューアルの告知。 敢え無く挫折。もはや再開することもあるまい。 コックピットのパーツ取り用にタミヤの紫電も購入していたが、こちらはコックピットパーツが無い状態で残置としました。

2)ハセ48 Bf109G、レベル48 Bf109K; ハセからK,G10がでる以前、ハセとレベルを合体させたらばすっきりかっこいいK4ができるとひらめき(ありがち)、レベルの主翼のバルジと機首をハセに移植したところで、ハセからK4発売の告知。数年の放置プレイの果て、本日をもって処分。

3)タミヤ48 零戦32、52; わずか10年位前のことなのに当時何を考えていたのかさっぱり思い出せない。なぜか機首を切り飛ばされた零戦が2機。何なんでしょう?? 2機まとめて処分。

以上をもって2箱分位のスペースが出来ました。もっと辛い思いやセンチメンタルな気持ちになるかと思いきや自分でも!のすっきり気分。 「捨てる技術」という本では、3年?着てない服はとっとと捨てるべしとありましたが、模型の場合どうでしょうか。10年後もしくは定年後に作るハズという今の気持ちは、模型に対する愛か、或いは散財をした自分に対する言い訳でしょうか。 
とにかく、めでたし、めでたし ということで。


それでは、良いお年を&ハッピーニューイヤー!







追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2006/12/31 12:38】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


JW
こんばんは、中々捨てられない人が来ましたよ。
自分も「時間が出来たら作ろう!」なんて思っていっぱい貯め込んでいます。これを眺めるのも楽しいんですけどね。
来年もよろしくお願いいたします。


公試
>>JWさん こんばんは。
貴方のブログを見るにそれにしてもすごい数ですね。人生が3回位必要なような..失礼しました。自分の悩みの浅はかさを知りました。もっと精進します。
来年も宜しくお願いします。


作左
あけまして おめでとうございます
年が明けましたが、
私は大掃除は明後日と決めました(笑)
しかも、それも未定の兆しあり~
どんなキットの残りパーツ、残りデカールも
捨てられない症候群の自分のツケでございまする

本年もどうぞよろしくお願いいたします



ハヤテ
明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いします。
正月休みは義理用が多くて困ります(汗)

私もこの休みに少しは整理しょうと思っています。
思うだけかも(笑)




公試
>>作左衛門殿
あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。 
キットの一部は処分しつつもデカールはかさばらないので私も残しております。 古くは25年位前のいわゆる厨房の頃のものもあります。どうするつもりでしょうか??

>>ハヤテ殿
あけましておめでとうございます。 雷電完成おめでとうございます。私、正月早々意気消沈しております。こちらは、ちまちま進めます、時々は覗いてくださいネ(キモ)。


コメントを閉じる▲
DSC00274.jpg
主翼リベット打ちが終わり、いよいよ胴体に主翼を付けました。
いわゆる士の字というやつです。 

さて、主翼と胴体のフィッティングについては、本キットは「塗装後にも主翼取り付けが可能な位ぴったり合う」というような雑誌記事を読んだ記憶あり、何ら心配していなかったのですが、残念ながらそうはいきませんでした。
どうも、胴体リベット打ちの際に胴体内側に入れた補強で胴体が歪んだか、或いは主翼リベット打ちの際に主翼パーツを曲げたか、原因ははっきりしませんが、とにかく合わない。 翼下面でラインが折れ線になってしまい、仕方なく瞬間を盛って修正中です。下図は未だ作業中の状況です。(未了) 自己申告しておくと、左主脚庫も未了です。
 DSC00276.jpg


さてこの状態でも「士の字」になったと言ってよいのでしょうか?あるいは一応の修正が終わった段階が士の字なのでしょうか? 

DSC00285.jpg
なんか、胴体と右翼と左翼でそれぞれリベットの仕上がりが違うように見えますが、状況確認に入れたスミの差異のようです(ということにする。) また、その他諸々の要修正箇所につても今日の段階では見えないことにすると。

DSC00287.jpg
エンジンをセットしてみました。エンジン自体の進捗は皆無です。

まとめ:年内「士の字」達成。自分を褒めてあげたい。

以 上













追記を閉じる▲

【2006/12/25 12:06】 | 模型-雷電
トラックバック(0) |


ハヤテ
取付架覆まで再現されたのですね。
すばらしいです。

ちなみに主翼と胴体私の方も合いませんでした。
原因は私の基本工作の雑さです(汗)


公試
>>ハヤテ殿
おはようございます。

取付架覆というような大袈裟なものではなく、取付架やエンジン後部の補機を正に覆うべく、こしらえたというか、それらしいかたちにしました。 私は補機類は一切パスですんで...

やっぱし主翼と胴体合いませんよねえ?!?(ヘタレの会話??)


コメントを閉じる▲
DSC00263.jpg
エンジンを並行して製作しています。リベット打ちは完了していませんが。
雷電はエンジン正面が強制冷却ファンで隠れるので、エンジンは側面をみせるつもりです。ここで問題は、側面を見せるに適したエンジンが無いということです。火星を装備したどの機体のキットのエンジンも、前後列を一体でモールドしたもので、横からは見せられません。(唯一の例外がオオタキの48ですが、2回り程小さく役に立たず) そこで、火星を離れ、良さげなエンジンパーツを切った貼ったしてます。

DSC00264.jpg
 色を乗せたり未だだったりでみっともない途中状況です。プラグコードも導風板もプッシュロッドの付け根もまだです。

DSC00266.jpg
機首に置いてみました。機体が上向きなのは、置いているだけだからです。傾けると落ちます。

実はカウルカバーの後部支持フレームというか、カウルフラップの支持フレームというか、へんちくりんなリングで苦労してます。先に進みません。

以 上


追記を閉じる▲

【2006/12/17 22:06】 | 模型-雷電
トラックバック(0) |


ハヤテ
こんばんは。

導風板等忠実且つ丁寧に再現されてますね。
私は省略しました(汗)
火星23甲型は給排気管に苦労しますね(汗)

今後の展開に期待大であります(笑)








公試
>>ハヤテ殿

こんばんは。 実機を忠実になぞるばかりが「それらしさ」への近道ではなく、模型的センスでどこを省略してどこを再現するかが大切と思うのですが、あいにくセンスが。 
給排気管難しいですねえ。特に排気管。3次元の引き回し、どうするか悩んでます。

コメントを閉じる▲
仕事がちょっと忙しく、雷電に時間を割けていません。 ので、お店巡りでお茶を濁します。
日帰り出張で横須賀に。 用件が早く終わったので帰り道に横浜の新装ラッキーベイフォートに寄りました。

普通の事務所ビルの4Fへエレベータで。「帰り道、模型屋なるものに立ち寄ってみた」というようなシチュエーションは起こりようがありません。子供も入りにくいような。

当然、以前の東神奈川店より広い店内ですが、何かちょっと静かで落ち着いた雰囲気。ガチャポンだかの音楽が切れ目なく聞こえていた以前の喧騒とは大分違います。 品揃えはそれほど変わってないように思いました。広くなったスペースを、従来通りのラインナップで埋めた、という感じです。

さて、何か目新しいものはあったかというと、あった!! 出た!「キ94」試作機型(ってなんとか1機組み上げただけの機体に、試作型も量産型も無かろうに)! 高! 4千円オーバー! いくら大柄な機体とはいえ72の単発機でよんしぇんえんとは。 散々迷って見送りました。実はこれを買おうと寄ったのに、値段をみてびびってしまいました。 今日は縁(YEN?)が無かったということで。 また、今度めぐり合うことがあったら、そのときこそ、本当に縁があったものと思い買いましょう。

といいながら、その他のこまごましたもので、それ以上の散財をしてしまいましたが。

まとめ。 うーん、どうだか。


追記を閉じる▲

【2006/12/14 22:07】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
DSC00246.jpg

めっきり寒くなり模型作りが億劫になってきました。冷え切った机でしこしこ作業するのは..
辛気臭いし、つらいし、かと言ってリビングのコタツで出来ることはリベット打ちくらい。 リベットプスプス・・・しかしこれって飛行機模型作りか?これが本当にやりたかったことなのか?俺が本当にやりたいことはもっと別にあるんじゃないのか?? と自分探しのフリーターのような気持ちになってしまいます。  とまあ、なんとか、主翼下面終了。のこりは右翼上面(て、まだ残ってんのかい!)

主脚庫も少し手を入れました。右翼だけ。 また片方残ってしまいました。
DSC00250.jpg


これじゃあよくわかりませんね、もっともです。
以 上


追記を閉じる▲

【2006/12/10 09:30】 | 未分類
トラックバック(0) |


JW
公試さん こんばんは。
脚収納庫もいいですね。かなり超絶モデラーですね。
リベット打ってる時ってたまにそういう事を考えたりしますね・・・・。
自分の入ってる地元のクラブは
こういう超絶系(作例を作る方もいます)なので
自分もちょっと前はこういう事をチャレンジしてました。もちろん48ですが・・・。
懲りすぎると資料代が膨れ上がるので
最近は程ほどにしてます。


公試
>>JWさん こんばんは
あのう、決ーして超絶系なんかではないです、はい。 資料もほとんど持ってませんし。 むしろ、てきぱき次々作れないので、ちまちまやるしかないという感じです。たぶんあっさり作っても今と同じペースになってしまいます。  JWさんは良いペースで次々ものにされてますね。ほんと羨ましいです。


JW
自分の場合 忙しくなるとメッキリ・・・なんで
作れる時、更新できる時はやっているだけです。
もう今週からヤバそうです・・・・。



作左
おはようございます。
JW氏のおっしゃるとおり、
やっぱり、超絶系ですね~(^^)

私はリベットは打ったことがありませぬ~
クラクラして倒れる可能性大だからです(笑)

ホイホイ進行できるのが羨ましいっす~
今度、リベットやってみよと思う今日この頃でした。



公試
>>作佐衛門殿
こんにちは、 くどいようですが超絶系ではありませぬ。 強いて言えば「超絶系が好きなくせに面と向かうとつい意地悪してしまう小学系」ってなんのことやら。 


ハヤテ
エルロン弄るのですね(笑)
しかも燃料タンク冷却用空気給排気口も見逃さない、
ますます期待が膨らんでいきます。



公試
>>ハヤテ殿
見つかってしもうた。出来ることからコツコツと。地道にやってみます。

コメントを閉じる▲
製作中の雷電はなかなか進まないので別の話を。 休日出勤の帰宅途中の電車の乗り換え駅の本屋で。
今日は別になにも出てないわなあ、とさっとのぞいて帰るつもりが。「世界の傑作機」の新刊が。なんとHe219!! 航空ファンには広告が出てたのでしょうか? 立ち読みしかしていない私は、まさかUHUが取り上げられようとは知りませんでした。

UHUといえば今を遡ること20余年、飛行機模型好きな中年の方(自分で言うのもなんですが)にありがちな、航空ファンの為則氏の記事にあてられてUHU好きになった一人です。

タミヤが48をリリースしたのはもう10年位前になりますか..それはもう嬉しくて、アフターパーツをばりばり仕込んでこてこてのUHUをこさえてやろうと、30位にして人生で初めて買ったのがこれ、バーリンデン。 何じゃこりゃ!!!いかにもポンチ絵を参考に想像でこさえました、というような嘘くさいパーツが並んでいます。とくにBf109みたいなエンジン支持架は。あーだまされた。
DSC00243.jpg



次にかったのがCMKのエンジン。バーリンデンショックから立ち直るべく購入。そこそこいいんですが、もうちょい。
DSC00242.jpg


これはCMKのコックピットの残骸。結局、人生初トライのアフターパーツ組み込みは失敗に終わり、苦い思い出と捨てるに捨てれない残骸パーツが残りました。 
DSC00244.jpg


その折の資料といえば会社の友人に借りたモデルアート別冊のドイツ夜間戦闘機位で、挫折の原因の一端は資料不足にあり・新たな資料が揃えば捲土重来を期す、と心に誓ってはや10年。 本日手にした本書は国江隆夫氏ばりばりの素晴らしい内容でした。

現在シルバーヒルの実機はレストアが進んでいるようで、インターネットでwalk aroundの検索をしてみると(まさに休日出勤の今日、休憩時間に検索していたのです)、胴体のレストアが終わって塗装の終わった胴体の写真がありました。 このレストアが1年後位に完了したところでエアロデティールが出て、その時こそが捲土重来の時と考えていたのですが、嬉しい誤算です。

でも製作したいキットの待ち行列が伸びきった今日この頃、新たにタミヤを買いなおして、というのもなあ、悩ましいなあ。 以 上




追記を閉じる▲

【2006/12/02 22:34】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


JW
こんにちは、履歴より参りました、JWと申します。
「世傑」のウーフーですが立ち読みはしましたが、最近ドイツ機は作ってないのでスルーしちゃいました。

バーリンデンには結構やられたと知人なども言ってますね。やはりアイリス辺りが無難なんですかね・・・。最近は臓物ぎっしり系はやってませんが
そのうち好きな機体でやりたいですね。でもウーフーはやらないと思います。だってでかくてガラスケースに入らなそうなんで・・・。しばらく72です。


公試
>>JW殿
初めまして、丁寧なコメント有難うございます。(実はこっそりと貴殿のブログを楽しみに読んでます)

確かに48で双発機となると、わたし的にもデカイです。実は今年の春先に奥さんにお願いしてガラスケースを買ったのですが、48双発ないし32となると入りません、ので、機体を3次元的に斜めに傾ける台をこさえて無理無理入れてます。(といっても(半)完成機自体がごくごく限定されてます...) それでも48UHUは確かに収まらんです。 なるほどそれも問題ですわ。



ハヤテ
始めまして、飛んできました(笑)

丁寧なカキコありがとうございました。

製作中の雷電拝見いたしました。
私など足元にも及ばないかなりの技術と
確信しました。

今後の進行が楽しみです(笑) 勉強させて貰います。

勝手にリンクさせて貰う事、お許し下さい(願)


taki
こんばんわ、履歴より訪問させていただきました。
製作中の雷電の繊細なリベットに感心仕切りです。
ウーフーは私も買いました。世界の傑作機でも
双発や地味な機体はスルーすることがありますが
ウーフーはスルーできませんでした。

キットを作ることはないと思いますけど。

これからも宜しくです。



公試
>>ハヤテ殿
なにか大きな誤解をされているようで、なんともこっぱずかしい限りです。
リンクは非常ーーにうれしいのですが、いつ挫折して店をたたむか分からないことを、予め申し上げておきまする。 (それから、貴方の雷電、ゆっくり目のペースでおねがいします..)

>>taki殿
こちらこそ、宜しくお願いします。
リベットは人生3回目なんですが(1回目挫折、2回目一応フィニッシュ)、繊細というよりしゃきっとしません。 まあ未熟なおっさんを暖かく見守ってやってください。


コメントを閉じる▲
DSC00240.jpg

主翼のリベット打ちをプスプス地味にやってます。左翼上面がほぼできました。
(写真は見やすいよう、わざわざ、着色してます)
なかなか、進みません。 そりゃそうやろう、仕事から帰って、ご飯食べて、風呂入って、子供を寝かして(以上順不同)、それから奥さんに付き合ってだらだらテレビを横目で見ながらプスプス,,,進むはずが無い。

年内に士の字になればすばらしいなあと。

------------Making Mitsubishi J2M Jack (Raiden) ---------
Hasegawa 1/48 1th. Dec 2006

I've finished carving rivets of left wing.
I do it from ten to eleven having a chat with my wife
in the living room.
So,it's very slow pace.


追記を閉じる▲

【2006/12/01 07:30】 | 未分類
トラックバック(0) |


JW
こんばんは。
細かくキレイに打ってますね。
自分もコレくらいが好みです。
細かく打てば完成時の精密感が出ると思います。
でも72のリベット打ちは薦めませんね。
最近段々目が見えなくなってきました・・・。
公試さんも目に気遣い、がんばってください!


公試
>>JWさん
一日遅れでこんばんは。
おっしゃるように、僕のようなへたれでもリベットを打つとそれなりに精密感が出るのは事実なんですが、こういった表現のエスカレーションというかインフレーションというか、だんだんとハードルを高めるのはちょっと辛いものがありますねえ。 でも後10年もしたらきっと目が辛くて「止めた」となりそうで、今しか出来ないことと思いやってます。


コメントを閉じる▲
free counters