FC2ブログ
albatros w4 完成とします。

残っていた張線を片付け、2,3の細々した部品を付け、まあこれでええか、ということで完成とします。
敢えて詳細は記しませんが、オミットした部品、塗り分けもあります。がもはやもういいわ、と言う気分なので完成です。ゴールラインは製作者が決めるものです、( ー`дー´)キリッ

20191210204031c07.jpg


201912102040478c8.jpg


201912102041032de.jpg


20191210204121ff8.jpg


今回の課題は3つ、ローゼンジーパターンの塗装、木目の塗装、そして張線でありました。いずれもまあまあ初めてとしてはそこそこに仕上がりました。
何分ほとんど初めての複葉機(正確には95戦に次いでの2機目)なので、上記以外にもそこかしこ作り方が分からす苦労しました。「こうすりゃよかったのか」と反省するところ多々あり、次作に活かしたいと思います。

それにしても楽しい模型製作でした。いつもの予定調和な飛行機模型製作ではなく、知らない道を登っていく山登り的な楽しさがありました。
複葉機に対して食わず嫌いであったこと、もったいないことしてたなあ、と反省してます。
スポンサーサイト




【2019/12/10 21:14】 | 模型ー複葉機
トラックバック(0) |
昨日3Dで作成したプロペラを塗装して取り付けました。

20191201141038ee6.jpg


アルバトロスの復元機を見ると、色味の違う二種類の板を積層してあるので、マスキングして2色のぬりわけしました。

ついでに、ラジエーターと排気管も付けました。排気管は、キットのパーツと異なり、この水上機型では上翼の支柱をまたぐようになっていてるそうてす。まあ、それくらいは手を加えてやります。プラ材で取り回しを変えました。

もうちょい、あと数時間頑張ったら完成しそうなんですが、ここで猛烈な頭痛に襲われダウンしてしまいました。残念。

【2019/12/01 20:02】 | 模型ー複葉機
トラックバック(0) |
8月以来のアルバトロスです。大方完成の手前まで進めていましたが、hawkに注力すべく放置していました。展示会が迫って来たので完成させます。

まずはペラ、ところが、無い!無くした!!マジですか!
しゃーない、別のキットからカニバリズムするか、と同じドイツ機のDr-1をあたってみたのですが、明らかに直径が小さい。仕方ないので自作しました。

プラ材をけずるか、いっそ木材を削るか、と考えたのですが、ここは手抜きで、3Dとしました。

直径を図面から、平面形を写真から適当に決めて、ピッチは半径に比例して減少させ、最大翼厚位置は適当に翼弦長の30%位置くらいとしてフュージョンで3Dモデリング。ボス周りはスピナーで隠れるので気にせず。

で、できました。

201911301840569b6.jpg


ちよっと薄いかな、まあええわ。先を急げ!

【2019/11/30 18:42】 | 模型ー複葉機
トラックバック(0) |
肝心の機体の方は、張り線が3/5(中途半端な表現ですが、半分以上終わったの意)くらいおわりました。

20190812144917da2.jpg


2019081214492812c.jpg


2019081214493868d.jpg


なんともかわいい機体が出来つつあります。モデラー人生で5本の指に入る力作、というようなものでは全くないんですが、木目、ローゼンジーパターン、張り線が混在一体となって、いい雰囲気を醸し出しています。

箱も用意したので頑張って完成させましょう。

【2019/08/12 14:56】 | 模型ー複葉機
トラックバック(0) |
完成はまだ暫く先の話ですが、運搬用の箱を作りました。

盆休みの最後に模型クラブの月例会があり、アルバトロスを持っていくにあたり、フロートまで付いた機体には運搬用の箱が必要です。
いつもは百均で2百円で売っているa4の書類箱を使うのですが、背が高い機体を収めるには不安あり、今回はさらに格納式のコンテナボックスを使うことにしました。

ベースの上に機体を囲み固定するサポートを並べます。
201908121331358d2.jpg



上翼を押さえて機体を固定する押さえ板を載せます。
20190812133149c81.jpg


これを、折り畳み式のコンテナに収めます。
201908121332022ad.jpg


あとはまりこみ式の上蓋を作れば完成です。箱を作ったら安心してしまうのですが、お盆休み中にもう一歩、二歩進めたいと思います。

【2019/08/12 13:41】 | 模型ー複葉機
トラックバック(0) |
free counters