After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
週末の進捗です。

まずは、主翼の上下面及び胴体を側面にコードレターを塗装しました。キットのデカールを基に、マスキングシートをクラブのベテランの方に作成戴きました。綺麗に仕上がりました、有り難うございます。
文字色については、赤色、黒色両方の作品があります。私が参考にした資料本は、胴体は黒、主翼は図なし、というものでした。胴体下面も赤、黒まちまちです。実機の時期により、それぞれ存在したものと考え、今回は全て黒に揃えました。



エンジン回りの工作をやっと終えました。大した作業ではないんですが、なんか面倒で後回しにしていました。取付脚で後回しにしていたトラスを付け、各エンジン右側の吸気筒を計12個自作して付けました(キットのパーツがしょぼかったので)。なにかというと数が多くて大変です。





これで、残りは1)主翼、尾翼の支持梁の残り 2)補助翼、昇降舵の操作用小翼、3)文字類の残り 4)窓類 5)アンテナ類 というところです。12月のクラブの展示会には(電子工作抜きになりますが)なんとか間に合いそうです。
スポンサーサイト

【2017/10/24 12:10】 | 模型ーDo-X
トラックバック(0) |

7月は記事が少なかったので、出張先から携帯で無理無理更新します。

dornierDoXはだいたい機体ができました。というか、パーツの少ないキットのなんで、普通に組むだけならなんら問題ないはずです。



風防は、仕切りをひとつ増やして(多分キットは一枠少ない)、透明プラ板を嵌め込みました。
その前に、コックピットが全く何もなかったので、フロアとシートと操縦捍を作りました。みえませんが。



塗装は一通り銀塗装を終えましたが、着陸地点が見えず、悩んでいます。写真ではアルミというよりステンレスという感じですね。要修正。

問題は電気工作です。停滞しています。

【2017/07/31 20:18】 | 模型ーDo-X
トラックバック(0) |

日曜に模型クラブの例会がありました。持参したdo-xは、前回のブログ記事時点よりわずかに進捗があります。

コックピットの窓枠をプラ材で付けました。キットの透明部品は、透明度、合いがもひとつで、何より枠の数が少ないという欠点があります。何故オオタキが間違ったのか不思議ですが、部品の修正 は困難故、枠を自作した次第です。

さて、例会では、eさんがこのdo-x用に制御回路のプロトタイプを組んで持ってきて下さいました。12個のペラを単に回すのではなく、それぞれを回転数制御してやる回路です。おまけに発停は赤外線で遠隔でできるようです。すばらしい!



師曰く、これをユニバーサル基板に移して機内に内臓してやればよい、ということですが、中身が全く理解できておりません。とにかく見よう見まねでチャレンジしてみます。こんなことがあっさりできてしまうかたを尊敬します。有難や有難や。

ところで、こういうふうに廻りの知恵を借りれるのがクラブの良いところですね。勿論、ネットでもやり取りしてできますが、現物で説明を受けたり、その現物を貸していただいたり。ネット万能の昨今ですが、リアルも素晴らしい!(弊クラブでは新入会員を随時募集しています。興味ある方は是非!)

自分でも少し勉強せにゃあいかんなあ、ということで、今回使用しようとしているarduioという制御回路の教科書を買いました。勿論、ネットで、古本を安く早く。ネット万能ですな


【2017/07/12 19:09】 | 模型ーDo-X
トラックバック(0) |

クラブ活用~
XJunで~す
>リアルのクラブ…
例会とかイベントがあるとやはりモチベーションの維持に繋がりますね。

クラブに絡んでいますと他の会員さん同士の意見交換を聞くだけでも多々参考になります(^-^)/

Re: クラブ活用~
sea trial  (公試)
>XJun殿

ごめんなさい、暑さにやられ、すっかり放置してました。いかんいかん。

リアルな繋がりによる模型気分高揚をぺしゃんこに押し潰す暑さにより、へたりこんでいます。やる気が、わきません。やばい。

コメントを閉じる▲
最近は専ら週末モデラーで、週末の進捗を翌週月火あたりにまとめてアップするというパターンですが、今週はそのパターンが崩れそうです。
というのも土曜日にブレインストームと言う名の巻き込まれ災害的な打合せがあり、出勤のため時間が割けません。日曜は模型クラブの例会で、勿論これはこれで楽しいのですが、これまた模型工作時間を圧迫します。
なので、週末の成果をまたず現況を記します。

これまで外翼を分離式とした主翼は、胴体の上に仮に乗せただけでしたが、接着固定しました。合わせて尾翼もいくらか取り付けましたので、晴れて十の字という状態です。


上側の水平尾翼は差し込んだだけでまだ接着していません。なので、士の字と呼ぶには時期尚早です。

プロペラを回す電気工作が手付かずで残っておりまして、その辺の工作としこんだ電池が換装できるよう、胴体上面の蓋は取り外し式とします。

念のため、機首の上面も取り外し式としました。


主翼と下翼の間は後からの塗装が難しいので、一応先に塗装を済ませてから接着しています。

隔年でやってくる仕事の大波が、夏から秋にいよいよ到来します。それまでにdo-xと99軍偵を前倒しに進めておきたかったのですが、根性たらず、いまいちのままでビッグウェーブにのまれそうです。

【2017/07/07 21:45】 | 模型ーDo-X
トラックバック(0) |

お疲れ様です((T_T))
XJunで~す
>ブレスト…
お疲れ様です。
私のところでも時々巻き込まれ災害に遭います((T_T))

ちなみに部長が経費折衝で残業代を削られてきたので定時出社・定時退社です。
仕事の割り込みは受け付けません(笑)
何しろ部内最古参の伍長ですから(爆)


公試
>XJun殿
土曜日のブレイン…はきっちり17時までありました。ご苦労様でした。いえいえ。

今週末から連休夏休みです。が、またしても土曜日にブレイン…が予告されており、金曜日の会議の行方次第のようです。

オソロシヤ。

コメントを閉じる▲
エンジンを並べ終えました。 前半戦の山場を超えました。

do-xのエンジンは、前後各1基のエンジンを背中合わせにペアにして、合計6式、12基のエンジンを主翼上に並べています。それぞれ、4本の足で主翼上に立っているわけですが、今回モーターライズするにあたり、前足はモーター電線の引き込みに充て、後ろ足はキットのパーツをそのまま使用しました。後ろ足で高さを揃え、パイプから自作して長さの揃っていない前足はそれらしく誤魔化す、という作戦です。
結果は、… 
2017062507150100.jpg 
 なんとか上手くできました。6式の の並び精度は、まあ及第点といったところです。エンジンの前後位置は隣のペラと近接させないようにか、前・後・前・後しています。キットのパーツでは、主翼上面にエンジンの前後の脚をつなぐ部材がありますが、写真を見るとあったり、無かったりで、テンポラリーな、おそらくはエンジンに登る梯子に付属した部材と判断し、無しとしました。 前後脚を斜めにつなぐ部材は当然、有りで、後から追加します。
エンジンの下側の主翼上面は、エンジンを並べた後からの銀塗装は難しいと考え、部分的に先に済ませました。
ところで、主翼短くないですか?はい、完成後の保管スペース削減のため、外翼部分は磁石による着脱式とするべく切り落としました。これでa4サイズの箱に収まるはずです。
内翼、外翼はそれぞれパイプを接着し、この内側に一本の細パイプを通すことにより、内外翼を一直線に通すことにしました。
2017062507152000.jpg 
パイプは外れることがないよう、黒瞬着に加え、エポキシパテで固定しました。

次は、翼の上・下面の貼り合わせです。







【2017/06/25 19:09】 | 模型ーDo-X
トラックバック(0) |
free counters