After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
3機を並行して進めていました、ハセガワ1/72 Ju-88シリーズ、その1機めが完成しました。 GW、2機目の完成となります。
*****************************************
これまた前回からの進捗がわかりにくいですが、こまかなアンテナやアンテナ線、機銃、細かなデカール、小さなインテイク等、ああもううざったい、これやから飛行機模型は・・・・ という煩わしい細々した仕事を片付け、完成です。
以下、ピンぼけ気味の写真になりますが。
DSC_1009.jpg
アンテナ線が見えますでしょうか。

DSC_1011.jpg
このアングルがかっこええっすなあ~。

DSC_1014.jpg
手が・・・

DSC_1016.jpg
******************************************
ICMの1/48の予習として始めたこのハセガワ1/72ですが、肝心のICMは箱に収めて棚に戻してしまいました。 長期熟成中です。ハセガワの残り2機はおって進めます。
スポンサーサイト

【2016/05/03 19:35】 | 模型-Ju88
トラックバック(0) |

お疲れ様です。
XJunで~す
>夜戦…
この機首の八木アンテナがドイツ夜戦のシンボルマークというか、これで格好よさ倍増ですね。

綺麗にモットリングもキマッテいて流石のクオリティです(驚)。


sea trial  (公試)
>XJun殿
ドイツ夜戦機のキモはおっしゃるとおり、アンテナですね~。ビシっと決まったアンテナは七難隠す、という感じです。
モットリングは・・・まだまだ改善の余地ありです。

コメントを閉じる▲
昨日の今日ですが、一日で進んだはずもなく、昨日の記事が若干古新聞であったわけです。
懸案であったキャノピーと機首のアンテナを片付けました。
****************************************
DSC_0976.jpg

DSC_0974.jpg

1)キャノピーは特に難しい作業で止まっていたのではなく、キャノピーを被せる前に済ませるコックピット後席のシートベルトの自作が面倒なため、後回しにしていたものです。 やりゃあ、大した作業ではない、シートベルトはすぐに出来まして、キャノピーを被せて枠を塗装しました。 枠の塗装は、マスキングなしで筆でちょろちょろと。裸眼で見る限り問題ない仕上がりです。(デジカメで拡大すると辛いところです)

2)機首のアンテナは、キットにはプラのパーツがついていますが、太くてカッコ悪いので金属線で自作しました。太い支柱はφ0.6mmの真鍮パイプ、2本の細い枝はφ0.2mmの真鍮線です。 真鍮パイプにφ0.3mmのドリルで穴を2か所開け、真鍮線を貫通させました。 4組をアンテナ基部に付けるまで、大凡2時間くらいと、想定外にスムーズに出来上がりました。 治具を用意せず、フリーハンドでの作業のためそれなりの精度・仕上がりですが、これまた裸眼で見る限りは問題ない仕上がりです。実機は細い枝が根元が太く先が細いようですが、そこまで細部を作り込むつもりはさらさらないです。 あと、太い支柱の先端にキャップ状のものがついているので、これはプラ材ででも自作する必要があります。 おって。

3)脚カバー、補助翼も付けました。 何の工夫もありません。
****************************************
小さな部品が未だ20位残ってますがだいぶ片付きました。 GWの前半には完成しそうです。

【2016/04/08 20:41】 | 模型-Ju88
トラックバック(0) |

悩ましい…
XJunで~す
ゴールが見えてきたようですね。
アンテナの造作、恐れ入ります。

夜間戦闘機はこのアンテナの製作・保存が悩ましくて(MA誌でも真鍮パイプ、真鍮線で自作する記事がありましたが)二の足を踏んでしまいます。

※ 先月は久しぶりに戦車を完成させました。AFVが本業の筈なのに飛行機の祭り参加で首がまわりません(本末転倒)。


公試
>XJun殿
ゴールが近づいてきました。
アンテナは、特にノウハウ、技能なし、特に語ることは無いんです。試行錯誤もなく、まあ、こんなもんかなあ、という感じです。
アンテナがつくと、これがカッコいいんです!もうしびれます!


コメントを閉じる▲
ちょっと間隔があいてしまいました。ちょこっとぶりのJu-88Gです。
**************************************************
DSC_0960.jpg

DSC_0961.jpg

1)鍵十字を含め手書きマーキングが出来たので、半艶のクリアを吹きました。マーキングを手書きする際に、塗りやすい様クリアー分を除いて塗っているため、事後剥げやすいのです。なのでクリアーをかけて保護が必要なのですが、今回グッドスマイルカンパニーの50%艶というクリアーを使ってみました。 そのままエアブラシ出来る濃度となっていますのでお手軽です。
さて、その結果ですが、50%というより、25%くらいの仕上がりです。 すこぶるマットです。
同じシリーズで0%も売っていますが、一体どんな感じなんでしょうか。
艶が揃うと、筆塗のコテコテした感じが和らぎ、吹付と変わらない第1印象となりました、なってしまいました。それが良かったののかどうか。
2)脚を付け自立させました。 Ju-88は主脚が長く、突っ張った感じの地上姿勢が好きでなかったのですが50年も生きてますとその辺り馴染んでしまい違和感を感じない今日この頃です。
3)ペラを付けました。 安直に吹付で、特に何の工夫もありません。
**************************************************
後はレーダ(これがちょっとしんどいか)、キャノピー後部(これもちょっとしんどいか)、アンテナ類、脚カバー、等々。残り10時間くらいと見積もっています。4月は後半が出張ですが、それまでに出来るかというとちょっとしんどく、GW前半になんとか完成させたいです。

【2016/04/07 20:29】 | 模型-Ju88
トラックバック(0) |
2機めのju-88です。
**************************************************
夜戦型G型がヤマを越したので、続いてA型を進めます。今度はこれぞju-88?うねうね迷彩にトライします。
DSC_0942.jpg
主翼から塗装を始めました。まずは右翼を大体仕上げてみて、雰囲気を確認しました。なかなかよい感じです。左翼は、まだまだまこれからで、うねうねが右より太いのもそのためです。

うねうね迷彩ですが、意外にも手早くできます。G型のまだら迷彩より短時間でできそうです。複雑であるがため、粗が目立ちにくいようです。ちなみにここまでで4時間位。 やはり、ブラシに比べると時間はかかりますが。

うねうねは、もっと細く複雑にも塗れそうです。そこは筆塗り、好きなようにできます。ブラシより自由度は格段に高いです。
**************************************************
すっかり食傷ぎみであった筆塗りですが、新たな課題を前にして、ちょっとやる気が復活しました。

【2016/03/19 13:58】 | 模型-Ju88
トラックバック(0) |

難しそう…
XJunで~す
>ウネウネ…
良い雰囲気に描かれましたね。
筆にしろエアブラシにしろランダムでかつウネウネが偏らないように塗るのは難しそうです。
さすがです。
根気の勝負のようですね。


sea trial  (公試)
>XJun殿
手本となるパターン図がないと、自己流のワンパターンに陥りそうで怖いところです。
胴体、尾翼とまだまだ残っています。まさに根気の勝負です。

コメントを閉じる▲
今日日曜日は、明日の会社行事の準備のため出勤しました。 という言い訳のもと、あまり進んでいません。
**************************************************
ずっと、Ju-88G、夜戦型の塗装をしていますが、なかなか進まんです。

DSC_0922.jpg
背景を黄色にしましたが、大した意味はありません。 どこが進んだかというと、
・主翼上面は左右共ほぼ完成。
・水平尾翼は右はほぼ完成、左は墨入れの手前。
・胴体上面、右側面は、機体番号を除いてほぼ出来。左はまだまだこれから。

DSC_0924.jpg
・下面は、右翼のライトブルーを塗り始めましたがまだまだ時間がかかりそうです。
・上・下面の塗り分け線は間違っているようなので修正します。

垂直尾翼はまだ未着手、機体全体として六割五分~七割というところです。 アルファベット、鍵十字が順調に進めば、あと七、八時間というところです。


【2016/03/06 21:23】 | 模型-Ju88
トラックバック(0) |

こつこつ…
XJunで~す
Ju88という大物をこつこつ進められる様に頭が下がります。
私なら確実に途中で飽きます(>_<)

さて、ズベズダのJu87ですがパチパチキットでしたが以前組んだイタレリより合いもしっかりしたもので楽しいプラモです。
もう一個買っておけばよかったと思いました(笑)


sea trial  (公試)
>XJun殿
スツーカ、いいですねえ、わたしも作りたいのですが、これ以上手を広げると、どれも完成しなくなってしまいますので、我慢します。我慢、我慢。


taki
釈迦に説法でしょうけど、
塗料にもう少し、シンナー加えて
みてはいかがでしょうか。

筆の進みが良くなると思いますよ。


tochi_hangar
sea trial様

こんばんは♪Ju88良い感じですね♪モットリングの塗装がとても素敵です(≧∇≦)筆塗りですか?


sea trial  (公試)
>taki
普通に平筆で重ねていく方法に比べ、若干濃いかもしれませんが、筆目が目立つからという要素も大かと思います。
細筆のみを使う技法のため、十分な塗膜厚となるまでは筆目が目立つんじゃないかと思います。
逆に、筆目が硬質なイメージを醸し出さないかなあ、と。


sea trial  (公試)
>tochi_hangar殿
tochi_hangarさんをはじめとするwindsの皆さんに倣っての筆塗りです。 まだまだ手探り、試行錯誤中です。優しい視線で見ていただけたら幸いです。

コメントを閉じる▲
free counters