After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
finemoldのF-14、完成しました。
**************************************************
残っていた作業を片付け、一応の完成としました。

DSC_0769_20151004140145d0e.jpg  DSC_0773_2015100414014799b.jpg

DSC_0776_20151004140148ddc.jpg  DSC_0777.jpg

おおよそ50時間で完成しました。 これだけカバーを開けた状態としては非常に短い時間での完成です。例えばハセガワのキットをベースとして、レーダー、バルカン砲、機器類をスクラッチして、となると、倍以上の時間を要するところです。 再現された機器類の出来も素晴らしく、ありがちなおもちゃっぽい出来ではありません。 レジンパーツがあったとしてもあえて置き換えする必要はないのではと思いました。
ということで、F-14を臓物再現しようとするならば、スタートラインとしてベストといえます。 また、臓物を再現せずともF-14のキットとしてベストであることは間違いないところです。
残念な点としては、やはりD型であることです。 普通にA型、ないしB型であればマーキングの自由度が広がり、もっと楽しいキットになったのになあと思います。 まあ後日別のかたちで発売されるんでしょうが。

1/72のF-14としては、おおよそ30数年前、中学生の頃に初代のハセガワのキットを作って以来です。 ウルフパックのマーキングで、まあ当時の自分相応のぱっとしない仕上りに終わりましたた。 今回F-14を完成させることができ、リベンジを果たせたかというと、残念ながらそうした気持にはなりませんでした。 当時のハセガワの初版のキットとは出来が違いすぎて同じ飛行機をつくっているという気が全くしなかったこと、塗装も当時の派手なものとギャップがありすぎて、上書きしている気がしなかったことによるものと思います。

今回、それなりに手を入れた臓物F-14をモノにして、しばらくはF-14はおなか一杯・ゲップ状態ですが、ファインモールドが普通のキットとしてA型を発売してくれたなら、別売デカールなりでウルフパックのデカールを準備し、臓物開陳なしにカッコいいA型として製作したいなあと思いいます。 その時に30余年のリベンジは果たされることでしょう。

スポンサーサイト

【2015/10/04 15:17】 | 模型- F-14
トラックバック(0) |


ラッキーユダヤ
完成おめでとうございます。
精密な工作でありながら機体塗装と調和していて実機感が一層際立っていますね。
私もこういう作風にあやかりたいのですが極めてハードルが高いです(笑)

非ミリ系カーモデルも開口部分炸裂しそうで楽しみです、これから年末にかけての励みになりそうです。



sea trial  (公試)
>>ラッキーユダヤ殿
ありがとうございます。 結局こういう仕上がりになってしまいます。もう少し清潔感のある仕上がりを目指しているんですが難しいですねえ。

ヨタ8は、まあどうなりますか。こればっかしは自信ないっす。長い目で見てください。 

お疲れ様でした。
XJunで~す
>トム猫完成…
お疲れ様でした。
模型の解像度ってCADが入ってから滅茶上がりましたよね。

最近はユルいのしか作れなくなりまして、三菱F1を買いました。見事な凸モールドです(悩)。作るモチベーションが上がるかどうか。

Re: お疲れ様でした。
sea trial  (公試)
>>XJun殿
ありがとうございます。無事完成しました。 
成程、3D-CADのおかげか、小さなパーツもよく合うキットでした。よくできたキットです。

ハセガワ三菱F-1は渋いですねえ~。 プラッツの新キットが出ましたが、ハセガワのほうがほっそりしていて好みです。


コメントを閉じる▲
連休は終わりになって気づくもの
**************************************************
先日と大して変わりません。

DSC_0761.jpg

キャノピーは仮で置いてみただけでまだ接着していません。
機首レドームは付けてしまいました。先端のピトー管はレドームを固定した後、最後の最後でぽっきり折れてしまいました。 この状態で金属線を埋め込む工事をしなければなりません、面倒やのう。
DSC_0763.jpg
夜にフラッシュを光らせて写真をとったらばなんだか小ぎれいなおもちゃ風になりました。 実物はもっと小汚い感じです。

結構ごちゃごちゃものが付きました。 まだこのあと、エレクトロニクスベイやらの蓋を数枚つけねばなりません。ちょっとうるさすぎる感、無きにしもあらず。 少なくとも、レドームは上げないほうが100倍カッコよかったような。



【2015/09/23 21:43】 | 模型- F-14
トラックバック(0) |

難しそう…
XJunで~す
こんばんは。
>F14 …
いろいろ手を入れられてますね~。
見せ場を作り込むのも大変ですね。

私は夏前に作ったプーマ装甲車で普段より塗り込んだら息切れしてしまいました(u_u)


sea trial  (公試)
>>XJun殿
元のキットがよくできているので、ちょこちょこ手を加えたくなります。 
ただ、全体像が分かりにくき機体でありキットであるため、要所を押さえたデティールアップができなかったなあと少々反省しています。
同じキットを二度三度作ればその辺分かってくると思うのですが、しばらくはゲップ状態です。

コメントを閉じる▲
5連休中日、模型の進捗を。
**************************************************
F-14は全工程の8割くらい進んでおり、ここからは小さな部品を付けたり、細かな塗り分けをしたりという、退屈極まりない試練の過程となります。 派手な工作よりも最後の仕上げが大切、「最後の2割の作業が作品の印象の8割を決める」、という名言がありますが(嘘です、ありません)、ここまでくるとテンションべた下がり、次は何を作ろうかとそわそわしてしまいます。

今回付いた部品は、脚カバー、エアブレーキ、搭乗タラップ、空中給油プローブというところです。
・エアブレーキは特になし。
DSC_0759_20150921175241b9b.jpg

・脚カバーは縁の赤塗装が面倒で、「そうそう、米海軍機ってこれが嫌やったんや・・」との思いを再確認しました。
・搭乗タラップはなぜかスイッチが入り、側部に軽め穴を再現しました。
DSC_0760.jpg

・空中給油プローブはカバーを薄くした、くらいです。 先端をシルバーに塗らにゃあ。
DSC_0757_20150921175239c36.jpg
**************************************************
もうちょいです。




【2015/09/21 17:59】 | 模型- F-14
トラックバック(0) |


kurage
あと少しですね~。
脚カバーの赤の面倒くささ、よくわかります!
確かに嫌な作業ですよね。
でも効果は絶大なので、ちゃんと塗るようになったとき、一歩おとなになった気がしたものです。

”名言”私も心に刻みます!


sea trial  (公試)
>>Kurage殿
名言を心に刻んで精進しましょう!

もう少しなんですが、ゴールがどの辺りにあるのか見えてしまい、ワクワク感がすっかり飛んでしまいました。 とりあえず頑張ります。

コメントを閉じる▲
今週半ばからまた出張なので、今のうちに記事をまとめてアップします。
**************************************************
何も変わってない?ようですが、微速前進しております。
DSC_0751.jpg

主翼前縁を銀に塗りました。 それだけ?!

DSC_0755_201509062022281dd.jpg

シートは見えないところ、股間のハンドルを付けて完成とし、固定しました。
でもって、レーダーのディッシュ?をつけました。

DSC_0756_20150906202229bd2.jpg

ディッシュには小さな素子を付けましたが、見えません!
**************************************************
ちょっと無理無理な更新でした。

【2015/09/07 20:44】 | 模型- F-14
トラックバック(0) |
約1か月ぶりのF-14となりますが、その進捗は芳しいものではありません。
**************************************************
DSC_0745.jpg
あんまし進んでいませんなあ。
1か月前の写真と見比べると、風防がついて、シートが載り(実はまだ接着には至っていません)
DSC_0748.jpg
デカールを貼って、排気ノズルを付けた、というとこです。
あと十時間強と見積もっていますが、まとまった時間がとれないのと、それ以上に最近すっかりバテてしまって全くやる気がおきないことから、実際の所要時間以上に日にちを要しそうです。

頑張れ、オレ!


【2015/09/03 22:44】 | 模型- F-14
トラックバック(0) |
free counters