After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
今日日曜日は、クラブの例会でした。これに間に合わせるべく、コンステレーションを完成させました。 
*****************************************************
以前ならば平日の深夜、夜中1時くらいまで頑張れたのですが、最近は眠くて眠くて全く作業せず寝てしまいます。作業は週末だけになり、なかなか進みません。
というわけで、土曜日に数時間の作業をし一応の完成としました。

DSCN0106.jpg
脚カバーがつきました。 それだけか!

DSCN0107.jpg
下面では・・・ 前脚から伸びる黄線を塗装(実は、黄線の形が別バージョンの可能性あり)。それから右舷主翼下面に「U.S.NAVY」の文字を追加しました。 実はデカールを貼り損ねて、デカールが足りなくなり、知らんふりをしようかとも思ったのですが、黄色デカールを切り出して何とか再現しました。 使用したデカールは30年前のハセガワ72クフィルの残品。まさか30年の時を経て役に立とうとは!

「一応の」完成というのは、アンテナがまだ残っているのですが、まあいずれ。

例会に持っていく箱を作りました。 いつものダイソーの10mm厚のボードがどこの店にも無くなり、5mm厚のものをやっと見つけました。 これを2枚貼り合わせることにしました。 今回の箱は5mm厚ということもあって、箱自体の強度はそこそこにして、簡単なものとしました。 というのも箱も結構数が増えてきて置き場所に困ってきたからです。
DSCN0108.jpg
DSCN0109.jpg
前後はすっとんとんです。
***************************************************
例会では、この機体の横に並べるべく、同じスケールでパンサー、クーガー、タイガーあたりを作ったら、という話を頂きましたが、残念ながら現在出回っているキットは多分無い、ということでした。
例会の帰りに大阪本町の模型屋に寄って帰ると、なんとそこには1/144のブルーエンジェルスのタイガーのキットが!! これが巡り合わせというものでしょうか。 これを買わずして、と思いましたが、なんと4000円弱! さすがに高いわ・・ ということで、「これはめぐり合わせではない、単なる偶然にすぎない。 人間は偶然を必然と考えようとする性向をもつが、それは人間の愚かさ、知恵の限界を示しているにすぎない」と、屁理屈をこねて要は4千円を出し惜しみました。

代わりに別キットを買って帰りました。 それについてはまた次に。
スポンサーサイト

【2013/09/08 22:23】 | 模型-constellation
トラックバック(0) |
この土日で一気に完成間近まで追い込もうとおもっていたのですが・・・
*****************************************************
だいたい、9合目くらいでやらかすんですよねえ、滑空試験を。

プロペラ端の塗り分けは、白を塗ってから赤帯をデカールを貼りつけ完成、機体にクリアーを吹いてデカールを固定して・・・ というあたりで、地上20cmで手が滑って滑空試験!
ひや~やってしもうた! 恐る恐る機体をチェックしました。脚・・は折れてない。ああ、よかった。 ペラは・・折れて・・る。 ペラが1枚折れてました。 まあそれくらいで済んで良かったと考えるべきでしょうか。

たぶん、模型の神様がいて、「もうすぐ完成!」という思い上がったモデラーに対し、「まだまだそんなもんじゃあかんて。もうちょっと頑張りや!」ということで、モデラーの手を滑らせて機体を滑空させるんでしょう。そういうことにしましょう。

気を取り直して復旧にかかりました。 ペラはミニクラフトのペラから奪ってきます。 ミニクラフトのほうが幅広なのでちょっと削ってやればまあまあ同じような形になります。 これに銀を吹きつけて・・面倒なので筆でちまちまと。 次いで端部に白を吹きつけて・・・ これも面倒なので筆でちまちまと。 

DSCN0091.jpg

DSCN0094.jpg

2枚目の写真で、一番手前のペラの下向きの一枚だけ、赤線が入っていませんが、これが復旧中のペラです。 まあここまで戻ったので今日のところは良しとします。
***************************************************
残作業は3時間、変わらず。残念。  もういい加減に完成させたいです。さすがに飽きてきました。

【2013/09/01 20:30】 | 模型-constellation
トラックバック(0) |
台風は温帯低気圧に変わりましたが、今晩から明日にかけて激しい雨になるようです。
***************************************************
毎度代わり映えのしない写真ですが、(実は)、面倒で先送りしていたエンジンカウリング前端及びカウルフラップ後ろの銀塗装と、垂直・水平尾翼前縁のゴムの黒色塗装を済ませました。
DSCN0079.jpg
あまりにも代わり映えしないので、念のために前回の写真を再掲します。
DSCN0064.jpg
なるほど、銀塗装されとるわい。尾翼の黒は判らんな。

なにが面倒って、正味10分程度の吹き付け塗装のために、2時間くらいかけてのマスキング作業。あー面倒、飛行機模型最低! マスキングの要らない?AFVがうらやましい。

とにかく、精神的に一番しんどいところを乗り越えたので、いよいよ完成が近づいてきたなあ、と感じております。残り作業は
・脚周りの小物(リンク、扉)
・プロペラ、スピナ
・アンテナ類
・クリアがけ、磨き
といったところです。 残り4時間とみた!



***************************************************
上記の記事は今週初めにできていたのですが、アップするタイミングを逸していたところ、製作の方は1ステップ進みました。 即ち、プロペラとスピナーを付けました。

DSCN0083.jpg

DSCN0087.jpg

プロペラ端には白赤白の塗り分けが必要です。 デカールでええか。あったっけ。

というわけで、残り作業はちょっと減って
・脚周りの小物(リンク、扉)
・プロペラ端の塗り分け
・アンテナ類
・クリアがけ、磨き
といったところです。 残り3時間とみた!

【2013/08/31 14:05】 | 模型-constellation
トラックバック(0) |
暑い日が続きます。 もうヘロヘロです。コンステレーションの続きです。
***************************************************
DSCN0041.jpg


DSCN0043.jpg

1. ミニクラフトの黄色文字のデカールを貼ったら見事に下地のブルーが透けました。
対策・処置としては、1)デカールをもう1式入手、2枚重ね貼りとする。 2)デカールの上からタッチアップする。3)現状のままでよしとする  のいずれかと考えたのですが( 3)は処置とは言えませんが)、現実的な対応である2)を実施しました。1)はすでにデカールを奪った1機がプラスチックごみと化そうとしているのに、さらにもう1式買えるか?という、ケチくさい根性、あるいはエコ意識から見送ります。 結果は、まあ、一見違和感ないかなあという状況です。

2.主翼前縁の黒色(ゴム袋の部分)を塗りました。 よしよし、と思っていたらば、なんと左垂直尾翼上端の黄色を汚していました。 ありゃりゃ~。 2歩進んで1歩下がる、くらいの感じでしょうか。


次は垂直尾翼・水平尾翼前縁の黒色塗装、さらにカウリング前縁・排気管周りの銀色 あたりを片付けます。


翼の後縁等、あちこち削り倒した結果、結構傷が残ってまして、グロス仕上げにするにはちょっと無理がある表面仕上げ状態です。普通に、ちゃんとサーフェイサーを吹いて表面をつくってから塗装にうつればよいのでしょうが、そういうことが出来ない、苦手であったりします。 今となっては「軍用機」ということで無理せず半ツヤくらいに仕上げるつもりです。

【2013/08/05 21:36】 | 模型-constellation
トラックバック(0) |
引き続きのコンステレーションです。
****************************************************
機体上面の白がどうしても半乾きのままでした。仕方ないので、その上から改めて白を吹き直しました。今度はフィニッシャーズの白を使いました。
結果、何のことは無い、普通のあたりまえの乾いた堅い塗膜になりました。
一体何がわるかったのか? タミヤの缶スプレーと、クレオスの白と、ガイアのシンナーの組み合わせに何が??

黄色の帯の上に、ブルーの細筋を引きました。
DSCN0026.jpg

DSCN0028.jpg
マスキングして一定幅のブルーの細線を引くのは非常に難しそうなので、不要なデカールにブルーを吹き、これを1mmくらいに細切りし、貼りつけました。 簡単なようで結構大変でした。 まずデカールを幅を揃えて切り出すのが難しく、また切り出した細デカールを綺麗なカーブにすっと貼るのがこれまた難しかったです。 
****************************************************
この後、いよいよミニクラフトのキットから奪ったデカールを貼ってみました。「USNAVY」と「BlueAngels」の黄色文字をブルー地の上に貼ったのですが、見事に透けました。 いやー、これは困った困った。どうしますか???

【2013/07/28 14:41】 | 模型-constellation
トラックバック(0) |


ラッキーユダヤ
ご無沙汰しております

色々とお騒がせ致しまして誠に申し訳ございませんでしたm(_ _)m



軍用機以外の飛行機で熱心に制作なさっていて少し驚きました


タミヤとクレオスの併用ではどちらかが完全に乾いてからじゃないと溶剤の関係で凝固を起こしたりしますので計算済みの塗装作業と拝察致しました。


今年の下半期は飛行機モデラーに回帰して細々と制作して参ります(笑)



公試
>>ラッキーユダヤ殿
いえいえ、なかなか御期待にそえなく申し訳ない限りです。

本機は米海軍のブルーエンジェルスのサポート機ということで、民間機という感じはないんです。とにかく美しい機体にかっこいいマーキングで痺れてしまいます。

細々と飛行機モデラーもよし、私はJMCなき今年は黙々と作り続ける所存です。

コメントを閉じる▲
free counters