After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
年が明けてから、やっと2回目の更新になります。

開店休業寸前の体たらくですが、なにせ、仕事が忙しい。 昨年10月に異動があり忙しくなってしまったのですが、そらもう、この年でここまで働かにゃあいかんですか? そろそろ枯れては駄目ですか? まだ駄目ですか。

**************************************************
わずかばかりのki-94の進捗を。 前回の「7/」は、なんと昨年の11/30。アンチグレアなし、脚なしという状態でした。あれから1カ月と20日。
12/31の記事にもちらりと登場し、このときはアンチグレア塗装済みで脚で自立。 それからの進捗は
 ・プロペラの茶色を塗装
 ・主脚カバー取り付け
 ・スミ入れ
のみ!

DSC00412.jpg

DSC00414.jpg

まあ、後は
 ・残りの脚カバー(センター側の小さいやつ)
 ・灯火類
 ・尾輪塗り分け
くらいなんで、この先ほとんど変わることはありません。「10/」には完成するかと思います。

**************************************************
ことしは、立ち上がりさっぱりです。

追記;
下面の排気導管(命名)、排気タービンの塗装が残っていることを忘れてました。残念。
スポンサーサイト

【2012/01/20 22:09】 | 模型 ki-94
トラックバック(0) |
F-8、零戦という落穂ひろいをしつつ、次の「1機入魂」たるMirage2000について構想を暖め仕込みを開始しつつ、さらにお手軽にKi-94をものにしようという とっちらかった、八方美人な状況です。 kiー94の現況(といっても2週間近く経ちますが)を記します。
*****************************************************
日の丸を塗装しました。 ごく普通の赤丸に白縁です。 

日の丸以前に塗装パターンですが、このki-94は2バージョン発売されたようで、一つは上面緑、下面黄色の試作機パターン、もう一つは実戦配備された状態、架空機になりますが無塗装の銀色機体です。 今回は、試作機パターンがどうしても好きになれず(色の組み合わせが気持ち悪く、かつかっこ悪い)、無塗装銀色の機体とします。

架空機バージョンでは、日の丸は白帯の中にに赤丸となっています。 鍾馗なんかのイメージが強い塗装です。本土防空用に配備された部隊の一般的な塗装パターンなのでしょうか。 銀色無塗装に日の丸を描くならそうすべきなのかもしれませんが、そうしてしまうといかにも「架空機」然としてしまい、これまた好きになれません。

ということで、今回は「日の丸を描いただけの未完成の2号機」というような位置づけとして無塗装銀、白縁日の丸としました。十分に架空機な設定でありますが、自分的には一番本物らしいパターンです。 なので、尾部には部隊マークも機番も無し。 但し、機首上面のアンチグレアの黒は塗装するつもりです。 工場出荷状態 とでもこじつけます。

DSC00378.jpg

それにしてもカッコいい機体です。 48のキットがあれば、と思いますが巨大な機体なので、きっとびびって購入しないことでしょう。
*****************************************************
落穂ひろいを先に片付けますので、本機の完成は年内が目標です。

【2011/11/30 22:38】 | 模型 ki-94
トラックバック(0) |
ちょっと前進しました。
***********************************************
1)まず、前回付けたキャノピーの塗り分けしました。 ちょっと厚ぼったいですが、透明度は十分なパーツでした。
DSC00361.jpg

胴体側面の空気取り入れ口はムクのパーツだったので開口し、さらに縁の厚みが綺麗に揃わなかったのでプラ材を貼り付けてごまかしました。
DSC00362.jpg
ここにインテイクを配置した長谷川技師恐るべきセンスであります、カッコ良すぎます。
左翼の着陸灯は、今更ですが思い立ってクリアパーツ化することとしました。取り合えずプラを削り取りました。

胴体下面の冷却器?、排気タービン、排気管も付けました。 特にこだわりありません。
DSC00363.jpg
主脚収納部はキットのパーツで十分な深さがあります。そういえば、機銃の薬莢排出口がつぶれてふさがっています。綺麗に開口してやる必要があります。

プロペラ、スピナーは仮組ですが、いただけないのが強制冷却ファンで、がっかりな出来です。下の写真の右側がキットのパーツですが、結構削り込んで大きさを揃えてしたのですが、いまいち。 ということで、自作した方が早かったか、と作り直したのが左側です。 大した出来にはならず、変わり映えしませんでした・・・
DSC00368.jpg
プロペラ、スピナは良い感じです。スピナの先端のパイプ(起動用の引っかけでしたっけ?)を作り直せばばっちりです。
***********************************************
塗装は上面濃緑色、下面オレンジレッドなのでしょうが、カッコ悪いので、考証は無視して、全面無塗装、銀色にするつもりです。

着陸灯の工作が出来たら機体塗装にかかるつもりです。

【2011/11/06 14:44】 | 模型 ki-94
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



ラッキーユダヤ
いや、久しぶりに覗かせて頂いたのですが、公試様こだわりのki94着手されていたんですね(驚)

思わず遡って拝見申し上げましたが72でこの緻密なリベットを打てる人は見た事がありません…

覗いてよかった、励みになりました。

「南の島のリベット王」、…「アフリカの星」みたいでカッケ~!であります(笑)



公試
>>ラッキーユダヤ殿
凝って作るつもりはないのですが、リベットくらいうとうかなあと。 72でも打てばやはりカッコよくなりますね。
しかし世の中には144で実に見事にリベット打ちされている方もおられます。 世界は広いです!

コメントを閉じる▲
あまり時間をかけるつもりもないのすが、なかなか進みません。
*****************************************************
コックピットにシートベルト、操縦桿をつけて、さっさとキャノピーを付けて塞いでしまいました。
DSC00354.jpg
このキャノピーが曲者で、なかなかフィットしませんでした。 すり合わせを繰り返しても隙間がうまらず、最後は、もうええし・・という感じで付けてしまいました。
DSC00355.jpg
どうせ中はあまり見えないのでこれでよしとします。
試作1号機は上面濃緑色/下面オレンジイエローかと思うのですが、あまりにもカッコ悪い組み合わせなので、無塗装の銀色に仕上げようかとおもい、取り合えず右主翼に銀色を吹いてみました。

並行してヨタ8も銀色を吹きました。
DSC00357.jpg
銀塗装は難しいです。やたら傷が目立ってさっぱり先に進みません。
DSC00358.jpg
おまけに、車内に吹きこんで、フロント、リアとも裏側からうっすらと銀色が付いてしまいました! 仕方がないので、綿棒にシンナーを含ませこすりとり、そのあとコーティング剤を同じく綿棒ですりつけ、それなりに透明度を回復させました。
苦戦しております。

*****************************************************
Lockheed S-3 Vikingの後は、こいつを考えています。
DSC00359.jpg
”オレンジ色の憎いヤツ”、

【2011/10/30 18:02】 | 模型 ki-94
トラックバック(0) |


taki
そのシルエットはモノグラムのミラージュじゃないですか
ということは、アイマスですか?

今までとは路線違いですが、どう料理されるか楽しみです。


公試
>>taki殿
さすがtaki殿、その通りのミラージュです。 オレンジのアイマスなのですが、そっち系の嗜好はさっぱりなく、路線は堅持、今まで通りに作ります。次回くらいに紹介します。

コメントを閉じる▲
3連休ですが、明日10日は出勤です、残念。
***************************************************
ki-94、微速前進?
水平尾翼を付け士の字としました。 地味な工作ですが、主翼付け根のフィレットの段差をパテ埋めし、筋彫りし直しました。
DSC00324_20111009204415.jpg

今回の製作テーマである、「飛行機とクルマ」ということで設計者(長谷川龍夫氏)つながりのヨタ8とセットで。
DSC00325.jpg
今回、進捗があったのはこちらヨタ8のほうです。

このキット、手がかかります。ちょっと似てないのは構わんのですが(?)、合いが悪く、とくにリアガラスは(あれ?別キットのパーツか?)と思ったくらいに合いません。 高さ方向で1mm近く長い感じで、はまりすらしません。仕方ないので、下辺を基準にして上辺を削り倒してなんとか収めました。 横はというと、0.3mm位づつ隙間ができたので瞬着でうめ、ペーパーで強引に削り倒して面一にしました。

この変な色は、銀色にするつもりなので下塗りに適当に手元にあった色をぬりました。
DSC00327.jpg
***************************************************
S-3 Vikingは未だ完成してなかったりします。
DSC00328.jpg
もうちょっとばかりかかります。写真のように折角の魚雷がみえるように下に鏡を置いたディスプレイとするつもりです。

【2011/10/09 21:39】 | 模型 ki-94
トラックバック(0) |


KPの里
ナナニイでこのリベット密度はすごいですね!

キ-94Ⅱ、メカドールのレジンキットとRSモデルの同機、どちらを作ろうか悩んでいたところでしたのでとても参考になります。
ヨタ8もちっちゃくて可愛いですね(^_^)


公試
>>KP殿
RSモデルの本キットはふだんKP殿が製作されている手強いキットに比べればたぶんおとなしい素直なキットだと思います。 何がしかの参考になるかは非常に怪しいですが、なんとか完成まで漕ぎ着けたいです。

ヨハ8が、似て無くって・・・

コメントを閉じる▲
free counters