After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
今日2つ目の記事は、キットの製作記事に戻りUHUです。残すところ、今日をいれて丁度一週間、最終コーナーのはずです。

****************************************************** 
なやまずどんどん進めないと完成しません。 デカールを貼って、脚を付けて、アンテナを付けて、スミ入れをしました。

脚で立つとかっこいいー! 前脚式の真骨頂です。 アンテナをつけたらば表情がぐっと引き締まりました。 で、墨入れをしたらばおもちゃっぽさが消えたというか、スケール感が出てきました。
IMG_0447.jpg
デカールは良い感じでした。クレオスのソフターでうまい具合に機体表面になじみました。

尻もちつかず美しい姿勢でたっておりますが、脚をつけた最初はしっかり尻もちをつきました。あわてて前脚庫に薄い鉛板を貼り付けて、何とか矯正しました。
IMG_0449.jpg

48のタミヤとだいぶ雰囲気が異なります。タミヤは丸くふっくらしていますが、ドラゴンは四角く細いです。胴体、エンジンナセルの背中など。正解は両者の真中くらいかなとおもうのですが、どんなもんでしょうか。
IMG_0451.jpg

このキットをつくっているとタミヤの48は良く出来てたなあとしみじみと思います(完成できませんでしたが・・)
機首のアンテナ4本が一体となったパーツ、尻もちをつかないようにおもりを兼ねたダイキャスト製コックピットパーツなど、なるほどタミヤであったなあと。

****************************************************** 
のこりパーツは
・脚カバー
・脚のリンク類
・アンテナ類(機首、背中、尻、翼、腹)
・翼端灯、着陸灯
というところです。なんとかぎりぎり完成させられそうです。








スポンサーサイト

【2010/04/24 23:35】 | 模型-He219
トラックバック(0) |


PAISUKE
公試さん
ご無沙汰しております。
Uhu進んでいらっしてますね。
本機は胴体(とナセル部分)はスミソニアンの別館に展示されており、去年見る機会に恵まれました。自分も見るまではイメージ的にはドラゴン風の細い感じを持ってましたが、実機を見るともっとムッチリしたタミヤ風な感じがしました。厳密に縮尺するとドラゴンでしょうが、イメージ的には断然タミヤの感じがしましたよ。また楽しみにしております。


公試
>PAISUKE殿
なんと、実物をご覧になられましたか! うらやましい限りです。 なるほど、タミヤっぽいですか、実物を見聞されての言葉には重みがあります。 拝承しました。
スミソニアンのレストアが完了して翼と一体になった暁に、これを取材した詳しーい資料本がでることを待ってたりするのです。


ハヤテ
流石に綺麗に仕上げられますね(羨)

ディフォルメは各社あるようで、そこをウダウダ言う
輩も結構いますが、かっこ良ければそれが一番と思っています(笑)




シロイルカ
キャノピの造形のせいかもしれませんがドラゴンのは優美に見えますね。
タミヤのは精悍というか男性的のような…

ドラゴンのUHUも積んでありますんでいつか作りたいアイテムです。


公試
>>ハヤテ殿
 今回はとにかく4/Eに完成させることを最優先(と言う割には時間をさいてませんが)で、かなりのやっつけ仕事です。写真で見せられないアングルが多々あります。
 「かっこよければ」という点、同感です。ぱっと見て「かっこいい」と思うか、「何か変」と感じるか でしょうか。 このUHUは「かっこいい!」です。


公試
>>シロイルカ殿
 ドラゴンの本機はすらっとした印象ですね、これはこれで良しと思います。

 本キットは箱を開けた第一印象とはだいぶ異なり結構手ごわいキットでした。残念ながら決定版とは言いかねる内容なので早めに完成させるのが宜しいかと思います。

コメントを閉じる▲
この記事は休み中の4/11に作成し、時差公開しています。20日まで出張中で不在です。


------------------------------------------------
UHUはモットリング塗装に続いて、キャノピーを載せて塗装しました。

キャノピー載せて塗装したら、あー、もう、そりゃかっこいいこと!!! ←びっくりマーク3つです。このドラゴンの今二つなキットぶりもすっかり忘れてしまうかっこよさです。
IMG_0427.jpg

キャノピーは結構胴体にフィットしてるような・・ とんでもございません。角度は合わないし、隙間はできるし。無理無理それらしく削り合わせました。
IMG_0428.jpg
塗り分けは、マスキングテープを細切れにしてちまちま貼りつけました。 写真を取ればよかったかと。


後端がぷっくりしたA-0型のキャノピーは、A-7型のすらっとしたものにくらべイマイチと思っていたのですが、いざ出来てみると、このぷっくりラインでも十二分にかっこいいです。
IMG_0431.jpg

------------------------------------------------
これでなんとか4月中に完成出来そうです。あと、デカールを貼ったり、アンテナ類を付けたり。脚が残っていますが、飛行状態という手もあるし(いや、パイロット乗ってないし)。ちょっとほっとしました。

【2010/04/18 12:00】 | 模型-He219
トラックバック(0) |


Psycho109k4
おおっ、これもまたカッコイイ!
やっぱウーフーはイイですねぇ。
一度作ってみたいと思うのですが、私の場合好きなドイツ機ほど敷居が高くて手を付けられません。
普通程度(?)に好きな機体なら、まぁ気軽に作れるのですが・・・


公試
8日間の出張から帰ってきました、疲れました。


>>Psycho109k4殿
かっこいいでしょー、UHU-!
大好きな機体だけに万全の態勢を整えてと考えてしまうのですが、今回のように焦りながらでも形になると最高です!! 練習というか、キットを知る、と割り切って形にするのも良いかもしれません。

コメントを閉じる▲
今日は、友人T君が東京から帰省してくるということで、友人数名の集まりに参加するつもりが、先に奥さんの小学校関係の集まりが入っていたため、子供と留守番になりました。残念。

朝からちまちまとUHUの塗装をしました。
--------------------------------------------------

件のモットリングです。 72の機体にモットリング塗装を施すにあたり、どうしたものかと考え、今回は筆塗りで大体の形を描いて、その上からエアブラシでちょっとぼかし気味にしてみました。
DSC01536.jpg

DSC01531.jpg

DSC01535.jpg

塗装パターンは全面的に取り説に依拠したものです。
最初からエアブラシで描くと、どうしても丸っこいだけのモットリングになってしまうので、まず筆で複雑な形をかいてから、ちょっとぼかしをいれました。本機のこの初期型のモットリングは、あまりボケのないものであるとの思い込みから、この方法もよいかと。

結果的に・・・・、まあ成功です。ほぼほぼ自分の思っていたように出来ました。もう少しボケがあってもよいかと思いますが、まあそれは次の機会に。

なお、色はいい加減です。手元にあったそれらしいグレイを使っただけです。

モットリングをなんとか片付けたので、4月中の完成は大分見えてきました。ちょっとほっとしました。
--------------------------------------------------

補 記

1.今月はモデルグラフィックスがあまりおもしろくなさそうだったので、珍しくmodel artの5月号を買いました。 
modelart.jpg
というのも、末尾のJMCの入賞作一覧に拙作F-5Fがちらり、ニヤリ。
特集はバイクで生まれてこのかたバイクのモデルは買ったことも作ったこともなく全く無縁の存在なのですが、それ故新鮮でした。
飛行機モデルではホビーボスのF-111とトランペッターのSu24 AZmodelのKi48が紹介されてました。
ホビーボスのF-111はカッコいいです。でもでかいし1/72のハセガワの傑作キット(買ったことも作ったこともないですが)もあることですし買わんです。

トランペッターのSu24は相変わらずの同社の飛行機キットという感じで似てないです。レドームは側面形も断面形も?であるし、キャノピーも? 結果、顔が似てないです。同社はいつもこの調子ですが、「実機の雰囲気の再現」というと大げさですが、似てるかどうかということが気にならないのでしょうか? 次作1/32のMig27も小さな写真を見るだけで似てないことが見て取れます。不思議です。

AZmodelのKi48はそれ以上に似ていないです。マジですか・・というくらい機首が違いますがどうなんでしょうか。

ニューキットのレビューなんでストレートに作って紹介する姿勢は有り難いですが、その結果、記事としては「似てないなー、かっこ悪いなー」と印象で終わってしまうのは残念です。

2.レプリックの222号も買いました。これは1/32のF-15のデティールアップに魅かれての購入です。
rep222.jpg
そのF-15は、まあようやるわと呆れる工作です。いつか2年くらいを費やしてこういった作品にチャレンジしてみたいものです。

エデュアルドの1/48 Fw190Dも載ってましたが、脚の取り付け角度が直立状態で、ひいてしまいました。以前SA誌の海外作品の記事でも同じように脚が直立したFw190を見た覚えがありますが、外人は足の角度が気にならないのでしょうか?不思議です。

ちなみにフランス語の本文はさっぱり判りません。写真を眺めるだけです。





【2010/03/27 16:49】 | 模型-He219
トラックバック(0) |

UHU進んでますねぇ~
XJunで~す
>UHU...
モットリング、綺麗にキマリましたね。
1/72だとボケ足がごく小さくしないといけないんですが、良い雰囲気に仕上がっていますね(羨)。

>MA誌...
バイクキットですかぁ。
20歳の頃からバイクに乗っている関係で一時期、'80'sのバイクのキットはよく作りました。最近のバイクはデザインが好きになれなくて...(発想・嗜好が20代から進歩していません)また、キットもやたら高価になってもはや手が出ません(爆)


ハヤテ
モットリング綺麗にいきましたね(羨)

確かにフリーハンドのエアブラシだけでは厳しいようですし、
私なんぞ、印を付けていなければスタートとラストで
間隔が可笑しくなってしまいます(汗)

個人的にはボケた感じのモットリングが好きなんですが・・・・。




orca
モットリング、大戦機はほとんど作ったことが無いので、未知な世界なのですが、映えますね!
トランペッターの1/32のミグ27、実は期待していたのですが、私はまだ写真を見ていないので何とも言えませんが、おっしゃるように「原型製作者が手をかけて作りました」と言う感じが伝わってこないキットが多く、どこか似ていないのを私も感じております。
値段が異様に高額なのもどうかなと・・・。
ただ、作りもしないのにビッグキットはどうしても欲しくなってしまうのは、未完成人の宿命なのでしょうか(笑)


シミヤン
モットリングは良い感じになりましたね。
ドイツ夜戦機はこれがあるから面倒なのか
はたまたこれがあるから魅力的なのか・・(笑)

モデルアートでバイク特集は珍しいですね。
むか~しレース仕様のバイクを1~2台作ったきりですが
嫌いではないですね。
面白いと思います。




公試
>>XJun殿
私はバイクは原付しか乗れませんので、どうもいまいち興味がわかず今まで作ったことがありません。バイク乗りの方はまた違ったふうに見えるのだろうなとうらやましく思います。


公試
>>ハヤテ殿
私も全くのフリーハンドでやるとだんだん間隔が詰まってくること必至であるので、取り説の塗装図通りとすることでピッチを一定に保ちました。

モットリングのボケ具合については、実機の写真を調べたらドツボにはまりそうなんで、個人的にかっこいいと思う具合に勝手にしました。根拠はありません・・・


公試
>>ORCA殿
トランペッターのミグ27、たかだか数センチの写真一枚を見て言うのも何なんですが、機首が直線的な絞りになってなくて、妙にうねりのあるラインになっているように見えるんです。
「買わないくせに文句を言うな」と言われれば返す言葉はありませんが。まあ日本で同社の大型キットを購入される方は全てを承知された上で、それでもその機体のそのスケールのキットがどうしても欲しいという方ばかりでしょうから、問題なしでしょう。
私はハセガワから48で決定版なキットが欲しいです。


ラッキーユダヤ
お久しぶりです、


リベット記事はとても楽しめました(笑)


まだ模型再開には至りませんが、大変参考になりました。


スジ彫りライン沿いに打つ…機体外板の継ぎ目沿いに鋲が…の表現にはいつも苦心しますね(笑)


ちなみに製作意欲は継続中ですので(爆)




公試
>>シミソ殿
モットリングお褒め頂き恐縮です。個人的にかっこよければ良しとしています。

バイク特集、自分が普段作らないキットの記事は逆に新鮮であったりします。きっとプラモデルとしては作業が単調な飛行機よりずっと面白いように思えます、一度チャレンジしてみたいです。


公試
>>ラッキーユダヤ殿
リベット記事は自分のノウハウ(と言うほどのものでもありませんが)をまとめてみました。わずかでも参考になりましたら幸いです。
そのほかの工作や塗装では特に語る中身を持ち合わせていません・・・

ソウルモデラーの模型再開楽しみにしてます!

コメントを閉じる▲
3連休の2日めは、久しぶりにUHUを進めました。

記事としては2月の上旬以来になります。 全体が大体出来ていたので、ライトブルーだったかを下地を兼ねて吹きました。サフはパスです。(私はあまり使いません)

DSC01522.jpg

DSC01523.jpg

吹いてみると、ありゃーという箇所が多々あって、ペーパー掛けがこの後必要になります。一番びっくりしたのは右主翼の付け根で、フェアリングのRエンドに溶接ビードのようなモールドがありました。ええ?こんな風になってるの?と思いましたが、左主翼は普通の滑らかかフェアリングになってます。金型の疲弊か、元々のチョンボか。いずれにせよ、ビードのようなモールドをナイフで削りペーパー掛けが必要です。

ペーパー掛けした部分を改めてライトブルーで塗装したらば、モットリングです。全て吹きつけというのは面倒だし、形が丸まってしまいそうです。筆塗りで不規則な形を作ってから吹き付けでぼかそうかと思います。



【2010/03/21 18:19】 | 模型-He219
トラックバック(0) |


Psycho109k4
丁寧に仕上げたつもりでも下地を吹いてみたら、アリャリャって事がありますよね。因みに私もサフェーサーは殆ど使いませんが。
リベットの記事、熟読させて頂きました。ぜひトライしたいです。

UHU
シミヤン
いよいよモットリングですか。
UHUは上面全体と側面がモットリングというイメージなので
かなり面倒ですね。
しかも72ですし。

ライトブルーの全面塗装で
パネルラインなどに濃淡差はつけられないんですね。


公試
>> Psycho109k4殿
サーフェイサーは凝った工作以外はめったに使わんです。面倒で臭いんで。
リベット、一通り自分のノウハウを書き出したつもりです、是非一度お試しください。


公試
>>シミヤン殿
72でモットリングなんで、もう20年くらいやったことがない、というか闇雲に作り倒していた高校生の頃にしかやったことがないように思います。おっさんになってまじめに作るようになっての初挑戦です。どんな風にやるか、脳内試行中です。
ライトブルーも濃淡付ければいんでしょうが、あまり凝ると完成しなくなりますんで、最短距離を行くくととします。


orca
公試さん、こちらでははじめましてになります、ヤフーのブログでお世話になりましたorcaです。
過去記事、非常に興味心身で拝見しました。
やはり丁寧な作りは結果として反映するのだと公試さんの作品を見て感じております。
サフ、私は逆に吹けば良い物と思いつつも、モールドがうっすら消えてしまうことに疑問も思いつつ使用しておりました。
3月に入り先日退職しまして、模型作りが止まっておりますが公試さんの記事や作品に刺激を受け、また作って行きたいと思っております。
また、お邪魔させていただきますので、よろしくお願いいたします。

モットリング
XJunで~す
>1/72 でモットリング…
方法は悩みますよねぇ。
私はヒコーキ・ビギナーなんで、暈しは断念して、262のモットリングを全部丸筆で描きました。
水性アクリルでしたが、リターダーを少し混ぜたので、厚塗りにならずに出来ました。

筆でグレーを塗った後にブルーで境目をブラシをうんと絞って吹くのも良さげだったのですが、私の腕なので、安全策でよしました。
ではでは。


公試
>>orca殿
御来訪有難うございます。 厚かましくリンクを張りましたので御承知置き下さい!
サフに限らず、模型の作り方は教科書通りでなくても良いと思うんです。教科書から外れた方法で作ってもそれなりのものが出来るんだなあ、と思っていただければ幸いです。



公試
>>XJun殿
ヒコーキ・ビギナーというわけではないんですが、72ならば筆塗りでモットリングというのが逆にイケてるのでは!と思ったりします。先日のOstwindで改めて思ったのですが、そもそも筆塗りは楽しいですし。 いろいろチャレンジしてみます。

コメントを閉じる▲
なんと平日に一日2回の更新とは!(理由は末尾に)

UHU,なんと前回は昨年11/29だったので、2ヶ月ぶりのUHUです。
-------------------------------------------------

前回士の字としたことですっかり安心しきっての放置プレイ状態でしたが、久しぶりに進めました。typhoon,ostwindが順調なので、こちらにも時間を割り振る余裕ができたというわけです。

DSC01417.jpg

DSC01415.jpg

どこが進んだかと言いますと、
1)胴体背中の筋彫りが左右食い違っていたので、彫りなおしました。
2)コックピットは計器盤を付け、シートにベルトをつけました。ベルトはマスキングテープ製という一番簡易な方法です。
まあ、これだけです・・・

これでキャノピーを付け、コックピットを閉じます。もう少し細かいところに手をいれ、3月くらいには塗装に着手する予定です。素組みでこの遅さ!! 4月末には完成させたいです。

-------------------------------------------------

「世界の傑作機」に影響されて、仕事の帰り道(でもないんですが)、「唯一関西資本の家電量販店」の模型コーナーによってハセガワのS-3を買い求めました。
店頭には3種類ありました。それぞれ1300円、1600円、2200円と、どういう訳か値段に大きな差があったので、一番安い、即ち一番古いパッケージの下のA型を買いました。(のこり2つはB型でした)

DSC01418.jpg
派手なバイセン塗装版です。一番古かったのでデカールが大丈夫かどうかはわかりませんが、いつつくるとも知れないものなのでたとえデカールが死んでいても問題ないです。本当につくるとなったらどうせ別売デカールを買うことでしょう。

組んでみました。30年前と同じでした。当たり前か。 もしかしたら最近の柔らかいプラで成型されているかも、と期待していたのですが、昔のままのカチカチプラでした。
DSC01419.jpg

typhoonと並べてみました。
DSC01421.jpg
丁度同じくらいの大きさです。

-------------------------------------------------

歯痛で会社を休んで歯医者に行ってきました。(相当ヤバい様です) なので、昼から時間ができて模型をちまちま、更にはブログ記事をこうやって一日2回も更新したというわけです。

【2010/02/04 19:14】 | 模型-He219
トラックバック(0) |


Fighting Hannah
こんばんは~、放置プレイ?いえいえ、熟成ですよ、よりおいしくいただくための、(と自分に言い聞かせてたりして!)(^^;)
UHU,スタイル等、SF的な魅力を感じる機体です♪



公試
>>Fighting Hannah殿
熟成されるのはキットではなくて、見る目のほうなんですよね、久しぶりにみると「まあこんなもんかなあ」とか。 あと、部品が無くなってたり・・・


シミヤン
放置・・・もとい熟成キットなんて我が家には大量に…(笑)
ウーフーもでももう士の字まで出来ているではないですか。

ハセガワのS-3はそんなに値段の差があるんですか!
あ、H社お得意の箱・デカール替えの便乗値上げ品ですね。


公試
>>シミソ殿
ハセガワお得意のデカール替えですね。これが私以外に好きなんです。とくにあまりはやってない店でいつ出たとも知れないデカール替えを見つけるとワクワクします。 便乗とはいえタミヤのガチガチのラインナップよりいいと思うんですが・・

コメントを閉じる▲
free counters