After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
ネットの、お祭りに参加することにしました。
http://simiso21.cocolog-nifty.com/blog/
夜戦と双発戦の同時期開催です。 これは手元の在庫・仕掛り機を進めるよいチャンスということで参加させて頂くこととしました。

----------------------------------------
手持ちキットはいろいろあります、  
夜戦となれば、
 72 Ju88(ハセガワ×2)
    He219(ドラゴン×2)
    彩雲(フジミ) 
 48 Fw190 (ドラゴン)

双発戦では
 72 P-38(ハセガワ、ドラゴン)
    Ju88(前述)
    He219(前述)
    Me410(ファインモールド) 途中放置
 48 He280 (エデュアルド) 途中放置
   Me262 (タミヤ)
 
というところです。 このうち、途中放置で早3,4年のMe410を双発戦として仕上げることにしました。

未完箱につっこんでいた機体を引っ張り出してみました。
なんで放置してしもたんやら・・・・
DSC01277.jpg
士の字になってます。 そうでした、この機体、キャノピーが難しいんです。 キットのパーツが汚らしくなってしまい、なぜか手元にあったファルコンのキャノピーパーツを使おうとしたところで挫折したのでした。
DSC01280.jpg
右が、汚れちまったキットパーツ、左がファルコンです。ちなみに一枚目の写真でキャノピーの後ろが白いのは、このファルコンのパーツに合うようにプラ板を貼って整形したからです。 どうも、イタレリMe210用と、ファインモールドMe410が同梱されたセットのうち、間違ってイタレリMe210用を使っているようで、キットにジャストフィットしません。 コックピット周りの白線は、ファルコンを接着するのり代にと、この週末につけたプラ材です。

まあ、ここがスタートラインとなるので、流石に来年春の締め切りには完成するでしょう??

同じ機体でエントリーされたマジリ殿はすでに快調に飛ばされていますが、追いつく気力も腕力もなし。周回遅れでブービー賞目指して頑張ります。

---------------------------------------------
ハセガワが来年前半までの新製品予定を発表したようです。
このうち、飛行機キットについて個人的な感想を。

・1/32 Bf109F-4 Trop : これは私、CMKだかのコンバージョンパーツで製作済み(完成はしていません、8合目で放置中)なので今更の感。
・1/72 F-16I : 48に続いてですか。これはいいですなあ。
・1/144 エンブラエル170 :!これは良い! MRJの伏線でしょう? 
・1/72 Ju188E : これは痛い。マッチボックスとイタレリのキットと、ハセガワのJu88からJu188をでっちあげる計画を温め続けていた私としては痛い・・ が、とてもうれしいです。
・1/72 F-35 : これも良い!私は興味ないですが。

総じて、小粒ながらええ線ついてるなあー、と思いますがALL NEWと言えるのはF-35とエンブラだけというのはちょっと寂しいです。 まだまだ、沢山売れそうな機体はあるとおもうのですが。
スポンサーサイト

【2009/11/09 21:47】 | 模型-Me410
トラックバック(0) |

双発戦祭り
XJunで~す
>Me410...
公試様、面目躍如の製作リポートを期待しております。

私の地元のショップにもこのキットがありましたが、私の腕でこのキットの価格は勿体ないのと、メッサーらしくない(と私が思い込んでいる)いかつい顔の機体なので、敬遠してしまいました(w)。

といいつつ、1/72のキットを買いあさっている私...(困)。

>未完箱...
「蜜柑箱」ってその意味だったのですね...。我が家にも戦車やフネの未完成品が散らかりまくっています。



公試
>>XJun殿
とにかく、熟成中の機体を完成させることが一番の目標です。あまり期待なさらないで下さい。 
本キット、けっして悪い出来ではありません、小難しいものでもなく、良く出来たキットと思います。但し、72のモットリングってどうすればよいのか、エアブラシでできるものか、ちょっと思案中です。

モットリング...
XJunで~す
>72のモットリング

一番スタンダードな手法は何種類かの斑点の穴を開けた型紙を使ってエアブラシで吹くというものと思います。
その他に、先に斑点の色で塗りつぶした上に練り消しなどでマスキングしてエアブラシで吹く、または、塗りつぶした上に地色で斑点の部分を残しながら吹くということかと思います。

私はAFVでは3番目の方法で雲形迷彩を何度かしたことがあります。
フリーハンドで塗る場合、斑点を塗るよりも網かけのように、地色で塗る方が斑点の形を整え易く感じました。

モットリング
シミヤン
やはりキャノピーで苦労されていましたか。
ファインのMe410(イタレリのMe210も)ここがネックですね。

個人的なことですが72のモットリングはフリーハンドの場合
ニードルの先端を外し(カバー部分)、ホースの接合部を緩めてワザと空気漏れを起こさせ(圧力計がない場合)弱圧にし
色の付いた薄め液くらいの塗料で吹き付けています。

吹きこぼれやミストはベース色でエアブラシタッチアップの繰り返しです。
でも公試さんに書くのは釈迦に説法のような気が…(笑)

>1/72 Ju188E 
イタレリの胴体パーツで途中まで組んだものの蜜柑山
ハセガワから出るのはちょっと嬉しいかもしれません。


公試
>>XJun殿
なるほど、いろいろ方法がありますね。 今回はほぼストレート工作なので塗装をがんばってみたいと思います。


公試
>>シミヤン殿
キャノピーがですね、難しいですよね。 
ニードルのカバーを外す、ふむふむ、 エアを逃がして圧を弱める、ふむふむ。 にしても大変そうです・・・
私にとって、Ju188は今回一番嬉しいアイテムです。イタレリ、マッチボックスの行く末はともかくとして。


taki
JMCおめでとうございます。
会場でも目を引いてましたよ。

モットリングですが、うすめた塗料を筆で
かすらせるように書いていくのがいいですよ。
大きなのは端をぼかし筆でたたき塗り。

うすめた塗料でさっと塗ると中が薄くて、縁が
濃くなりますので、縁を削るとぼけて見えて
雰囲気よくなります。
最後はモットリングの色を全体に塗るとなじみ
ますが薄めた塗料は筆ムラが目立ちますので
エナメルでフィルタリングするほうが良いかもです。

えっ筆では塗らないですか?そうですか。


公試
>>taki殿
ありがとうございます。 自分の作品を人様に見てもらうのはなんともこそばゆいですね。

モットリングを筆塗りで、というのは筆塗りマスターのtaki殿ならではかと。とてもとても敷居が高いです。とはいえ、エアブラシだけでというのも難しそうで、両者をうまく使い分けできればと思っています(だいぶ、妄想がかっています)。

コメントを閉じる▲
free counters