After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
とうとう予定の最終回50回目となりました。 予定通り一応の完成とします。

-----------------------------------------
残作業は一通り完了しました。
 ・スロットルレバー(前後席)
 ・脚ケーブルH
 ・垂直尾翼編隊灯塗り分け 

つけるべき部品がなくなり、塗り残したところろもなくなったので一応の完成です。
もう少し、カバー内部等にコーション類を貼ったり、スミ入れを調整したりするかもしれませんが。

DSC01232.jpg
出来はともかく、かっこいい機体です。

DSC01233.jpg
後ろからもかっこいい!!

DSC01234.jpg
前席のスロットルレバーが良く分からないです。 アレ?

DSC01235.jpg
変わり映えしませんが。

DSC01237.jpg
これはボケてて駄目です。

DSC01240.jpg
"see you next time"

-----------------------------------------

本年1月スタートで、9か月、300H!!かかりました。 どう見ても時間のかけ過ぎです。出来は・・・ まあこんなもんとします。 いろいろ後悔するところはありますが、それも今の自分の技量です。

シルバーウィークの目論見が外れどうなることかと思いましたが、最後は力技で完成させました。
あー、疲れました。




スポンサーサイト

【2009/09/23 12:52】 | 模型-F-5
トラックバック(0) |


taki
完成おめでとうございます。
むちゃかっこいいですよ。

こんなふうに一機入魂では
作れませんから、尊敬しちゃいます。

見所も満点ですね。
展示ではせっかくの下面も見てみた
いです。


Satoshi
完成おめでとうございます。
機体もカッコイイですが、作品はもっとカッコイイですよ!
各部の作り込みは素晴らしいの一言です。
個人的には主脚庫内のパイピングがお気に入りであります。
次回作は大戦機でしょうか?期待しております。

完成おめでとうございます
XJunで~す
F5完成おめでとうございます。
F16を除いては、現用の戦闘機が皆双発で大型化するなかで、F5はホントにスマートで恰好のよい飛行機だと実感できる作品ですね。

300Hで時間をかけ過ぎとのことですが、それだけ丁寧に作られたゆえにこれだけの作品になるのだと感じ入ります。(私は飛行機は苦手なので、それこそ小学生時代と変わらずパッパッと作って遊んでいる状態ですので...(汗))

ともあれ、長丁場の製作、お疲れさまでした。

祝完成
Kon-Chan
何はともあれ、おめでとうございます。素晴らしい作品です。

8月の記事にある「...この辺りまで来ると、既に出来ていた部分を壊してしまったり汚してしまたりで作り直しや補修に追われ、作ってるのか壊してるのか判らない均衡状態になります」という一文が大変印象的、というかシンパシーを感じました...


公試
>>taki殿
有難うございます。「一機入魂」、身に余るいい言葉です。 
下面も結構手を入れたんで見えるようにしたいところです。 最後の悪あがきの時間があるか否か、というところです。


公試
>>Satoshi殿
ありがとうございます。 
実は作品よりも写真のほうがカッコイイんです。

「主脚庫内のパイピング」とは、やはり機体下面ですか・・・
会社の帰り、百均によって鏡板でも探してみます。

次回作は現在、大妄想中です。御期待下さい!


公試
>>XJun殿
ありがとうございます。
F5は、特に複座はかっこよく、美しい機体なので、新キットがそろそろ欲しいですね。 (こいつが完成するまでは、絶対に出て欲しくなかったのですが・・・)

製作時間は、経験値でいくらかは短縮可能と思うのですが、一方で老眼がひたひたと忍び寄りつつあり、これからはしんどいところです。



公試
>>Kon-Chan殿
ありがとうございます。

本機も最後の最後まで予断を許しませんでした。最後の部品となった前席スロットルレバー取り付けの際、前席キャノピーフレームに、接着剤(セメダイン スーパーXクリアー)が付着し、卒倒しそうになりました。 慎重に拭き取って事なきを得ましたが、最後の、相撲で言う「寄せ」の力不足を痛感しています。




Fighting Hannah
完成おめでとうございます!\(^o^)/
素晴らしい完成度、見せ場満載ですね~♪
ガンベルトの表現、脚庫のパイプ配管、コクピット内etc...。
展示会等で拝見する機会があれば♪と思います。引きで全体をじっくり眺めてから、細部の鑑賞を堪能し、また引きで見て...になりそうです、...アヤシイ見学者でしょうか?(^^)


ラッキーユダヤ
うわあ~、

もう何と言いますか、塗装と工作のバランスが絶妙で…

開口部から垣間見える「具」も素晴らしく…

1月から着手されて完成を見る…ドラマ性も十分で…

お腹いっぱいになりました(笑)

この世代の米軍機やりたくなりますね~m(_ _)m


完成おめでとうございます(笑)



コメントを閉じる▲
昨日の続きです。 小物を除いて、たぶんこれで最後となるパーツ製作は、梯子?です。
F-5で機首の機銃と並んで欠かせないアイテム、といえば、ハセガワ32にもこのモノグラム48にも付属する昇降用の梯子です。 どのオペレータでも同じ格好のものが使われています。ということはノースロップ純正なんでしょうか。
コックピットの開口に引っかける部分を除いて大体出来ました。
DSC01216.jpg
F型なんで、同じものを2個作るのがみそです。結構うまくおなじように出来ました。

というと、あっさり出来たかのようですがさにあらず、苦労しました。
下の写真で、左から2番目の茶色のものがキットのパーツです。これに手をいれてとおもったのですが、大したものになりそうになく放棄。 次に左側、真鍮線をハンダ付けして、という工作に挑みましたが華奢になり過ぎごれもボツ。 結局手慣れたプラ材細工でスクラッチしました。 2個の形・大きさをそろえるべく簡単な図面を描いてその上にのせて作業しました。
DSC01219.jpg
シックな塗装の機体に、よいアクセントになるかと思います。


--------------------------------------------------------
ということで、残作業を整理すると

1.完了
・機首右側機器カバー; スミ入れ、取り付け等のこってますが完了にカウントします。
・前後キャノピーのバックミラー; 塗装が残ってますが一応完了と。

1’.作業中
・クリアー掛け、磨き; 残り2H  まだ少しかかりそうです 。
・タラップ; 残り1H 引っかけの部分と剥げチョロ塗装がのこっています。

2.未了のままの作業
・スロットルレバー(前後); 1H
・脚ケーブル; 2H
・主脚カバーの開閉アクチュエータ、同配管;1H
・垂直尾翼編隊灯塗り分け;  1H 

ということで、残作業は、8Hくらい、いよいよ1ケタとなりました。



追記を閉じる▲

【2009/08/31 22:56】 | 模型-F-5
トラックバック(0) |


taki
JMCには間にあいませんでしたか
残念です。


公試
>>taki殿
実は未完成、途中の段階の写真(8/16の45/50の写真)をハセガワに送りました。1次審査は途中段階でも問題ないという都市伝説を信じたのですがどうでしょうか・・・

コメントを閉じる▲
本日は衆議院議員選挙でありました。私は朝のうちに投票を済ませました。 
20時の締め切りとともに、さっそく出口調査結果に基づく結果予想番組が始まりました。 その内容については口を挟まず、地味に模型ブログを続けます。

F-5F製作記、47回目、あと3回で完成のはずです。 今回は結構ネタがあります。というか、「もったいない」ので2回にわけてセコくアップします。
まずは機体全景です、
DSC01215.jpg 
デカールを貼り終え、クリアを吹いてデカールをコーティング中です。 主翼のウォークウェイラインはデカールです。 機首のガンベイの扉を取り付けました。

反対舷、右舷の機首、電子機器室のとびらを作りました。 これはまだ基本塗装を済ませただけで、スミ入れもまだ、取り付けもまだで、マスキングテープでぶら下げただけです。 
DSC01220.jpg
実は補強リブの数を間違えています。もう面倒なので修正(作り直し)しません。確信犯です。

バックミラーを作りキャノピーにつけました。
DSC01221.jpg
0.14mmのプラ板に伸ばしランナーの支柱をつけるという、地味な工作です。

さてこのバックミラー、鏡面をいかに「キラリン」とさせるか、苦労しました。
まず、キラリンといえばタミヤのクロームシルバーということで、これをプラ版に塗装して切り抜いてみましたがぱっとしませんでした。 ならばと、大昔、20年程前に買った確かハセガワ製のアルミシートを使ってみましたが、シワシワはいかんともしがたくこれもボツ。 そういえばハセガワが新しく金属シートをだしていたなあと思い至り、これを買いました。 小さいくせに結構高かったです・・・
DSC01223.jpg
結果は、期待以上のものでした。 今回新しく発売された金属シートは、アルミ箔に糊がついたこれまでのものとはことなり、伸び性のあるシートにアルミを蒸着させたようなものでした。しわになりにくくて貼りやすい、高いだけのことはある納得の一品でした。

つづく。





追記を閉じる▲

【2009/08/30 21:43】 | 模型-F-5
トラックバック(0) |


Satoshi
一枚目の「全景」に仰け反りました…。
塗装の質感とリベットラインのブレンドが絶妙で本当に素晴らしいです。
ハセガワの金属シートは使えますね。
高いですが、自分は1シートで10年はいけるかもしれません(笑)

P.S.サイトのほうにもリンクさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?


公試
>>Satoshi殿
茶系のスミ入れ、良かったですかね。塗装はこれからクリアーをちょっと研ぎだしてツヤありに仕上げるつもりです。
金属シートは、バックミラー程度の使い方なら一生持ちそうです。どう使いましょうか?

サイトのリンクは全く問題ありません、が、更新のほうが・・・

コメントを閉じる▲
F-5F、地味に進捗しています。 写真はありません・・・・

1.完了したもの
・アレスティングフック);  3H  工作自体は大したことはなかったのですが、取り付け場所を20mm程度前に間違えて、当然剥がしたあと胴体下面はペーパー掛けからやり直し。 えらく遠回りしました。 作ってるのか壊しているのかわからんという典型です。
・ウォークウェイ; 1H 結局安直にデカールを貼りました。

1'着手した作業
・クリアー掛け、磨き; 1H  残り2H  1時間くらいではさっぱり進んだ気がしません。これは苦労しそうです。
・機首右側機器カバー;  1H  残り2H 一応着手しましたが、どうにもいい加減なやっつけ仕事で若干嫌になってます。 

2.未了のままの作業
・スロットルレバー(前後); 1H
・タラップ;  4H
・脚ケーブル; 2H
・前後キャノピーのバックミラー;1H
・主脚カバーの開閉アクチュエータ、同配管;1H
・垂直尾翼編隊灯塗り分け;  1H 

ということで、残作業は、14Hくらいです。

月内完成!はまあむりとして、9月は上旬に10日程の出張があるので、中旬、連休あたりでの完成を目指します。 まあ完成がいくら延びようが所詮個人の趣味なんで。

-----------------------------------------

土曜日は出勤で、帰りに芦屋の模型屋によって帰りました。

1)取り寄せをお願いしていたF-5のシャークノーズが入荷していたので引き取りました。 これはF-5の着手時に注文したものですが、なかなか入荷しない折、東京の模型屋で発見し購入してしまい、以来全く忘却しておりました。 せっかく取り寄せ頂いたのでありがたく購入しましたが、もはや使わないパーツが2式も・・・ 

2)懲りずに、レジンパーツの取り寄せを頼みました。48のホーカータイフーン用エンジンです。CMKなんでアイリスやクイックブーストのような超絶ではなかろうとおもうのですが、ベースになればと。 とはいえF-5Fが完成したとしても息つく暇もなく次の入魂作に着手しよう筈もなく、まあ棚の肥やしとなることでしょう。

-----------------------------------------


【2009/08/24 09:09】 | 模型-F-5
トラックバック(0) |


Psycho109k4
48のタイフーンのエンジンですか!
入手されましたら写真をUPしていただけると嬉しいです。 
で、タイフーンのカットモデルをお作り頂くとさらに嬉しいです~(^_^)


公試
>>Psycho109k4殿
F-5Fも着地予定地点がうっすらと見えてしまい、どうしてもまだ見ぬ傑作に逃避してしまいます。もう10数時間の辛抱?です。


コメントを閉じる▲
久しぶりにF-5Fの製作記を更新します。残工事はどうやら20~30H程度、1週間まるまる作業できたらば片付くボリュームです、が家族サービスが重く肩に圧し掛かる身には無理というものです。

------------------------------------------------------

前回リストアップした残工事の消し込み状況を記します。
1.完了したもの
・前席キャノピー磨き直し; なんと局所的なシミは2箇所発生。 2箇所とも内側のセンターライン上。どうも前部キャノピーを設置する際、キャノピーに曲げが加わっているのが原因かと思います。 4Hかかりましたが、濡れるようなツヤとは程遠いちょっとがっかりなりカバー具合です・・・
・前席後ろにケーブル等追加; 1H
・機首下面アンテナ類; 金属板で作り直す野望がありましたが結局プラ板細工となりました。 1H
・主脚カバー; 結局左右両方とも作り直しました。 2H
・機首左側機銃カバー; 手元のクラシックエアフレームのF-5Aのキット胴体に熱したプラ板を押し付けて型取りし製作。 きっちり4H
・スピードブレーキの開閉アクチュエータ、同配管;1H 
・前脚カバー; 1H
--------------
13H分片付きました

2.未了のままの作業
・スロットルレバー(前後); 1H
・デカール貼り; 2H ※
・クリアー掛け、磨き; 2H ※
・尾部下面シルバー吹きなおし; 2H ※
・アレスティングフック);  2H
・タラップ;  4H
・機首右側機器カバー;  3H
・脚ケーブル; 2H
・編隊灯塗り分け;  1H ※
--------------
合計20Hに減っています。 

3.未了の作業(新たな発見分)
・前後キャノピーのバックミラー;1H
・主脚カバーの開閉アクチュエータ、同配管;1H ※
--------------
2H分出てきました(リストアップを忘れてました)


ということで、残り22H程度です。 盆の連休中に※印の8H分くらいは消化したいところです。


DSC01200.jpg代り映えがしない写真ですが、脚がついて立っております!水平尾翼もつけました。
DSC01203.jpg同上
DSC01201.jpgスピードブレーキが完成しました 主脚カバー(脚柱付)もつけました
DSC01202.jpg前脚カバーの前部だけつけました アンテナは透けてしまうのでとりあえず黒く塗ってます

------------------------------------------------------

完成の姿を想像しテンションを保とうとしていますが、脱線し勝ちです。

1)タミヤ マチルダです。 素晴らしい出来です。
DSC01204.jpg砲塔は乗せただけです。 


2)タミヤ 小型恐竜です。 そんなに大した出来ではないですが、楽しいです。
DSC01196.jpg






追記を閉じる▲

【2009/08/12 09:28】 | 模型-F-5
トラックバック(0) |


XJunで~す
公試さん、こんばんは。
記事の本題から脱線するんですが、今夜、8/12 はペルセウス座流星群のピークだそうです。
公試さん宅も夏休みの自由研究かたがた観察なさるのでしょうか。(皆がネタにしそうだし、公試さん家では綿菓子機があるしパスでしょうか)




公試
>>XJun殿
そうなんですよねえ。今日とは知っていたんですがこの地は結構空が明るくてほとんど星が見えないんで、最初からあきらめてます;先日の福井キャンプの際、夜に近くの天文館で木星を望遠鏡で見ました。衛星まで見えて子供共々感激しました。 

博物館
シミヤン
福井の恐竜博物館
予想以上の施設ですよね。
もう少し脚を伸ばして加賀の自動車博物館もいかがですか?
自動車好きにはたまらないと思います。
奥様には近くの温泉でも。

雨の被害のニュースが流れておりますが大丈夫でしょうか?


公試
>>シミヤン殿
はい、充実した博物館で満足しました。もう少し石川まで足を延ばせば、確か宇宙博物館もありましたよね、自動車博物館は知りませんでした。 また遠征したいと思っています。

雨はもう少し西の千種川水系で大きな被害が出ました。私の周りは被害なしです。雨や地震、天候不順等落ち着かないですね。




Fighting Hannah
こんにちは~(^o^)
お盆休み最終日をまた~り過ごしています♪
製作中の機体画像を拝見しながら、毎度羨望のため息です。実機のもつ質感が迫ってきます。
それにしても、行程をリストアップしてさらに製作所要時間を想定されている、公試さんの製作姿勢、ほんとに見習いたい、と思いました。作りたい機体は多く、しかしながら手はなかなか進まないもので...(^^;)。


公試
>>Fighting Hannah殿
お盆休みも今日で終わりですね・・・進捗の程は・・・
残工事のリストアップは、あれもこれもと気持ちだけ焦って手が止まりがちな終盤に有効です。 とまるで完成が見えたかのような上から目線発言;

コメントを閉じる▲
free counters