After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
花壇作りを進めております。折角なんで記事とします。

写真に示すように、フェンスに沿って幅50cmほどの花壇を7mくらい作ります。 木の柵で囲っていたのですが、腐ってしまったのでレンガに置き換える次第です。
DSC00864.jpg DSC00865.jpg
全長を3段で積む予定ですが、今日は全体の1/4くらい積みました。 ど素人なりに水平と直線を確保すべく苦労しております。 写真にあります、タコ糸が水平・直線の基準線です。 タコ糸を水平に張るには透明チューブに水を張って、両端の水面に糸を合わせて水平とします。 ホースはΦ6mmでmあたり60円のものを3m購入しました。 ブロックの水平は、ネットで調べると「水準器」を使用すべしとありますが、ベルギーブロックは表面がごつごつしていて水準器ではむずかしいんじゃないかと思い、透明チューブを使用しました。 この方法はなんというんでしょうか? 

・・・あんまし書くことがないです。 所詮DIYについて、ペラッペラなんで。

こんなんで、DIYのアクセスがあるでしょうか??
スポンサーサイト

【2008/10/19 22:55】 | DIY
トラックバック(0) |


ラッキーユダヤ
おお、綺麗で立派なお庭でありますね。

土木系の私と致しましては…レベル(水準)を求めたら遣り方を設けて水糸を張って、合わせながら積むのがよいかと思います。

ベルギーレンガ(ブロック)は確かに表面がゴツゴツしていますが、製品の端~端を目安に調整する訳ですね。

で、「遣り方」なる用語ですが、直接レベルを見ながら積むのはいささか大変なので、少し「逃げた」場所から水糸を張って基準とする訳です。

要するに、ある(レベルの)基準面を求めておいて、そこから何ミリ下がりとか上がりといった具合に施工するんですね。

言葉を並べるとチンプンカンプンですが、実際にやってみると結構「なるほど」状態で簡単ですよ(笑)

写真を拝見する限り、すこぶる上手に築造されているので心配ご無用かと思いますが(笑)





公試
>>ラッキーユダヤ殿
>「遣り方」
そういうテクニカルタームがありましたか! それすら知りませんでした。

>少し「逃げた」場所から水糸を張って基準とする訳です。
なーるほど、糸が邪魔でつみにくかったのはそういうわけですか。 納得しました。

熱いプロのコメントありがとうございます!!



コメントを閉じる▲
3連休ながら模型は進んでおりません! 

-------------------------------
で、今日は毛色がかわってのDIY日記であります。 写真はありません。

奥さんの指示により花壇作りを始めました。 猫ならぬネズミの額くらいの我が家の庭ですが、花壇の木の柵が腐ってしまい手直しが必要とのこと。 そこでレンガで花壇を作り直すこととなりました。 10月、11月はこの作業に忙殺されそうです。

さて、レンガを積む?どうやって??というわけでネットを検索すると、レンガでの花壇作りは一つのジャンルを成していることがわかりました。沢山の方が取り組まれております。何がそんなに楽しいか?と思いますが、私もだんだん楽しくなるのでしょうか。

レンガは近くのホームセンターで1個80円弱のベルギーレンガをまずは100個購入。トラックを借りて家に持ち帰りました。 それからモルタルと砂を混ぜ合わされた「インスタントセメント」。

今日はまずは手始めにレンガを並べるラインをスコップで溝に掘り、練ったインスタントセメントをしきました。 といえば簡単そうですが、とにかく道具が無い。セメントを練ろうにも本来は鉄板の四角い桶みたいのにどさっと入れてスコップで練るところでありましょうが、何もないので、ダンボールの上にナイロンを敷いてちびちびと小さなコテで練ります。 2mほどの溝に敷くセメントを練るのに4回に分けて行う必要がありました。

そして、敷いたセメントの水平を出そうにもまたまた道具が・・・ しっかりした水平器なぞありません。長さ10cmほどのおもちゃのようなプラスチック製の水平器もどきがあるのみ。ながさ1m位のアルミフレームがあればと思いますがあるはずなし。 タコ糸なし。 なし、なし。

これでこの先何とかなるのでしょうか、我ながら不安です。

来週は子供の運動会(その2)がありますが、レンガを積んでいきます。

-------------------------------
夕方、花壇作りの後に、零戦の塗装をと思って塗料のビンを手にしたところ、握力の落ちたてからふたのあいたビンがポロリ! ひーっ 新しいジーンズをダメにしてしまいました。 で、やめました。

-------------------------------
SA11月号が出ていたので購入しました。 進路が右に・左に定まらなかった本誌でありますが、現在は王道的なすっきり系の作例をメインに、横山氏、梅本氏の個性的な作品と、バランスがとれております。 一時の、AFV的ながさがさした作品は減りました。 凝った写真、女性グラビアには批判もあるようですが、私的にはokです。

さて、本号の内容はさておき、次号はファインモールド「究極の零戦32型」同梱ということです。なんと、モデルグラフィックスで同梱した際には、「再販なし!」「今回のみ」と散々あおっておきながら、マイナーに型を変えて、雑誌を変えての2匹目のドジョウとはいかがなものでしょうか。 キットの中身はなんら不満のない素晴らしい出来なんですが。

【2008/10/13 23:29】 | DIY
トラックバック(0) |


hagu
昨日は左官をしておられたのですねw
72零戦の精緻なリベットラインのような美しいラインのレンガ積みが目に浮かびます。

模型のパテ盛り作業の延長・・と思えば素晴らしい花壇に♪







公試
>>hagu殿
これから2ヶ月左官のまねごとが続きます。 レンガを仮組み?してみたところ、精度感まるでなし! しょせんど素人のまねごとです。 更に、自分にとってはDIY自体があまり面白くない!!  パテ盛りはあんなに楽しいのに・・・

コメントを閉じる▲
free counters