After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
勢いでエレファントを組みました。
****************************************
さすがタミヤの新キット! 仮組みもすり合わせも必要なく、一気に組み上がります。 特に素晴らしいのは、前面の200mm鋼板がなるほどこんな風にはめ込んであるわけね、というパーツ割りになってまして、組むのが楽しいキットです。 ここまで3時間というところです。(コーティングを除く)
2017031818284600.jpg
ツィメリットコーティングは、ポリパテを使ってみました。
2017031818283800.jpg
実は、タミヤの貼り付けシートの上に、ポリパテとギザギザブレードでコーティング模様を再現し、それからそのシートを貼り付けました。 これは実によいアイデアです。自画を自賛します。 まず平面で作業するので、実に簡単です。 はみ出しても問題なし、はみ出しはカットして貼り付けしますので。 
コーティングの前に先にカッティングしたほうが良いです。コーティングしてしまうとカットの線が隠れてしまい切り出しにくいです。 穴も先に開けておきます。

ここまでは順調ですが、簡単な場所を選んだからの結果であり、問題は放射状のコーティングの再現です。 ブレードではなく、ヘラ状のものでひとつひとつ山を作っていかねばなりません。 果たしてうまくいきますか?



スポンサーサイト

【2017/03/18 21:45】 | 模型-AFV
トラックバック(0) |

なるほど~!
XJunで~す
>コーティング…
思えば中坊の頃から悩みながらいろいろやりましたが、シートにパテを盛るのは考えもしませんでした。

いっそ「関西AFVの会」で御披露目したら何か特別賞を授章できるかも~。

私はキヤコンの反動?で雷電やらミニジェットのミグ21をやったりしています(笑)

今年は例年以上に忙しく模型を進める気力が萎え萎えですorz


公試
>XJun殿
なんと、シートにパテを盛った人は無かったですか?
ならばこの方法に名前を付けておきます。coating on sheet法、略してcos法とします。(「公試」と掛けています) 皆さん、流行らせてください!

マスキングテープに…
XJunで~す
リプライありがとうございました。

>シート…
エレファントの排気管の装甲曲面にコーティングするのに「マスキングテープにパテでコーティングして貼る」という作例は読んだことがありますがタミヤのシートに盛るのは初めて聞きました。

コメントを閉じる▲
お買い物

模型クラブの例会のため大阪に出たついでに、模型屋でキットを買いました。
 2017031307582800.jpg
タミヤ1/48エレファントです。その昔(40年近く前)、バンダイから48で出ていました。当時はタミヤの35に比べ、バンダイの48は何かしらバッタモン臭く感じられ手を伸ばすことはありませんでした。ところが今は、35は素人の手に余る大きさに思え、48くらいがちょうどいいように感じます。特にエレファントみたいなでかい車両は。 そんな私にタミヤから!決定版たる新キット! いい時代になりました。
2017031307584300.jpg
さて、エレファントはツィメリットコーティングを避けて通れません。これがド素人には鬼門で、15年くらい前?、ドラゴンから1/35のキットが出た際は、かなり気合を入れて作り始めたのですが、結句パテによるコーティングで挫折してしまいました。 このキットでは、貼り付けるコーティングシートが併せて発売されていたので購入しました。
2017031307585800.jpg
なんとも便利な!しかしながらこいつ、デコボコ具合が浅く、ちょっと物足りません。うーん、どうしたものか。


【2017/03/17 22:26】 | 模型-AFV
トラックバック(0) |

コーティング
XJunで~す
おはようございます。
>コーティング…
実物の凹凸もさほどのものではないので、1/35四号で使っても違和感はありませんでした。
少しウェザリングで墨入れすれば良いと思いますよ。
ちなみにボルト穴は片っ端からポンチで抜きました(笑)はさみでも切れるので断然便利です。

>バッタもん…
タミヤニュースでのリクエストではナスホルンと双璧でしたが、唯一のキットながらいろいろ?だったイタレリのコピーと云われていたのでバランスが崩れたようです。

多面体車体なので再現は難しいですね。


-
>XJun殿
なんと、スミ入れでそれなりになりますか、うーん、なやましいなあ。

車体は箱組なんですが、これがよく考えられていて、前面の200mmがなるほどなあというパーツ割りなんです。 いや、大したキットです。


コメントを閉じる▲
週末は、ひさーしぶりに機動戦闘車を弄っておりました。
****************************************
Ju-88G、IL-62m両機共、完成まであと一歩という状況で、本来ならばICM1/48のJu-88Aに復帰すべき、あるいはローデン1/144のVC-10を始めるべきところですが、ICMについてはすっかり熱が冷め、(今更なあ・・・)的な気持ちで放置しています。VC-10は静岡辺りが終わって落ち着いてから始めたいと思います。

ということで、ちょっとしたニッチな時間で機動戦闘車を塗装しました。何故、今、機動戦闘車か?にはちょっと経緯が無きにしも非ずですが省略します。長らく放置していたのは、(砲塔後部のバスケットの自作がしんどいなあ~)と思い込んでいたからなのですが、それは10式戦車のようで、こいつにバスケットはなく、即塗装が可能な状態までできてました。すっかり忘れてました。

組説が見つからなかったのでネットで写真を見ながら先のJu-88Gの流れで筆塗でちょいちょいと。 塗料はずっと以前に買っていたクレオスのセットを使用しました。 モノが小さく、暗めの色で発色がどうこういう問題もなく、すぐに出来ました。(機銃、灯火等 細部の塗り分けは未だです)
DSC_0985.jpg

DSC_0983.jpg

DSC_0980.jpg

試作車両なので、派手なウェザリング、退色、チッピングは似つかわしくないと思いこんな感じで良しとします。

ところでこのキット、ネットの写真と写真と比べますと、まあ良くできてますねえ、デティールが全て再現されているかのようです。大したもんです。

実車は、量産型といわれる写真が出回っていますが、アオシマには是非とも続けて量産型のキット化をお願いします。タミヤが1/35でおいしいところを持って行ってしまうであろうとして、1/48、リモコンシリーズの一環はどんなもんでしょうか。


【2016/04/11 22:07】 | 模型-AFV
トラックバック(0) |

機動戦闘車…
XJunで~す
>機動戦闘車…
いいですねぇ~。
このシリーズはカーゴトラックなどもよく出来てますよね~。

最近ミニスケは目にきついので見てるだけです(>_<)


公試
>XJun殿
良くできたミニスケ、いいですねえ! アオシマでは、パトリオットやトラックも作りたいなあと思ってます。
目は、遠近両用メガネを外して裸眼で攻めれば、まだ大丈夫です!

コメントを閉じる▲
出張先の宿舎で夜な夜な・・・・
***************************************************
出張で南九州の片田舎に来ています。 片田舎というと地元の人に失礼ではありますが、実際、ド田舎もとい片田舎で、コンビニは聞いたことのない店が田んぼの中に1軒ポツンとあるだけ、というような田舎です。なにもすることがない(宿に戻ってまで仕事はしない)ので、持参したキットをちまちまいじっています。 
DSC_0133.jpgなんで縦向きかなあという

先日の機動戦闘車に続く第2弾は、またまたミニスケ1/72AFVで、ハセガワのCCKW タンクローリーです。 以前にも書きましたが、飛行機模型は組み立てると大きくなってしまうのと、組み立ててしまってから最後に塗装という手順がとれないので、旅の友には不適です。

さて、このキット、いつ、どこで何を意図してこのキットを買ったのかさっぱり覚えていません。 たぶん箱絵のごとくP-47とかと並べたらカッコええなあ~とおもったのでしょうか。 最新キットの機動戦闘車からうってかわって、こちらはおそらく40年選手、むかーし昔のキットで、いろいろ問題もあろうかと思いますが、ネットで作例を見ると、ストレートでかっこよく仕上がっているので、あまり気にせず組んでいくことにしました。(というかデティールアップしようにも伸ばしランナーくらいしか材料がないので)

かってにリンクを張りますが こちらはめちゃめちゃ素晴らしい塗装ですね~。工作はストレートのようですがここまでかっこよくなるとは。
そしてこちらはいつもながらそつのない見事な仕上がりです。すばらしい!
工作の面で一番凝った作品がおそらくこれのようです。airfixと並行して製作されていますが、やたら手が入っていて、「やっぱりイギリス人というのは理解し難いわ」とスルーします。

追加工作・途中塗装の手前で組めるところまでは組んでしまいました。
DSC_0142.jpg
DSC_0143.jpg
DSC_0144_20141122085512de2.jpg
残ってる部品は、運転席の幌と、フロントガラスの枠、そして前照灯のみです。

旅先ではどうにもなりませんが、持ち帰って手を入れたいのは
1)前部バンパー上にチェーン装備
2)サイドミラー装備
3)泥除けはプラ板で作り直したい
4)タンクの後ろに油を抜くパイプとバルブがあるので付けたい
5)フロントガラスは、キットは枠だけしかないので、透明プラ板で作り直したい
6)前部バンパーはL字断面になっているがコの字の断面に修正したい
7)一番の問題はタンク横のラックに並べるジェリ缶がパーツにない! どこかに売っていないか?
といったところです。

しかし、あくまで旅先での暇つぶし、と言ってしまうとキットがかわいそうですが、宿題をたくさん持ち帰って神戸での時間を圧迫してしまうと本末転倒なのでそこそこにしたいと思います。
**************************************************
いよいよ手持無沙汰になってしまいました。 弱った弱った・・・

【2014/11/22 21:15】 | 模型-AFV
トラックバック(0) |
出張の友に、先日購入した機動戦闘車をもってきましたが・・・・
***************************************************
あっという間に組めてしまいました。 1)出張先の現地事務所と宿が近いため夜、早い時間に帰れる、2)宿泊先が公共の施設でHビデオもなく、また田舎のためテレビチャンネルも少なく、雑念なく作業に集中できる 3)キットが素晴らしく特に問題なく組めた というのが主要因になりますが、出張二日目の夜に組めてしまうと、これから先が手持無沙汰になってしまいそうです。


DSC_0126_201411181005215c3.jpg

DSC_0125.jpg
よくできたキットで、AFVトーシローの私が、世界の片隅のブログであえて言うような事もないのですが、敢て。
1)足回りがやたら複雑です。前4輪が連動してステアリングが切れて(操舵角も1列目と2列目で差がつく!)かつ車体が傾くようなギミックになっているためですが、そこまで必要だったのか疑問です。 ステアリングが切れたら御の字であったと思います。

2)合いは良好。 3D-CADのご時世、砲塔周りなんかの複雑な部品分割も、難なく合致します。 部品割やゲートの位置など、アオシマは力をつけているなあ、と感心しました。

3)戦車の砲塔に比べるとまさにぺったんこなんですが、これはこれで正しいのでしょう。 

4)試作車しかない現状、塗装バリエーションなどありようがないのですが、PKFでも送れというのか、UNのデカールがついています。なんとも・・・ 時代はかわりましたなあ・・・

アオシマには同スケールでチェンタウロやルーイカットあるいは、1/48で機動戦闘車をお願いしたいところです。 1/48はリモコンシリーズで可能では? よろしくお願いします。
**************************************************
今回の出張はあとまだ7泊せにゃあならんのに、こんなに早く1個目が組めてしまうとは嬉しい誤算でした。 

【2014/11/18 23:17】 | 模型-AFV
トラックバック(0) |
free counters