FC2ブログ
土曜から仕事で出張のため、記事を書き溜めています。

先日のクラブの例会は、年末の展示会の振り返り今年の展示会のテーマを決める大事な集いでありました。結果、紛糾することなく無事テーマが決まりました。1兵卒の私がこの場でそれを公にすることはできませんが、間口の広いテーマに決まりまして、ほっとした次第です。

さて、その例会に、ベテランmさんが持参されてたのが、なんと憧れのこのキット。

202001212005288a3.jpg


ウィングナッツのスナイプ後期型です。
実機についてはよく知らないのですが、その太っちょのスタイル、賑やかなカラーリング、でもってキットの素晴らしい品質から、ほっしいなあ〜と店頭やオークションを物色してたのですか、なかなか縁がありませんでした。

で、以前「またオークションで駄目でした」みたいなことを私が話していたのをmさんが聞いておられ、「まあ作らんし、置く場所ないし」ということでこの貴重なキットを廉価で譲ってくださった次第です。

中身は、

20200121200504099.jpg


程よい大きさです。出来は悪かろうはずがない。というか、良いに決まってる。

ウィングナッツといえばこの取説。

2020012120051690e.jpg


実機をよく知らん私には有り難いこと限りなし。これなら改めて資料を渉猟せずとも製作にかかれそうです。

mさん、ありがとうございます!大事に保管します!もとい、傑作をモノにします!いつの日か!
スポンサーサイト




【2020/01/23 23:46】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
雑誌を買いました。飛行機模型スペシャル、特集はファントムの偵察型です。

202001212004494cc.jpg


空自からファントム退役ということで巷ではファントムが盛り上がっています?が、その一環でしょうか。空自に限らずオペレーターもスケールもいろいろ取り上げられています。
実は私、偵察型のファントムが苦手です。機首の太い 〜D,J.K.M.N.Sも.細いE.F.Gどれも好きなのですが、偵察型だけは何が生理的にあかんです。セミが気の幹に管を刺してチュウチュウする様を感じてしまうような、いやむしろカマキリかなあ。そのへんうまく説明できませんが。

閑話休題、例のごとくいろいろなスケール、メーカーのキットが取り上げられて楽しいです。今回一番「!」ときたのが、冒頭の北沢氏の作例で、インテイクダクトやノズルに自作3Dパーツを使ってられたという点です。

20200121200435bfb.jpg


雑誌の作例で特殊な機器、技法を使うと「そんなもん普通の市井のモデラーには出来んわ」となるところですが、今回3Dをさらっと使われたのは受け手側が自作3Dを使った作例を受け入れる時代になったということかなあと感じました。

一旦3Dの味を知ってしまうと、雑誌作例の手の込んだ工作も「それ、3Dでできるんちゃうの?」「そこで苦労自慢されても・・・」と感じてしまうのが正直なところです。無論、究極のアナログのほうが超絶な仕上がりを得られるのは間違いなく、そういった作品のポジションは変わらないと思うのですが、雑誌作例のような締切を背負った作品は、3Dのほうがベターな結果を得られるように感じます。
新製品紹介の記事でキットのパーツを3Dに置き換える必要はありませんが、特集に沿って古いキットに手を合わせる入れる場合は、ライターの方は啓蒙的に率先して3Dを使うのもありかと。

そういう時代じゃあないでしょうか。


【2020/01/22 18:09】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
今日は給料日ということで定時退社しました。早く帰って模型に邁進、ホークかライトニングを進めるはずが、あらぬ方向に大脱線してしまいました。

赤穂浪士のフィギュアの頭を塗ってみました。

2020012023054734c.jpg


202001202306031f1.jpg


なかなか難しいです。塗料は普通にタミヤのエナメルを使ったんですが、もっさり気味です。最近の洋物ならもっといい感じに塗れるのでしょうか??

顔を塗るにあたってはやはり目が要であるように感じました。左右の瞳の大きさを揃え、同じ向きとし、いわゆる「ギョロ目」にならぬよう注意して、というところですが、今回更に、上まつ毛のラインが大事やなあ、と。

それにしても面白いです。5月の静岡にホークもライトニングも間に合わせるべく息抜きしてる場合ではないんてすが。

【2020/01/20 23:35】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
令和元年も残すところ2日となりました。今年を振り返るに、公私ともにぱっとしない一年でした。仕事はスッキリいかず、プライベートでは模型はホークにてこずり完成は3機のみ。
それよりも何より、義兄が亡くなり辛い元年となりました。来年はなんとかベターな一年にしたいものです。


今年最後(多分)の更新は、またまた買い物になります。オクです。

2019122922485388b.jpg


ハセガワ1/200のDC-9にレジンの別胴体をつけた米空軍の輸送機版です。安かったんです。

DC-9は初期の胴体が短いのも、後期のやたら長いMD-90あたりも、どちらも大好きです。クリーンな主翼がかっこいいのと、なにより顔つきがよろしいですなあ。ボーイングの707,727,737よりハンサムと思うのですがいかがでしょう?
 
さて、キットですが、あっさりしたもので、
201912292249282dc.jpg

レジンの胴体に、プラの翼とエンジンと脚、終わりです。

問題はデカールです。 
201912292249566f7.jpg


ハセガワの年代モノ故、割れないか心配です。
そこがクリアできれば、2日3日で
出来てしまいそうなシンプルさです。来年の完成機数稼ぎにいいかもしれません。いやいや、そういう優柔不断な姿勢がそもそもいかん訳で、来年こそは其々のキットに真摯に向き合っていかねばなりません。機数稼ぎなんてとんでもないてすな。
でも息抜きに良さげかなあ。

では良い落としを。

【2019/12/29 23:14】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

あけましておめでとうございます
XJunで〜す
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。


公試
今年も宜しくお願いします。今年は去年より模型に時間を割けるはず、頑張ります。

コメントを閉じる▲
クラブの展示会が終わりました。というか、2日目は不参加であったのことと、完成機が少なかったかとで今年は不完全燃焼です。来年は頑張ります。

来年に向けて???またキットを買いました。当然の如くオクです。
201912220815073e5.jpg


カッコ悪い塗装の箱絵ですが、トラペの32.mig-15の複座型です。安かったんです。

トラペはいつまで経っても飛行機模型はヘタクソという印象ですが、これは初期のモデルで、タミヤ48のパクリ拡大版と思います。タミヤのパクリであれば、良いキットでは、と期待か持てます。

笑うのは、塗装色がタミヤで指示れていることです。
20191222081521db9.jpg

もしかしたらイラストすらパクリかもしれませんが、タミヤの48キットを持っていないのでわかりません。

検品証と接着剤が入ってました。検品証は昔は日本のキットにも入っているものがありましたが最近は見なくなりました。トラペでも流石に最近は無いでしょう。
20191222081536a50.jpg


接着剤はまるでオロナインH軟膏のような見てくれです。封止はされてますが、やたら軽くてカラカラな感じです。溶剤分が揮発してしまっているのかもしれません。

良さげなキットではあります。待ち行列に加えます。

【2019/12/23 07:46】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
free counters