FC2ブログ
After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
ニチモのフェアレディ2000 をオークションで買いました。同フェアレディに特別の思い入れは無いのですが、ニチモの車というのが懐かしさをかきたてまして、思わずポチッとな。

201811202246227b4.jpg


本キットについては追って詳細を記したいと思いますが、今日はそれとは別の話です。

私は車のプラモには子供の頃からそれほど熱心ではないのですが、それでもマルイのスーパーカーとかF-1のシリーズなんかを見ますと涙腺が緩んでついつい手元に置きたくなります。ニチモの車のキットはと言いますと、冒頭申したように大した思い入れは無いものの、ちょっと悲しい思い出があります。それが今回の購入の動機でもあります。 墓場まで持っていくほどの話でもないので、ここに記しておきます。

多分小学2年か1年の頃だったとおもうのですが、プラモに興味を持ち始めた頃、近所の兄ちゃんと「プラモを買って作ろう」という話になりました。その前後の経緯は覚えてないのですが、「お金あるか?」「うん、あるで!」と私が差し出したのが姉と一緒にお小遣いを貯めてた貯金箱。つまり、姉に内緒でお小遣いを引き出し、プラモを買って近所の兄ちゃんに「作ってもらう」ということです。今にして思うと随分な話やと思うのですが、当時は何の違和感もなく、難しいプラモを年上の兄ちゃんに作ってもらう、というのは当たり前の流れでした。

その時のプラモは、あやふやな記憶ですが「ニチモの、黄色いジープ」でした。今回ネットで検索してみたところ、どうやら1/20のニチモのジムニーであったものとおもいます。とにかく黄色かったんで。

さて、姉とのお小遣いをくすねて買って兄ちゃんに製作をお願いしたジムニー、無事完成したかというとそれが微妙でした。兄ちゃん曰く「部品が足りんぞ」と言い始めまして、何が足りなかったのか、何を欠いのかこれまた記憶にないのですが、とにかくスッキリとは完成しませんでした。まあ、当時の子供のやることで、パーツは手でクニクニしてランナーからもぎ取る作り方なんで、そもそも大したものが出来るのは難しいわけですが。結局、すっきりしない、完成の手前状態のジムニーを引き取ったのでした。

その後ですが、お小遣いを勝手に使って姉に怒られた、あるいは親にこっぴどく叱られたというような記憶がなぜかありません。怒るのが馬鹿らしく思えるほど呆れられたのか? あるいは模型好きに感心したのか?それは無いなあ。結局、このすっきりしない最後が、この思い出を私の中でより寂しいものにしているように思います。

この思い出、子供の周りのちょっとした出来事をテーマにした小説の名手である重松清氏ならば、きっとうまく味わい深い短編小説にまとめていただけるものと思います。宜しくお願いします。

さて、なにやらちょっと寂しい話になりましたが、かくかくしかしかで、ニチモの車のプラモは、私にはちょっと悲しい色合いを帯びているのです。もちろんニチモのジムニーには何の瑕疵もないのですが。

そのジムニーのキットをネットオークションで偶然見つけ、三十数年ぶりに再会を果たす。そして今度は自分の手で完成を目指す、というのが先の短編小説のエピローグになります。

いかかでしょうか重松先生!
スポンサーサイト

【2018/11/20 22:51】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
続きです。

最近、というかここ半年くらいの買い物その2です。

201811070646417de.jpg

まずはエレール1/72のミラージュivです。元々「これぞジェット戦闘機!」(爆撃機ですが)というスタイルの本機が大好きだったんですが、前作viggenで「エレールええなあ」と感じ入り、本キット購入と相成りました。
流石にスジボリは必要ですが、シャープで悪くないキットです。問題は、シンプルな機体で見せ場に乏しい、という点です。大きな機体なので前後のキャノピーを開けるくらいでは盛り上がりにかけます。さて?

20181107064605895.jpg

次はイタレリのSH-60です。伊勢の展示会でハセガワのキットをもらって帰り、ならばイタレリはどんなだろうか?と買ってみました。
結論は、両キットはプロポーションはほとんど同じ。機首足元の窓の形が若干違うくらいです。どちらを起点にしてもSH-60kスクラッチの道程は変わらず。夢が膨らみます。

ところで、このキットの箱の完成写真はどういうことでしょうか?? キャノピーの真ん中は、なぜか帯状に塗りつぶしてあります。 開閉選択の左のドアは中途半端に浮いています。その他、あちらこちら??な仕上がりです。 照明、撮影がかっこいいのでパッと見気付きませんが、商品の顔としてちょっといかがなものか、という感じです。

201811070647143fa.jpg

これは… 144のB-1が欲しくて買ったパンダのキットです。144のB-1はあちこちから出ていたようですが、金型的には2系列くらいだったのではと思います。本キットも他社のキットに化けているものと思います。同じスケールのバックファイヤの隣に並べるべく購入しましたが、これまたどう作るかイメージが固まらす、積んでます。まずはバックファイヤやなあ。

20181107064724008.jpg

最後はハセガワの名キット、F-111(FB)です。言わずもがなの傑作キットです。かつて本キットでハセガワのjmc大賞を受賞された方が雑誌の記事で「よい作品を作る近道はよいキットを選ぶこと」という主旨のことを言われてました。至極当たり前のことなのですが、ひねくれた天邪鬼な私は「それならワシはボロキットをカッコよく仕上げたるわい!」と長らく本キットを遠ざけてきました。
最近、思うところあってオークションで本キットを買ったのですが、まあ素晴らしい出来で、20年の無意味な意地を猛省しています。

本キットは大変金型代のかかった、バブルの申し子的な言われ方をされますが、このキットを手にしてしまうと、「バブル上等!」「バブル結構!」と開き直りたくなります。 最近のハセガワは飛行機に対しては最小限のリソースで最低限の義務を果たす、というスタンスのように見受けられます。いつの日か金満なキットが再び作られんことを期待します。

まだ続く?

【2018/11/08 07:51】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


JW
F-111は自分も二箱持ってます。
と言うか最近近所の模型屋で普通に買いました。
新品として!(笑)


公試
>JW殿
ハセガワのデカール替え商法は確かに有り難い場合もありますね。
それでも私のコロコロ変わる嗜好はキャッチアップできず、今回は店頭にはなくオークションとなりました。

コメントを閉じる▲
模型製作の進捗はなくとも、買い物はしています。最近の買い物でお茶を濁します。

最近は専らオークションで安いキットを買っています。「希少」「蔵出し」「レア」と煽って古いだけのキットに法外な値札を付けているような業者ははなから無視し、あくまで自分が作りたくて、でもって安い掘り出しものを物色しています。

201811070646586c9.jpg

クラシックエアフレームのホワールウィンドです。カッコええっすなあ!無性に作りたくなります。

2018110706461952f.jpg

続いてはエアフィックスの72のホワールウィンドです。そんなに好きか?英国機。 古いキットですが悪くないようです。

ホワールウィンドは直ぐにでも作りたい機体ではありますが、展示会で作品を見ることが結構あり、はて、どう作ろうか?と思案してしまい、折角買ったのに積んでます。


20181107064630179.jpg

これは普通なハセガワのモスキートです。安かったんです。これは並べて楽しむ機体として、あっさり作ろうと思います。
実はドラゴンの48が前後してオークションに出ていたのですが、値が上がってしまい見送った経緯があります。高いキットを買うつもりはありませんので仕方無し。

続く…

【2018/11/07 07:35】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
買い物記事で回数を稼ぐ。

タミヤの筆用コンディショナーを買いました。コンディショナー?ダメージヘアのキューティクルをケアする? まあ似たような感じで、傷んだ筆毛をしゅっとさせる、ものらしい。

見た目は木工用ボンドのようですが、もっとさらさらした感じです。こいつを筆先につけ、しゅっと形を整えて乾燥させる、と新品の筆の糊で固まったような感じになるらしい。

どんな筆でもしゅっと復活するかというとそうでもなくて、ボアっと広がった相当傷んだ筆はまとまりきらず、これを機会に処分しました。

乾燥後の筆はまだ使ってません。使った途端、ボアっと爆発、元の木阿弥なんてことは無いのでしょうか!大丈夫でしょうか、楽しみです。

最後に。量多すぎ。絶対最後まで使えない。それだけは間違いなし。

【2018/10/17 22:37】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


JW
自分もブラシエイドってヤツは前に買って
たまに思い出したかの様に着けてます。
量はタミヤの3倍位有るので一生使いきるのは
無理です。
効果は多少感じますが先がくるっと
カールしだしたヤツは無理ですね。

自分は最近安い筆を買ってサイクルを早めてます。
メイン筆塗りになってからよく使うので。


公試
>JW殿
さきっちよ1mmくらいのカールは、先端をカットして再利用することにしました。大きく全体に広がった分は根元からカットしてこれまた再利用。そんなにしても結局使うのは新しいやつなんですけどね。
高い筆は、猫に小判ということで、使わないです、タミヤの安い筆が九割です。

コメントを閉じる▲
また横道に逸れますが、

アーマーモデリングを買いました。スペインの至宝?MIG氏の多彩な塗装技法が特集されています。
氏の作品は多彩なテクニックが駆使され、まことに見事な仕上がりです。加えてマテリアルを自分で販売してしまう企画力もすごい!
超絶テクニックの持ち主は飛行機模型の世界にもおられますが、それを方法論というか平易な?シーケンスに展開し、さらには誰もができる?ようマテリアルに展開する、という方はなかなか無いですよねえ。(松本州平氏のドライブラシ用の筆がありましたか)
早速何か試してみたくなって組み立て途中であった48チャーチルを、取り敢えず組み上げました。

20181016191324261.jpg


Ju-88/188と並行して、ごそごそやってみます。あくまで、飛行機モデラーのお遊びです。

【2018/10/16 12:45】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
free counters