After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
今月はさっぱり更新できてません。

viggenをどんどん進めたいところですが、ちょっと手が止まっています。細々したプラ細工が続くばかりで、正直飽きました。ここを乗り切らないと完成は近づいて来ないのは百も承知ですが。

雑誌を買いました。3dの本です。
20180524060041d7c.jpg

モデリングから出力までかなり詳しく解説されており、すぐにでも出来そうな気になります。

3dといいますと、現在途中放棄もとい熟成中のキットのなかには、工作の物量において、3Dの手を借りないと完成せんなあ、と思っているものが、ままあります。精度的には手でつくれるものの、同じものを複数作るのはしんどすぎる、というパターンです。例えば、1/100のタミヤのB-52は、主翼下面のフラップ格納部の工作を始めたところで、「こりゃしんどすぎるわ」と、早々に挫折してしまいました。1/72のtu-95は、二重反転メカを4個も作るのはかなわん、と手が出ません。
出来もしないことを夢見ている、実力以上のことをやろうとしている、のかもしれません。
一方で、出来ることを予定調和的に粛々とこなしても、趣味としてはワクワクせん、面白くないわけで、そのバランスが難しいところです。

そろそろ3dかなあ、と思う今日この頃です。
スポンサーサイト

【2018/05/24 22:04】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

お疲れ様です
XJunで〜す
>複数...
昨年の関西AFVの会で「真空脱泡によるレジン複製」のレクチャーを聴きました。
特に装備品や車輪の様な物に応用されているそうです。

もっとも一般家庭での趣味の範疇を超えた規模でしたが...

今年は昨年よりも気温上昇が速いのでサクサク作っていきたいものです。
(マリアナ沖海戦が次のお題なのですががが..)

お疲れ様です
XJunで〜す
>複数...
昨年の関西AFVの会で「真空脱泡によるレジン複製」のレクチャーを聴きました。
特に装備品や車輪の様な物に応用されているそうです。

もっとも一般家庭での趣味の範疇を超えた規模でしたが...

今年は昨年よりも気温上昇が速いのでサクサク作っていきたいものです。
(マリアナ沖海戦が次のお題なのですががが..)

コメントを閉じる▲
恐ろしい経験をしました。

連休前の某日、わりと早めに自宅に帰りついて、晩飯と風呂を早々に済ませ、「さあ、マイタイム!」と平日夜の模型タイムに臨んだわけです。
viggenの工作の一環でプラ棒を瞬間で貼り合わせることにしました。この瞬間が曲者で、先日は詰まり気味のチューブからどばっと出て、キットの表面に垂れたというアクシデントがありました。なので今回は同じ失敗を繰り返さないよう、ティッシュ相手に少し出してみて、詰まりなくスムーズに出ることを確認したのち、本接着に臨むことにしました。
果たして、左手にとったティッシュに右手で瞬間のチューブを押すものの、案の定、詰まったようで出ません。

(そんなことは想定済み!)と更に強くチューブを押し潰したその瞬間、「ブシュ!」と音をたてて液が吹き出しました。そしてなんとそれがあろうことか、私の顔に吹きかかったのでした。
最近は老眼のため、専ら裸眼で作業しているのですが、その右目に瞬間が!
「うわっ!」と目を閉じましたが間に合おうはずもなし。目にはいるとともに、閉じた右目は上瞼と下瞼が瞬間に接着されてしましました。とんでもないことになった、薬品で失明してしまう、すわ救急車か!とあせったのですが、少なくとも目に激痛はありません。しかし右目はしっかり接着されてしまい、開きようがありません。

落ち着け、落ち着けと、洗面台に移動して、水で洗って接着剤を落とそうとしましたが、落ちる訳なし。仕方ないのて、右手で上瞼、左手で下瞼をそれぞれ引っ張って接着を剥がすことにしました。固着したまつ毛が引っ張られてイタタタ、ですが、そんなことは言ってられない、とにかく痛みに耐えつつ、強引に瞼の結合をはがしました。
すると、薄ぼんやりと右目に視界が戻りまして、(眼球は大丈夫や)とほっとしました。ここまでの激闘、約10分。

しかしながら次なる試練が。上下のまつ毛にこびりついた瞬間により、究極の逆まつげ状態で痛くてまばたき出来ん!爪でまつ毛をしごいて瞬間を剥がそうとしますがなかなかとれません。仕方ないので、ハサミを持ってきて、上下のまつ毛を瞬間もろとも切ってしまうことにしました。鏡を見ながらハサミを目に近づけての作業は、二次災害を起こさぬよう慎重に。

あらかたまつ毛を切ってみたものの、痛みは治まりません。まつ毛の根っこに瞬間が残っているのか、あるいは眼球に傷がついたか。30分の死闘の後、
諦めてさっさと寝ることにしました。

翌朝、やはり痛い。出社したものの、痛い。昔、ハードレンズのコンタクトをしてました。普段は付けてることを忘れるくらいなんともないのですが、運動場なんかで砂煙が目に入った時の激痛たるや!今回の痛みは流石にそんな大袈裟なものではありませんが、地味に痛くて目を閉じたままでいたくなる感じて、こりゃいかんわと、工場付属の病院に行ってみてもらいました。
結果は「目の表面に傷がついてますね」とのこと。。しっかり洗浄して、軟膏を目に垂らし、後は日にち薬ということでした。眼球を動かすと痛いので、目を閉じたままでいられるよう、眼帯をしてもらいました。かなり大袈裟な仕上がりで、職場で目立って仕方ありませんでした。


今日5/1、連休中ではありますが、付属の病院は開いているということで、経過をみてもらいに出頭しました。
「傷は治り、もう薬は止めてよし」ということでした。

それにしても恐ろしい災害?でした。
教訓:
(1)瞬間は水分で固まります。眼球は涙で表面が覆われているので、表面で瞬間が固まり、眼球がまぶたとひっついてしまうことはありません。
(2)模型制作は、工具や薬剤を使うので、裸眼で対象に目を近づけての作業は危険です。やはり透明ゴーグルをすべきなんでしょう。

ご安全に!

【2018/05/01 12:39】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


ラッキーユダヤ
実に恐ろしいアクシデントに見舞われたのですね
思わず総毛立ちました(゚д゚)!

私は焦点距離30~40cmの老眼鏡を使っております
が他人事とは思えないので気をつけます
まずはお見舞い申し上げますm(__)m


Psycho109k4
後は日にち薬と言うことで、大事に至らず本当に良かったです。
透明ゴーグルは必須ですね。
わたし、3個持ってます、ホームセンターで手持ちのと違ったカタチのを見掛けるとつい買ってしまいます。


sea trial  (公試)
>ラッキーユダヤ殿
私の普段の眼鏡は遠近両用になっていて、下の方を見ると30cmくらいで焦点が合うのですが、模型製作的にはもの足りず、専ら裸眼でやってます。
老眼の進行とともに、裸眼の割合が増えてきました。決して他人事ではないですよ!




sea trial  (公試)
>Psycho109k4 殿
ゴーグルをすればよいのはわかっているのですが、やはり面倒で。喉元過ぎた今日また裸眼で作業していました。
はずきルーペ的なものや、昔の度の弱いめがねやら含め、新しいシフトを検討中です。

コメントを閉じる▲

土曜日は模型クラブの諸先輩と岐阜まで遠征しました。

(1)改装なった各務ヶ原の航空博物館へ。なかなか大したもんでした。




レストアを終えた飛燕もありました。塗装を落としたベアな状態でしたが、工業製品というよりなんか手作り感満載で、誠に失礼極まりないとは思いますが(これじゃあ戦争に負けるわなあ)と感じてしまいました。


(2)岐阜の展示会の名物?、中村商店で買い物しました。著名なモデラーであります中村氏が、自宅横の倉庫に保管されている自身のストックキット群を販売さるているもので、普通に店としてみてもビックリする品揃えです。
今回は、ヤフオクで何度も取り逃がしてきた憧れのキットをゲットしました。

b-36は三形式くらい発売されたと思いますが、これはぶら下がり戦闘機付きという一番欲しかったバージョンです。これがパーツも外していない、新品の状態で! いつもは何のためらいもなくパーツを外して仮組を楽しむ私ですが、さすがにこれはもったいなくて眺めるばかりです。
しばらくは飾っておきます。


(3)肝心の展示会ですが、いつもながら(伺ったのは二回目に過ぎませんが)の充実した内容でした。各務ヶ原は言っちゃなんですが決して大きな町ではなく、よくぞこの町をベースにこの規模と驚きます。次回のUAMCはこの地で開催ということですが、展示会の熱さからすると、むべなるかなという感じです。

【2018/04/08 20:08】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


シミヤン
お久しぶりです。
岐阜ではすれ違いだったようですね。
私は日曜日に富山サンダーバーズの友人の車に便乗していきました。
(昨年は用事があり行っていませんがもう常連?かもしれません(笑))

中村商店では買うまいと思っていても手を出してしまうんですよね。
腰が痛くなるのとくしゃみが出てしまうのは致し方ないところではありますが。

またSHSでお会いできるのを楽しみにしています。
ラッキーさんもSHS参加されます。


sea trial  (公試)
>シミヤン殿
私は土曜日にお邪魔したのでスレ違いですね。
静岡は今年も行きますので、楽しみです。ただ~し、大した作品は用意出来ておりません!


コメントを閉じる▲
土日は静岡に遠征しておりました。三年ごとに開催されるトリエンナーレともいうべきUAMCが静岡で開催されたのでした。

全国から?飛行機模型好きが作品を持ち寄る展示会で、今回はおよそ1300機ほど集まった模様です。規模としては勿論5月のホビーショーの合同作品展には及びませんが、飛行機模型だけのUAMCは別種の盛り上がりがあります。
参加されるモデラーの方々は、子供の頃から模型誌の作例で憧れていた方や、今はなきJMCの私にとってのレジェンドであったり。
沢山の力作を見て回るのも楽しいし、ネットで知り合いの方や、これまでの展示会で知遇を得た方と旧交を温めることができたり、楽しい二日間でした。

素晴らしい作品の数々は、別の方々がネットに上げることと思いますので、ここではその他の雑多なことを記します。

1)UAMCでは正統派飛行機模型がメインストリームといえます。合同展では、他のジャンルとあわせ、とにかく大きく派手で仕掛けに凝った作品が幅を聞かせていますが、ここUAMCでは、ペラが回ったり灯火が光ったり大掛かりなダイオラマや3Dでこさえた作品はマイナーな存在です。こってりしたウェザリングも少数派で、大半はオーソドックスな作品です。
私は、開陳モノを1機(mi-24),回転モノを3機持ち込みましたが、どちらもマイナー種でした。その御蔭で逆に目立ったというわけでもなく。

2)モデラーの高齢化は着々と進んでいます。参加モデラーの平均年齢は50 を超えていたように思います。そんな中で、BMCというクラブがその若さで
際立っていました。どのクラブも三十代の方がいれば「若いなあ!」という感じですが、なんとBMCには二十代、更には十代の方もおられるようです。素晴らしい!

3)私の作品のウケ具合は…
 a)ドルニエDoXは普通の注目具合。一部の方にはやたら受けてました。
   b)99軍偵はちょっと外し気味。自分としては静かに滑らかに回り続けるペラと、それなりデティールアップのコラボの妙、といったつもりだったのですが、ちょっと伝わりきらなかったようでした。
   c)SeafireFR47は未完成とはいえ、ちょっと外れすぎでした。未完成ということもあって地味なスピットがちょんと置いてある、という感じだったのでしょうか。電池の消耗を嫌って、プッシュスイッチを押し込んだらペラが回る仕掛けとしていたのですが、まあ押してみる方はおられなかったです。 なので、二重反転ペラが回転する、というウリは空振りに終わり、地味なスピットに終始してしまいました。
   d)一番注目されていたのはやはりmi-24でした。一番時間を掛けた作品なのであたりまえではありますが。 デティールアップが機体上面にあるので、アピールしやすい作品とも言えます。
次の展示会、5月の合同展にはmi-24以外の三機を予定していますが、それぞれに未完の部分をしっかり完成させ、ペラ回転にプラスのデティールアップの部分がしっかり伝わるようにしたいと思います。

4)ちなみに私の向かいがクラブの会長殿のスクラッチ機だったのですが、私の機体の十倍くらいの注目度でした。 皆さんわかってらっしゃるのう。

5)タミヤ、ハセガワがそれぞれ新製品の紹介をしていまいた。タミヤはBf109 ,ハセガワはF-35Bです。このうちF-35Bについては毎度の地味ステルススキームながら、背中が2箇所開きエンジンが下向きに変形する、実に私好みな仕様でした。これは買いますよ!ハセガワさん!

6)合同展より規模が小さいだけに、メーカーの方々とより近く話しができました。 ハセガワの社長殿には、最近の箱絵を担当されている加藤単駆郎氏の絵はちょっと暗い、シリアスすぎる。迫力、凄みはすばらしいが、以前の小池氏のような、美しい夢のある絵のほうが私の好みである、と勝手な思いを申し述べました。社長殿は嫌な顔を見せず「彼の作風、スタイルでして」というようなことを申されていました。 生意気を言いまして申し訳ありませんでした。

とりあえず、以上。
 







【2018/02/12 22:27】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


パテ埋め地獄
こんばんは。
お会いすることはできませんでしたが、作品拝見することができて嬉しかったです。
ドルニエDoXはなかなか見れない機体だったので面白かったです。
シーファイアのプロペラですが、あのスイッチを押してよかったんですね。私なんかは原則として作品には触れてはいけないと頭にあったので、スイッチあるのはわかったのですが、触っていいかお伺いできないとと思ってしまいました。

お疲れ様でした〜
XJunで〜す
>UAMC 遠征
お疲れ様でした〜。
やはり「エアモデル沼」の皆さんの空気感というのが有るのですね。
この前の三連休までは都内の某店主催のコンテストに向け兵隊さんを塗っておりました。

その後まる一週間インフルエンザで寝込みようやくリハビリでタミヤ 1/100を作ろうかというところです。


sea trial  (公試)
>パテ埋め殿
UAMCはテーブルの向こう側に店番の人がおらず、皆さんうろうろしているので、顔を知らない人と会合するのは難しいですね。残念でした。

シーファイアは、誰も押してくれないスイッチをやめて大容量バッテリーで出直し、5月の静岡でリベンジを期します!



sea trial  (公試)
>XJun殿
濃いエアモデルの集いであったので、重鎮の方々がオーラを漂わす独特な感じでした。

ここ数年インフルエンザにかかっていません。予防接種が効いているのでしょうか? ご自愛ください。

コメントを閉じる▲
「次は写真入りの製作記」と言った舌の根も乾かぬうちに、またまた中身のない雑記になります。
いやいや、要は更新回数でしょう!

正月明けのまだまだ本格的に始動したとは言い難い今日水曜日、定時退社が奨励されているのをいいことに、スパッとあがって帰りに模型屋さんに寄りました、と言うかわざわざ自宅とは反対方向、西宮まで足をのばしました。

昨年11月頃に、エアブラシのオーバーホールをお願いしていたのですが、「仕上がって返ってきましたよ」ということで引き取りに行ってきた訳です。「この際まとめて!」と、三本(クレオス×2,タミヤ×1) オーバーホールに出した結果、10kオーバーの費用がかかってしましました。忘年会や新年会、はたまた滞納していた仕事関係の学会費二年分、とお金に羽根が生えて飛んでいく年明けそうそうにかなり辛いです。

こうなったらやけくそでブラシ三本使いの「大塗装祭り」でもやりますか!いや、そこまで出来た機体ありませんから~!

【2018/01/10 18:56】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


takl
遅レスすいません。

エアブラシのオーバーホールってどこに頼むんですか?

私のもってる なんか調子悪い気がすルのです。



-
>taki殿
クレオスやタミヤのホームページに、直接依頼するかエアブラシを扱っている模型屋さんに依頼するよう記されています。私は西宮の模型屋さんにお願いしました。二週間位で見積もりが来、そのままオーバーホールをお願いしました。どちらのメーカーも、3.5k~4kというところです。
クレオスの分については、成績書としてオーバーホール後の試し吹きした紙がついていましたが、目を疑うような滑らかな細吹きで、期待が膨らんでおります。

コメントを閉じる▲
free counters