FC2ブログ
模型以外のことについてはほとんど記すことのない本ブログでありますが、志村けん氏が亡くなられたことについてはスルー出来ません。新型コロナに感染され闘病中ということでしたが、まことに残念です。ご冥福をお祈りします。氏の死が無駄にならぬよう、一人ひとりがより慎重に行動しなければならないとの思いを新たにしました。


さて、新型コロナで経済はすっかりしぼんでしまっているようですが、ささやかな抵抗として本を2冊買いました。

世界の傑作機はハリアーでした。

20200330212658225.jpg


ハリアーか取り上げられるのは現行版でも3回目かと思います。今号では「RAF」のパート1ということです。最初のハリアーになります。ハリアーの開発やら、VTOL機についてとか、P1127やケストレルなど、読みどころ見どころ満載です。
前号のプラウラーは、まあプラウラーの模型を作ることはあるまい、と購入をパスしました。ハリアーも今のところにそのつもりはありませんが、今号は将来の模型製作資料というより読み物としてばっちりでした。

F-22への道 上

202003302127165d3.jpg


上下2冊のうち、まずは上だけか買いました。本書はネットにあげられていた記事を書籍化されたものです。

http://majo44.sakura.ne.jp/etc/TOF22/index.html

なので、わざわざかさばる書籍を買うのもなあ、と思っていたのですが、本屋で手にとって考えを改めました。いやいや、やはり本はいいです。読み易く、絵はきれい。基本、ネットと同じ内容ですがこちらのほうが全然良いです。慎重に上だけ買いましたが、下も買うべきでした。本屋に行くのもリスクはゼロではありませんので。
スポンサーサイト




【2020/03/30 22:24】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
新型コロナ禍のなか、まだ着手するわけではなくて、ゴソゴソしているだけです。

48ベアキャットは、アカデミー/ホビークラフトの他に、いにしえのホーク、最近のホビーボスがありまして、アカデミーが一番マシと聞き及ぶものの念の為ホビーボスを買い求めました。

アマゾンで結構安かったのと、ダメでも細部パーツは最近のキットなので使えるやろうという下心です。

20200322210704e14.jpg


左がアカデミー、右がホビーボスです。どちら模ベアキャット以外には見えませんが随分印象が異なります。アカデミーはF6F似、ホビーボスはF4F似というのが端的な表現になろうかと思います。

ホビーボスは胴体が丸く中翼気味で、F4F似、あるいは紫電か、という感じです。機首の鼻筋の感じはアカデミーよりシュッとしていて好ましいです。これに繋がるキャノピーも良し。カウリングも土管のようなアカデミーより、らしい形をしています。但し開口があさっての位置にありまして、なんじゃそりゃです。
一方で丸く背中が盛り上がり過ぎな後部胴体、ここれを尾部に収束させるための無理無理なライン、こいつらは直せんなあと言わざるをえません。
それから、主翼の位置が、後縁の位置が高いです。

アカデミーでは主翼の後縁が胴体間横を走るパネルラインの下2mmに位置しますが、

202003222108170cf.jpg


ホビーボスではちようどそのパネルラインに後縁があります。

2020032221082833a.jpg


それやこれやで中翼的な雰囲気を醸し出しています。
プロポーションはさておき、細かいパーツはさすがに一日の長があります。デティールは細かく、使えそうです。

ホビーボスと並べるとアカデミーの特徴がよく見えてきます。即ち胴体は、特に後部は細め、なのに鼻筋は丸し。主翼はホビーボスより低め、上半角足らず。

以上の自分なりの印象にそって導き出された結論
は、
・機首、コックピット周りはホビーボス
 カウリングはホビーボスの開口位置を修整
・主翼の取り付け位置はアカデミー
・後部胴体はアカデミー
という切り貼りをすれば、ベアキャットのド素人たる私には十分かっこいいベアキャットとなりそうてす。更に余裕があれば、キャノピーをΩに絞る、というところてす。

3月中にライトニングを、4月中にホークを完成させ、ゴールデンウィーク明けくらいに着手したいです。
その頃には新型コロナが一山越していればいいのですが。

【2020/03/25 21:14】 | 模型-F8F
トラックバック(0) |
3連休でしたが、殆ど進んでません。

1.小さなデカールを貼り終え、軽くクリアーを吹きました。もう少し吹きます。
2.フラップと水平尾翼を付けました。フラップを後回しにしていたのは、リベット打ちが残っていて面倒だったからです。
3.脚を付けました。脚はこのキットで一番の欠点です。とにかく華奢です。実機通りとメーカーは言うかもしれませんが、もうちょい工夫せーよ、と言いたい。

20200322210930b7f.jpg


20200322210940a54.jpg


韓人の脚が写っとらんわ!

【2020/03/23 12:41】 | 模型−Lightning
トラックバック(0) |

今日、この僻地ブログがそこそこ賑わってますのは、先のhawkの脚庫の写真を上げたツイッターがどういうわけか結構たくさんの人に見て頂いて、そこから流れてこられたからと思われます。

普段、模型写真のツイートは10人位の方から「いいね」という感じなんですが、今回は何が皆さんの琴線に触れたか、100を超えて頂きました。

ツイッターはやっとらん、という方も一度覗いて頂けたら、と思います。アカウントは

@6qmuVyUTqZr3C5i

であります。検索してみてください。
ちなみに、情報量はブログ記事のほうが多い(当たり前)です。

ツイッターは短文しか読めない・書けない奴がやるもの、と思われている方もおられると思いますが、俳句・短歌的なぎゅっと凝縮した面白さがあります。これはこれでなかなか面白いです。



【2020/03/16 19:01】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
今週末は土曜が出勤であったため、いつもより更に乏しい進捗です。

hawkの主脚庫を完成させました。
同じような写真画並びます。 

20200315222831986.jpg


202003152228426cd.jpg


2020031522285249a.jpg


202003152229048e7.jpg


パイプ類はいつもの糸ハンダです。焼きなました銅線や伸ばしランナーなどいろいろやり方はありますが、自分はこれが一番やりやすいです。細いと貧弱に見えるので、多少模型チックであっても太めを使います。

32というスケールならばもっとコテコテに出来そうですが、先に進まないといつまでたっても完成しないのでコンナもんでよしとします。

次は前脚庫を仕上げ、そしていよいよ脚を付けます。自立までもう過ごしです。


【2020/03/15 22:40】 | 模型-Hawk
トラックバック(0) |
free counters