FC2ブログ
After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
また横道に逸れますが、

アーマーモデリングを買いました。スペインの至宝?MIG氏の多彩な塗装技法が特集されています。
氏の作品は多彩なテクニックが駆使され、まことに見事な仕上がりです。加えてマテリアルを自分で販売してしまう企画力もすごい!
超絶テクニックの持ち主は飛行機模型の世界にもおられますが、それを方法論というか平易な?シーケンスに展開し、さらには誰もができる?ようマテリアルに展開する、という方はなかなか無いですよねえ。(松本州平氏のドライブラシ用の筆がありましたか)
早速何か試してみたくなって組み立て途中であった48チャーチルを、取り敢えず組み上げました。

20181016191324261.jpg


Ju-88/188と並行して、ごそごそやってみます。あくまで、飛行機モデラーのお遊びです。
スポンサーサイト

【2018/10/16 12:45】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
以前の続きということで、通し番号にします。

2年の熟成を経てJu88と188の製作を再開しました。まずは雑な工作であったところを修正し、そのうえで基本塗装を施しました。両機共、上面は70/71,下面は黒です。上面はこの上にさらに現地迷彩が施されます。

20181015073742a84.jpg


まあ、それにしても両機のかっこええこと!Ju88/188は主翼の形がなんとも言えずいい形してます、補助翼は古臭いけど。
で、そこに70/71ですわ。このかっこええパターン考えた担当者には恐れ入ります。但しやたら面倒くさかったです。
もうこれで「完成!」としたいくらいです。

引き続き現地迷彩に移ります。



【2018/10/15 12:27】 | 模型-Ju88
トラックバック(0) |


JW
僕も好きです。188は士の字のがあります。タミヤフェアー終わったら作ろうかな。
作りたいのが一杯で困ってしまう・・・・


公試
>JW殿
士の字ならは早速塗装ですね!って私も塗装待ちが結構あります。塗装が苦手とか嫌いというわけではなく、士の字までいったら完成したような気分になってしまいます。困ったもんです。

コメントを閉じる▲
模型製作に目立った進捗が無いので、買い物日記でお茶を濁します。
スケビを買いました。

セピア色のポートレート、渋いおっさんがにっこりしてます。なにやら、男の隠れ家、とか、サライといったおっさん雑誌の表紙のようですが、SAに間違いなし、それが証拠に表紙をめくればいつも通りグラビアアイドルの艶姿が拝めます。
閑話休題、表紙は松本州平氏です。
20181011211056b2b.jpg


今号は、氏の特集です。なんとも濃い作品がならびます。好き嫌いの分かれる作風ですが、大判の写真映えがし、どれも説得力というか、押しの強さはピカイチです。学ぶべきところ大です。

ただ、ですね、多趣味な紹介として、プロレスやら料理についてのくだりはいらんなあ。それから、も一つだけ、対談記事に見え隠れする「美大至上主義」みたいなのがね、ちょっとですね。

さて次号は林周市氏の二回目の特集だそうです。リアルなウェザリングの氏の作品はまさに時代の最先端というところでしょうか。日本発の飛行機模型の新しいトレンドとなるんでしょうか。ちなみに、次号はDVDが付いて2400円!やるわ〜。

最後に、大事なことを忘れてました。
今号のグラビアアイドルは、あんまし好みじゃあないなあ〜。残念。

【2018/10/11 22:18】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

思うところあり、以前作った作品に手を入れてます。

Ju88 .188に注力すべきところですが、2年ほど前に作ったBf109に手を加えています。一旦「完成」としたんですが、改めて見るとやっつけ仕事バリバリで、こりゃちょっとというわけで。

何がいかんて、これは筆塗りで仕上げたのですが、手段が目的と化した典型といいますか、筆塗りで満足しきっていて、全般的に雑い。胴体はともかく、主翼なんぞ緻密さを得るための筆塗りのはずが、逆に荒っぽくてスカスカした出来になってます。

今回追加工作として、雑な塗装に手を入れるのに加え、まずは主翼上面と胴体にリベットを打ってみました。塗装を終えているところにリベットを打つ作業はリスキーではあるのですが、取り敢えずそこそこうまくできました。

201810071216422b4.jpg


20181007121704c52.jpg


リベットを打ったあとタッチアップしたところ、リベットラインを強調し過ぎたようで、ちょっとわざとらし過ぎますが、まあいいんじゃない、ということでこのまま全身にリベット打ちを進めていきます。

なお、追加工作の過程で、コーションのデカールは剥がれ、アンテナ線は切れ、輪っかのアンテナや主脚カバーは取れてしまいました。最後には復旧します。

Ju88 .188もぼちぼち進めます。

【2018/10/07 12:27】 | 模型-Bf109
トラックバック(0) |


JW
おっ109!
自分は最近塗装後にリベット打ちますよ。縫い針で軽くなので良く見ないとわからないけど72ならそれくらいがちょうど良かったりします。打ち直し、なんて面倒な事出来ませんから・・・・


公試
>JW殿
リベット打ちは失敗した時のリカバリーを考えて塗装前にするのが当たり前と思っていたのですが、そうでもないですね。
というか、最近ハードルが下がって失敗しなくなったということでしょうか?

コメントを閉じる▲
幸いにして台風24号はほとんど影響ありませんでした。台風防衛要員で日曜日がつぶれたのは残念でしたが、台風被害で余計な仕事が発生せず何よりでした。

で、台風の前日、土曜日に伊勢のフライングヴィーナスの展示会に行って来ました。

伊勢さんは(お伊勢参りみたいですが)、ジャンルを問わないクラブということで普段見ることの少ない車やAFVやらのすばらしい作品をいろいろ拝見できまして、いつもの展示会とはまた違う家刺激を受けました。

すばらしい作品の数々は今回は端折らせていただきまして、展示会で不要プラモの処分をされてまして、「良かったらお持ち帰り下さい」というキットを一つ頂いて帰りました。
20181001201057cd5.jpg


今更ながらのSH-60です。
 
実は、以前からSH-60Kを作りたい、という野心があり、そのネタというわけです。
Kはネットで検索しても、なかなか作例がヒットしません、そんなに大変なんでしょうか? kったらあれでしょ、キャビンを上下・前後に延ばして、機首を尖らせて、メインローターの端を折り曲げて、右のドアを2枚にして、左のバブル窓を拡大して、パイロンを延ばして、計器盤はディスプレイを並べて・・・ って逆にどこが変わってないねん! なるほどこりゃ大変だわ。キットを手にしてから調べてみて、大変さ加減にビビってます。 安易に考えてました、ごめんなさい。

まあ、しばらく?着手することはないでしょう。 時々箱を開いては楽しい夢を見ることにします。夢の種をありがとうございました。
 

【2018/10/01 20:22】 | 模型-雑
トラックバック(0) |


JW
展示会はモチベを頂けるのでいいですね!
ヘリはリンクスしか作ったこと無いです。
胴体は型を作ってプラを絞りましょう!
透明じゃなきゃ簡単ですよ。


公試
>JW殿
展示会は、見るのも出すのも良い刺激になります、次は自分のクラブの展示会が迫っております!

SH-60Kはまずもって図面が無いんです、胴体キャビンの拡大で、それに連なる機首もテイルブームも高さが増していると思うのですが、よく調べられていません。機首については高さが増えて、足元の風防の形が変わっているかもしれない、というのがはードルの一つです。

まあ、じっくり構想を練ります。

コメントを閉じる▲
free counters