FC2ブログ
After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
模型の息抜きは模型でする。

hawkで疲れたので(理由は後日)、息抜きにアルバトロスの水上機を作ります。
今年の模型クラブの展示会テーマが複葉機ということで、いろいろキットを買い揃えましたが、結局最初から手元にあったアルバトロスに落ち着きました。

私、複葉機はさっぱりわかりませんが、かといって全くストレートでキットの凡ミスを見落として恥かし!というのもなんなんでネットで製作記事をチェックしています。

まずはコックピットを木目に塗りました。

20190615141049dbe.jpg


20190615141036f00.jpg


実機が木目が見えているのかどうか知りませんが、まあ雰囲気で。

木目は「水性色鉛筆が描きやすい」という話を聞いて使って見たのですが、どうもピンとこず、結局、筆で描きました。


展示会は年末なので、ぼちぼち進めます。
スポンサーサイト

【2019/06/16 16:41】 | 未分類
トラックバック(0) |
機首のアビオニクスベイの続きです。

左舷に続き右舷も開口しました。
20190615141102bc8.jpg


中に収める機器類の製作を始めました。先ずは2個。
20190615141115208.jpg

まあ、こんなもんでしょうか。超絶モデリングを目指すならアナログ的にプラ板細工でスクラッチするべきですが、そこそこ狙いなんで。

こんな小箱を合計17個位作らねばなりません。となると、やっぱ3Dかなあ。

今日は大雨で、奥さんのテニスがお休みとなり、結果自分の時間は確保できず、ここまで!

【2019/06/15 18:55】 | 模型-Hawk
トラックバック(0) |
仕事の帰り道、スケビを買いました。

巻頭のギャルはかわいいですなあ、と、今号はスウェーデン特集です。
20190613210251495.jpg

スウェーデンという国の説明から始まり、サーブの各機を紹介する流れは、モデルグラフィックスのようでもあります。

スウェーデン機の作例は新しいのや古いの、48.72、濃い〜の、スッキリなの、いろいろ取り上げられています。素晴らしい数多の作例のなか、白眉といえるのは横山氏のサーブ105ですなあ。こんなふうに作れたら、という羨望の作品です。

さてさて、真ん中辺に先日の静岡合同作品展が取り上げられていした。
201906132103073cd.jpg


「あ〜これこれ、確かに良く出来てたわ〜」という中に、

20190613210320da5.jpg


おお、これは!拙作ではないてすか。スウェーデンつながりの紹介てすか、有り難い。

キャプションを読むに、

20190613210335fb4.jpg


ええこと書いてあるではないですか!いや〜てれるわ、有難うございます。

実は、先日のモデルアートのコンテストに別の機体を出していたのですが、盛大にずっこけ腰を強打し、今もその傷は癒えません。
今回、思わぬところで取り上げられ、いくらか救われた気持ちです。有難うございました。

【2019/06/13 21:33】 | 模型-雑
トラックバック(0) |

掲載おめでとうございます
XJunで〜す
SA誌掲載おめでとうございます。

SHSの数多の作品から選ばれて掲載されるのはやはり編集さんの心に「グッとくる」ものがあったのでしょうね。
おめでとうございます。

>モデルアート
中学生の頃からの愛読誌なので全プレならぬ「全員掲載」イベントなので載せていただけました。(50周年だかの雷電に続いて2回目)
近年はメール添付での受付が増えてきて助かります。

コメントを閉じる▲
ちょっと時差のある進捗ですが、

機首の、アビオニクスベイを開とします。両舷のつもりですが、先ずは左舷のドアを切り取りました。

20190613122619b11.jpg


右は内部の写真が少なく、ちょっとしんどいところですが、迷ったら開けろ、切り取ります。

【2019/06/13 12:31】 | 模型-Hawk
トラックバック(0) |
計器盤とシートを交互に進めてます。

シートは上半分くらいが大体塗れました。
201906102310166f9.jpg


尻のところには、へんちくりんなかたちの座布団があって、そいつを自作しなければなりません。まだ時間がかかりそうです。

【2019/06/10 23:28】 | 模型-Hawk
トラックバック(0) |
free counters