FC2ブログ
After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
先週末に展示会が終わって一週間、この土日はたっぷり時間があったのですが、模型の進捗はありません。
(次は何作ろうかなあ)と、あっちの箱を開け、仮組みして、ふーむ、こっちを開けてもふーむ。大して多くはないですが、それでも決して少ないとは言えない200個余りのストックを前にして、なぜ「すぐにも作りたい!」キットが無いのか??どのキットも胸をときめかせて買ったはずなのに。次の節目(5月の静岡)までに完成出来るか、とか、人様に見てもらうに値する何かを織り込めるか、とか、余計な制約条件が多すぎるんだろうと思います。

あーでもないこーでもない、と思案した挙句の一応の答え(明日には変わっているかもしれない)は、オペレーション・落穂拾い、即ち半完キットの回収であります。胴体を貼り合わせたところ、或いは士の字で熟成中の機体を完成させてやろう、ということです。

「で、具体的に何やねん?」、お手つきはそこかしこに転がっていますが、今回はエアフィックスの72ライトニングです。

20181217211051a9d.jpg


20181217211102fad.jpg


購入あとすぐに手を付け、なんと、機体全面にリベットを打とうとして、飽きて放置していました。胴体は7割くらい打ち終わっています。主翼は貼り合わせただけで手付かずです。2015年春くらいの作業であろうと思います。今、改めて手にとって見て、「うん、悪くないなあ」という出来なので、このまま前に進めることにします。

リベット打ちの他は特に凝ったことをするつもりはありませんので、2月中の完成を目標にします。
スポンサーサイト

【2018/12/17 21:27】 | 模型−Lightning
トラックバック(0) |
スケールアビエーションを買いました。

201812132036422be.jpg


今号は林氏の特集第二弾ということです。氏は一年ほど?前に特集されましたが、好評だったのでしょうか、第二弾です。

一言で言いますと、大スケール機の実感たっぷりなウェザリング仕上げ、というのとでしょうか。剥がれの再現方法なんかはAFVの技法の応用でしょうか、リアリティーに満ち溢れます。筆でハゲチョロを書き込む、ような旧来の手法とは一線を画す仕上がりで、こうじゃないと目の肥えた若モンは着いてきませんわな
が、しかし、敢えて、創刊号から欠かさず買い続けている熱心な読者として、記しますが、
①DVDをつけて2.6kは無いよね。わたし的には記事で十分です。まずはわかり良い記事、じやあないでしょうか。動画はyoutubeなりにアップして記事中にリンクを記せばそれでよし。
②個人の嗜好の問題かもしれませんが、リアリティーたっぷりのウェザリングでありながら、デカールがシルバリングしたりスジボリに入り込まず浮いているというのはいかがなものか、と。なぜ、そこ、脇が甘い?

本誌はオーセンティックな飛行機模型を良しとするおっさんモデラーにはあまり受けがよろしくありません。重箱の隅をつつく偏狭なおっさんモデラーは相手にせず、と言わず、まずは脇をしっかり締めておっさんモデラーを黙らせたうえで、これでもか!なウェザリングを見せて欲しかった、と思いました。

最後に、
今号のグラビアガールは、イマイチやなあ!

【2018/12/13 20:38】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
昨日、今日のクラブの展示会には、
①シーファイアFR47
②Ju-88
③188
④Tu-134
⑤SAAB JA-37
の5機をならべました。Ju-88 も-188もなんと完成に漕ぎ着けています。一応のクローズとします。

20181209171047f5e.jpg


20181209171058798.jpg

 
一応の、と言うのは厳密にはアンテナ線を張れなかったためです。あと、ハゲチョロとか、ウェザリングをもう少ししても良かったのですが、いかんせん時間切れです。来年5月の静岡に持って行くかもしれません。その際には、また少し手を入れたいと思います。

出来はさておき、両機とも痺れるカッコよさです。88はもうええわ、と思ってましたが、完成した両機を見ると、もう1機、と考えてしまいます。ないない!

【2018/12/09 17:19】 | 模型-Ju88
トラックバック(0) |
シーファイアは、確か去年5月の静岡に向けブラッシュアップをしたものの、体調不良で参加できず、お蔵入りとなっていました。

今回の展示会で「完成」として並べたので、ブログでも締めとして写真を載せておきます。

201812091217451fc.jpg


2018120912180792b.jpg


この写真は光の加減で右翼がなんかちょっと汚らしい感じです、実物はそうでもないんですが。

以前からのブラッシュアップたる部分は、キャノピーをクリアバックスに置き換えたのがいちばんです。 その他機銃や搭乗ドアや諸々を手直しして、完成機らしくなりました。

申し遅れてました。本機の製作にあたっては、Tさんにパーツや資料を提供頂いたのでした。
展示会に参加頂いたTさんに、会場でお礼を申し上げるのを失念しておりました。
改めまして、有難うございました。拙い出来ではありますが、これにて完成と致します。

【2018/12/09 11:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
世界の傑作機に触発されてポチッたビクターが届きました。しかし早いねえ。どうせすぐに作るはずないのにねえ。

ハンプの給油型です。
20181205222437163.jpg


意外に小さい。同じスケールのB-52やTu-22と比べるとふた周り小さい、B-47が近い大きさです。
20181205222448b07.jpg


出来は? きっと良いことでしょう。早く作りたいです。

【2018/12/05 22:37】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
free counters