FC2ブログ
After having finished Mig-25, I intend to start Hasegawa's P-40.
本を買いました。

私はマンガは基本よまないのですが、盆休みに友人に勧められまして、アマゾンでポチッとしたら翌日に届きました。盆休みにご苦労様です。

20180815164942615.jpg


us-2開発の話です。
面白いんです、が、
・出てくる人物がステレオタイプでちょっとなあ。
・超理系コミックって?
・主役?の飛行機はすべて写真のトレースでしょうか、「形、歪んでるし」ということはありませんが、生き生きとはしていません。
・細かいことですか、最初に出てくる1佐というのがどうみても二十代なのはどういうことか。1佐ならば若くても四十代後半でしょうに。


マンガではなく普通にノンフィクションでよかったのでは?と思いました、が、マンガの1/10も読まれないんでしょう。

第2巻は来年春とのことです。

ついでに、アオシマ144の完成写真を。ペラ回ってます。
20180815174040c9a.jpg
スポンサーサイト

【2018/08/16 06:49】 | 未分類
トラックバック(0) |
viggenがようやく片付いたので、早速次のキットにかかる訳ですが、次は凝った造作をするつもりはなく、あっさりさっぱりと行きます。

こってりは食傷気味であるのと、12月にクラブの展示会がありそうなので、完成機を積み増そうという意図です。

で、ひっぱってきたのがズベズダのtu-134です。双発の旅客機で、尾部にエンジン二個を並べ、尾翼をT字としたレイアウトは、DC-9やフォッカーF28等と同じ一般的なものですが、一方で主翼のポッドが珍しいです。Tu-22のようです。

2018081515201285b.jpg


20180815152027d9c.jpg


もう士の字になってます。全く世話無しです。消えたスジ彫りを復活させたら、機体塗装を始めたいとおもいます。

【2018/08/15 16:22】 | 模型-エアライナー
トラックバック(0) |
完成写真を撮り直しました。

201808131451484a9.jpg


20180813145202cc0.jpg


20180813145221aef.jpg


201808131452385fe.jpg


なかぬか格好よろしいなあ!

細部

20180813145253a8a.jpg

搭乗ラダーはプラ材でスクラッチしました。
カナード上面にボルテックスジェネレータをつけました。ja型は片側二個付きます。

20180813145311c90.jpg

開閉メカをちょっと追加しました。


20180813145335cbf.jpg

ここいらは変わってないです。


これで一旦終わります。

【2018/08/13 15:01】 | 模型 - viggen
トラックバック(0) |
盆休み初日の昨日8/11、viggenを完成させました。

今日8/12が模型クラブの例会であったため、馬力をかけて完成まで追い込みました。

写真は月例会の席で撮影したので、いつもと雰囲気が異なりますが。
201808121944082e7.jpg


20180812194434d66.jpg


搭乗用ラダーをスクラッチしてつけた以外はあまり変わりありませんが。
クラブの展示会や静岡で並べるときには、もう少しウェザリングをしようとおもいますが、ひとまずは完成とします。

3月からおおよそ5カ月、130時間かかりました。まあ、そんなもんかなあ。

細かいところは、次回補足します。(これで終わるのはもったいないので)

【2018/08/12 19:58】 | 模型 - viggen
トラックバック(0) |
スケビを買いました。
20180809215530f7f.jpg


今号は変わった特集です。「1500円で楽しむヒコーキ模型の世界」とな。

高価な最新キットでなくても、お安いキットでいろいろな楽しみ方がありますよ、というテーマのもと、「短い製作時間で完成する」、「入門用に最適」、「たくさん作って並べて楽しめる」、「気が済むまでデティールアップ」という4つの楽しみ方を掲げ、それぞれの作例が並べられています。
もちろんそれぞれに素晴らしい作例なんですが(そのなかでも、気が済むまで…のkurageさんの作例がビカイチです)、残念なのは、プロセスが全く示されていないことです。沢山量産する様とか、細かく作り込む過程とか、そういったプロセスが一切なくて結果だけ小綺麗に並べられても、それぞれの楽しみがよく伝わらんです。あるいは、それぞれの楽しみ方を実践する4名のモデラーの方を取り上げるとか。せっかく面白い切り口であったのに、そこのところが残念でありました。

松本氏の、改造しちゃアカン、はMe163でした。いつもは(ちょっとくどくないですか?)と感じる氏の作品ですが、今回の作品は意外にストレートでちょっと肩透かしでした。
次号は氏の特集ということです、楽しみです。

民間機を取り上げる「夢見る翼」は、ボーイング2707でした。さすがの美しい仕上がりです。近年SST再開発の動きが盛り上がりつつあります。これに影響されてか、最近コンコルドのキットが欲しくなり、オークションにチャレンジしています。ゲット出来たら作例の全日空2707ならぬ日航コンコルドなんかいいですねえ。

その他盛り沢山というか、コーナー多すぎませんか、とか、字が小さくて読みづらい、というのはいつもと同じ。

最後に、今号を総括するならば、
「ハイレグ、鋭角すぎませんか!」


【2018/08/09 21:59】 | 模型-雑
トラックバック(0) |
free counters